プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ある日、ぼくらは夢の中で出会う』
・・・を娘と観てきました。

ストーリーは・・・


4人の刑事がいる。
その中の1人、新入りの男はテレビや映画で見る刑事の世界への憧れを力説するが、彼の知識は他の3人の刑事にとっては「嘘」ばかり。
笑いの種にしかならない。

4人の誘拐犯がいる。
その中の1人、新入りの男はテレビや映画で見た犯罪の手口を参考にしようとするが、他の3人の誘拐犯から「どれも的外れ」だと笑われ困惑する。

やがて刑事と誘拐犯は事件を機に接触
するとそこに奇妙な接点とズレが生じ始め―(プログラムより)

土屋裕一さん、永山たかしさん、中村優一さん、津村知与支さんの4人が、4人の刑事、4人の誘拐犯を自分の名前で演じています。

今まで刑事だった4人が暗転すると誘拐犯に、また暗転すると刑事に・・・という構成でストーリーは進むのですが、途中で刑事が誘拐犯と同じつなぎを着て変装(?)する場面から、どっちが刑事でどっちが誘拐犯!?と、よく考えて見ていないとわからなくなってきて(笑)。

舞台の左では刑事側、右では誘拐犯側の演技が始まったとき、すぐに理解できませんでした(苦笑)。

芝居はテンポもよくて、笑えるところもあって、おもしろかったです。

永山さんがどちらも新入り役をやっていたのですが、長セリフもあってけっこう大変そうでした。

しかし、永山さん、若い!ってか、童顔なのか?(笑)
実際の年齢的には中村さんの方が10歳近く若いのに、永山さんの方が幼く見えるものね^^(だから新入り役なのか?)
娘も「10代にも見える」って言ってましたよ(娘は中村さんが気に入った様子、電王に出てるんだね!)

永山さんはしょっぱなに客席の通路からセリフが始まったんですが、私らのすぐ後ろの通路だったので、じっくり顔を拝見させていただきました。

娘が「写真集買えば?」なんて言っていたけれど、そこまでは・・・(汗)。

でも、『スイッチを押すとき』も観にいきますよ~。

夜は『ウルルン』も見てしまったよ・・・。
現地の人と同じ格好をした永山さんに拍手!(あ、あとあの虫を食べたのにも・・・)

芝居って見出すとハマるよね・・・。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/637-d8504ba5
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)

永山たかし

永山たかし永山 たかし(ながやま たかし、本名:永山 毅、1978年11月16日 - )は日本の俳優。(株)芸映所属。神奈川県出身。血液型はA型。身長170cm。趣味は、服のリメイク・スポーツ・野球・水泳・甘い物を食べる。特技は、空手初段・書道四段。ジュノン ゆいの記録【2007/08/21 03:25】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。