プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾著「使命と魂のリミット」
使命と魂のリミット 使命と魂のリミット
東野 圭吾 (2006/12/06)
新潮社

この商品の詳細を見る


もう読み終わってから10日以上たっているんですが、今年初めて読んだ本です。最近、本を読むペースが落ちてます。

前回の「赤い指」ではちょっとがっかりしてしまった東野圭吾。こちらはまあまあ楽しめました。


心臓外科医を目指す夕紀は現在、帝都大学病院の心臓血管外科の西園教授の下で研修医として働いている。
実は夕紀の父は大動脈瘤の手術をこの西園教授の執刀で受けており、死亡していた。100%とはいかないものの、手術は成功するだろう、と言われていたにも関わらず、亡くなってしまった父の手術に対して疑問を抱いていた夕紀は、ある目的を胸に秘めていた。

父と同じ大動脈瘤の手術の助手を任せれ、目的を果たさんとする日。病院脅迫犯の手によって、手術室に緊急事態が発生する。

果たして、手術は成功するのか?そして、夕紀の目的は達成されるのか?



・・・というのが大まかなあらすじ。

続きはちょっとネタばれあるかも・・・?
父の手術前に西園教授と会っていた夕紀の母。そんな2人の関係から、もしかしたら、西園教授はわざと手術を失敗したのでは?と疑心暗鬼になる夕紀(実際、現在2人は付き合っています)。しかし、この後からのいろんな事実が出てきて、ますます夕紀は不安になります。

手術シーンの描写が緊迫感にあふれていて、ドキドキしながら読む進めました。

タイトルにある使命とは、夕紀の父親がことあるごとに言っていた言葉―「人間というのは、その人にしか果たせない使命というものを持っている」―からとっています。

しかし、病院の心臓部ともなり得るような場所に簡単に入れちゃうのはちょっとな・・・とは思いましたが。そんなにセキュリティ甘くてよいのか。
でも、病院って、患者を受け入れるためには、オープンにならざるを得ないのかな?

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/445-f4c4c81d
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。