プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮部みゆき著「名もなき毒」
1週間くらい前には読み終わっていたんですが・・・宮部みゆきさんの「名もなき毒」読了です。

名もなき毒 名もなき毒
宮部 みゆき (2006/08)
幻冬舎

この商品の詳細を見る



杉村三郎は自分の妻の父親が会長を勤める財閥企業の社内報を編集する仕事をしている。アルバイトとして雇っていた原田いずみを、勤務態度の悪さから解雇するが、解雇は不当と嫌がらせ的な反撃をしてくるいずみ。彼女のトラブルの対処を任された杉村は、身上調査のために私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという古屋美知香という女子高生に出会い、そちらの事件の解決にも手を貸すようになる・・・。

宮部さんの作品を読んだのはかなり久しぶりの気がします。一時期すごくはまっていたんですが・・・。

今回の作品は「誰か」という作品と同じ登場人物が出ているらしいのですが、私はそちらの作品は読んでいないので。でも、これだけで読めます。

ちょっと感想・・・。
私としては、毒殺事件の犯人が誰か・・・ということより、原田いずみのトラブルにどう対処するんだろう・・・って方が興味がそそられました。それくらいどういう行動をとるか分からない人です。しかし、ストーカー的、というと、五十嵐貴久さんの「リカ」の印象があまりにもインパクト大だったので、それと比べればまだまだ・・・しかし、実際あんなことされたら恐ろしい・・・と思いつつも、ここまでいかないまでも、最近はこういう人、多いんじゃないかとも思いました。うまくいかないことをすべて他人のせい、社会のせいにしてしまう人。自分にも悪いところがあるんだと気づかない人。世界は自分中心に回ってると思いこんでいる人(だから、自分の思い通りにことが動かないと、それは全部他人のせいにしてしまう)。

本物の毒が恐ろしいのはもちろんのことですが、人間の内面にひそんでいる毒も恐ろしい・・・と思わされた1冊。

でも、宮部さんの作品にしてはあんまりパワーを感じなかった本でもあります。だから読み終わってもすぐに感想が書けなかったんだけどね。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/360-013f622b
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。