プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『わたしのちいさなピアニスト』を観ました
前から観たいと思っていた映画。
イセザキモール裏手のミニシアター(?)で観てきました。


ソウル郊外のアパートの一室で、ピアノ教室を開いたジス。
天才ピアニスト・ホロヴィッツを愛するジスは、自分がピアニストとして大成しなかったのは、家が貧しく、海外留学ができなかったからだと思い、挫折感を感じている。

そんなジスの引越しの日に、メトロノームを盗んでいった近所に住む7歳のキョンミン。
4歳のときに母親を交通事故で亡くしていたキョンミンは、たたかれながらも祖母と暮らしている問題児。

しかし、そんなキョンミンに絶対音感があることを知り、キョンミンにピアノを教え始めるジス。
めきめき演奏の腕をあげるキョンミンをコンクールで優勝させて、優秀な指導者としての名声を得ようと思うジス。

そんなジスに熱をあげ、ジス目当てにピアノを習い始める、階下のピザ屋の店長・グァンホ。

コンクールを控えたある日、キョンミンに乞われ、遊園地へと出かける。
そこで出合った動物や自然を音にたとえてピアノを弾くキョンミン。
彼の音楽の才能は本物だと再確認する。

万全の体勢で迎えたはずのコンクールの舞台で、スポットライトを浴びたキョンミンは、事故のときの車のライトを思い出しパニックになり、ピアノを弾かずにうずくまってしまう・・・。



天才的な才能を持った少年・・・というと、『ピアノの森』を思い浮かべてしまうのですが、この映画はキョンミンを通しながら、ピアニストとして成功しなかったジスが、自分の挫折感を払拭して、どのように生きていくか・・・がテーマだったのだと思います。

普通の男の子・・・なキョンミンがかわいい。
ピザ屋の店長さんの強引さ・・・ちょっとうざいかも・・・と思いながらも、なんでも笑って吹き飛ばしてしまうところと、実はとても頼りになる人なんだ・・・というところが○(なんか、アズマックスぽかった・笑)。
ジスとの恋の行く末もグッドでした。

思ったよりもピアノの演奏シーンは少なかったのですが、最後のピアノ協奏曲(でいいのかな?)は圧巻。
確か、この曲は『のだめ』でも演奏していたような・・・?

心があったかくなる作品でした。

予告でやってたヴァイオリンの話もよさそうだった・・・。

この映画館、中はわりと広かったし、よかったのですが、なんせ、回りが風俗店が多くて・・・(汗)。
映画館から出て歩いているときも、そういう店に昼間っから入っていく兄ちゃんを見ましたよ・・・。
ちょっと1人で歩いていると、その辺の店で働いている女性だと思われちゃうかしら?(笑)
・・・ま、こんなおばはん、およびじゃないか(爆

シネマジャック&ベティという映画館だったのですが、なかなかいい作品を上映しているようなので、横浜周辺に住んでいる方は機会があったら、いかがですか?
5回行くと、1回無料で観られるようです。
ちなみに、水曜はレディースデイで1,000円でした。


スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/684-a0cfefa8
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。