プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オアシスと砂漠』
24日の昼・夜公演に行ってきました。
ええ、もちろん、一番の目的はいっちーですよ(笑)。
ヤンキーないっちー、最高でした、かっこいい!
なんだかこのまま『クローズド・ZERO』とかのヤンキー高校生役でもいけそうでしたよ(30代なのに・笑)。
コート姿も、よかった!
鉄パイプ持つとわくわくしちゃいます(真剣の代わり・笑)。
喧嘩でやられる姿もきまってました。
・・・受身がちゃんとできてるっていうか?
最後の方でナイフを持っての決闘シーンがあるんですが、それを見ているいっちー、実は自分がこういうシーンやりたいんじゃないの?って思ってしまった。
あ、高笑いも狂気が現れてて結構^^。
ダンスシーンは新鮮でした(笑)。


090125_oasis.jpg





















昨日千秋楽を迎えているので、ネタバレありで感想書いてしまいますが、とりあえず続きに入れます。


舞台は現代の副都心。

そこでは『ウォーター』と『スモーキー』という2つの集団が日常的に抗争を繰り返していた。
どちらの集団にも属さず、金をもらえれば『ウォーター』の用心棒的な役割をはたしていた保(鎌刈健太)。
そんな街に越してきた詩織(下宮里穂子)に、保は一目ぼれする。

しかし、社長でもある詩織の兄・金城(上山竜司)は、この町の全てを手に入れるために『スモーキー』の頭・吉高(市瀬秀和)を倒して『スモーキー』を乗っ取り、2つの集団を壊滅状態にもっていこうと画策し、保と詩織の仲も裂こうとする。

警部補(湯澤幸一郎)立会いのもと、2つの集団の和解が合意に達したかと思ったそのとき、この街の唯一の中立地帯であり、皆のオアシスでもある徳井(酒井敏也)の店が火事になったとの知らせが入る。
これが金城の策略だったと知った『ウオーター』の頭・種田(林野健志)と金城は1対1の決闘を行うことになるが、それを止めようとする保ともども悲劇へと向かっていく・・・。

ストーリーとしてはこんなところでしょうか?
ダンスあり歌もあり・・・で全体的には楽しめた舞台でした。

歌はやっぱり湯澤さん、さすが!だったのですが、「補が取れ~る、補が取れ~る♪」(警部補から警部になれる)の歌が最高だったな~!

2回観たわけですが、セリフを変えてるお楽しみのところもあって^^。
私が覚えているのが、種田が保に頼みごとをするシーンで昼は「昔、りぼん(少女漫画誌です・笑)見せてやっただろ」「じゃあ、今度NANA全巻そろえてくれ(?ここちょっと曖昧ですが)」。
夜は「あられが好きだったよな」になってました。

いっちーがつぶやきながらはけるシーンで、昼は「恋という字を変と書いたことがある」で
夜が「女という字はくノ一って書くんだ。女はみんな忍者・・・」みたいなセリフ(笑)。

湯澤さん立ちション!のシーンでは、イチモツ(爆)をズボンから出すとき、昼は折りたたみ式で(すごく長いんですけど!)夜は呪文?(忍者みたいに印を結ぶ?)で大きくしたり小さくしたりしてました(笑)。

あ、夜には湯澤さんが投げた帽子が客席に転がっていってしまうアクシデントも^^。


でも、ストーリーとしてはちょっと不満・・・というか説明不足と思われる点も。

詩織の兄、金城があそこまで全てを手に入れることにこだわる理由をもっとはっきりしてほしかった。
最後には、自分から保に刺されにいっていた感じだったので、自分の存在を消してしまいたいという思いも前々からあったんだろうか、とか。

種田が金城に刺されて、金城が保に刺されて、保が金城の恋人に刺されて・・・
で、結局、最後はどうなったんだ!?というのも自分で推測するしかないラストでしたよね。
保は刺されて、多分死んでしまったのに、バス停で待つ詩織の元に現れた。
私はこれは詩織に会いたい、詩織を1人残してはいけないという保の思いが自分の体を具現化?して詩織の前に現れたのか?とか考えたのですが。
お茶とお食事をご一緒した方は、「保も詩織も亡くなってるんじゃないか」と。
寒さの中でずっと保を待ってた詩織も凍え死んでしまったとの見解、斬新でした(笑)。
でも、最後、2人そろって光の差す方向へ歩いていく演出はよかったです。

*****

昼夜の舞台の間と舞台後に、ブログでお知り合いになった方とお茶と軽めのお食事をご一緒しました。
食べてる間中はほとんどいっちーやリボラジなどの萌え話!?
あ、テニミュの話題も出てましたね(笑)。
普段はまわりにいっちー好きがいないので、こういう話もなかなかできないので、ここぞとばかり語ってきました(笑)。
青山劇場を出て、表参道のほうへとぶらぶら歩いていき、表参道ヒルズの裏手にあった新潟産の食材を使った和食屋さんに入ったのですが、雪下人参サワー、焼酎の味もしっかりしていておいしかったです。
ホントはずらっと並んだ日本酒も興味あったんですが、酔って帰れなくなると困るので今回はパスしました(笑)。

その後は東京駅に向かうため、表参道駅へ行くお友達と別れて、私は原宿駅まで歩いて家路に着きました。

すてきな舞台をつくってくださった皆様、お疲れ様でした!

次回はリボコンでみなさんとお会いできますよ。
それも楽しみ!




スポンサーサイト

テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/1246-fe52cf46
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。