プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『レインマン』を観ました
椎名桔平さん、橋爪功さん主演の舞台『レインマン』を観てきました。

もとになったのはもちろんダスティン・ホフマン、トム・クルーズ主演の映画『レインマン』です。

チラシ(笑)からあらすじを。


幼い頃に母親を亡くし、厳格な父に育てられたチャーリー(椎名桔平)。
ネットトレーダーとして、巨額のマネーゲームに翻弄される日々を送っていたある日、憎しみ続けてきた父親が亡くなる。
恋人のスザンナ(紺野まひる)を連れ遺産目当てに帰郷した彼は、ブルーナー医師(佐藤誓)のもと施設で暮らす自閉症の兄・レイモンドの存在を知ることになる。

衝撃の事実に困惑しつつも、巨額な遺産の相続人であるレイモンドを連れ出し、自分の自宅があるロサンゼルスへと向かうチャーリー。

天才的な一面を持ちながらも、外の世界とつながりを持つことができないレイモンドと向き合う時間は、着実にチャーリーの中の何かを変えていった。
長い空白の末に再会したふたりの運命は・・・


ストーリーや設定は映画とは少し違ってます。

2人が旅する足は車じゃなくてバスだったり。

小さい頃父親からサッカーボールを与えられた2人はリフティングが趣味?だったり。
椎名さん、サッカーうまいので、舞台の上でも華麗なリフティングを披露してくれました。
橋爪さんも健闘(笑)。

カジノのシーンもありません。

でも、ラストシーンが映画よりも私はよかった。
泣けた!
続きでネタばれしよう(笑)。

やっぱり、橋爪さんが芸達者なんですね~。
映画よりはちょっとおどけたところのある感じ。

と・に・か・く・椎名さんがかっこいい~!
大好きな俳優さんの上位ベスト3に入るくらい好きなので、近くで見れて幸せです!

一緒に過ごすうちに、いろいろな事実が分かっていったり、だんだんと2人の気持ちも通じてきて、一緒に暮らそうとするチャーリー。
でも、環境を変えたくないレイモンドは、結局病院へ帰ることを選択してしまう。

せっかく兄弟がいることがわかったのに、一緒に暮らせない悲しみを椎名さんがせつなそうに演じてくれました。

今回は2006年初舞台化からの再演だったのですが、2日間しかやらなかったんですよね~。
ああ、いい作品が見られて満足です^^。

・・・で、ラストシーンのネタばれを続きに。
レイモンドに会う前は、結婚なんて考えられなかったチャーリーが、レイモンドに会うことによって家族の良さを知り、スザンナと結婚することを決意するのですが・・・

ラスト。
病院に暮らすレイモンドに会いに来たチャーリーとスザンナ。
そして、ベビーカーには2人の間に生まれた赤ちゃん。
(確か)チャーリーが抱き上げた赤ちゃんに、躊躇しながらも近づいて行くレイモンド・・・

というところで終わります。

チャーリーが赤ん坊だったころ、抱いてあやしたことを覚えているレイモンド。
親がいない時に、いいことをしようと、チャーリーをお風呂に入れようとしたものの、熱湯だったために、チャーリーにやけどを負わせてしまったレイモンド。
そんな記憶から、赤ちゃんを抱きたいけれど、近寄れない(自分がまた傷つけてしまうかも知れない)・・・そんなレイモンドの心情が表れていて、すごく感動的なシーンだったのですよ。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/707-a59618f7
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。