プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黄色い涙」
娘の「見たい!」リクエストで、嵐主演の「黄色い涙」を観てきました。


1963年、晩春。村岡栄介(二宮和也)は漫画家、井上章一(相葉雅紀)は歌手、下川圭(大野智)は画家、向井竜三(櫻井翔)は小説家として、それぞれ成功することを夢見ている。

彼らはひょんなことから、がんに侵された栄介の母親を郷里から東京の大病院に入院させるためにつるんだ仲でもあった。
そして、そんな彼らの夢を応援している米屋で働く勝間田祐二(松本潤)。

彼らは阿佐ヶ谷に住んでいたが、お金のない章一、圭、竜三が栄介のアパートに転がり込んできて、4人の共同生活が始まる。

生活費を稼ぐために、かつて世話になった漫画家のもとへアシスタントへ行く栄介。
他の3人は自分の夢以外の仕事で稼ぐ気持ちもなく、質やパチンコで生活費を作っている。

ある日、竜三の先輩から、圭の絵が画商に売れたという知らせが入る。さらに栄介もまとまった金を手にして帰ってくる。
この金を元手に、生活を立て直し、この夏の残された時間を創作活動にあてようと提案する栄介。

それぞれが自分の才能と向き合う日々が始まる・・・。


普段はかっこいい現代っ子の嵐の面々が、貧乏でダサい(!?)夢見る青年をうまく演じています。

やっぱり、この雰囲気は明治でも大正でもなく、もちろん平成ではない昭和の匂いが感じられる~・・・と思いながら、画面を見てました。

1963年というと、私は2歳前後か。
東京オリンピックのときに、テレビを見ながら、さかんに「オインピック」と言ってた・・・とよく両親に聞かされました。
電話も全家庭には普及してなかったんではないかな?
・・・そんな時代です(古すぎてゴメン)。

夏が終わるころ、夢が破れて、現実を見つめなければならないときが来る・・・切ないなあ。
この場面にはジーンときてしまいました。

でも、自分の信念は捨てないという選択肢もある。

なんかこの映画を見て、のんべんだらりと毎日を過ごしている自分を(少し)反省してしまいました。
私も普段から漫画を描きたいと思っていたのですが、アイデアを頭の中でこねくり回してるだけじゃなくて、紙の上に形にしてみようと思いました。
たとえ、下手くそな絵でも。

今回の映画では松潤の出番は少なかったな。ドラマの方が忙しかった?
蛇足ですが、私が嵐の中で一番好きなのは二宮クンです^^。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

■ この記事に対するコメント

こんにちは!ヽ( ´ ▽ ` )/ 

★Remixi@タッキー★です!


こっそり遊びに来ました~^^

また遊びにきます~♪
応援(ノ´∀`)でした♪
【2007/05/13 14:51】 URL | ★Remixi@タッキー★ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/541-1a7219b4
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。