プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニリボ標的83「もたらされた情報」
あらすじは公式サイトより

ようやく並盛神社に辿り着いたツナたちを出迎えたのは、10年後の雲雀だった。頼もしい人物との再会に笑顔になるツナだったが、獄寺と山本の怪我の状態に言葉を無くす。未来に飛ばされ動揺していたのは自分だけではなかったことに気付き、己の未熟さを痛感するツナ。だが、そんなツナにリボーンは、励ましともとれる言葉を投げかけた。一方、花に匿ってもらっていた京子は、迎えにきたラルとともにアジトに戻る。同じ頃、情報収集に出ていたビアンキとフゥ太が帰ってきたとの知らせが入り...。

10年後雲雀ボイス、やっぱりかっこいいっすね!
その声を堪能するために、セリフも原作より増えてるような。

今回は、かなりな草壁祭り(笑)。
渋いのに、まだ草くわえてるんだ・・・。
「雲雀が」と呼び捨てにしているところが月日を感じさせるなあ。
CPとかいうんじゃなしに、雲雀と草壁の関係が好きです。

ツナたちを迎えに来たリボーン、原作の放射線(なんて名前だっけ?)を防ぐスーツじゃなくて、いつものスーツ姿でした。

傷ついた獄寺と山本、やっぱり原作ほどにはひどい怪我の状態には描けなかったか・・・。
見舞いに来てくれたツナに、自分がふがいなかったことを謝るところ、のせさんの芝居はよかった~!んですが、このあたりの原作のごっきゅんがものすご~く美人さんで、そのあたりがアニメでは表現できない?のが残念といえば残念・・・。
心配そうな顔からいつもの獄寺クンに戻るところは好きだ。

風太も大人っぽくなったし^^(でも、声はもうちょっと大人っぽいのを想像してた)。

そういえば、いっつも頭に流れる今までのあらすじみたいのが今回はないな・・・と思っていたら、次回からはしばらくオリジナルのようですね?
だから、オリジナルに入る前に、〆として(?)最後にベッドの上で、覚悟を決めてるような山本と獄寺が描かれてたのか~、と思ってみたり(この図は原作にはなかったし)。


スポンサーサイト

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/964-217495a8
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。