プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UVERFCツアー
(夕べのうちに書いてあったのに、下書で保存してました・苦笑)

28日のライブについてちょこっとレポ。

まずは会場に着くまでなんですが・・・

グッズ販売もあるので、早めに行こうか・・・なんて思いつつ、結局は駅に着いたのが4時近かったのか・・・な?
そこからが、方向音痴の本領発揮!(苦笑)

乗り換え回数を少なくするために、ちょっと遠いけれど、溜池山王駅から歩けばいいや・・・と思っていたのですが、駅から地上に出たところが三角地で、見事に行く方向を誤ってしまい・・・

道行くサラリーマンのおじさんに道聞いてしまいました。
「ここから歩くよりは電車に乗った方がいいかも」
の助言を無視(!)し、元来た場所に戻って、無事TBSが見える場所まで行けました。
よかった!

しかし、ライブ前のグッズ販売の受付はすでに終了し、あとはライブ後とのこと。
ええっ、ライブ後にグッズ残ってるんかい、下手したら明日また来ることに・・・
などと思いつつ、とりあえず先に入場チェックを済まし、子供らに話のタネにTBSショップでおみやげを買い、ちょっと腹ごしらえ。
そして、BRITZ前の大型スクリーンに映しだされる『流星の絆』のニノとか『ブラッディマンディ』の春馬クンを見ながら列で待機。

ジャニ系とは違って、私のようなおばさんの姿はなく・・・(親子連れっぽい人はいたのかなあ?)

ほぼ高校生~20代くらいの年齢の人って感じですかね?

そんな人たちに混じって会場に入り、いつもよりは前めの場所に陣取っていたら、ライブ開始とともに、全体に前のめりに動き出し、一瞬倒れたりしたらどうしようかと思いました(苦笑)。
曲が始まると、みんなジャンプジャンプで、それに釣られて自分も動いちゃう感じ。
床全体が揺れてた。
スニーカーとかバッシューじゃないと、ライブ1本こなせないやね・・・と実感。
自分もペタンコシューズ履いていきましたが。

ライブの中身については・・・

もう感想は最高でした!としか言えません。
セトリとか覚えてないし。
でも、他の会場の方の記事を見てみると、曲順は会場によって違っているようで。

MCもそれほどなかった気がする。

でも、(確か)はじめの方で、TAKUYA∞が
「ツアーで全国回って東京帰ってきたら、建物(風景・・・だったかな?そんなニュアンスの言葉)が変わってた

・・・なんてことあるわけない!」

と、誰も突っ込まなかったので、1人ノリ突っ込み(笑)で、
「東京元気ないぞ~!」(この言葉もこんなニュアンスってことで←記憶あいまい)
みたいな言葉で、会場がノッてきたかな、と。

着ぐるみタケシさんによるエアあややが異常に盛り上がって
「一番盛り上がってるじゃないか・・・」
とTAKUYA∞がグチったり。

あっという間に時間は過ぎ、ラスト『CHANCE!』でシメのはずだったのですが・・・

本来やるはずのないアンコールをやってくれました。
今まで3会場やった・・・って言ってたでしょうか。

曲は大好きなジャスメロで、最後にさらにテンションあがりましたよ。

ああ、でもちょっぴり残念だったのが・・・
はじめはわりと視界が開けていたのですが、しばらくしてから背の高い女性が前に陣取ってしまい、その隙間を縫ってしかTAKUYA∞の顔が拝めなくなってしまったことです。

思わず、たまには背の順で場所決めるのもよくね?なんて、実現不可能なこと考えてしまいました(笑)。

で、終演のアナウンスが入って、すぐに会場外のグッズ売り場に行ったら、まだ列ができていなくて、余裕で欲しいグッズが買えました。
よかった。

次回は・・・

学園祭行かないし、12月5日もとれてないので、武道館クリスマスライブに行きます。
初めて娘と参戦。
娘がどんな感想持つかもちょっと楽しみ。





スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

UVERの
20081028210000
ライブが終わりました。

最高!
カレンダー!
予約していたリボーンのカレンダーを受け取りにアニ〇イトへ。

うれしいんですが…
カレンダー大きすぎて、サブバッグに入らないよ。

分かる人には分かる(笑)あの青い袋を隠したかったんだ。

書き下ろしではなかったけれど、好きなイラストばかりで満足です。

あ、でも、前回の人気投票のイラの獄寺くんはちょっと微妙…だな(笑)。
『YooSoRo!~日本を変えたヤツらを変えたヤツら』を観てきました
RUN&GUNの舞台。
客演にリボーンの山本の声をあててる井上さんが客演するし・・・と、娘と行ってきました。

幕末に、初?の蒸気船を狭い船底で動かしていた水夫たちの物語。
それに幕末の志士たちが絡んで・・・なお話。

若い熱気にあふれていて、ダンスもあって楽しい舞台でした。

若者(笑)の体当たりな演技の中にあっても、*pnish*の森山さん、鷲尾さんはやっぱりうまいな~、と思いました。
舞台を踏んでる場数が違うんだろうな。
私の見間違いでなければ、今日は佐野大樹さんが舞台を観にきていました。

井上さんは、いつもとは違った野性味あふれる雰囲気?の役でした。
攘夷志士の役・・・ですものね?
Iのせさんにアドバイスもらったのかな?

公演後のハイタッチは井上さん、鷲尾さん、上山さん、宮下さんでした。

舞台は明日、千秋楽ですね。
出演者のみなさん、最後まで熱演よ~そろ!(笑)

*****

実は、日曜も行こうかとチケット取っていたのですが、都合でダメになり・・・
そのチケットの譲渡先をチケットサイトで募り、今日の開演前にお譲りする方に直接劇場前でチケットを手渡ししたのですが・・・

「だれのファンですか?」
「井上さんの・・・」
「何がきっかけで?」
「リボーンです^^」
「(笑)やっぱりリボーンですか、井上さんも好きだけど、私はIのせさんの方が・・・」
「真剣ライブ、行かれましたか!?よかったですよね~」
「やっぱり、山本と獄寺ですよね(ニッコリ)」

・・・なんて話を初対面の人としてしまいました(笑)。
趣味が合ってうれしかった!
また後ほどお礼を・・・などと言ってくださったので、機会があれば、もっと深い?(笑)話がしてみたいです。


テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

DVD&CD
キラキラACTORS TVのDVD,私のお気に入りの市瀬さんと永山たかしさんが一緒になってる!
11月19日発売予定ですよ。
予約しとこっかな(と言いつつ、忘れそう)。

キラキラACTORS TV 市瀬秀和・永山たかしキラキラACTORS TV 市瀬秀和・永山たかし
(2008/11/19)
TVバラエティ

商品詳細を見る


湯澤さんのブログを見たら、こちらではヴァリアーキャラソン発売の情報が載っていました。
こちらは12月17日発売予定。
歌唱予定キャラクターは・・・(ポニーキャニオンのサイトより)

01.ルッスーリア(CV:中野裕斗) …IL SOLE(私は太陽)
02.レヴィ・ア・タン(CV:湯澤幸一郎)…雷撃のレヴィ
03.ベルフェゴール(CV:藤原祐規) …嵐の王子
04.S・スクアーロ(CV:高橋広樹) …鎮魂歌(レクイエム)の雨
05.マーモン(CV:宍戸留美) …幻のアルコバレーノ
06.ゴーラ・モスカ …※Instrumental
07.XANXUS(CV:池田政典) …憤怒の炎


ルッスとレヴィのCVが違ってますよ(苦笑)。
それにしても、ゴ、ゴーラモスカまで!?

こっちはどうしようかな・・・
でも、キャラソンが出るってことは、どこかで歌を生(ライブ)でお披露目してくれる機会があるのでしょうか?
コンサートやってくれるのかな?


そういえば、今日井上さんも客演しているRUN&GUNの舞台を観に行ったら、もらったチラシの中にマリアさんニューバージョンのが入っていました。
しまった!
娘と一緒に行ったんだけど、帰りにチラシ全部持って帰ると重いから・・・と1人分、不要なチラシを箱に入れてきちゃった!
マリアさんだけでももう1部とっておけばよかった・・・。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN! - ジャンル:アニメ・コミック

『流星の絆』2話感想
『流星の絆』はコメディだったのか!?と思えるほど、笑える場面の多いこのドラマ。
今回は・・・

『妄想係長・高山久信(前編)』が最高です!
笑えた。
これがクドカンワールドなのかな。
こういうお遊び?は好き嫌いが分かれるとは思うんだけど、私は好きです。
後編が楽しみ^^。

しょっぱなの戸田絵梨華ちゃんのメーク!
メーク次第で顔ってあんなに変わるもんなんだと驚いた!
まるで別人(笑)。

原作には現れない中島美嘉さん扮するサギも登場。
これからどんな風に功一たちに絡んでくるのでしょう。

今日のニノ。
「松岡修じょう」って噛んだ(笑)。
あれは・・・演技なんだよね?
寒いギャグや「ありあけ3」など。
弟妹に相手にされてないところが可愛そうですね~。

泣いてプイっと出ていてしまうお兄ちゃんなんて・・・

可愛すぎる!(ニノだから許せる、ってところもあるが・笑)

レストランで、静奈が紙ナプキンを折っているのを見て、病院に入院している(とシーは思わされてる)両親のためにに折り紙で千羽鶴を折っっている子供時代の静奈の回想シーンにつながるところなんか、よくできてるな~、と思いました。
けなげな子供たちがかわいくて悲しい。
そして、いとしい。


功一がハヤシライスを作るところで「あれ?」って思ったんだけど・・・

包丁を右手で使ってた。
私の思い違いでなければ、確か、ニノって左利きだよな・・・

再放送していた『山田太郎』でも左手使ってたし、あ、字書くときだけ右なんだ~、と思ってたんですよ。
なんせ私も左利きで、字だけは小学校のときに矯正したクチなので。
あ、同志だ~ってうれしかったんだもん(笑)。
などと思いつつ、ドラマを見続けていたんですが・・・

少年時代の功一が右手でスプーンを使っていたから
それに合わせたのかな?
子役に合わせなきゃ!って。

レードル?(または日本名『おたま』と言う)でハヤシのルーをすくうときも右手だったのですが、ハヤシの仕込みをしているときに、ルーを左手でかき混ぜていたから、やっぱり元々は左利きなんだと思うんですよ。
この部分は、普段の習慣が細かいところでは出てしまったんではないか、と意地悪に考えるSな私(苦笑)。

でも、演技のために利き手も変えるというのは大変なことだと思います。
私なんか、ファミレスのランチスープすくうときとか、レードルの注ぎ口が右手用の場合が多いから苦労するんだよ!(笑)

あ、そういえば・・・
要潤サンのキャラが、私の大好きだった『仮面ライダー』に氷川刑事役で出演していたときのキャラを彷彿とさせて・・・
気に入ってます!
絹ごし豆腐をお箸ですくえない氷川さんが好きだった~!(前にも言ってた)




テーマ:流星の絆 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ひーろー☆びじょん
マリアさん舞台関連でIのせさんが載ってる、というので買ってしまいました。
2ページだけだけどね。
健クンのポスターとかついてたからいっか(娘に取られるけど・笑)。

HERO VISION (ヒーローヴィジョン)VOL.30  (TVガイドMOOK) (ソノラマMOOK)HERO VISION (ヒーローヴィジョン)VOL.30 (TVガイドMOOK) (ソノラマMOOK)
(2008/10/23)
不明

商品詳細を見る


マリアさん舞台、Iのせさんの役だけ場違いなのよね~。
なにせ、新宿コマを間違えてアプルですから。

齊藤ヤスカさん演じる(娼婦の)クララ嬢の『舌使いがすばらしい』とは何を示しているのでしょう!?

