プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩田陸「チョコレートコスモス」
チョコレートコスモス チョコレートコスモス
恩田 陸 (2006/03/15)
毎日新聞社

この商品の詳細を見る


久しぶりに貸本屋さんで本を借りて読みました。返却してから1週間くらいたってしまったので、うろ覚えの部分も多いのですが、ちょっと内容を。

舞台演劇のお話です。
幼いころから舞台に立ち、多大な人気と評価のある若くしてベテランの感のある東響子。しかし、廻りの女優の台頭に不安感も出てきている。

そんなとき伝説の映画プロデューサー、芹沢泰次郎が手がける芝居の大々的なオーディションが開かれるとのうわさが持ち上がる。

一方、旗揚げもしていない無名の学生劇団に飛鳥という1人の少女が入団した。舞台経験のない彼女だったが、その天才的な演技で周囲を圧倒させていく。

そして、2人は・・・という風に話は進みます。

すでに実力、人気ともにある女優と天才演劇少女・・・といえば、おのずと美内すずえさんの「ガラスの仮面」を思い浮かべますよね。この作品は恩田さん自身も「ガラスの仮面」をモチーフにして書いた、とおっしゃっています。でも飛鳥はマヤのように「お芝居が好き!」というタイプではなく、舞台の向こうにある何かを見つけたくて、演技を始めた、どちらかというとたんたんとしたタイプです。

恩田さんとしてはめずらしくミステリーではないのですが、小説の中の劇中劇として、ガラスの箱に入った金色の林檎をその守役から奪う(?)演技、3人の登場人物を2人で演じる芝居、「欲望という名の電車」ブランチの影のブランチを演じる芝居(2人のブランチがいることになります)3本あって、女優OR女優の卵たちがどのように演技するのか・・・というのがけっこうワクワクしながら読めました。

ちょっとネタバレになるかも・・・なので続きへ。
響子はオーディションに呼ばれないのですが、そのあたりのいきさつ、というか真実がけっこう早い段階でわかってしまうのがちょっと・・・だったかな。

「ガラスの仮面」ファンで大竹しのぶの舞台もみたことのある(かな~り昔です)私としては、頭の中でみんなの演技をイメージしながら読み進めたこの本はけっこうお気に入りです。続編も作れそうだけど、書いてはくれないんでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/233-37ba3301
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。