プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Kー20 怪人二十面相・伝』
きのうがレディースデイだったので、今年はじめての映画を観てきました。
アクションが楽しめそうな映画ってことで『K-20 怪人二十面相・伝』をチョイス。


舞台は第二次世界大戦が回避された日本の中心地『帝都』。
そこでは華族制度が残り、厳しく身分が決められた極端な格差社会だった。

そんな中、富裕層のみをターゲットとして、次々と美術品や骨董品を魔法のような手口で盗んでしまう
『怪人二十面相』が世間を騒がせていた。

サーカスの曲芸師である遠藤平吉(金城武)は、その身軽さを見込まれて、大財閥の令嬢(松たかこ)と名探偵明智小五郎(仲村トオル)との婚約式の写真を撮るよう依頼されるが、彼がカメラのシャッターを押すと、大爆発が起き、平吉は怪人二十面相として捕まってしまう。

仲間のおかげで自由の見となった平吉は、自らの無実を証明するため、怪人二十面相と戦うことを決意する。


楽しくワクワクしながら観れました!

この映画は乱歩の原作じゃなくて、それを下敷きに書かれた北村想さんて方の作品が原作なんですね。
私たちの住んでいる日本ではなく、パラレルワールドって設定もおもしろかった。

金城さん演じる平吉のワイヤーを使ったスピード感あふれるアクション。
高いところが苦手な人は見てて怖いかも?ってシーンも多々ありました。

松さんはおてんばなお嬢さんって役が合うなあ(笑)。

仲村トオルさんの明智小五郎、シブイです。
個人的には、平吉が小五郎に化けてる・・・って設定の箇所があるんですが、そこの小五郎にしてはキョドッた演技が笑えて好きでした。

令嬢と下層の人たち(国村隼・高島礼子)とのやりとりもクスリと笑えた。

ラストの方はちょっと展開読めちゃうところがあったり、そこまではできないだろう・・・なところもあるんですが(笑)、それはそれ、フィクションだからね^^。
わざわざ突っ込まない(笑)。

令嬢がヘリみたいのを操縦して、平吉を助けるシーンがあるのですが、そのあたりは宮崎アニメを彷彿とさせられました。

帝都の街のちょっとくすんだ雰囲気もよかったな。
むか~し観た『帝都物語』もこんな感じだったかしら?なんて思ったりして。

今年は舞台を少し控えて(高いから・苦笑)、水曜に(ここがポイント!)映画を観るようにしようかな。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/1244-680802df
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。