舞台は2幕に分かれていて、2幕目は歌謡ショーらしいんですが、やっぱりIのせさんも歌うのかな?
ジョイ以来の歌!
真剣ショーでは聴けなかったからなあ(笑)。

楽しみ、楽しみ♪

*****

齊藤ヤスカさん、以前に舞台を観ましたが、さらなる情報を・・・とブログをのぞいてみたら、『黒執事』がお気に入りのようで、「実写版をやりたい!」と叫んでおられました(笑)。




テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

女性に日本史ブーム?
朝の『ズー○イン』の特集で、今、女性の間で日本史がブーム、みたいのをやっていました。

『のぼうの城』が今読まれていて(私は既読・嵐の松潤が今読んでるそうですよ^^)、ゲームの『戦国BASARA』の影響で、戦国武将に関わる場所を訪れる女性が多いんだとか。

古戦場を訪れたり、武将が眠るお墓をお参りしたり。
戦国武将祭?で鎧をまとった人(言ってみればコスプレ?)が行列を作っているのを「かっこいい~」と言いながら写メる女子。

なぜ、それほど戦国武将が人気なのか?の答えとして、ゲームのキャラがかっこよかったり、主君のために自分の身を捨てるところがいい、とかありましたが。

実際は、主従の関係をCPで捉えてる女子が多いんだろうな、と思ったのでした。
テレビではそんなところまでは突っ込んでなかったけどさ(笑)。

そっか~、歴史上の人物にはまってる女子は世間的にはオタク(または腐女子)とは思われないのね~、なんて思ってしまった朝でした。

しかし・・・
大谷吉継、ズームの面々はだれも知らなかったようですが、歴史小説や大河ドラマなんか見れば、よく出てきますよね?
病気のために白い頭巾かぶってる人ですよね。
好きだ~!って言うほど歴史もの見るわけではない私でも知ってるのにな、と思ったりして。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

『容疑者Xの献身』観てきました
先週に引き続き、水曜がレディースデイということで。
出かけてばかりじゃないか~い(金欠なのに・苦笑)。

テレビドラマのガリレオシリーズも見ていて、あれはあれで面白かったのですが、『容疑者X~』をあのノリでやられたらいやだな・・・と思っていたのですが(なんだか軽めで)、そんな心配は不要でした。
面白かったです!

本を読んだのはけっこう前なので、大筋しか覚えていないのですが、大体原作通りのシナリオでしたよね?
でも、石神が花岡親子を助けようと決意したエピソードとか、すっかり忘れてた(映画オリジナルじゃないよね?)。
アリバイ作りの部分も半分ほどは忘れてて(苦笑)、飽きもせずに最後まで観ることができました。

原作の石神のイメージは、背もあまり高くなくて、もっとくたびれた中年だったんですが、堤さんの石神も十分にくたびれた雰囲気出ていました。
さすが!

石神の献身ぶり、そして思いもよらなかった花岡靖子の選択・・・に最後の方はほろっときてしまいました。
いくら数学の天才でも、人間の心は計算通りにはいかない・・・ということまでは計算できなかったんですね。

以前、別のドラマでもさえない数学者ってどこかで出てきたんじゃ?・・・と思っていたんですが、『やまとなでしこ』でやっぱり堤さんが数学者の夢に破れた役で出てましたね~。

松雪泰子さんも『デトロイトメタルシティ』のぶっ飛んだ女社長さんとは180度違う演技で、やっぱりうまいな~、と思いました。

今回は湯川と薫のコミカルなやりとりも、最初の方だけで、後は押さえ気味だったのが、原作の雰囲気も壊さずによかったと思います。

以前、原作を読んだときには、あまり感動がなくて、やっぱり私の東野NO.1は『秘密』だ~!(ミステリーとしてよりは、恋愛小説としてですが)と思っていたのですが、映画版に関しては、『容疑者X~』の方がいいと、わたくし的には思いました。

もう1回、原作読み直したいんだけど、なぜか、友達に貸そうと思って探したときに、他の東野作品はあるのに、これだけ見つからなかったんですよ~!
自分の家の方がミステリーです(単に整理整頓が行き届いてないだけ・苦笑)。


テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

舞台『から騒ぎ』観てきました
月曜日、遠く?埼玉まで行ってまいりました。

蜷川さん演出のシェイクスピア・シリーズ、そして出演者が全て男性・・・ということで、女性の役も男性がやっております。

舞台は初めて・・・という小出恵介クンと高橋一生さん目当てで行ってきました(笑)。

シェイクスピアということで、導入部はセリフの量も多いし、早口だし・・・で、身を乗り出して集中して聴いていないと、セリフが頭に入らない・・・な感じだったのですが、物語が進むにつれて、なんだか気楽に観れるようになりました。

2組の男女の恋の行方は?みたいな話なんですが(簡単に説明しすぎ!)1組はお互い好きで、結婚を約束するんだけれど、それを好ましく思わない領主の異母弟によって、ぶち壊しに・・・!?で、もう片方は、顔を合わせればお互い悪口を言い合うけんか友達同士をくっつけようとまわりの者が画策する・・・という話で、コメディですね。

出演者が客席側から登場したり、観客を楽しませる工夫もいっぱいあって、楽しい舞台だったのですが、けっこうセリフをかんでたな・・・と思ったり。
で、ご一緒した方は3回目だったのですが、「今日はけっこうトチってますね。蜷川さんでも来てるのかしら?」と話していたら・・・

舞台終了後、出演者による短いトークショーみたいなのがあったんですが、その頭に蜷川さんが出てきて挨拶していかれました。
・・・やっぱり!(笑)

でも、公演開始当初の堅さが取れて、みなさん楽しんで演じておられるようにも見える・・・とお友達(と言ってよいかしら?)が言ってました。

キスシーンとか、熱いな・・・とそんなところばっかで喜ぶ腐女子(苦笑)。
舞台中は裏声で演じていた一生クンがトークのときにドレス姿でいきなり低い声でしゃべってたのが、ギャップがあって笑えた。
やはり女性役だった月川悠貴サンはイメージが壊れるから・・・とトークには参加されませんでした。

でも、初めての舞台で、あの膨大なセリフ量を覚えるなんて、小出クンもやるなぁ。
テレビで拝見する俳優さんを生で見れる、という楽しさが舞台にはありますね!
千秋楽まで、みなさんがんばってください!

