プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンゴレフェスタ行ってきました
ボンフェス1日目に行ってきたレポを簡単に。

初日と言えど、平日だからそんなに混まないだろう・・・との予想のもと、開場したあとの10時半過ぎに会場に到着。
でも、待機列は外まで続いていることもなく、ひと安心。

割と早く入れるかな?と思いつつも、列の動きが鈍くて、会場に入れたのは1時間後くらいだったかな?

最初に、メダル(多分これは会場限定?)をやったんですが、なにせ、10年後獄寺・山本、ハイパーツナが1つの機械に入っていて、この列が大渋滞。
一緒に行った娘は雲雀目当てだったんですが、ここはあとランボと了平・・・だったのかな?
そんなに混んでませんでした。

で、これ↓をゲット。
ツナは娘へ。

080731_214709.jpg

このメダルを持っていると球針態のアトラクションに参加できるんですが、これは・・・
まあ、たいしたことなかったかな(辛口・苦笑)。


で、この後、早めにメダルをゲットした娘にサザンクロスバトルのカードを買っといてもらい(対戦には子供が並んでいたようで、買うだけ専用の台がありました)、すいてるプリクラでも・・・と入り口に行ったら、

プリクラは整理券制で、すでに整理券の配布が終了してました!

どうりですいてるはずだ。
なんだよ、このためにカード買ったのに・・・

プリクラやる方は早めに行った方がよいかもしれません。
カードゲームの体験会なんかも、整理券の配布は早い時間に終わってしまっているもよう。


仕方ないので、グッズを買うことに。
ガシャポンなんかもやって、買ったのは↓なものです。

080731_212716.jpg

会場先行販売以外はメイトで買ったほうがポイントついてよかったかもね・・・などと思いつつ。

他にも先行で、アクセサリチャームコレクション(ええと、ジャンプショップで売ってるものです)の第2弾とかもあったのですが、買いすぎになるので今回はパス。

声優イベント参加券はどうしようか・・・とチラと思ったのですが、日常編はすでに予約しちゃってるし、未来編1本だけじゃ、私しか参加できないし、また日曜に池袋まで出てくるのもな・・・と思い(土曜はKAT-TUNコンサート!)、今回はあきらめました。

のせさんには先週『きらきら~』で会えたし、ディナーショーも行くし。
運がよければN○Kで近藤さんに会える・・・かも?だし(これは多分無理・苦笑)。

声優イベント参加を考えている方、どのくらい会場に入れるかはわからないのですが、多分、日曜当日・・・とかだと、もう整理券はないような気がします。
今日からしっかり?配ってたんで。
とりあえず、私が会場にいる間には「終了」とは言ってなかったんですが、会計と整理券配布場所が違っていて、「DVDを買ってまだ整理券をもらっていない方はお早めに交換を~」、と何回か言っていたので、そんなに余裕があるわけじゃないんだと思います。

どこで声優イベントやるんだろ?
会場内を壁で区切ってやるだけなら、声は聞こえるかも知れませんね^^。


・・・と、たいしたこともしていないのに、会場出たのは3時でした。
足が疲れた~。

夜に近くでスクールがある娘と、時間が余ったら『ポニョ』観ようか・・・と、言ってたのに、そんな時間はありませんでした。
お昼も食べていなかったし。

明日はどれだけ混むのかな。
土日はもっとすごいでしょうね。
去年4時間待ったアホです(苦笑)。


何か思い出したら追記あるかも?
スポンサーサイト

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

ボンゴレフェスタ
20080731114635
…に来てます。

後少しで会場入り。
詐欺メール来る!
夕べ、携帯のメールをチェックしたら、見知らぬアドレスからのメールが入っていました。
内容はこれ↓

ジャパンネットシステム株式会社
03‐3988-5684
担当の佐々木と申します。
早速ですが、本題に入らさせて頂きます。
現在お客様がご使用中の携帯電話端末より、認証ネットワーク事業者センターを介し以前にお客様がご登録されました『有料情報サイト』『特典付きメルマガ』『懸賞付きサイト』等における無料期間内等で退会手続が完了されていない為、ご登録料金及びご利用料金が発生しており現状で料金未払いとなった状態のまま長期間の放置が続いております。
当社はサイト運営会社より依頼を受けまして、料金滞納者の個人調査、悪質滞納者の身辺調査などを主に行っております。
本通知メール到達より翌営業日(営業時間内)までにご連絡を頂けない場合には、ご利用規約に伴い
①個人調査の開始(悪質な場合は身辺調査の開始)、②各信用情報機関に対して個人信用情報の登録、③法的書類を準備作成の上、即刻法的手続(強制執行対象者等)の開始、以上の手続に入らせて頂きますので予めご了承下さい。

※退会手続の再開、お支払いのご相談等をご希望のお客様は
担当佐々木
までお問い合わせ下さい。尚、本通知は最終通告となります。
営業時間 月曜~金曜 午前10時~午後7時迄 土曜午前10~午後6時 祝日、祭日、日時=休日


