プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チーム・バチスタの栄光」
最近、本を読むペースがかなり落ちてきました。私が暑さに弱いせい?暑いと何にもする気になりません(いつものことでは・・・?)

海堂尊著「チーム・バチスタの栄光」を読みました。この作品は『このミステリーがすごい!』第4回大賞受賞作です。
チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光
海堂 尊 (2006/01)
宝島社

この商品の詳細を見る


東城大学医学部付属病院にアメリカから心臓移植の権威、桐生恭一が招聘される。彼を中心にすえ、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術を専門とする“チーム・バチスタ”は成功率100%を保っていた。しかし、3例続けて術中死が起こる。単なる医療過誤ではないと考えた桐生は院長の高階を通して、神経内科教室講師、不定愁訴外来責任者、田口公平に内部調査を以来する。果たして、術中死は医療過誤か、殺人か・・・?

「医療もの」というと、重苦しい雰囲気の作品が多いのですが、これは登場人物のキャラ設定によるものなのか、わりと軽い感じです。「謎解き」の部分に関しては、専門知識のない人間には当てろ、と言われても無理ですね・・・。

手術関係者全員に話を聞いて、次のバチスタ手術に立ち会っても、何も解決できなかった田口の前に、厚生労働省から来たという白鳥という男が現れて、謎を解決するのですが、この男がかなりの変わりものキャラ。人を怒らせることに関しては、右に出る者はいない、って感じです。でも、この賞の選考委員の方のコメントで「奥田英朗の伊良部一郎以上の変人キャラ」というのには・・・私は伊良部の方が変人だと思ったのですが。

この作品、選考委員、全員一致で大賞に即座に決定された傑作、という触れ込みに期待をもって読み始めた私だったのですが、それほど「すごい!」と感じなかったのは、同じバチスタ手術を扱っていたドラマ、「医龍」の影響が大きいかも。あのドラマにはかなり入れ込みましたから。しかし、心臓にメスを入れる手術の臨場感などは、本もドラマもすごいと思います。読んで損はないですヨ。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

■ この記事に対するコメント

バチスタなんて、医龍を思い出します。
それにしても、こっこさんて、読んでる本の数といい、外にも出られていて、エネルギッシュですね~☆

そのパワーを分けて欲しい感じです。
しばらくお出かけしますが、いつも読んでるので、また、いい本とか教えてください。
【2006/07/30 07:22】 URL | Rainny #- [ + 編集 +]

Rainnyさんへ
私もドラマの「医龍」を見て、バチスタ手術がいかなるものか知りました(これ、原作は漫画ですよね)。

最近、本読むペース落ちてます。積読(つんどく)が増えて困ってます。

けっこう1人で出かけるのが好きな私です。
喫茶店とかで本読むのが好きなんです。
【2006/07/30 23:20】 URL | こっこ #2y8EjLqo [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/296-51cc7bcc
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。