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

『イノセント・ラブ』を見てみた
今期、フジがけっこう力を入れてるドラマのようなので、とりあえず見てみました。
なかなか面白かったです。
謎な部分がいっぱいあって、それがこれからどんどん明らかになっていくのかな・・・という感じで、視聴を続けようかな、と思います。

堀北真希ちゃんは、ロングヘアにすると、おしとやかなお嬢様~な雰囲気になりますね。

成宮クンの「好きな人がいるんだ・・・」ってセリフが気になった!
そ、それってクルージングに誘った人のことですか?(腐女子発言)

東野圭吾の『手紙』を読んだときも思ったのですが、身内に犯罪者がいる家族に対する偏見ってそんなに大きいのかなぁ。
そういう人を雇うのはちょっと・・・とか、盗みがあった場合に、まずその人が疑われる・・・って、なんだか定石?過ぎて。
私はそんな偏見持たない、と自分では思っているのですが、実際自分の廻りにそういう人がいないからだけなのかな?とも思ってしまいますが。

他人が入ってはいけない部屋にいるのは、植物状態になった恋人・・・
だろうとは思ったのですが、チラっと、亡くなった恋人の写真を飾って、それに語りかけているだけだったらどうしよう・・・とも思ってた私。

*****

先日、ちょっと休憩・・・と1人でお茶してたときに、隣の席の主婦らしき2人連れの話を聞くともなく聞いていたのですが(耳ダンボ・笑)、その人の子供の運動会にこのドラマにも出演しているゆずの北川クンが来ていたんですって。
なんだか、姪っ子がその小学校に通っているようで、「応援に来てたみたいよ~」なんて話していました。

フフフ、いけないな~、と思いつつ、ついつい他人の話を聞いてしまう私。
一種の人間観察っていうことで(苦笑)。


テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

明日は埼玉に遠征です
さいたま芸術劇場で『から騒ぎ』を観てきます。

チケット発売当初は場所が場所だけに、遠いな・・・と躊躇していたのですが、たまたまチケットサイトを通して、別の舞台のチケットをお譲りした方とお話して、『から騒ぎ』のチケットが1枚余ってるので・・・ということを聞き、行ってみよう!と決意(大げさ?笑)してみました。

新宿からだと埼京線で30分かからないようなので、横浜からでもそれほど遠い!ってほどじゃないのかな?

ちょうどお昼にかかってしまうので、ちょっと贅沢ながら、湘南新宿ラインをグリーン車にして、車内で昼食を済ます方向で行こうかな、と(笑)。

帰りは19時くらいになってしまいそうなので、夕飯は作って出かけるようだな。
カレーにしよう(笑)。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

30-DELUX『ファミリア』
・・・を観てきました。
とても楽しい舞台でした。

まずは前説で、清水順二さんとタイソン大屋さん登場。
「携帯の電源を切ってください」
と注意するのかと思いきや
「まず、携帯の電源を入れてください」
で、みんなで写メを取って、それを
「ブログにアップしてください!」
とお願いされました。ので、アップ(笑)。
ちょっと画像は悪いです><
この後は、しっかり携帯の電源は切りました。

081018_familia.jpg


江戸時代から続く流派の居合道場が舞台。
道場主は病気がちになり、一子相伝のために、息子に道場を継いでもらいたいと思っている。
しかし、天才少年と呼ばれていた息子は、今では稽古もせずふらついている始末。
まともに道場を継ぐ気もないらしい?
それを見かねた門下生達との不協和音が生じ始めて・・・

・・・てなストーリー?

殺陣シーンが多くて、刀大好きな私はワクワクしっぱなし(笑)。
居合エクササイズ(刀を使ってダンス?)も楽しかった。

しんみりするシーンもあるけれど、全体的に笑えるシーンが多くて◎。

キャラの設定も光ってます。
イケメンなのに、語彙理解能力がなく、簡単な言葉でも電子辞書をひいちゃう凄磨(中村誠治郎クン)とか。

目黒役の森大さん、この人を別の舞台で見て、すっごい気にいってしまって、今回の舞台も観る気になったのですが、相変わらずギャグ要員なんですね(笑)。
表情や動きでついつい笑ってしまいます。

要所要所?で歌を披露する下月兄弟(ON/OFF)とか。
このお2人は・・・
すごい美人さんでした(笑)。
私の見た目の感想はHEY!SAY!の山田クンとキンキの光一クンを足して2で割って、華奢にしたイメージ・・・?(どんなんだ)

早期公演特典?として、本編終了後にお楽しみイベントがあるのですが、今日の昼公演はON/OFFの歌で、アニメ『バンパイア騎士』のOPを歌ってくれました。

ブリミュの白哉でおなじみの林修司さんも客演してましたし。

舞台が楽しかったこともさることながら、なかなかのイケメンぞろいで(笑)、十分目の保養もさせてもらいました。
客演されてた俳優さんと同じ劇団員らしき人たちも何人か舞台を観にきてたのですが、そちらもイケメンぞろいでした。

公演終了後には、日替わりでサイン会があって、今日は林修司さんとON/OFFのお2人。
私もパンフレットにサインしてもらいました~!
・・・載せてもいいよね?

081018_hayasi.jpg
081018_onoff.jpg

今回の公演はプロセミアムスタイルバージョンといって、舞台と客席、対面型の芝居だったのですが、11月にはコロシアムスタイルバージョンといって、舞台を四方から囲む形で、また演出を変えて上演されます。
多分、四方位から舞台を見下ろす感じになるので、次回は今回のような舞台装置なしでやるらしいんですが、どんな感じに仕上がってくるのか楽しみです。
もちろん、そちらのバージョンも観に行きますよ~!

前売りは売り切れかもしれませんが、当日券はあるようなので、興味を持たれた方、是非、観に行ってください。
満足することうけあいです。




テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

ドラマ『流星の絆』
見ました!

子供の頃に両親を殺された3兄弟、って設定は残して、後はオリジナルとして見ていたんですが、面白かったです。

ニノが変態おにい!(笑)
てか、ちょっとオタクっぽかったんですが、ちょっと憂いを含んだ顔、というかあの目が好きだなぁ。
妹がコ○ドーム配るバイトしてるのを知って、説教しようとしているところの『コ○ドーム』ってはっきり言えないところ、監督さんだかが大笑いしたってところですね。

錦戸クンは軽めのやんちゃな感じの弟の雰囲気がよく出てます。
ホスト、いけてますね(笑)。
フジで再放送しているドラマのDV男とあまりにも違うのでギャップが。

戸田さん、廻りに守られて伸び伸びと明るく成長してきた現代っ子の感じが良く出てる。
ロリータファッションもお似合いですね。
そういえば、デスノのときはゴスロリか。
子役の子の雰囲気と戸田さんの雰囲気がすごくぴったりだった。

それぞれのエピソードがさすがクドカン!な感じですんごい楽しめた。
でも、さんざんギャグ調で突っ走ってきた後で、静奈が「屋上へ行こう」と言ったところは・・・
唐突にシリアスになった気がしましたが。

刑事役の三浦さん、紳士的な刑事を想像していたんですが、けっこう柄悪かった(笑)。
設楽さんもいい味出してるんじゃないですか?