これって・・・詐欺メール!?・・・ですよね。

だいたい、有料サイトってって、登録したら携帯会社、(私の場合はDOCOMOです)が代行して毎月携帯料金とともに徴収しますよね?
どちらかというと、あんまり利用せず、会費だけ徴収されてるサイトがある私(さっさと登録解除しろよ・苦笑)。

この会社名で検索かけてみたら、ジャ○ネット た○たが出てきた(笑)。
けっこう、似た名前で、迷惑しているらしい。

詐欺メールを送ってくる会社名一覧みたいのを載せているサイトもあって、かなりの数がありました。

ブログでも同様のメールが来た、という方の記事がありました。
担当者の名前だけ変えてあるようなヤツ。

会社なのに、携帯アドレスからメールを送っている時点でおかしい・・・って書いてらしたんですが、私はそこまで頭が回らなかったよ。
なるほど、と感心。

まあ、こんなのにひっかかる人もいないとは思いますが、無料サイトだから・・・と安易にクリックしてたら実は有料で・・・なんて罠はありそうなので、その辺は気をつけなければ。

心配になって、子供らにもこんなメールが来てないか聞いたのですが、来てないとのことでひと安心。
私の携帯のメルアド、すっごい単純だからな、文字をランダムに組み合わせて送っても、ヒットする確率多いんだろうな。




テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

今週のWJ・リボーン
暑さのためにやる気の出ない毎日。
WJの感想も適当です、すみません。

リボーン、今週はまるまる雲雀のターン。
雲雀サンは無敵すぎて、全く負ける気がしません。

雲雀サンてかっこいい~!んだけど、自分の好きアンテナに引っかからないのはどうしてなんだろう・・・と常々考えているのですが・・・

多分、強すぎて、クールで隙がなさ過ぎるのがかえって(私的には)ダメなんだと思います。
完璧過ぎちゃうというか。
全く弱みを見せないんだな。

頭はいいんだけど、おバカ・・・とか、かっこいいのにエロ好き(笑)・・・とか、普段はいい加減なのに、やる時ゃやる!とか、ギャップもあるのが好き。
性格としては、どちらかというとおおらかタイプは好きにならなくて、短気な怒りっぽいキャラがけっこう好きかもしれません(原点は『エロイカ』のエーベルバッハ少佐~^^)。


今週は、本編よりも・・・といったら言い過ぎですが、天野先生の漫画の描きかたにすっごい興味を惹かれました。
いや、下手ながらも、少しでも絵を描く者として・・・ね(苦笑)。

初期の頃とはずいぶん絵が変わってきてるな~とは思っていて、最近もまたちょっと絵のタッチが変わってきた?と思っていたら・・・

最近の絵の主線は筆で描いているとのこと。
ひえ~っ、あんな繊細な絵を筆で描いているんだ!とびっくり。
確かに、かなり主線に強弱付いてますもんね。

筆のタッチが好きな私としては、ぜひともマネしてみたいのですが、あんなに細い線を描くなんて・・・

きっと無理だな。

さぼってばかりではありますが、30ウン年書道を習って、筆に慣れているはずの私ですが、実は字だけは小学校のころ矯正して右手で書くようになったものの、元々は左利きなので、絵を描くことに置いては、書道での経験は全く生かされないという悲しさ(苦笑)。

でも、ぜひ試してみたいテクニックですな。
井上雄彦さんの絵もよかったしな。



あと、今週は銀さんがめっさかっこよかった!
扉絵からやられましたもん。

しかし、リアルタイムで見れなかった先週のアニ銀をやっと見まして・・・
WJとのあまりのギャップに・・・

こちらはすごい笑った!
銀じーさんと桂じーさんがすご過ぎて!(笑)
突っ込みいれる新八の苦労がしのばれます。
あの、年寄りなのに、すごい小走り・・・な場面が早く見たいです。


ごめんなさい、全然感想になっていませんね・・・。


テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

夏の予定は・・・
毎日これでもか!というくらい暑い日が続いていますね。
うちは今、とりあえずまともに動くエアコン(でも、風向がリモコンで変えられず、手動)が台所にある1台だけなので、パソコンが置いてある部屋なんかは扇風機だけで暑さをしのいでいます。
でも暑すぎて、なんだか息苦しいよ・・・。
せっかく、リボコンDVDと日常編DVDを買ったというのに、2階が暑くて鑑賞する気になれません。

夜中も30分くらいタイマーかけて寝るんですが、結局暑さで起きてまたタイマー・・・を繰り返し、あっという間に朝。
そんな寝不足生活が続きます。

そんな中、きのう(26日)は『スピードレーサー』の吹き替え版を観てきました。
娘がKAT-TUNの赤西クンが好きで、それがお目当てでした。
ま、私は付き添いで(笑)。

