プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WJ27号感想とか
ジャンプは日曜には買ってるのにな・・・ブログ書くの遅いよな・・・。

・・・てことで、感想とも言えないような一言感想+αです。

『NARUTO』

大蛇丸、死んではいないだろ・・・とは思っていたけれど、カブトの中に入っていたとは!
今のところ、大蛇丸がカブトの体を乗っ取った、というよりは、カブトが大蛇丸の体を取り込んだ様子で、カブトの精神の方が勝っているようですが、この先、どうなるんでしょうね?
しかし、いつ、カブトの中に入ったんだろう・・・?

話を盛り上げるためなんでしょうが、今回デイダラがサスケのところに行ったところを読んでいて、ん~、(はっきり言って)デイダラの私怨なんかで、サスケの元にトビと2人、行かせちゃってよかったの?って思った。
飛段と角都がやられて、暁自体もそんなに戦力として余裕がないはず。
サスケを倒したからって(まあ、倒せないであろうが)、サスケが尾獣であるわけじゃなし。
デイダラの自己満足のために、無駄な戦いをやる必要なし、が私の意見(コレがないと、話が進まんのだろうが)。

・・・と毎回文句をつける小姑みたいな私です(笑)。

『BLEACH』

なんか、ウルキオラにライバル心メラメラのグリムジョーが、

「これは僕のもんだいっ!お前になんかやるもんか!」

てな、まるでガキにしか見えません。
この先どうなるんだろ?って期待はありますが。

アニメ、オリジナルといえど、久保先生の原案なら、期待しちゃってもいいかな?(あと問題は作画か・・・映画もあるし・・・)

『銀魂』

本誌、アニメともシリアス続きで、ちょっとヘビィな気もしますが・・・(その分、キッズ・ステーションの再放送見て、笑ってます)。

お知り合いブログ&サイトさんをいくつか回らせてもらって、鴨、死なせてしまうのはかわいそう~(泣)の意見もあるのですが・・・。

彼の子供時代の境遇を鑑みて、はい、そうですね~、と簡単には許せないほどの被害を出してしまった以上、彼の処罰は避けられない。

彼の不幸は、自分の欲しかったものが近くにあったのに、気付かなかったこと。
自分の自尊心が強すぎて、周りのもの素直に受け入れられなかったこと。
でも、真選組の仲間として死ぬことができたんだよね?

実はですね・・・私自身、かなり自尊心高っ!な人間なので、鴨の気持ちはなんとなくわかるんですよね・・・。
決して、「私はあなたたちとは違うのよ」的な優越感を持っているワケではないのですが、他人に頼る、甘えるってことができないしな~・・・(自分の記憶にはないのですが、幼少期に、妹が生まれたことによって、親に甘えられなくなったってことがありそうなのですが、その辺のことはもし機会があれば・・・って別に聞きたくないか)。


そして、連載漫画とは関係ないのですが、今回私が気になったことは・・・

手塚賞審査委員の鳥山明先生の講評!

「今回の最終候補は天使や悪魔、鬼をテーマにしている作品が多かったのが気になった」

ってところなんですよ~。

悪魔、鬼ではないんだけれど、近頃のアニメって妖魔、妖怪、悪霊・・・と姿は違えど、そんな悪を退治する話が多いって思いません?
そして、そんな悪を退治するためのエキスパートがいる、と。
まあ、私もそんなアニメを何編か視聴しているので、あんまり文句は言えないのですが、そういう話に食傷気味です。

世の中に、人間以外にそんなに悪がいたら、すでに人類なんて滅びてるよ・・・なんて思ったりして。
現実世界を見渡せば、そんな悪より怖い人間がうようよ。
っていうか、自然(地球)を破壊し続けている人間そのものが悪なのかも・・・という事実。
悪魔、妖怪の類を相手にしなくても、いくらでもおもしろい話はあると思うんですがね(ギャグ、スポ根も好きです)。

長年、本を読んできていますが、SFやファンタジーは別にして、私が見てきたのは、ほとんど人間同士の話。
それでも物語はつきることがない。
最近のいわゆるライトノベルといわれるものは、ファンタジー系が多くて、若い人もほとんどそっち系しか読んでいないのかなあ?(あ、あとは携帯の自叙伝風恋愛小説とか?)

空想(ファンタジー)に頼らない、骨太(!?)な作品の出現をお持ちしています、なんちって(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/560-fbdd81b0
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。