プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝動買い
今日(すでに日付は変わってますが)は暑かった~!!
夕方の天気予報みたら、横浜、33度あったらしいじゃないですか。
もう、うちの2階なんて、日当たり良過ぎて、いられないよ。
きっと室内温度35度超えたよ(測ってないけど)。

レンタルDVDを返すついでに寄った本屋で萩尾望都サンの「トーマの心臓」の新装版を発見。
思わず衝動買いしてしまいました。

トーマの心臓 1 (1) (フラワーコミックススペシャル 萩尾望都パーフェクトセレクション 1) トーマの心臓 1 (1) (フラワーコミックススペシャル 萩尾望都パーフェクトセレクション 1)
萩尾 望都 (2007/07/26)
小学館

この商品の詳細を見る


トーマの心臓 2 (2) (フラワーコミックススペシャル 萩尾望都パーフェクトセレクション 2) トーマの心臓 2 (2) (フラワーコミックススペシャル 萩尾望都パーフェクトセレクション 2)
萩尾 望都 (2007/07/26)
小学館

この商品の詳細を見る




ドイツのギムナジウムで学ぶ少年達。
冬の終わりのその朝、トーマ・ヴェルナーが死んだ。

事故死と思われていたトーマから、ユーリに残された1通の手紙。
「これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音」。
トーマは自殺だった・・・。
なぜ、トーマは死んだのか?

生前、トーマはユーリに好きだと告げていたが、ユーリはそんなトーマに言い放っていた―「君なんか知らない」―と。

そんなとき、トーマに生き写しのエーリクが転入してくる・・・。


この作品、最初に読んだのは中学生のころだったと思うけれど、そのときはあんまり理解できなくて、面白いと思わなかったんですよ。

その後、20歳過ぎたくらい?にもう1回読んだときには、その世界に引き込まれてしまい・・・
「ポーの一族」なども、この時期に読み返したんだと思います。

多分、家のどこかに文庫版があると思うんだけど(汗)、久しぶりにこの作品を読んでみて・・・

萩尾さんの漫画は文学だ~!

と思ってしまいました。

最近はジャンプに載っているような娯楽作品?とか、ちょっとラブコメ風少女漫画を読む機会が多かったけれど、この作品はキリスト教的・・・というか、実に哲学的な作品だと思うのですよ。

たかが漫画、とあなどるなかれ。

人によっては、絵柄が古いと感じる方もいるかも知れませんが、ストーリーは今の時代に読んでも、色あせませんね。
漫画好きなら(文学好きの人も)未読の方はぜひ読むべし。

で、今回のこの「萩尾望都 Perfect Selection」というシリーズ、全9巻で、これからぞくぞくと「11人いる!」とか「メッシュ」とか「ポーの一族」などが発刊されるんですが、全巻予約すると、特典として特別複製原画がもらえるんですと!
・・・てことは、コレを買ってしまった私にはその特典をもらえる権利はないのかぁ~!?
スポンサーサイト

テーマ:少女マンガ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

■ この記事に対するコメント

わたしも萩尾作品は随分前に読んだっきりなので読みなおしたいなぁと思いましたv
11人いる!が好きでしたよ^^
【2007/07/28 16:12】 URL | ゆにこ #- [ + 編集 +]

ゆにこさんへ
こんばんは^^。

「11人いる!」はSFだけれど、ミステリーの要素もあって、引き込まれるストーリーでしたよね。

最近はちょい昔の漫画の復刊が相次いでいて、オールドファン?(笑)にはうれしい限りです。
【2007/07/29 01:35】 URL | こっこ #2y8EjLqo [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/619-14ce8954
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。