プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『隣の守護神』観てきました
井上和彦さんが出演する・・・ということで、チケット取って、5日に観てきました。
原作は嶋木あこさんの少女漫画です。

となりの守護神 1 (1) (フラワーコミックス)となりの守護神 1 (1) (フラワーコミックス)
(2007/01/26)
嶋木 あこ

商品詳細を見る
となりの守護神 2 (2) (フラワーコミックス)となりの守護神 2 (2) (フラワーコミックス)
(2007/05/25)
嶋木 あこ

商品詳細を見る


舞台前に原作を読んでいこうと思っていたのに、読めずに終わってしまった。
舞台版は、原作と少し脚本が違っていたようですが・・・
ストーリーはこんな感じです。

2年前に両親を亡くした女子高生・里緒は、幼い弟とふたり暮らし。 学校生活と家事とに追われ、恋のチャンスも失いがち。
そんなある日、街の露天商で一枚のトランプを手に入れる。それは、中世の魔女が魔法をかけたと伝えられるクラブのJだった。 クラブのJに宿っていたのか、その夜から、里緒の前に、ランスロットと名乗る中世の騎士が出現したのだ。そしてランスロットは「命のある限り里緒を守る」という騎士の契りを交わす。 しかし現状の常識がまったくわからずに、やることなすことズレまくり! そんな姿に、女子高生の里緒は次第に惹かれ、恋に落ちていくのだが…。

伝説の物語・アーサーと円卓の騎士、そして王妃・グィネヴィアをも巻き込んだ、とっても!?ハートフルな恋愛ドラマです!!(小学館サイトより)


キャストは主人公の里緒に嘉陽愛子さん、ランスロットに吉田友一さん、里緒の弟、稔に秋山奈々さん、アーサー王に天野浩成さん、王妃グィネヴィアに大桑マイミさんなどなど・・・
和彦さんはトランプの精&ランスロットが存在する世界では神みたいな存在!?

感想は続きにて。
ネタばれも含まれてますので。
夢の中の存在だったランスロットが里緒の危険を察して実体化。
里緒の親戚として一緒に住み始めるのですが、何せ時代も風習も違うので、ランスロットのすることはズレまくり・・・ってところは笑えた。

里緒のことを好きな結城君(西山宗佑)とは、里緒の唇を先に奪った方が勝ち、なんて決闘をはじめちゃうし。

高校生設定なので、学校の同級生や変わり者の先生の姿(キャラ)なんかも生き生きと演じられてたと思います。

徐々にランスロットに惹かれていく里緒。
でも、彼がこの世界に来たのは、ただの寄り道。
また、元の世界に帰らなくてはならない。
しかし、元の世界に帰れば、アーサー王の妻、グィネヴィアとの不義を疑われているランスロットは殺される運命。
そんな彼を助けるために、里緒と稔は、トランプの精を脅して(笑)、アーサー王の世界へと行くことに。
里緒の要求を聞かないと、トランプを燃やしてしまうぞ!と脅されて、ワタワタする和彦さんが
よかった~!(笑)

本来なら、宿命は変えられない・・・
でも、里緒は、自分の心を犠牲にして、たとえ自分が忘れられてもよいから、ランスロットを助けてほしいと神(和彦さん)に頼みます。

そんな彼女の気持ちを汲んで、ランスロットは助かります。
アーサー王も、王妃とランスロットの間に何もなかったことを確信します(ま、不義の噂はある騎士の罠だったわけですが)。

そして、日常へと戻った里緒。
・・・でもそこには、いないはずのランスロットの姿が・・・
というハッピーエンドでした!

アーサー王派とランスロット派の騎士同士の剣戟などはとても迫力がありました。
でも、実は私、アーサー王と円卓の騎士の話って読んだことない・・・(汗)。
個人的には、女剣士のカイリ・・・だったかな?がよかった~、凛々しくて!
女剣士大好き!
『CLAYMORE』のテレサとか、『精霊の守り人』のバルサとか、『BLUE DORAGON』のゾラと
か!
あと、どうしても、ランスロットを見ると、ダルビッシュを連想しちゃって・・・髪の雰囲気とか(笑)。

少女漫画が原作ということもあって、ラブロマンスとして楽しめるし、自分のことより、相手のことを思いやる(ランスロットにしても里緒にしても)気持ちが大切・・・みたいなテーマ(と私は受け取った)もちゃんと伝わりました。


ただ、1つ気になったのが、BGM。
セリフがないときに大きな音で流れているBGMが、セリフ前にプツッと消えてしまうことになんか違和感。
ゆっくり音を絞っていったり、大きくしていったり・・・というフェイドイン・フェイドアウト(←この言葉で合ってますか?)でうまくセリフと調和させていただきたかった。

確か、今日7日が千秋楽。
出演者の皆様、最後まで楽しくて感動する舞台をよろしくお願いします。
がんばってくださいね!

今回は新宿シアターサンモールという小劇場で上演されたのですが、え、こんなところに劇場があるの?という感じでした。
大きな舞台はそれなりに装置なんかもすばらしいけれど、小さいところもいいですよね。
機会があれば、いろいろ観に行ってみたいです。

次回は「つるのが見たい」という娘のリクエストに答え、『ヘキサな2人』を観にいきます。
一体、どんな舞台なんだろ?

スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/841-b5fe57d7
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。