プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近藤史恵著『カナリヤは眠れない』『茨姫はたたかう』
整体師・合田力シリーズの2作。
書店でめぼしい本を探しているときに、まず『茨姫・・・』の方に心引かれたのですが、まずは1作目の『カナリヤは・・・』から読んでみました。
2冊ともおもしろかったです。


主な登場人物は”体の声を聞く”能力にたけた変わり者の整体師合田力。
彼が探偵役・・・かな。

彼の助手を務める美人姉妹、恵と歩。
実は2人とも、それぞれ心の病を抱えています。

それに週刊誌記者の小松崎雄大が常連メンバーでしょうか。
歩に少なからず好意を抱いていますが・・・。


『カナリヤ~』は買い物依存症の主婦・茜の話。
茜は以前、そのために多額の借金をし、両親に払ってもらったという過去がある。
現在は、飲食業を営む夫と暮らし、不自由のない生活を送っているはずだったが、夫に与えられたカードで高価なものを買ってしまっていた。
学生時代の同級生と再会することにより、さらに茜の買い物癖はエスカレートしていくが、実はその裏には・・・


うん・・・私もちょっと買い物依存症的なところがあるので(苦笑)、なんだか自分のことのように、身につまされて読んじゃいました。

いま目の前にあるものが自分にとって必要なものではないのに、すすめられるままに買ってしまって後悔するという行為・・・
心のどこかに別の問題を抱えていて、それに正対できずに『買う』という行為に走ってしまっているのですね。

自分の買い物依存に悩む茜の陰で、実はある陰謀があることが明らかになっていくあたり、なかなかおもしろいです。
最後はすっきりとした気分で読み終われます。


『茨姫~』は書店に勤める、対人関係にはちょっと臆病な梨花子の話。
弟の急な結婚で1人暮らしを余儀なくされた梨花子。
引越したマンションで、普通のイラストも描くが、ホモ系エロ漫画も描いている早苗やホステス業の礼子と知り合うも、まじめ一辺倒で生きてきた梨花子にとっては『冗談じゃない』人に映る。
しかし、梨花子にストーカーの影がつきまとい、それを2人に相談するうちに、梨花子の中で何かが変わっていく・・・。
そして、ストーカーの正体は?


本筋とは別に、恵と小松崎の恋の行方も描かれていますが、心の病をかかえている恵だけにいろいろと困難が。

このシリーズ、なんと言っても、力先生のキャラがいいなぁ^^。
私もこんな先生にゆがんだ体を直してもらいたいです。
体を伸ばしたまま上向きで寝ると、朝背中から腰のあたりが痛くて動かすのも大変なこともしばしば。
腹ばいで本読んだり・・・も起き上がるとき痛くなるから、なかなかできないし。

お・・・っと、その前に、「そのゆがんだ性格直さんとどうにもならん」って言われそうだけど(苦笑)。

『茨姫~』の方で、けっこう心に残った文やセリフがあったので、続きに入れときます。





「小さな女の子が、『パパのお嫁さんになる』って言うようなものなのよ」
「それは恋愛感情かもしれないけど、恋愛とは違うわ」

*****

「おれは愛情なんてもんは、そんな大層なもんやないと思っている。
しょうもない、エゴだらけの、いやらしいもんや。
でも、人間って、それがないと生きられへんみたいやなあ」

*****

「白馬に乗った王子様と、ストーカーってどう違うと思う?」

「そんなん全然違うやん。正反対やないの」

「そうかなあ」
「茨姫なんか眠ってるだけやないの。ただ、眠ってるだけやのに、そこに王子様が通りがかって、勝手にキスするの。私やったら絶対にむかつく」

*****

「要するに、恋愛って、心を無理に軋ませて寄り添うことなんやろうな」
「そうやって、心を軋ませても、そばにいたい、と思うことなんやろうなあ」

*****

「自分の身を守るために、臆病でいることは悪いことやない。それはただ、そういう生き方や」
「だが、悪いのは、臆病でいれば、だれかが守ってくれる、と思いこむことや」

*****

「自分を幸せにするのは自分自身やで。
そうして、自分も幸せにでけへんような奴は、他人も幸せにはでけへんのや」





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/1230-e3ba452b
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。