プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪公演
『女信長』大阪公演が26日からでしたね。
このブログにリンクしてもらっているお友達も土曜・・・かな、観に行かれるようで。
ぜひ、ステキな市瀬さんを堪能してくださいませ♪

で、ディナーショーの申し込み日も、もう来週の金曜に迫ってる!
予約をどうするか、作戦会議?をしなくては。
でも、最近の市瀬さん人気に、行かれるのかどうか、ちょっぴり不安だったりします(苦笑)。
ちゃんと電話、つながるかな・・・?。


*****


こちらのブログでは、ほとんど話題に乗せないのですが、去年の夏以来、嵐にはまって、2次元関係がおろそかになっています。
漫画やアニメのエントリーがほとんど出なくなってますものね(汗)。

で、嵐さん、10周年ということで、つい最近コンサートツアーが発表になったりして、チケットが取れるのか~!?とワタワタしてます。

まさか、この年でジャニにはまるとは思っていなかったのですが(苦笑)、FC加入人数の増加がハンパないんですよ!
去年は国立コンを申し込むために、娘がFCに入り、私もチケとりの確率を上げるために、この春FCに入ったのですが、その間の会員番号の差が10万くらいある!
1年弱で10万増加って・・・すごくないですか?

そんな中、奇跡的に、グローブ座で上演されるニノの舞台『見知らぬ乗客』のFC分に当選し、すごくワクワクしています。
私の大好きな狂気の役を演じてくれるので!


この夏はいろいろイベントごとがあって、ワクワクしますが、チケット取れるかドキドキ・・・な夏でもあります。







スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

昨日は暑かったですね
20090624134522
現在開催されている横浜の開国博のキャラクター、たねまるが好きな娘。

そのグッズを買いたいというので、午前授業だった娘と待ち合わせて、赤レンガまで行ってきました。

スノーアイス…だっけかな、羽みたいにフワフワしたマンゴー味のかき氷を食べたのですが、器からはみ出てて、こぼすこぼす(笑)。
「それ何ですか?」って何人かに尋ねられました。
『女信長』2回目
木曜の昼に、『女信長』2回目、観に行きました。

いつもは渋谷から行くのに、表参道駅からのほうが坂ないし・・・と、今回はそちらから行ったのですが、地下から地上に出たら、自分の思い描いていた風景と違ってて、あせりました。
まあ、向かった方向は間違ってなかったのでひと安心だったのですが(苦笑)。

前回は何も持っていかなかったので、今回は差し入れの手紙と芸もなく(汗)日本酒を。
試飲してないから、おいしいのかどうかわからないのが不安だけど。
年間限定数しか作られない品だから、きっとおいしいのだろう、と決め付け(苦笑)。

前回の記事では、ど真ん中の席はうれしいけど、前の座席の人と重なっててよく見えない~!とブーたれていましたが、今回は5つほど左にずれた席で、前の席とはずれてました、よかった。


相変わらずかっこいい市瀬さん。
最初のダンスにもしっかり参加してたのね。
前回はちゃんと気づいてなかった気がする(汗)。
前作よりダンスにキレがあって、かなりうまくなったご様子。

殺陣はもちろん、言うことなし。

市瀬さんの声って、ちょっと特徴があって、ドラマとかだと、けっこう目立つんですが、舞台向きの声だと思います。
舞台だと、張りがあって、聞きやすい。

他の役者さんの中では、長ゼリフを一気にしゃべらなきゃいけないからか、早口でちょっと聞きづらいかも・・・なところもあるのですが、市瀬さんはそんなことナッシング(・・・なんか、古い)。

前の席に、おじいさんと言ってもいいくらいの、けっこう年配の男性が座ってらして、この年代の方には途中で入るギャグっぽいセリフとかどう思うんだろう・・・と心配してしまったのですが(爆)、みなさんと同じポイントで笑ってらしたので、なんだか安心したり(笑)。

けっこうちょいエロなセリフとか、動きとかところどころに出てくるのよね~。

で、前回しっかりストーリーを把握していたつもりの私だったのですが、休憩後の後半戦、「あれ、こんな話だったんだっけ」と思われる部分が多くて・・・(汗)。
おかしいな、上演中、寝たりしてないのにな。
もしかして、ボケが来て、途中の記憶がないとか・・・?