要さんは、人物設定は原作と一緒なのかな?
だとしたら、キャラ設定はかなり変えてありますよね。

私は、原作からも、それほどミステリー中心のシリアス感を感じなかったので、このドラマもまったく違和感感じませんでした。
でも、本を読んだ人ならわかる伏線となる場面はちゃんとありました。

この先もどうなるのか、次回が楽しみです。

1993年に流星群を見に行った設定なんだけど、これって実際この時期に見れたのかな?
確か私も、子供産んで(1991年)何年かした後にベランダで(多分)しし座の流星群見た記憶があるんだが。

*****

今日は電波ジャックということで、流星3兄弟(余分3兄弟みたい・笑)があちこちの情報番組に出演してましたが、やっぱり『はなまる』のニノがよかったな~。
コンサートの映像もちょこっと見れたし。
カードマジックも見れたし^^。

そういえば、フジでニノのドラマの再放送はやってませんでしたね。
やっぱり、裏番組には出れないのか。
錦戸クンのは時間がずれてたもんね(笑)。

*****

ええと・・・
思いっきりニノ話をするために、別ブログを作ってしましました(爆
なんだかここで他の話題と一緒に語るのがこっ恥ずかしい気がしたので(笑)。
このブログにはリンクしませんので、興味のある方は探してみて下さい。
誰もいないと思いますが(苦笑)。


テーマ:流星の絆 - ジャンル:テレビ・ラジオ

『イキガミ』観てきました
・・・と言っても水曜のことですが。
『容疑者X』と迷って、上映期間終了が早そうな方を選びました。

ストーリーはCMとか予告でだいたい知ってる人が多いと思いますが・・・


「国家繁栄維持法」により、国民の”生命の価値”を高めることが、社会の生産性を向上させると信じられている世界―
そこでは1,000人に1人の確率で選ばれた18歳から24歳の若者の命が自動的に奪われる。
政府より発行された死亡予告証:通称”逝紙”を受け取ったものは24時間後に必ず死亡する―
(公式サイトより)


”逝紙”を受け取った3人の若者のそれぞれの最後の24時間を描いています。
と同時に、イキガミ配達人である藤本(松田翔太)が彼らを見てどう考えるようになったのかも描かれています。

話としては・・・
盲目の少女(成海璃子)と兄(山田孝之)の話に涙してしまった。

でも・・・

この映画で一番言いたかったことは何なのか?と思ったのですが。

自分があと24時間しか生きられないとわかったとき、本当に自分のやりたいことをやっておくことか。

自分の愛するもののために嘘を突き通すことか。

「国家繁栄維持法」などというものが存在するような世界は間違っている!と思わせることなのか。
(制度に反対していた人間が洗脳されて戻ってくるところは怖い)。

・・・と、観た人それぞれに感じてほしい、ってことなのかな~?

私はあと24時間しか生きられません!と宣言されたら・・・

家のあちこちに隠して?ある薄い本の入ったダンボール箱の処分を優先します!(爆
てか、24時間じゃ足りないと思う(苦笑)。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

東野圭吾著『流星の絆』
ドラマ開始前に読み終わりました。
間にあった。

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


テレビでも散々?ドラマのCMが流れているので説明もいらないかとは思いますが・・・

簡単に言ってしまえば、幼い頃、両親を殺された3兄弟が時効寸前に犯人と思しき人物を発見し、復讐を果たそうとする物語でしょうか?

発売当初から、本の帯が気になって、買おうかどうしようか迷って、ドラマ化を受けて読んでしまったわけですが・・・
2008年上半期売り上げNO.1だそうですが・・・

やっぱり私の中のNO.1は『秘密』だわ、(笑)。

クドカンさんがドラマ化にあたって、「ミステリー要素よりもヒューマンな部分を」みたいなことをおっしゃっているので、原作は重いのかな・・・と思っていたのですが、それほどでもなかったかな。
ミステリー要素というよりも、兄弟3人が生きていくための手段として行っている詐欺や、どうやって警察を犯人とおぼしき人物に近づけていくか・・・の方がクローズアップされている気がしました。

ラストの種明かし?もわりとあっさりで、最後も甘々で終わってしまったかな、と。

でも、物語のキーとなるのが『ハヤシライス』なんですが、それに関する記述が出てくると、ハヤシライスのにおいがただよってくるような気がする(笑)。

殺人事件が起きたのは横須賀なんですが、ストーリー上に桜木町とか日の出町とか普段慣れ親しんでいる地名が出てくることが、個人的にはうれしかったかな。
なんと、上大岡まで出てきた!
外出時の拠点ですよ^^。
読みながら、「今上大岡に個人商店の靴屋なんてあったかいな・・・?」と思ったけれど、そういえば駅の近くにまだあったっけ。
まあ、小説の舞台がどの時代かはわかりませんが、なじみの場所がドラマに出てきてくれたらうれしいな~、なんて思っています。

・・・なんて書きながら、なんかストーリが物足りなく感じたのは、殺人が過去の1回しか起こってないからか?なんて思ってしまった不謹慎な自分。
だって最近、連続殺人とか大量殺人とかテロとかの話が多いじゃないですか。


・・・などと、けっこう辛口?コメントですが、ドラマにするにはいい本だと思います。
主演、ニノだしね~。
明日のドラマが楽しみ^^。




テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

突然ですが・・・
残念ながら、諸事情により、明日のRM3を欠席することになりました。
抽選にもれた方もいらっしゃるのに、欠席とか、すみません。
お会いできると思っていた方にも会えなくなって残念だ・・・。

好きサークルさんの山獄新刊を買うのも楽しみだったんですが・・・

なんとか通販とか利用して、手に入れよう。

で、当日販売物として、コピー誌とともに出す予定だったマスコットですが・・・

自分で型紙から起して試しに1コ目作ってみたものの、改良点が多くて、一発で完成系!というわけにはいきませんで・・・(汗)
体の大きさを変えて作り直してみたり。

まあ、こんな感じで
   ↓

yamagoku_081013.jpg

山本が裸なので、隠してます。
いえ、何も付いてないのですが(笑)。

洋服が脱げるようにしたり(その方がボディ作るのが楽そうだったから)、ツンツンの髪型に苦労したり・・・で、予定では1時間に1コはいけるか?と思ったのですが、服も入れたら2時間はかかりそうです。

