プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ25号感想
今回はナルトとぶりちとリボだけ感想です。
パラっとしか読んでいないので、いい加減かも(いつものこと・苦笑)。

BLEACH

結局、今回の魂魄消失事件に出向いていった者が現世でヴァイザードになっているんですね。
てことは、隊長として、ひよりとリサを現地に向かわせた喜助と京楽は、その後ずいぶんと後悔することになるんだろうな・・・と思ってしまった。

白哉とルキアのキャラソン、兄様好きの娘が「欲しい~!」と叫んでますよ(笑)。

REBORN!

扉絵はごっきゅんと瓜。同じような顔してる!?

ごきゅ好きの私ですが、γサンも相当気に入っているので(笑)、簡単にやられちゃうのはいやだな・・・なんて思っていたのですが。

まだまだ奥の手がありそうで。

傷ついたγをペロペロなめる狐がかわいかったです。

NARUTO

マダラがサスケに語る木の葉とうちは、そしてイタチの真実・・・。
なんだかこんがらがって、流し読みしかしない私の頭では理解できなくなっていますが(苦笑)。

イタチは、木の葉とうちはの諍いは望まなかったんだよね?
そのために、うちはの者でありながら、木の葉方のスパイをやっていたと。
でも、愛する弟を殺すことは忍びなく、サスケの命だけは助けて欲しいと、木の葉方に嘆願していた、と。
そして、自分への憎しみから強くなったサスケと将来出会い、サスケに新しい力を与えるため、自分は死すつもりだった、と。

ん~・・・

木の葉との争いを好まないのなら、なんでサスケにより大きな力を与えるようなことをするんだろう・・・って思っちゃうんですが。
力を与えられたことによって、サスケは木の葉にとって、さらなる脅威になってしまう気がするんだな。
それって結局、また木の葉対うちは(サスケだけだけど)になったりしないんだろうか。
マダラがやって来て、イタチの真実を話さなければ、サスケはイタチに対する復讐心のみで、木の葉対うちはの真実には気づくはずもない・・・という確信が木の葉方に(そしてイタチに)あったのかなぁ?
それって、非常に甘い!と言わざるをえないんですが。

以前に、サスケがどこかの神社の床下かなんかを探して「そういうことか・・・」と言っていた、うちはの真実とは何だったんだろう、とも思ったりします。

あ~っ、ごちゃごちゃして、自分でも何言ってるのかわからなくなってきましたよ。
この先、サスケはどう出るんだろうな。
スポンサーサイト

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

■ この記事に対するコメント
初めまして。
初めまして。
しょうぽんと申します。
先日は私のブログにコメントを頂きまして、ありがとうございました!!
凄く嬉しかったです!!
こちらへのご挨拶が遅くなりまして申し訳ございません!

サイトの方も拝見させて頂きました!
イラストの隼人のかっこよさにきゅんとしました(*≧v≦)
小説も書かれてて、凄いです!
私は書き物は全くダメなので、羨ましいです。
小説は隼人が可愛くて可愛くてvvv
ほんのり甘い山獄大好きです!!
私の中の山獄もそんな感じなので、読んでて凄く共感させて頂きましたv

ブログやサイトにもまたお邪魔させて頂きますvvv
それでは失礼致します。
【2008/05/20 20:34】 URL | しょうぽん #62/4nzbo [ + 編集 +]

しょうぽんさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます^^。
獄寺クン、かっこいいと言ってくださってうれしいです。

小説は・・・
頭の中では漫画として浮かんでくるんですが(だから会話中心になってしまうのです)それをストーリー漫画にするスキルがなくて(苦笑)。
浮かんだネタを早いうちに書こうとすると、とりあえず小説、になってしまいます。

よそ様のエロい山獄も大好きなんですが、2人の掛け合いが好きなので、ついついあんな感じの山獄話になってしまいます。
そんな話に共感してくださって、うれしいです!

私もまた、しょうぽんさんのところへお邪魔させていただきますね。
何気に可愛い妖精のイラストとか好きです。
では、また^^。
【2008/05/20 23:59】 URL | こっこ #2y8EjLqo [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/965-230feb91
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。