プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ48号感想
おお、表紙は一護じゃん、と思ってページをめくると、ネウロの石垣のすごい顔~!
かなりインパクトありました(笑)。

『NARUTO』

自来也の仙人モード。
ま、そんなに変化はない、か。
大ガマ仙人の予言の忍の世に大きな変革をもたらす忍ってのは、ナルトのことなんじゃないかい、って気はするんですが・・・
ペインがその忍だとすると、自来也の死亡決定、ってことになりそうですし。
ペインは六道の目を持つ・・・てことは、骸と同じなのか?
どうしても、あちこちの漫画に似たような設定が出てきてしまう・・・というのはしかたのないことなんでしょうね。
来週は休載ということで・・・
岸本先生も少し休まれて、納得のいくストーリー展開をお願いします。


『BLEACH』

いつまで一護たちとアランカルの戦いが続くんじゃ~!早く他の死神も見せてくれい!と思っていたところに、やっと剣八登場!
私も「来た来た来た来たー!」
と叫びたくなりました(笑)。
もちろん、ルキアのところには兄様が来るんだよね?(笑)


『REBORN!』

5日後にミルフィオーレと抗戦。
なにげにそろっていた守護者。
しかし、決行するかどうかはツナが決めること・・・

相変わらず能天気な山本(笑)。
でもその明るさに救われるんだろうな。
それに比べて、獄寺は浮かない顔。
みんなの修行の進み具合をツナが見て回るも、獄寺はビアンキの前から逃げだしていた。
どうなる!?

ホント、見れば見るほど、ごっきゅんがかわいくなってる気がするんですが。

雲雀さんの和服姿も相変わらずかっこいいです。


『銀魂』

前回の人情話とは打って変わって、今回は笑えた~(笑)。
特に、ツボったのは海老蔵です。
娘も同じところで大笑いしてた。

握ったものが何でもカッパ巻になっちゃう長谷川。
いっそのこと、テレビのマジックショーにでも出演したほうがお金になるんじゃないの?(笑)


REBORNゲームの狙10。
私はゲームがまるでダメなので、娘がやっているのを隣の部屋から(一緒にひっついて見てるほど暇ではない・笑)チラチラ見ていたんですが、あれって暗殺されるのはツナだけじゃないんですね~。
他の人も狙えるみたいで、で、暗殺成功(とは言っても、別に死んではいない)すると、その分友好度?があがるようなシステムになっているのかなあ?
ゲーム慣れしている娘は、マニュアルなどほとんど見ずにやっているので、すごいな・・・。

いわゆる乙女ゲー?みたいのに、暗殺システムが加わったようなものなんですかね?
選ぶシチュエーションによって、その場面が終わっちゃたり、話が続いていったりしてるんで。

文化祭に、ツナたちのクラスでは忍者の劇をやることになって、獄寺が脚本を書くらしい。
で、当日に、野球部が黒曜中と試合やることになって、山本がピッチャーに選ばれて、このままでは文化祭には出れない・・・なんてストーリーは途中まで見たんですが、その後どうなったのかな?

雲雀や骸は、出会っても、自分が変装しても、うまくいくことが少ないみたいです。
もうちょっと、娘が進んだようだったら、また見させてもらおうかな?
それとも、うまく進ませるためには、公式ガイドブックみたいのがないと、難しいんでしょうかね?

ゲームの絵が、普段のアニメのときの絵と違って、ちょっと黒い?感じの顔に私には見えちゃって(笑)。
声だけ聴いてる分にはいいんだけどな・・・。
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/717-f3a9d64e
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。