でも、ここまでがんばってみたので、一応自分の納得のいくレベルのものまでは作りたいと思います。

・・・需要はあるかな?
自分で着せ替えごっこして遊ぼうかな(どこのヘンタイだ・苦笑)。


*****


カカシ受けオンリー、サークルリストに載っていたので、こちらは当日休むことなく頑張りたいと思います。

しかし・・・

今週のWJのナルト・・・

しょっぱなのイルカせんせとカカシの登場で大喜びしたカカイラーさんも多かろうけれど、すいません、私はテンション下がりまくりました。
イルカせんせ、単体なら許せるんだけど、カカシに絡んでほしくないな・・・少数派だろうけど(ボソッ)。
これでカカシが死んだりしたら、キシ○ト先生、許しませんぜ・・・。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN! - ジャンル:アニメ・コミック

OZ
20081010235256
今日はV6の坂本クン主演のミュージカルを観てきました。
リアルマフィア3がもうすぐです
週末が近づいています。

結局、新しいネタが思いつかなくて(汗)、前回の山獄オンリーで出したコピー本の原稿を少し手直しして、新たにコピー本として出すことにしました。
なんたる手抜き(苦笑)。

で、いつもコピーは近所の文具屋さんでコピーして手折りしていたんですが、今回は横浜のキンコーズに行ってみました。
まわりは(多分)仕事関係の書類ばかりであろう・・・という中で、両面コピー、それも中綴じにしたいので、4枚の原稿を1枚に・・・の作業を、コピーのしかたがわからなくて、設定はお店の人にほとんどやってもらったという・・・

ばっちり原稿も見られました(ははは・・・)。

横浜界隈じゃ、同人原稿なんて持ち込まれないだろうな・・・と思ったのですが、どうだろう?
利用したことのある方はいるのでしょうか?

しかし、折る作業がない分、製本するのがすっごく楽で・・・

今度は両面コピーの仕方をばっちり覚えて、自力でできるようになりたいです。
恥ずかしいから(笑)。
てか、また利用する気になってるところが怖い?

後は・・・

できればSSも書きたかったのですが、家の者に隠れて作業しているために、週末はパソコンやプリンターでの作業ができないために、多分・・・無理かと。

なんとかがんばって、山+獄のマスコットを少量でも作れれば・・・と思っています。
この作業のために、以前ナルトでアスマ+カカシマスコットを作ったときのフェルトや中わたはどこやったかな・・・と家捜し(といっても、自分の部屋だけなのに)したのですが、あまりのカオスっぷりに愕然としました。
本、CD、DVD、キャラグッズなんかが山と積まれていてまるで倉庫!?状態(苦笑)。

来週は週末まで予定がないし、娘も修学旅行で4日間いないので、掃除にいそしもうと思います。
でも、来週は体調最悪期間に当たっているので、何もせずに寝てばっかいる可能性もありだ・・・。

リアルマフィア当日のスペースはO09『Silverholic』で手持ち無沙汰でボ~っとしていると思うので、よかったら話かけてやってください。

それにしてもすごいスペース数ですね。
ツナ受はホールが離れちゃってるんですね・・・。



テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN! - ジャンル:アニメ・コミック

日々のどうでもいいこと
13日のRM3めざして気合をいれなきゃならないんですが、どうも現在、2次元に萌え要素を見つけられない~、どうしよう(泣)。

で、1つのトピックでつらつらと書けるほどのネタもないので、自分の日常で気になったことをポチポチ書いておきます。

・新聞の記事で『ドバイで全長1kmのビルを建設中』の文字を見つけてびっくり!
さすが、金持ちの国・・・か?
最上階に行くまでどのくらいかかるんだろう。
てか、途中でポキッと折れそうで怖い(笑)。

・緒方拳さんがお亡くなりになりました。
その訃報を聞いたのが7日の朝で。
が、夕べ(6日)の『いいとも秋の祭典』?で緒方さんを見かけたような気がして・・・
多分、ポスターだったんだろうな。
一瞬ビビリました(苦笑)。
ご冥福をお祈り申し上げます。

・気になっていた『VS嵐』の件。
どうやら、裏番組にご本人が出演していたかららしい。
録画だってわかっているんだから、そこまで厳密にしなくても・・・と思うんだが。
娘は日テレの嵐出演番組を観覧してきました。
そんなに人数はいなくて、なんと最前列だったんだって!
相葉ちゃんと翔クンが目の前にいたって・・・
うらやましい!

・ドラマ前にどうしようか・・・と思ったのですが、現在『流星の絆』を読んでいます。
で、主人公たちの実家は横須賀なんですが、今読んでいるあたりで桜木町とか日の出町とか地元横浜のなじみの地名が出てくるので、なんだかうれしいです。
このあたりでロケもやったのかな?
でも、この本の舞台って、何年くらいなんだろう?


・今週のWJは・・・
狛サンの耳ピロピロが印象深いです(笑)。
どうも、山獄出てないと、WJはテンションあがらないなぁ・・・。

・今週のリボラジ。
ニーコさんと國分さんがゲストでしたが、今回時間も短めで、ごっきゅんのいつものフリーダムさもあんまりなくて(?)ちょっと物足りない気がしたのは私だけでしょうか?
ごっきゅんももっちゃんも舞台があるからけっこう忙しいのかな・・・なんて思ったりして。
でも、マリアさんの稽古はまだかな?

そういえば、マリアさん舞台、人気で、追加公演があるようですね。
私はすでに5公演分のチケットがあるので、もういいかな。

で、YooSoRo!もマリアさんも土曜日は娘と観に行くことにしているのですが、それ以外の日で2枚ずつ買ったチケットの行き先がまだ決まっていないので、もし行きたいという方がいれば、RM3のときに手渡しできる方限定で定価でお譲りしようかな・・・なんて思っているのですが、そんな方はいらっしゃるんでしょうか・・・?
ちなみにYooSoRo!は10月26日(日)の昼夜公演、マリアさんは11月14日(金)昼と16日(日)昼が1枚ずつあります。
行ってみようかな・・・なんて方がいれば、隠しコメか拍手に入れていただければ13日チケット持参いたします!