メイサちゃんもかっこいいのですが、さすがに信長の年齢設定にしては若すぎるわよね・・・などと言ってみる。


東京公演もあと2日。
お金と時間があれば、もう1回くらい観たかったのですが、さすがに。

前回もらったチラシの中には真剣ライブのチラシが入っていなくて><
今回はちゃんと入っていました、よかった~。
赤い着物で髪を結んだ姿が素敵ですわ♪

今回の舞台では、市瀬さん、柴田勝家役なのですが、『のぼうの城』を読んだときの印象、大河で美男と称されていたこと・・・なんかから、私のイメージは市瀬さん=石田三成なんですよ。
ま、頭脳のほうは・・・ムニャムニャ(←失礼なヤツ)。
お屋形様ひと筋なところはツナ一筋な獄寺くんと通じるところがあってドンピシャなんだけどね(笑)。

次回はこの真剣ライブでぜひ、市瀬さんに会いたいです。
チケット取れますように・・・。

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

浅草
20090614150302
山獄&獄山オンリーを後にして、浅草寺に来てます。

時間潰しをしたら、夕方からは娘と合流してKATーTUNコンです。
『女信長』観てきました
もちろん、お目当ては市瀬さんです♪

20090610-nobunaga.jpg

歴史ものということで、けっこう堅いものを想像していたんですが、これがどうして!(笑)
殺陣あり、ダンスあり、歌あり(歌うのは中川晃教さんだけですが)、笑いあり・・・で、いい意味で想像を裏切られました。

このブログをのぞいてくださる方の中にも、これから舞台に行かれる方もいらっしゃると思うので、ネタばれできないかな?


他の戦国武将とは一味違った人物として、解釈されている信長。
その奇異?な行動も、周りの信長に対する反応も実は信長が女だったからだ・・・という大胆な解釈で描かれています。
原作は佐藤賢一さんの『女信長』。

歴史を知らなくても、ストーリーには付いていけるかな。
まあ、このあたりはたびたび大河ドラマ等になっているので、みなさんある程度基礎知識はあると思いますが。

武将を演じる方々、それぞれかっこいいのですが、やっぱり私の目は市瀬さんを追ってしまいます(苦笑)。
市瀬さんの「お屋形さま~!」がなんだかツボッてしまいました(笑)。


座席が前から7番目のど真ん中・・・ということで、役者さんの表情もよく見える席なのはよかったのですが、前に座っていた方がけっこう大きくて・・・

で、前方の座席は段差がついているわけでもなく、座席が互い違いになっているわけでもないので、真正面で演技されると、首を左右どちらかに動かさないと、よく見えないのですよ(苦笑)。
後ろの席の人にも迷惑だったかもしれない。

もうちょっと座席の配置を考えていただきたい、青山劇場さん・・・。





テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

『Second Lesson』観てきました
湯澤さんと藤原くんが客演している舞台を観に、青山円形劇場まで行ってきました。

写真↓は台本と湯澤さん&藤原くんのフォトセット。
サイン入りでした!

second lesson

『カエルの王子』(王子様がカエルの変えられちゃってる・・・て話ですね←すごい適当!)をモチーフにしたお話・・・といえばいいのかな?
舞台の作・演出の高泉淳子さんが子供の頃に『カエルの王子』を読んで、その結末に考え込んでしまって・・・
違った恋愛のお話を作りました。

まだ舞台は千秋楽を迎えていないしね、なかなか説明するのは難しいストーリーでもありました。

恋愛は外見でするものではないというメッセージを受け取っておきながら、こんなこと言ってはなんですが(笑)、やっぱり藤原くんはかっこよかったです♪
出演者がいろいろな役を演じるのですが、藤原くんは王子にもなってました(カエルの・・・じゃないですよ)。

湯澤さんもダンディーなスーツ姿から、マリアさんの舞台を彷彿とさせる女装もあり、ムサい?医師役もあり・・・で、どんな役も演じられるのだな~、と尊敬。



お隣の青山劇場では『女信長』を上演中で。
私は来週の水曜に観に行きます。


*****


藤原くんも客演するすぐるんぱ所属・ファンカスの次回公演『突然3号』のチケットが今日(6日)から発売開始でした。
発売開始時間の10時にはパソコンの前に座って、入力フォームにも必要事項入力済みの状態で待機しよう・・・と思っていたのに、テレビでギャラクシー賞を受賞した嵐のニノの話題をやっていて、それに引きずられ(苦笑)・・・