日本のアニメ―もう40年近く前の作品?の『マッハGOGOGO』―が原作で、アメリカでは今だにこのアニメが人気らしいのですが・・・
自動車レースの話だけあって、スピード感満点でした。
設定が近未来?なのかな、レースシーンがすごい極彩色で、それにマシンのスピードが加わるものだから、目がチカチカ。
マシン同士ぶつかって、相手をクラッシュさせようとしたりしているので、状況がどうなっているのかわからなくなったりして。
まあ・・・漫画のバトルシーンの位置関係がいまいちよくわからなかったりするようなもんですよ(笑)。
子役やチンパンジーもかわいかったし、アクションもけっこうあって、楽しめはしました。

マシンに普通はありえないような装備がされているんですが、当時のアニメスタッフが免許を持っていなかったからこそ出た発想だった・・・ってこの前TVで言ってましたっけ。

どうも私は、頭の中で、このアニメと『チキチキマシン猛レース』をごっちゃにしてる気がする。
両方とも子供の頃見てたと思うんですが(笑)。

吹き替えは・・・
娘にどうだった?と聞いたら、「まんま赤西クン」と言われました。
私はそれほど声聞いたことがないので、わからなかったけど。
恋人役の上戸彩ちゃんは、最後のクレジットで、あ、そうだったんだっけ、と思うほど、私には自然に聞こえました。
覆面レーサーは小杉十郎太さん!ってすぐわかった(笑)。
コニタンなんかもあててたんですね。


・・・で、この後、映画は・・・
『ポニョ』が観たいし、『インディ・ジョーンズ』も観たい。
『NARUTO』も前売り買ってたんだっけか。

舞台は『ウーマン・イン・ブラック』『嵐になるまで待って』をチケ取り済み。

コンサートは、これまた娘のお供で、KAT-TUNのコンサートへ行きます。
FC枠、2日間取れたので、1日は友達と行けば?と言っていたんだけど、部活等で行けない子と、行きたくてもお金がない子(苦笑)と。
2日も若い子に混じるのか?

・・・そうそう、9月には嵐のコンサートに行けます。
これはけっこう楽しみ^^。


ジャンプ関連のイベントにも行きたいんですが。
鎌倉と、ボンゴレフェスタ
鎌倉は暑そうだし、リボ関係はまた超混みそうだな・・・。

2日、3日と声優さんのイベントがあるんだけど、2日はKAT-TUNで行けないし、行けるとしたら3日のニーコさん、市瀬さん、近藤さん、豊永さん出演の日なんだけど・・・

日曜なのですごく混みそうだ。
・・・の前に、リボコンとアニリボ日常編DVDを買った(予約した)人に整理券・・・みたいなので、すでにメイトで予約してしまってる私には、さらに買うというのは・・・

先日、テレビ収録で間近で市瀬さん見れたし、ディナーショーでも会えるので、今回はパスでもいいかな・・・と思ってます。
行くんだったら、初日かな?


後は、イベントといえば、『夏コミ』ですが・・・

実はかなりの金欠に陥ってます(苦笑)。
行けるんだろうか?
でも、多くのサークルさんが新刊出してくれるだろうしな・・・。

ダンナも息子も夏休み期間・・・というのがちょいネック?


とにかく、8月が終わるまで、体がもつかが不安だ・・・。
すでに脳は溶け出してる気がします(苦笑)。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

もののふ~!
・・・な、のせさんに会ってきました。

番組観覧募集のメールが来たのが22日、23日締め切り・抽選・当選メールが来て、24日収録・・・って、すごいスケジュール!

そして、現地についてみれば、観覧者の少なさにびっくり!
20人いなかった!?
私みたいなおばさんは後ろの方に隠れてればいいや・・・な気持ちでいたのでびびりました。

でも、人数が少ないと入れないような小さなスタジオだったおかげで、のせさんが近くでバッチリと見れて幸せでした。
かっこええ~!!

目を伏せた顔?口元?がなんとな~く小栗/旬に似てるな~、と思うことがあるんだけど、いわゆる正統派な美形・・・という点ではのせさんの方が勝っていると思います。
あと足りないのは・・・
昔っから、そうだったらしいけど、身長かな(ごめんなさい!!)。
このあたりも獄寺くんとかぶってて、私的にはなんかうれしいんですが。

収録内容は、これから放送もあることですし、ネタばれはできないんですが、子供のころから現在までの過程をまんべんなく・・・という感じ。

1つだけ言っちゃうと・・・

トークの後に、真剣斬りの演技(という言い方でいいのだろうか?)を見せてくださって、そのときの上下白の袴姿と真剣な表情が素敵でした!

あ、あと、時代劇についてのトークの時、殺陣の演技について離すときのしぐさがかっこよかった!
やっぱり、基礎をしっかりやっている人は所作が違いますね。

獄寺くんを単なるアニメの1キャラとしてではなく、1人の人間として捉えて演じているらしいところもなんだかかっけ~!と思いました。


テレビ放送楽しみだな~。
でも、うちのケーブルで見れるんだっけか?