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

鶴瓶のメインキャスト
アニメ新番組の『黒執事』を予約しようと、新聞のテレビ欄をチェックしていたら、その前の番組の『鶴瓶のメインキャスト』の出演者に二宮クン発見。
もち録画しました(笑)。

タイ料理屋さんでお酒を飲みながら?の対談ということで、ちょっといつもとしゃべり方が違ったかな~なんて思ったんだけど、どうだろう?

前からのファンの人なら周知の事実だったのかもしれないけれど
(反転)

どんなお父さんか聞かれたとき
「お父さんは・・・途中で消えちゃったから(笑)」←言い方は違ったかも?
って・・・

初めて知りました。


お母さんが51歳?でお地蔵さんみたいな人ですって。
んん・・・お母さんの年&体型にかなり近い自分が悲しい(かえって親近感?)

鶴瓶サンはジャニーズの若いコでもけっこう知ってるんですね。
KAT-TUNの田口クンともよく連絡取ってるとか。

大野クンがここまで続くとは思っていなかったとか。
おばあさんが大野クンがやめる夢を見ていたそうですよ(笑)。

コンサートの内容を決めるときに、中心になるのは松潤。

それぞれメンバーが違うフィールドで活躍しているのを見て、やっかむ?ことはない。
「(彼らには)かなわないと思っているから」

同年代の俳優が活躍しているのをみるのはうれしい、とニノ。
小栗旬クン、成宮寛樹クン、塚本高史クン、佐藤隆太クンの名前が挙がっていたかな?
でも、彼らと比べると、やっぱり若いというか幼く見える・・・よね(笑)。

舞台でも映画でもいい監督・作品に恵まれている、とも。
『青の炎』、作家さんが好きで読んでいたので、DVDも観たのですが、監督さん、蜷川さんだったのね。

「普段はおっさんなのに(笑)芝居になるときれいな女優さん」
に鶴瓶サンが挙げた余貴美子サン、私も大好きです。

「日本を代表する俳優」だと思っている西田敏行サンの名前をド忘れしてしまった鶴瓶さんをなじるニノでしたが、自分も『流星の絆』で共演する柄本明さんの名前をド忘れ(笑)。
お酒が回ったか?

・・・てな感じだったかな?
普段テレビで見れないニノを見れた気がしました。

この後、鈴木京香サン、三浦春馬クンと新ドラマに主演する人との対談が続きましたが。
春馬クン、子役の頃からやっていて、NHKの『あぐり』にも出てたんですね。
見てましたよ。
今日の『おしゃれイズム』でも、生田斗真クンがやはり『あぐり』に出演していたときの映像が出てました。
斗真クンの話もおもしろかった!


そういえば・・・
娘と『VS嵐』の4日放送分を見てたんだけど・・・
芸人チームの中でぼかしが入っている人がいて、
「確か、先週(てか水曜放送でした)はそんなことなかったはず・・・」
と、まだ残ってたビデオを見てみたら、小島よ○おサンだったんですが、なにか問題あったんでしょうか?
気になった。


テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

もっと体を大切にしなければ・・・
くも膜下で倒れて手術・入院していたいとこ(♂)のところにお見舞いに行ってきました。
一時は脳が腫れて、腫れがおさまらないと危ない・・・という時期もあったのですが、危機は脱して、今は一般病棟に入院、来週にまた開いた頭を閉じる(!)再手術をするというので、その前にお見舞いを・・・と出かけたのですが、ひと目見たときはびっくり。

右のおでこがへこんでいたので。
詳しくは聞いていないのですが、脳が腫れたために、開頭手術をして、今その部分の骨を取ってしまっていて、腫れがおさまって脳が元の大きさに戻ったので、骨を元に戻す手術をやるようです。
す、すごいな・・・。

手術が終わっても、体に麻痺が残ってしまっているので、リハビリも大変そうです。
奥さんの方が忙しすぎて、倒れちゃわないかと心配です(病気がちの義母もいるので)。

いとこは50ちょい過ぎくらいかな?
仕事が忙しく、高血圧で薬も飲んでいたし、煙草もずっと吸っていたので、病気発症のリスクはもともと高かかったと言えますね。
くも膜下・・・なんていうと、ストレス等で血管に圧力が加わったときに起こりやすいのかと思っていたら、気を張っていた時間から開放されて、ほっと気がゆるんでる時間帯の方が起こりやすいんだそうです。

うちの家系、特には男性の方なんですが、高血圧組が多かったんですよね。
で、私も、毎年人間ドックに行くたびに、だんだん血圧が高くなっているので・・・
ヤバイです。
現在メタボ腹だし(苦笑)。
高脂血症とかも危なそうだ。

で、そんないとこの妹の子供がうちの娘と同い年(高2)なんですが、急に激しい腹痛を訴えて病院に行ったら、なんと子宮に腫瘍があって、捻転も起していたと聞いて、またびっくり!
開腹手術をしたそうです。
幸い、悪性ではなかったのですが、そんな若いうちにお腹に傷ができちゃうのは可愛そうですね。
まあ、こっちは自分で普段から体に気をつけててどうこうなるものじゃなかったんだろうけれど。

私の場合は、大食い(特に甘いものが好き・・・汗)をやめて、こんな時間にカタカタパソコン打ってるのからやめなきゃ・・・なんですがね(苦笑)。
母親が亡くなった年齢までは生きたい・・・なんて思っていたけれど、その年まですでに10年切ってますよ!
もうちょっと長生きしたいです・・・。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

最近グダグダな私
・・・って言っても前からグダグダでしたが(苦笑)、最近さらに磨きがかかっています。

リアルマフィア3まであと10日。
参加証も届きました。

で、それに向けてがんばらなきゃいけないんですが・・・

今、2次元にベクトルが向いていなくて、テンションがちょい低めです。
今から新しい話を考えて描く時間がないので(というか、いいストーリーが思い浮かばん)、前回の山獄オンリーで出したコピー本にちょっと色をつけて出してしまおう・・・という姑息な手段を取ろうとしています。

あとは・・・
オンリーだし、本じゃなくて、小さなマスコットでも作ってみようかな、と思っているのですが。
時間的にできるのか?
てか、老眼(笑)に針仕事はきついんですが、がんばりたいなぁ。
抽選でスペースをもらえなかった方もいるので、やれることはやっておきたいです。


2次創作に身が入らないのは、前にもこのブログで告白してしまった嵐のNクンのせいだと思います。
今日も2局でドラマの再放送やっていて、録画だけするつもりが2作とも見ちゃったよ・・・。
メイドさんのかっこする回だった。
眼福、眼福^^。
なんで、彼は目があんなにキラキラして見えるのかなぁ・・・
私だけですか(笑)。

で、そんな時に娘から「嵐の番組の公録に当選したから行ってくる」との言葉が!
それも平日の昼間なので「学校を休んで行って来る」ですと!

