プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ピアノの森』観てきました
子供2人とも、部活でいなかったので、私1人が観たいと思っていた『ピアノの森』に行ってきました。
ちょうど、水曜レディースデイ・・・と思っていたら、1日でだれでも1,000円だったのですね。

ピアニストをめざす小5の雨宮修平は、とある田舎町に転校する。
そこで、森の中のピアノを弾くという同級生の市ノ瀬海(かい)に出会う。

海に連れられ森に行った修平は、森に置かれたグランドピアノを弾くが、音が出ない。
しかし、海が弾くと、とてもすばらしい音が出て、修平はその音色に感動する。
「これはおれのピアノだ」
と言う海は今までピアノを習ったことがないと言う。

音楽教師阿字野壮介がかつては優秀なピアニストだったことを知った修平の母親が、阿字野に修平のレッスンを頼むが、断られる。

修平から海が森のピアノを弾けることを聞いた阿字野は森へ。
実は森のピアノは、かつては事故でピアニストとしてやっていけなくなった阿字野のものだったのだ。
海のピアノを聞いた阿字野は、海の才能に気づき、レッスンを申し出る。
それを知った修平は、海を応援しながらも、複雑な気持ちだった。

はじめは乗り気でなかった海だが、どうしてもショパンが引けない海は阿字野にレッスンしてくれるように頼む。
ショパンが弾けるようになったお礼をしたいと言う海。
阿字野が海にしてほしいこととは、コンクールに出場することだった。

修平のライバルとして、コンクールに出場することになった海。
しかし、阿字野の演奏の録音テープを聞いた海はなかなか自分の音が出せないでいた。
海の演奏のすばらしさを感じながらも、今まで自分がしてきた努力を信じ、さらに熱心に練習に励む修平。

・・・そして、コンクールが始まる。


映画が観たかった・・・というよりは、ピアノの音が聴きたくて、観たかった映画なので、すてきなピアノの音が聴けただけで満足でした。
海のコンクールのシーンでは音を聴いてゾワっときたし。

レッスンを受けたこともない、楽譜が読めなくても、音を聴いて、弾けてしまう、自由奔放な演奏ながら聴く人の心を打つ天才肌・・・

まるでのだめみたいです(あ、のだめはレッスンは受けてるけど)。

上手な(完璧な)演奏と、人を感動させる演奏はイコールではない、というのが音楽なんでしょうね。
ひいては音楽に限らず、絵など芸術一般についても、それは言えるんだと思う。
そして、荒削りなようでいても、人を感動させることができる者が天才なんだろう。
そういう者(=海)を努力の天才(=修平)は、どうしても超えられないものを持っている、負けている、と感じてしまうんだろうな・・・。

コンクール後の修平と阿字野の会話のやりとりに、平凡な私はぐっときてしまいました。

メインの声の多くは俳優さんがやっていて、声優専門の方がいいのでは・・・という声もあるようだけれど、私はそれほど気にならなかった。
阿字野役の宮迫サンなんて、とてもよかったと思うけど。
海と修平以外のキャストは知らずに観たのですが、松本梨香サンはわかった(笑)。

こういう映画を観ると、またピアノが弾きたいな~、と思うんだけど、20年ぶり以上たって調律したピアノを、調律後1回も弾いてない(1つの曲としては)私です。

この作品の原作は漫画で、コミックスもけっこう巻数出ているようなので、映画の続きの話もあるんでしょうか?

で、確か「モーニング」かなんかで連載・・・ですよね?
多分、子供向けではないのだろうな・・・と(子供が見てもわかるけど)。
その割りに、客層が小学生以下の子供とお母さん・・・みたいな組み合わせが多くて、ピアノを習っている子供に見せよう、と親が連れてきた感がただよっていて、映画が終わった後に、
「これからもピアノのレッスン頑張れる?」
なんて子供に聞いてるお母さんもいて(子供、まだ小学校あがってるようには見えなかった~)、将来のピアニスト予備軍を狙ってるのかなあ・・・なんて思ってしまいました。

音楽の楽しさをわかってもらいたくて、ピアノを習わせているわけではないんだろうな・・・と思い、

私はそれがなぜか、悲しかったのです。

スポンサーサイト

テーマ:ピアノの森 - ジャンル:映画

■ この記事に対するコメント
はじめまして^^
はじめまして、こんにちわ^^いいですね~。ピアノの森観てみたい。しかし、うちには0歳児がいて、しばらく夫婦で映画館に行ってません。DVDで出たら観てみます。
他にもおすすめがあったら教えて下さいね^^では、また・・・。
【2007/08/02 13:50】 URL | ハル吉 #- [ + 編集 +]

ハル吉さんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

ハル吉さんは『ピアノの森』の原作は読まれたのでしょうか?

映画は子供と見たいものが重ならないときは、いつも1人で見に行ってます^^。
ダンナとは、結婚してからは行っていないのではないかと・・・。

そういえば、私も子供が小さいうちは映画は見に行っていなかったかも。

よろしければ、またのぞきに来てください。
【2007/08/03 00:08】 URL | こっこ #2y8EjLqo [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/623-dfc93cde
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。