だめならDVDを待つしかあるまい。



しかし、録画ビデオを流したときに、自分の背後にあるモニターをはじめて見たんですが、自分のDEBUさ加減に驚愕した!
こんなものを公共の電波に乗せてはいけません。
モザイク処理して・・・(よけいマズイ・苦笑)。
あまり映ってないことを祈るのみです。


でも、収録後に、他ののせ好きさんともお話できて、メルアドなども交換できたので、それもうれしかったです。
8月のディナーショーに行かれる方も何人かいらしたので、再会できるし!
舞台もあるし!(チケ取り大変そう)


観覧希望にどのくらい応募があったのかちょっと気になります。
どこから来たのか尋ねた方は、東京以外の関東圏でした。
新幹線等を使わずに来れる範囲の人が当選したのかな?

しかし、暑い1日でした。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

まじッスか!?
のせさんゲストのTV番組の観覧者募集当選メールが来ました!

年齢ではじかれるかと思いつつ(苦笑)応募したのに。

今からドキドキです。
少年社中『アルケミスト』
21日に少年社中の舞台を観に行ってきました。
面白かった!
大満足!
もしかしたら、自分の中では今年観た舞台のNO.1?くらいの面白さでした。


羊飼いのサンチャゴは、ある日、アンダルシアの平原で夢を見る。

「ピラミッドの下に”宝物”が眠っている・・・」

夢を見た青年は宝探しという”夢”を胸に抱く。

けれどサンチャゴは迷った。
その夢をかなえるためには羊飼いをやめ、羊たちを捨てなければいけないからだ。

そんな時、サンチャゴの前に一人の男が現れる。

錬金術師【アルケミスト】

彼は、サンチャゴに錬金術の教えを説き、旅へと誘うのであった。

目指すは、エジプトの砂漠・・・黄金に輝くピラミッド。

”本物の宝物”を探すための旅が、今、始まる。(パンフレットより)


パンフレットには平原で夢を見た・・・と書かれていましたが、実際の舞台では教会の中で・・・だったと思います(この場所が重要なので!)

サンチャゴがいろいろな苦難に遭いつつも、反対に彼に協力してくれる人々との出会いもあり、それらを通して成長していく・・・というか、世界の真理に気づいていく物語・・・と言ったらいいのかな。

公演自体は終わってしまったので、ちょっとネタばれ気味でいきます。
舞台を観た記憶のみで書いているので、順番が違ってたり記憶違いだったらすみません。
続きは追記にて・・・



チケットが送られてきたときに一緒に入っていたチラシ。
団員の方が一言書いてくださっていて、なんだか得した気分になりました^^。
   ↓
080722_164535.jpg

これは捨てられないな・・・。

■ 続きを読む。 ■

テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

学習能力のない自分に嫌気がさす
21日からリボラジ第2期、『リボラジ!ぶっちゃけ並盛Dong☆Dong』が始まりました。

おかみさんがリボラジを卒業して、骸役飯田さんが神出鬼没のパーソナリティとして、新たに参加。
「(神出鬼没なのに)いきなり来るなよ!」とか言われてるし(笑)。

『並盛ニュース』はボクシング大会で、指輪をつけたまま試合に出た笹川兄が失格で負け?なニュース。


リボラジでは「ごっきゅん」「もっちゃん」呼びなので、飯田さんにもニックネームを・・・ということで、似た雰囲気ということで「むっくん」に決定。

む「むっくんて呼んでね」
ご「キモイ」


どうも、ごっきゅん・むっくんは普段から相性がいいのか悪いのか(実は似たもの同士?笑)お互いけなし合いばっかしているようで。

アニメの標的#92の話題でも、久しぶりに登場したスクアーロ・ベルの、いきなり現れて、しゃべるだけしゃべって、突然消えた様子を
ご「あんたみたいなもんだよ」
と言ってみたり。

む「エロいな秀和」
には参りましたよ、秀和って!
「ごっきゅんって呼べよ」
と言われてました。

「けんかしないで!」
と2人を仲裁するもっちゃんも大変そうです。

新たなコーナーとして、リスナーから『リボわざ』(リボ流ことわざ)『あいうえお作文』の候補があがり、『リボわざ』に決定!

これを送った人が『山本大好き~』と言っていたので、勝手?に女子だと思っていたら、男子だったときのごっきゅんの怒りよう!?
確かに『~ちゃん』と言ったら、女の子だと思うか(笑)。
わかってたのは、おたよりを読んだもっちゃんだけだったのね。


その後、告知として、日常編DVD発売のお知らせ(ドラマCDの特典つき!)と、ボンゴレフェスタのお知らせと、リボーンのカードゲームの告知で沢田むねよしさん?がゲストで来てました。


むっくんがアフレコのときに
「眠ってはいけませんよ、かわいいクローム」
というところを「かわいい」を抜かしてしまって、
「眠ってはいけませんよ、クローム・・・かわいい」
と後から付け加えたら変態だ!って話に。
逆なだけで変態(笑)。

ご「基本的に(いつでも)変態」

この後、新コーナーへのメールよろしく!ということで今回はおしまい!


