プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百田尚樹著『BOX!』
久々の本の感想です。
前回書いたものとの間でも何冊か読んではいるのですが・・・(汗)。

Box・・・名詞だと『箱』
     動詞だと『ボクシングをする』


高校ボクシング部を舞台にした作品です。
帯のボクシング小説の最高傑作、ここに誕生!の文字にひかれて買ってしましました。


ボックス!ボックス!
(2008/06/19)
百田尚樹

商品詳細を見る



高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に、交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。
二人を見守る英語教師・耀子、立ちはだかるライバルたち・・・・・・
様々な経験を経て二人が掴み取ったものは!? (本の帯より)


大まかに言ってしまえば、ボクシングを通して、少年たちの成長を描く物語なんですが、そのひと言では言い表せないくらい、いろんな事がつまっている小説だと思います。

ボクシングのルールやトレーニング方法、テクニック、プロとアマの試合での採点の違いなども詳しく書いてあって、ちょっとしたボクシング入門になるかも。

試合のシーン(特に最後の試合)の描写の迫力には、思わずひきこまれてしまいました。


天性の才能を持つ鏑矢と努力型の木樽優紀。
・・・ではあるんだけれども、努力が才能を負かすこともある。
そして、自分の実力に絶大な自信を持っていた鏑矢が、その自信が揺らいでしまったときに、どういう行動をとったか・・・
この辺の描写が良くって^^。

木樽のクラスメイトで、ボクシング部のマネージャーになる丸野さんのエピソードなども涙ものです。


青春まっさかりの中高生に読んでもらいたい小説ですが、「格闘技なんて野蛮なもの、私はちょっと・・・」な女性にも、もちろん、どんな世代の男性にも読んでもらって、熱さを感じてほしいと思います(笑)。


最後に、気になった文をいくつか。



『試合をすれば勝つ、それは彼にとっては当然のことで、そこには何の不安も疑いも抱いていないのだろう。
もちろん敗者に対しての労わりの気持ちなんかこれっぽっちも持っていない。
それって何と傲慢で、同時に純粋な美しさだろう。
まるで傷一つ付いたことがないガラスのようなものだ。』


『人は苦労して一所懸命に努力して手に入れたものは、簡単に手放さない。
でも、あの子はボクシングの強さを簡単に手に入れすぎたのよ。
たいした苦労も、努力もせんと、ね。
だからあっさりと捨てられたのよ』


『才能というのは諸刃の剣やね』


『才能のある子は努力の喜びを知らない子が多いのよ。
出来ないことが出来るようになる喜びを知らない―ある意味でそれは不幸なことやと思う』


『本当の才能というのは、実は努力する才能なのよ。
努力と言っても、苦しんで、苦しんでしんどい思いを克服してやるのは違うの。
さぼりたい気持ちを抑えつけないと努力できない人は才能がないのよ。
本当の天才って、努力を努力と思わないのよ』


『それが楽しいからする、好きだからする、面白いからする、という人が本当の才能の持ち主なのよ』



全部耀子先生の言葉でした・・・。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

■ この記事に対するコメント

俺は高校でボクシングをやっているんですけど、この小説を読んでいると試合会場の雰囲気とかがすごくリアルで驚きました。

個人的には高津先生と木樽に結婚してほしかったんですが(笑)でも木樽は小池さんと結婚したとして脳内処理してますが(笑)
【2010/04/04 16:02】 URL | BEELZEBMON #- [ + 編集 +]

BEELZEBMONさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

ボクシングを実際にやってる方が読んでも臨場感を感じられる作品なんですね!
私は格闘技で見るのはボクシングくらいなんですが、やっぱり試合の場面とか目に浮かんでくるようでした。

今度、映画化されるので見ようかな・・・と思っています。
【2010/04/07 22:05】 URL | こっこ #2y8EjLqo [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tamamama.blog22.fc2.com/tb.php/1050-d830dc5a
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。