プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フライトプラン」を観ました
今日「フライトプラン」を観てきました。久しぶりの字幕版です。「ロード・オブ・ザ・リング」以来?子供と一緒だと吹き替えにつき合わされてしまうので(今回は字幕版のみでした)。

夫が亡くなり、その棺とともにニューヨーク行きの飛行機に乗る主人公。しかし、一緒に搭乗したはずの娘が眠っているうちに行方不明に。
乗務員に娘を見つけてくれるよう頼む主人公。しかし、娘の姿を見た人間はおらず、娘の名前は乗客名簿に載っていなかった。さらには夫の遺体を取り扱った病院から、一緒に娘も亡くなったのだと伝えられる。果たして本当に娘はいたのだろうか?

感想は続きから・・・。
予告編をみたときから興味をそそられていました。娘さんが搭乗したという証拠が全く出てこないで、セラピストらしき人が主人公の話を聞いていた場面では、これ、本当に子供はいなくて全部主人公の妄想だったってオチなのかな・・・って思ってしまいました(ドラマでよくそういう展開あるでしょう?)

しかし、夫の死までも仕組まれた犯罪だったのですね。でもいくら小さい子連れを一番先に乗せるといっても、絶対に他人に気づかれないという保証はないと思うのですが・・・。その点は共犯の客室乗務員がうまくやってたのかな。

ハイジャック犯といえども、殺してしまった主人公は何の罪にも問われないのでしょうか・・・なんて、くだらないこと考えてしまった。主人公の娘を思う気持ちはすごいのですけれど。

「ダイ・ハード」のときも、シリーズを追うごとに殺される人の数が増えていったのが何かいやだったんですよ。いくら悪人といえど。悪が一掃されてすっきり、みたいなのがハリウッド式なのかな(ハリウッドではないですか?)

普段ミステリーや推理小説を読んでいて、人を殺すにはそれなりの理由が必要、と思っているので(本当に殺人しか道はないのか、とか)何も犯人を爆破しなくても・・・と思ってしまったのでした。みんなあれくらいの報復は妥当だと思うんでしょうか。

まあ、映画としてはハラハラどきどきして楽しめましたけど。でも、自分が飛行機乗っていて、急に灯りが消えたり、酸素マスクが降りてきたりしたら、パニクっちゃうだろうな。飛行機乗るのが怖くなりました(新婚旅行以来、乗ってませんが)。
スポンサーサイト

テーマ:フライトプラン - ジャンル:映画

■ この記事に対するコメント

自分もみたいなと思ってました
なので感想はみない事にしておきますね 笑

犯人は実は飛行機ノッテル人全員だったと予想
それか親のかってな妄想・・・
そんなわけないか(;´Д`)

話は関係ないんですけど、バトン頂いたのでお暇でしたらやってみてください
【2006/02/26 02:17】 URL | デスサイズ #ehuBx04E [ + 編集 +]

コメントありがとうごいました!
私もコレ観ましたが、、(--;
でも こっこさんの感想みて、、脚本の穴だけが気になって拒絶してしまった私とちがい 素直に登場人物のことを観ている姿をみて、、自分の映画の見方に純粋さがかけてきていたのかな と思ってしまいました。
【2006/02/26 12:07】 URL | コブタです #- [ + 編集 +]


デスサイズ様:バトン、答えてみました。大したことは書いてないですが。
コブタ様:最近これを観れば泣ける!みたいな宣伝文句の映画で全然感動できない自分はおかしいのでは?と思っているのですが・・・。感じ方は人それぞれですよね。
【2006/02/27 13:37】 URL | こっこ #2y8EjLqo [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/157-50f5a1bc
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。