まあ、当選したのに欠席すると次から申し込みできないようなので仕方ないですが・・・
大学進学しない!と言い切ってる娘だからできることなのか?

しかし、「うらやましいな・・・」と思っている自分がいることも確かです(笑)。
FCに家族複数で入るのも・・・とは思うけれど、公録に参加できる権利がもらえるのはちょっと魅力的かも。
歌だけじゃなくバラエティで見せる彼らの顔も好きなので^^。
今日の『ミュージックステーション』の関ジャニのライブもメールで案内が来ていたようです(違うFCにも入っているので)。


あ、もちろん市瀬さんにもはまっちゃってます^^。
マリアさん舞台、楽しみだ。
ネルケで登場人物の相関図が出てましたが、化粧してる人は誰が誰だかわからない。
湯澤さんが自分のブログで、脚本の進捗具合なんかを書いてらっしゃるんですが、今回、歌があるんだよね。
市瀬さんも歌うの?(それとも娼婦役の人だけ?)


またまた話は変わりますが、先日のスマスマ、ゆずの北川さんと慎吾クンが横浜市の小学校の体育大会で一緒だった・・・って話をしていましたが、当時は三ツ沢だったんだね。
今は日産スタジアムで開催してます。
当時はまだこの施設はなかったのかな?と思った次第です。




テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

『博士と太郎の異常な愛情』観てきました
劇団コーンフレークスの第4回公演で、永山たかしさん主演ということで行ってきました。


cornflakes-081001.jpg

あらすじは・・・

映画学校に通う坂本太郎は、監督する映画にかかる費用を手っ取り早く稼ぐため、
1日で3万円の「溝ノ口博士の人間行動学」という、見るからに胡散臭い人体実験モルモットのアルバイトに応募する。
やってきた山奥の研究室には雑誌やゲームなどが置いてある一見するとただのレクリエーションルーム。
更にそこから枝分かれしてそれぞれの個室まで完備されている。ドアの音がして現れたのは、
たくさんの迷える現代社会のモルモットたち。「ほら、眠る時間なんだからどいたどいた」

モルモットたちは置いてあったベッドでいきなり眠りだした。

しかもわざわざ個室から出て!?・・あるモルモットが言った。

「夢実験ですよ。毎晩見る夢が人々にどういう影響を及ぼすのか、博士は研究しているんです」

博士はどんなモルモットたちがどんな夢を見ているのか日々どこかで監視しているのだと言う。
しかし夢を見るだけで50万円?「ダンダンダン!太郎いるの!?開けて!」

と、ドア向こうから叫ぶ声で目が覚めた。気が付くと自分も眠っていたようだ。
ドアからはいるはずもない太郎の彼女・ささめの声がする。困惑する太郎。そして思った。
「今・・これは夢?」

突如夢の中に現れる溝ノ口博士と、その妻・粉雪。そして二人は現れる度に太郎に生きる意味を問うてくる。
次第に疑心暗鬼になり、ノイローゼになっていく太郎とモルモットたち。

   無事にこの実験を終わらせる事はできるのか!?生きて帰ってくることはできるのか!?
博士の目的はいったい何なのか?どこにいるのか?・・モルモットたちの運命やいかに!?
(劇団たいしゅう小説家サイトより引用)


なかなかテンションが高くて(笑)おもしろい舞台でした。

決められた時間以外に眠るのはルール違反ですが、それは眠ってしまうと、同時期に眠っている人の夢の中に入れてしまうから。

はじめは守られていたルールもだんだんグダグダになり他人の夢にはいりまくる?人物たち。

夢には見たことのあるもの(人物)しか出てこないはずなのに、会ったこともない人が夢の中に出てくる。

実際に会ったこともないのに、知っている・・・と思ったら、夢の中で会っていた人物だった。
そして運命を感じてしまう2人。

これは夢だから・・・と自分の言いたいこと、やりたいことをやってしまうと、実はそれが現実?

現実だと思っていたら、夢から覚めた
・・・とどこまでが夢か現実かわからなくなってきます。

登場人物それぞれのトラウマみたいなものが夢の中であらわになっていくのがおもしろい。

男が男に告白して迫る腐女子も喜ぶ(笑)シーンもあったり(結末は悲しいのですが)。

博士を演じている土井よしおさん、TVドラマ『電車男』では車掌オタクを演じていましたが、妻粉雪(野口聖古さん)とともに、とっぴなキャラを演じていて笑い所も満載でした。

舞台終了後の挨拶では主役の永山さんが挨拶したあとに、今日のひと言?ということで、昨日は中河内雅貴さんでしたが、仕込んでいたネタ(?笑)が永山さんに邪魔されて、やり直しに。
・・・ここのところはDVDにカットされて入るのでしょうか?

開演前はそれほど買う気持ちもなかったDVDですが、舞台が楽しくて、終演後には先行予約をしてしまいました。
金欠なのに・・・。

ロビーには色々な方からのお花が飾ってあって、永山さんにはブリーチの久保先生からのお花があって、写メを撮ったつもりなんですが、保存できてなかったようです(泣)。


もし興味を持たれた方がいたら、観に行かれることをお勧めします。
笑って笑って、考えさせられます(そして、頭がこんがらがる・苦笑)
昨日は平日昼間ということもあって、まだ空席もあったのですが、まだチケあるのかな?とは思いますが(←不親切)。


テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

きゃっほ~い!(意味不明)
20081002090854
Iのせさんから葉書が届きました!
真剣ライブのお礼?
写真もその時のものでしょうか。
かっこヨス。

お友達からの本も届いて、うれしさWです^^。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。