ちょっと遅めになってしまったら、千秋楽はすでに完売でした。
とりあえず、土曜の昼公演と平日の昼公演を押さえてみました。

それにしてもなあ・・・

自分はなんて浮気性なんだ、と思ってます(苦笑)。
好きなタレントさん・・・という限りで、ですよ。

全くタイプは違うのですが、今の一番はニノ。
2番は市瀬さん。
で、3番目くらいに藤原くんが来ているような・・・。

藤原くん、最初は舞台でのダンスがすごくステキでそれに惚れてしまったわけですが(笑)、今日舞台で声を聴いてて、思ったことが。

私って、声が高い人が好きなんじゃね?

嵐の中でもニノは声のトーンが高いし、市瀬さんも特徴のある声ですよね。
藤原くんもそうだと思う。

う~ん、私、声に関しては、アニメで聴いた井上和彦さんの渋い声にひかれて、声優や舞台の世界に導かれて来たはずなんだけどな・・・(苦笑)。





テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

矢野隆著『蛇衆』
このところ、なかなか読書が進まず・・・(汗)、

5月には東野圭吾『パラドックス13』、嶽本のばら『デウスの棄て児』、誉田哲也『月光』・・・と読んできたのですが(冊数少な!)、6月に入ってすぐに読み終わった『蛇衆』がとてもおもしろかったので、これを紹介します。
ジャンプなど、少年漫画のバトルものが好きな人は絶対ハマるはず♪


蛇衆蛇衆
(2009/01/05)
矢野 隆

商品詳細を見る



室町末期、荒喰とよばれる傭兵集団「蛇衆」が各地の戦で力をふるっていた。
頭目・朽縄、唯一の女兵・夕鈴、僧形の金棒使い・鬼戒坊、弓の名手・孫兵衛、忍びの家の出の無明次、最年少の十郎太の6人は、皆天涯孤独ながら、今は寝食を共にし、老人・宗衛門の手引きでそのときどきの雇い主のもとに赴き銭を得ていた。
一方、筑後と肥後の国境近くの鷲尾領では、当主・鷲尾嶬嶄の家督争いが、2人の息子の間で家臣を巻き込み激しさを増していた。
隣接する我妻家との戦いのため鷲尾家に雇われ、めざましい働きをみせる「蛇衆」。
そしてどこからともなく、朽縄が30年前の当地で巫女により父親殺しを予言され、父・嶬嶄に殺害を命じられた嫡男ではないか?という噂がたつ・・・。
(amazonより)

■ 続きを読む。 ■

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

出費の多い季節です
豚インフルが騒がれる中、お子さんの修学旅行が中止または延期になった方も多いようですが、うちの息子は無事、関西&広島方面の修学旅行を終え、日曜に帰ってきました。
土日の分が代休で、今日の横浜開港記念日も合わせて三連休ですよ〓

毎年のことですが、夏のボーナス前のこの時期、出費が多くて困りものです。
自動車税や子供の学校の学費や諸経費など。
この前は火災保険だったか、事前に引き落とし通知がなくて、口座から引き落とせません、と言われてしまいました。
カードの引き落としじゃなくてよかった。
下手したらブラックリストに載っちゃう!?

不況のおり、夏は大丈夫そうなんですが、冬のボーナスが半分くらいになるかも…と旦那に言われ、戦々恐々です。
まあ、ボーナスあてにして買ったものはないからいいけど、子供の進学費用が!娘の専門学校は仕方ないとして、息子にはぜがひでも公立に受かってもらわねば!(爆

…などと言いつつ、一番娯楽にお金かけてるのは私です(汗)。

今週末には湯澤さんと藤原さんが出ている舞台を見に行きます。
会場は青山円形劇場なんですが、なんとこの日、大劇場では市瀬さんの出演する『女信長』も上演されます。
無理すれば両方見られる時間帯なんですが(苦笑)、既に別の日にチケット取っているので、この日は会場の外から応援するだけにしておきます^^。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。