プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾著『流星の絆』
ドラマ開始前に読み終わりました。
間にあった。

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


テレビでも散々?ドラマのCMが流れているので説明もいらないかとは思いますが・・・

簡単に言ってしまえば、幼い頃、両親を殺された3兄弟が時効寸前に犯人と思しき人物を発見し、復讐を果たそうとする物語でしょうか?

発売当初から、本の帯が気になって、買おうかどうしようか迷って、ドラマ化を受けて読んでしまったわけですが・・・
2008年上半期売り上げNO.1だそうですが・・・

やっぱり私の中のNO.1は『秘密』だわ、(笑)。

クドカンさんがドラマ化にあたって、「ミステリー要素よりもヒューマンな部分を」みたいなことをおっしゃっているので、原作は重いのかな・・・と思っていたのですが、それほどでもなかったかな。
ミステリー要素というよりも、兄弟3人が生きていくための手段として行っている詐欺や、どうやって警察を犯人とおぼしき人物に近づけていくか・・・の方がクローズアップされている気がしました。

ラストの種明かし?もわりとあっさりで、最後も甘々で終わってしまったかな、と。

でも、物語のキーとなるのが『ハヤシライス』なんですが、それに関する記述が出てくると、ハヤシライスのにおいがただよってくるような気がする(笑)。

殺人事件が起きたのは横須賀なんですが、ストーリー上に桜木町とか日の出町とか普段慣れ親しんでいる地名が出てくることが、個人的にはうれしかったかな。
なんと、上大岡まで出てきた!
外出時の拠点ですよ^^。
読みながら、「今上大岡に個人商店の靴屋なんてあったかいな・・・?」と思ったけれど、そういえば駅の近くにまだあったっけ。
まあ、小説の舞台がどの時代かはわかりませんが、なじみの場所がドラマに出てきてくれたらうれしいな~、なんて思っています。

・・・なんて書きながら、なんかストーリが物足りなく感じたのは、殺人が過去の1回しか起こってないからか?なんて思ってしまった不謹慎な自分。
だって最近、連続殺人とか大量殺人とかテロとかの話が多いじゃないですか。


・・・などと、けっこう辛口?コメントですが、ドラマにするにはいい本だと思います。
主演、ニノだしね~。
明日のドラマが楽しみ^^。



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/1099-12b4e156
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。