・・・で、ここに来て、今回のタイトルについてのお話。

■ 続きを読む。 ■

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

まとめてリボ
なんだかクレジット会社の宣伝みたいな題ですが、リボーン関係ってことです(笑)。

3連休は土曜・日曜と舞台を観に行き、日曜はほぼまる1日パソコンと格闘していたので、WJもあまりまともに読んでいない状態なので、それこそ簡単にアニリボとWJリボの感想を書きます。

昨日の夜、パソコンを始めようと椅子に座っていたら、頭がふらふらして気持ち悪くなってきて、なんだか吐きそう・・・な気分・・・になったのですが(幸い、そこまでには至らず)、夏バテなのか、睡眠不足なのか、はたまた更年期障害!?(苦笑)・・・とドキドキしました。
まさかあの時間に熱中症もないと思いますが。


まずアニメ!
10年後兄ィがかっこよかった!
声も、あいかわらず熱血ながら(笑)落ち着いた調子で。
コロネロのバンダナ柄のバッグが・・・!

10年後スクアーロとベルも登場(画像だけど)。
スクの元気な姿を見て、うれしそうな山本(笑)。
私の頭の中では、この顔を見た獄寺の焼餅焼きィ!な顔が浮かんでおります(山獄スキー目線・笑)。

今回、何箇所か、獄寺の顔があぁぁ!
五話寺のように、ごつく崩れてたわけじゃないんですが、なんだか少女漫画みたいなごきゅらしからぬ顔がポツポツと・・・。

・・・土曜のこと、もう忘れてるんで、次はWJ!


山本は戦闘不能になっちゃったんですね!
「ズズッ」って体をひきずっていたから、まだ戦う意思が・・・と思っていたら、ラルが山本の体ひきずってたんだ。

そして、まさかここに!?の雲雀さん登場ですよ!
先週、草壁が「あっちはどうなってる?」って言っていたから、山本側に誰か応援にいっているってことか、アジトで戦ってる雲雀さんのことか?と思っていたら、雲雀さん、すでに敵の奇習部隊全滅させてこっちにまで来ちゃったとは予想外でした!

しかし、強すぎるよ、雲雀さん。
まあ、あれだけ使い捨てできるボックス持ってるからなのもあるだろうけれど。

ツナが夢で見ていた白くて丸い装置がどうやらタイムトラベルを可能とする装置らしい・・・と分かって、ストーリーもますます佳境に向かっているようです。

日曜に丸1日使って作業していたことは別記事にしよう・・・。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

舞台『エブリリトルシング』
19日・昼の部を観てきました。

この作品は大村あつし著『エブリ リトル シング』を原作とした舞台で、6つの独立した物語をAパート、Bパートそれぞれ4話ずつで構成されています。
本はこちら↓

エブリ リトル シングエブリ リトル シング
(2007/05/07)
大村 あつし

商品詳細を見る


私が観たのはBパートで(Aはチケットがとれませんでした!)「クワガタと少年」「ランチボックス」「アフター・ザ・プロム」「ボクはクスリ指」の4つのストーリーが演じられました。
ちなみに、「クワガタ~」と「ボクは~」はA,Bとも共通でした。


あるホテルの一室で、外出の準備をしている男性の元へ、部屋番号を間違えてホテトルがやってくる。
しかし、今回が初めて・・・といういくらか年齢のいった(失礼!)女性に、男性はそんなことはやめた方がいいと説得し、ある物語を話し始める。
それは、お店にクワガタを買いに来た少年の話だった・・・



・・・という感じで話は始まります。
まだ公演中なので、ネタばれはしませんが(↑くらいならいいですよ・・・ね?)、4つのエピソードが独立した話のようでいて、それぞれつながりのある話になっています。

その切り替えがいい感じだし、最後がまた最初につながるところもいい。

ちょっとしたエピソードではあるのだけれど、それぞれのエピソードでキュンとくる(ジ~ンとする?)ところがあって、心が温かくなります。

私は半分永山たかしさん目当てではあったのですが、永山さんは「ランチボックス」でテンションの高い(笑)教師を演じてました。
しかし、遠足にスーツ着てくる教師って!

