プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地球へ・・・』最終回を見終えて
『地球へ・・・』の感想、ほとんど書いていなかったのですが、最終回を迎えたので、今までのこととか含めて、感想、いってみたいと思います。
でも、リアルタイムで1回見ただけなので、私の思い違いがあるかもしれません。

最終的には、ジョミーもキースも死んでしまいましたが、後に残された人間とミューが手を取りあっていこう・・・というラストになりました。
確か原作は、その場では共生を認めるストーリにはなっていなかった気がするので、この結末はよかったのではないか、スタッフが描きたかったのはここかな?とは思ったのですが・・・

そこへの持って行き方が強引だったのでは?
ミューの存在は認めない、と直前まで言っていたキースがあんなに早く心変わりするのが納得いかない・・・。
表面上はミュー排除、と言っておきながら、サムやマツカのことなどがあって、心の中ではミューを認めていたってことなのかな?
それならそれで、この心の動きがもっとわかるような描き方をしてほしかった。

あと、キース、年取り過ぎ↓。
口の下のしわ、なんだかふけ過ぎだったんですが。

トオニィを次期ブルーとして認めたかのような描き方もなあ・・・。
確かに、ミューとしての能力はひと一倍のトオニィですが、実際はジョミーを助けるために急激にあそこまでの成長を遂げたのであって、精神的にはまだまだ人をまとめられるレベルまではいっていないと思うのです。
どっかの忍者漫画の主人公と同じだよ・・・(ちょっと辛口過ぎ?苦笑)。

マードックも初登場時とは打って変わって、地球破壊システム・メギドに突っ込んで人類を守るすっごいいい人になっちゃってるし。
人間、変われるものですから、それはそれでいいんですけど、どうしてそういう心境になってきたかってことが描かれてないんだよ・・・。

ここからは私の個人的な好き嫌いの問題で。

私は、ロボットとかメカってあまり好きじゃないんです。
それで、子供のころマジンガーZが始まったあたりから、全くアニメを見なくなったくらいだ・・・と思っているんですが。
戦いにしても、人対人の構図が好きなんです。
たとえば、戦争などで、人を殺すにしても、目の前にいる敵を自分の手でもって殺したら、その時の感触というのは、自分の手の中に残るわけでしょ。
でも、爆撃機で敵機を撃ったり、無作為に人を撃ったりするのは、「自分は人を殺した」という実感はあまりないような気がするんだな~(実際体験したことがないのでわかりませんが)。

以前、音楽番組のトークのコーナーで、スキマスイッチのボーカルの方が(名前出てこない、すみません!)、相方がすごいガンダム好きなのに、自分は興味ないって言ってたんですよ。
「(モビルスーツに載って攻撃することは)ひきょうな気がする」
てな趣旨のことを言ってらして、私のロボット嫌いもここに通じるんだぁ~!と妙に納得してしまったんですが・・・。

・・・って、結局何が言いたいかと言うと(脱線し過ぎ・笑)、今回のアニメはやけにメカの造形に力が入っていたし、戦闘もメカ対メカの趣が強すぎて、私の好みじゃなかったってことです!
もっとメカに頼らない人とミューの戦い、心の戦いを描いてほしかったんだよなあ。
「モビー・ディック」とか「メギドシステム」とかそんな大層な名前はいらないんだけど(原作にはなかったよ・・・ね?)

今回のアニメ化にあたって、若い人に向けての新しい『地球へ・・・』を・・・ということだったので、原作のメカの造形が古すぎるから、それを現在に通じるように描きなおすくらいのことかと思っていたのに。

あと、気にいらなかったのが、「風木」のセルジュを出してきたこと!
スタッフはファンサービスのつもりで入れてきたのかもしれないけれど、あの作品から多大なる影響を受けた身としては、キースの手下(言い方悪っ)なキャラにしたのが許せない。
登場させるにしても、原作のセルジュの性格からしたら、ミューを排除する考えには反対の立場の人間になるべきでしょう!
自分にだって、ジプシーの血が混じっていることで、差別されていたわけですから。
まあ、あくまでも「風木」の中でのことで、アニメの設定上は違うんです・・・と言われてしまえばそれまでですが。
あんなセルジュは見たくなかったよ・・・。

原作も読んでいるものの、何せ鳥頭なものですから、けっこうストーリーの流れとか忘れちゃってる気もします。
もう1回原作読んで、もっとまともな感想でも書けたらいいな・・・と思います。
スポンサーサイト

テーマ:地球へ… - ジャンル:アニメ・コミック

■ この記事に対するコメント

「風木」のセルジュだったのね。
私、竹宮先生の熱心な読者ではなかったので、「風木」は読んでるけど、全然気がつきませんでした。
さすがー。

私もロボット物は好きではないのですよ。
「ガンダム」もモビルスーツのスペックとかには全然興味ないし。(笑

「地球へ」は人間のドラマだと思うから、派手な戦いのシーンはいいから、もちょっとキャラを掘り下げて描いて欲しかったと思いました。
今どき、それだけでは難しいのでしょうか。

ここに書きますが、5万打、おめでとうございます。
遅れて申し訳ないです。
獄寺の絵、あり難く頂きます。
ジャンプの子・獄寺、すっこ゜く可愛かったですよね。
【2007/09/24 21:12】 URL | mam #sq7L3.L. [ + 編集 +]

mamさんへ
それまで「りぼん」や「なかよし」を読んでいて、初めて出合った竹宮作品が「風木」だったので、その衝撃は相当なものだったんですよ。
その後の私の嗜好に多大な影響与えてるし(笑)。

mamさんもロボット苦手ですか。
同志がいてうれしいです。
人間ドラマ中心のものも多いのでしょうが、なかなか視聴が続きません。
「コードギアス」が初めて最後まで見れたものかも。

お祝いの言葉もありがとうございます。
うう、あんな絵ですみません。
今度雲雀さんとか、がんばってみますね(かえって迷惑かも・汗)。
【2007/09/25 12:12】 URL | こっこ #2y8EjLqo [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/673-bffa90a9
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。