プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスマ誕?SS
今日はアスマの誕生日ですね。

・・・ということで、このブログ始めて以来初!(多分ね)のSSを書いてみました。
っていうか、文章に関しては、2次創作自体初めてだと思います。
文才ないんだもの・・・。

でもね、誕生日なのに、死にネタです、すみません。
それでもよい、って方は続きからどうぞ。

BE MY SIDE

「お前が一緒にいたい奴ってのはどんな奴だ?」

アスマにそんな質問をされたのは、めずらしく2人ともに任務のなかったある昼下がりだった。

アスマの家の縁側で、俺は例のごとくイチャパラをめくっている。
アスマは、次のシカマルとの対局に備えて、将棋の手を考えている。
2人でいながら、全く別のことをしているのはいつものことだ。

「・・・ん~っ、空気みたいな存在」

「空気?」

「普段はそばにいても気にならないのに、これがないと死んじゃうんだよ」

「なんだ、そりゃ」

「まぁ、今のアスマみたいな存在だと思ってくれていいよ」

俺にしてみれば、これが十分愛の告白だったわけだが。

「じゃあ、俺が死んだら、カカシまで死んじまうわけか。
里のためにもお前より先に死ぬわけにはいかないな」

そんな風に、笑ってかわされてしまった。


・・・・・・・・・・・・


『お前より先に死ぬわけには行かない』

そう言ったアスマは今、俺のそばにはいない。。
どうして、俺が大事に思っている人は、俺を置いて先に逝ってしまうのだろう。

「自分が言ったことに責任を持てよ」

そんな愚痴も言いたくなる。

オビトの墓とアスマの墓、2つに立ち寄るようになった俺に、
ナルト達は俺の遅刻癖がますますひどくなったとぼやいている。

「さて・・・、そろそろ行くか」

その場を離れ、今日の任務へと向かう。
風が木の葉をざわめかしている。
そんな風に混じって、煙草の香りがした。

「・・・アスマ?」

アスマの姿なんて、あるはずがない。

「・・・気のせいだよね」

苦笑して、歩こうとする俺の鼻先に、風がまたあの匂いを運んできた。

(空気みたいな存在)

唐突に俺は、あの日の自分の言葉を思い出した。
そうか、墓の下に眠っていると思っていたお前は、ずっと俺の周りにいたんだな。

自然と口元に笑みが浮かんでいた。
明日からは多分、ナルト達の小言が少なくなるに違いない。




お粗末さまでした!
これってカカアス?(笑)
私はアスカカ推奨派なんですが、これもありかな(精神的に)。

この話を考えたのは、1年くらい前ですかね~。
ちょうど、紅白の出場者が決まって、『千の風になって』がクローズアップされていた時期でした。
それに、WJ本誌のアスマ死亡・・・が重なって、こんな話を思いついたのですが、形にするのに、1年近くかかるのってどうよ。
既に、発酵さえしているような気がします(爆



余談ですが・・・
私の親戚にお線香などを寺に納めている仕事をしているおじがいるのですが、その方の話によると、仏教界(大げさ?笑)においては、『千の風になって』のヒットは喜ばしくないそうな。
だって、あの歌、「私はこのお墓の下にはいません」って歌っているんだもんね。
お墓参りをする人が少なくなる・・・と言われているとか。

お坊さんの研修会みたいなところで、この曲がBGMでかかったら、「やめろ、やめろ」みたいな発言もあったそうな・・・。
スポンサーサイト

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/703-c4a95cab
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。