「クワガタと少年」に出てくる子役の子がかわいかった^^。

どのタイミングで出たセリフだか忘れたんですが、クワガタのことを「あのゴキブリみたいな!」・・・なセリフがあって、笑えた。
余談ですが、なぜか中2の息子がこの夏にクワガタの飼育を復活させ、玄関がすごいことになっています。
うちの玄関は客を招く玄関じゃないよ(泣)。

この作品を見終わって、夏の夕方の暮れかけたちょっと寂しいような、もの悲しいような、でもホッするような感覚に似てるな・・・と思いました。
これから夏本番に向かって、ちょうどいい作品でした。

しかし・・・
場所は新宿紀伊国屋7Fのサザンシアターだったんですが、そこからタカシマヤタイムズスクエアへとつながる連絡通路を通ったときの暑さったら!
冷房が全く効いていなくて、サウナのような暑さでした。
あの場にしばらくとどまっていたら、確実に熱中症になりそうだ(苦笑)。





テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

夏休みに突入!ですね
ブログもサイトも更新しなくっちゃ・・・と思いつつ、なかなかパソコンが開けません。
パソコン置いてある私の2Fの部屋は暑いんだもん。
すげ~古いエアコンがついているんですが、リモコンが行方不明です(苦笑)。
省エネ型エアコンつけるんだったら、まずお客のくる1Fの居間からだよね。

・・・てなわけで、深夜にパソ活動?をしている次第です。
でも、昼間眠くなるんだよね。
昨日も根元の白髪が目だってきた髪を染めに美容院行ったんですが、ついウトウトしてしまいました。
バスも乗ると爆睡です(苦笑)。

Rさんに送る約束をしていたリボの同人誌をやっとのこと送れたわけですが、自分の持っている本の多さにげんなりしてしまいました。
いや、リボはハマって1年ほどなので、そんなに冊数ない(と思う・苦笑)のですが、ナルトとブリーチがね・・・。

特にナルトは、アスカカに落ち着くまではけっこうカカイルとかオールキャラっぽいのとかオークションや専門店で勢いのまま買っていたので、すごい数なんです。
それをあちこちの押入れや普段利用していない本棚の上に隠しまくってます。
もちろん、一番上にはカモフラージュのための別のジャンルの本を乗せて(笑)。

そういえば、ブリチも、好きキャラは日番谷クンでCPはギンヒツが一番好きなんですが、ブリチにはいじりがいのある?キャラが多くて、他のキャラの本もけっこう買ったんですよね(他キャラはギャグ中心)。

そろそろ整理をしないと、ホントに床が抜けそう。

・・・てな話を何回もしている気がする(笑)。


キャラグッズも収集つかなくなってます(苦笑)。
このところ、そんなに買ってなかったと思うんですが、リボーンのキャラポスと、アクセサリーコレクション、両方箱買い・大人買い!しちゃいました!
来週はリボコンDVDも発売するじゃん!

グッズはリボ、ナルト、ブリチ、銀魂あたりがごちゃごちゃあって、下手すりゃちょっとしたお店でも開けそうです(言いすぎ?笑)
中古品?のオンラインショップを開こうと思ったら、許可とかいるんかな?
やっぱり地道にオークションとかお店に持ち込みとか・・・でしょうか?

「こういうのありませんか?」と声をかけてくださったら、さっと出てくるかも知れません(笑)。


暑さに負けて、まとまりのない記事を書いてしまった・・・。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

劇場版NARUTO
20080717011226
予告CMにカカシの姿が見えないので、今回出ないの?と思っていたら、映画館からもらってきたチラシにいました。
きっと一瞬だろうけど。

しかし、予告のサスケの裸の背中が『がっしり』と言うより『ぽっちゃり』に見えちゃって…。

私だけですか?
獄寺君右腕確定の件
今週のジャンプ感想をアップしているサイト様、ブロガー様(主に(山)獄スキーさん)をめぐったところ、ほとんどの方がγさんの『(獄寺が)ボンゴレの右腕として恐れられることになる』発言を読んで感動されていたんですが・・・

すみません、私、全くスルーしてました(苦笑)

ホントに獄スキーなのか!?と非難の声もあがりそうですが、言い訳というか何というか・・・



10年後に飛ばされたツナが出会った10年後獄寺を見た段階で、すでに私の中では

   獄寺=右腕

の図式がすでに確定してしまっていたから・・・と言ってしまえばいいんでしょうか。
あの獄寺は右腕にしか見えなかったよ。
10年前に戻るには、入江を始末すること・・・なんてツナに言ってしまえるのは右腕だからだよ。

『NARUTO』のシカマル(あ、私の中ではシカマルは火影をサポートする、今のシズネの位置候補です)もそうなんですが、トップを一番近くでサポートする人間は、忠誠心はもちろんのこと、そのグループの頭脳となる人間(運営?や交渉事を円滑に進められることも含めて)でなければならないと思っているので、獄寺クンしか考えられないのです。


それよりも私は、今回のことで、γの知っている10年後には飛ばされずにボンゴレの右腕となった獄寺クンが、どのような(人間としての)成長過程を経て、そこまでの地位を築きあげたのかが知りたくなりました。
だって、10年後に飛ばされた獄寺クンは、山本に指摘されるまでツナしか信じられなかったただの自称・右腕だったんだから。
今回のように、誰かにガツンと言われて気づいたのだろうか(やっぱりそれが山本だったらうれしい)。


