プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ララピポ』
先週に観た映画なんですが(汗)・・・

いや~、別に私はエロい映画を観たかったわけではありません!(爆
成宮クンがどんな演技を見せてくれるのかが気になったので(苦笑)。

しかし、登場人物のほとんどが風俗関係の仕事をしていたり、しばらく×××してなくて悶々している男性が出てきたり・・・とまあ、清純派な人にはとても薦められない内容でしたが(苦笑)。

で、お目当ての成宮クンですが、女の子をうまく口説いて(関係も持っちゃう?)、風俗業界の深みへどんどんはまらせるどうしようもないスカウトマンをうまく演じておりました。

成宮クンの演技で私が一番印象に残っているのは、口説いた女の子と一緒に手作りのカレー?を食べてるシーンで、スプーンの持ち方が逆手・・・というのかな、小さい子が上から握って持つあのやり方でカレーを食べていたところ。

子供時代の回想シーンで、(多分)母子家庭で、ネグレクト気味な母親からしつけを習ってこなかった感があったので、そういうのをこのスプーンの持ち方で、表してるんじゃないか、と思ったのです。

いろいろな人々(これが『ララピポ』―a lot of people)が出てきて、それぞれの人たちがそのうちの誰かとリンクしている内容になってます。

一番共感したのは濱田マリさん演じる主婦かな~。
義母の先の見えない介護をきっかけに、家はゴミ屋敷と化し、自らはAVへ・・・と悲惨なのですが、最期に光が見えるところがよかったです。

・・・と言ってもやっぱりこの作品、なかなか人に観て!とは薦められないなあ(苦笑)。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/1255-ee6ad158
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。