ツナもしかり・・・ですよね。
リングによって、ボンゴレが過去に行ってきた非情な行いを見て、「こんなボンゴレはぶっつぶしてやる!」と宣言したような衝動が、未来に飛ぶことのなかったツナにもどこかで起こった・・・と考えていいいんだろうな。
リングを破棄しちゃったくらいですから。

う~ん、こう考えると、タイムトラベルの要素が含まれる話って、難しいですよね。


結局、全然ジャンプ感想にはなっていないんですが・・・
草壁のリーゼントの長さがハンパなかった(苦笑)。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

教室前からのながめ
20080714142614
娘の三者面談で、高台にある高校まで熱い中坂を登る。
眺めはいいけど、地獄の暑さだ…。
毎日暑いですね
梅雨が明けてもいないのにこの暑さ・・・
なんとかしてほしい。

夏は超苦手です。
活動量が減ります。
てか、汗をかくのが嫌いです。
汗をかいて、肌がベタベタするのが嫌いです。
なので、汗でベタベタになることをするのが嫌いです(それ・・・何?)

土曜は娘と一緒に『花男』観てきました。
自分が見たかったというよりは・・・付き添い?
内容的にはTVドラマの延長って感じで、特に映画館で観るほどでもないかな・・・とおばさんは思いました(苦笑)。
じ~んとなれる部分もあるんだけどね。
まあ、出演者のファンには、大きなスクリーンでその姿が観れるだけでうれしいんでしょうね。
しかし、ラストシーンの道明寺、勘がにぶいな~、それが道明寺なのか(笑)。



映画館では来週から始まる『ポニョ』をプッシュしているのか、館内にあの主題歌が流れていて、ついつい自分でも口ずさんでしまいます(笑)。

はじめにこの映画の情報を見たときには
「今回のジブリ映画は見ないかな・・・」
と思っていたんですが、最近テレビなどで、ストーリーや世界観なんかが明らかになってきたら、なんだか観てみたくなりました。
最初は「なに、この金魚・・・」
と思っていたのが、最近はかわいく見えてきました。

(監督ははじめポニョを金魚に設定していたのに、海に金魚はいない・・・ということで、普通の魚?に設定を変えたそうな・笑)

あと、くらげの大群のシーンがCGを使わず全て1つ1つ手描きだ・・・というのをテレビで知って、そりゃすごいな!と思ったのも観たくなった一因かな。
あのシーン、かなりクラゲの数が多いと思うんだが。


話変わって・・・

映画は川崎で見たのですが、時間が早ければアニメイトにでも寄りたいな・・・と思っていたのですが(リボーンのフェアも始まったし・笑)、けっこう遅くなってしまったので、夕飯の支度もあるし・・・とお茶だけして帰ってしまったのですが・・・

この日5時からラゾーナ川崎でDAIGOの野外ライブ?があったことをテレビで知り・・・
最近けっこうお気に入りキャラなので、
「ああ、アニメイトに行っとけば、ラゾーナ川崎の広場のあたりを通ったよ!
告知が出てれば、見て帰ったよ~・・・」
とちょっと残念な気持ちになってしまいました。

つい最近も羞恥心がここでライブをやって、1万2千人集まった・・・と報道されてたんですが、今回も1万人超えたらしいですね。
すごい。
しゃべり方は変(笑)なんだけど、敬語とか、そういう言葉の使い方はしっかりしているので、実はちゃんとした人なんだな、と思っています。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

簡単だけど・・・SPLAYライブレポ
ちょこっとですが、日曜のSPLAYライブの覚え書きを。
順番とか違ってるかもしれませんが、そこはご愛嬌?で(笑)許してください。

場所は下北沢のDaisy Bar というライブハウス。
こっち方面はそれこそ20年ぶりくらいなので、新宿とかの街並みを想像していた私は、その下町感に場所を探すのに戸惑ってしまいました。
1回、駅から反対方向に出ちゃったし。

前回の新宿のライブハウスよりはキャパは狭いようで・・・
でも、最前列!
近い!
こんなおばさんがいいんですか・・・と思いつつ、お隣に子供のお供で来ました・・・な同年代の方もいらしてひと安心(苦笑)。

セットリストは、前回の写メでなんとかわかりますかね・・・?

1曲目はリボーンのOPでもおなじみ『Drawing days』だったんですが、向井さん、いつもの歌い方にちょっとアレンジ加えてる感じでした。

前回はキーボードの方とかもいらしたのですが、今回は久々にメンバー4人だけのライブハウスでのライブなんだとか。
で、今回のこのライブがライブCDとして発売されます!
販売はライブ会場とサイトのみのようですが。

どのタイミングだったか忘れちゃったんですが、向井さんが「今日は特別な日です」みたいなことを言い出して・・・

実は、ライブ前に、ファンの有志?の方から、SPLAY2周年記念のお祝いに、アンコールのときにみんなでクラッカーをならしましょう、というお話だったので、え、もしかして、その企画が無駄になっちゃうんですか!?と思ったんですが・・・

リーダーの道本さんの誕生日お祝いでした(正確には10日なのですが)。
お祝いのケーキも登場。

アンコールでメンバーが登場すると、1つのクラッカーの音を合図に、みんなでクラッカーを鳴らし、「おめでとう!」を言いました。

アンコールでは、恒例の写真撮影OKの曲があり・・・

どうも、私の携帯では写りが悪いのですが、お誕生日ということで道本さんをアップします。

080706_201626.jpg


道本さん、私の真ん前だったので、しょっちゅう目が合ってた気がするんですが。

アンコールの2曲目は新曲の『主人公』。

で、どの曲だったか・・・
張り切りすぎた向井さんは歌詞を忘れました。
CDに残っちゃいますね(笑)。

ファンのみんなと写真撮影もありました。
今回はしっかり前の方です。
変なおばさんが写ってます、すみません。
ライブのアンケートを出すと、前回同様、サイトからダウンロードできるのかな?
時間がなくて、当日出せなかったので、ちゃんと書かなければ。

アンコールの後は、恒例?のベンジャミンコール。
今回のタイトルが『Bの悲劇』になっていたから、どうした、ベンジャミン、と思っていたら、メンバーが遺影を抱いて登場。
しかし、ベンジャミンが亡くなった・・・というのはガセで、浴衣を着て登場しましたベンジャミン向井サン(笑)。
(このあたりはライブを見てもらわない伝わらないのが寂しいな・・・)

このコーナーでは、昔のヒット曲を歌ってくれるので、今回は?と思っていたら・・・

サイト宛に『ライブでこの歌を歌ってください』というリクエストが入るのですが、今回のライブを最後に海外に行ってしまう、という方のリクエストに答えて、リボーンのEDでもあった『Echo again』でした。
リクエストされた方、いい思い出になりましたね。

ほんっと、SPLAYのライブはいつ来てもいい感じです。
メンバーの優しさも感じられるし、お客さんとの一体感もいいなあ・・・。

今回は最前列ということで、ギターを操作する足元とかよく見えたし、理人サンの使い込まれたギターもガン見(笑)しました。
向井サンの汗がすごかった~(特にはじめのころ?)

SPLAYサンのすごいところは、ライブ後に、1人1人にサインしてくれるところ。
今回は運よく列ができる前にサインしていただけました。
私は今回の新作グッズのタオルにサインしてもらいました。


080711_103242.jpg


で、前回載せたセットリストの画像なんですが、あれを写す前に、壁に立てかけてあったセットリストのボードがうまく写メできない・・・と娘と奮闘?してましたら、道本さんが見やすいように持ち上げてくださいました!

080706_212435.jpg


右側に見えてる手は道本さんの手ですよ!
ああ、メンバーの手をわずらわせるなんて!
しかし・・・なんて優しいひとなんだ!

ますますファンになりました。

・・・で、前回上げた写メは自分でボードを持ち上げて撮ったものです(笑)。

いつもサインもらってばかりなので、こちらからプレゼントも・・・と思いつつ、準備できず。
今度は地元の名前が入った(もろ町名)お酒を持ってこうかと思ってるんですが、日本酒お好きでしょうか?

本当に、いい曲がいっぱいだし、もっとメジャーになってほしいとも思いますが、小さなライブハウスで感じられる親近感みたいのも捨てがたいんですよね。
これはどのファンでも感じるジレンマなんだろうな。

9月のチケットも取りました!
今度は前の方・・・とはいかなかったんですが。
次のライブ楽しみだなあ・・・。
その前にライブCDを手に入れるかな?

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

『夏目友人帳』
今期から始まったアニメ。
原作は『LaLa』で連載してます(不定期でしたっけ?)。

コミックス1巻と、本誌に載っていたものを少々読んだことがある程度ですが、胸にジ~ンとくる妖怪モノで、ストーリーによっては、思わずホロリと来ちゃうものも。

半分井上和彦さんのニャンコ先生目当て(笑)だったのですが・・・

1回目としてはよかったのでは?
原作の世界観は壊してないと思う。

和彦さんのニャンコ先生&斑最高ですよ!
和彦さんのニャンコ先生みたいな声を今まで聴いたことがなかったので、なんだか新鮮でした(・・・あれ、確かドラマCDは聴いたような・・・?)

友人帳を自分のものにするために、貴志に襲い掛かって、襖にはまって抜けなくなるニャンコ先生がカワイイ(笑)。



ストーリーの良し悪しとは関係ないのですが、幼少期からみんなには見えない妖怪が見えていたために、周囲からは疎まれていたという設定がね・・・

昔ならいざ知らず、現在だったら
「えっ、妖が見えるの、すごいね~っ!」
って反対に羨望のまなざしで見ちゃうような気がするんですが・・・私だけ?
まあ、舞台が田舎っぽいから毛色の変わった人間を特別視するのはしょうがないのかな。


↓は8月号のLaLaについてたニャンコ先生のストラップです。
箱に『ブサ可愛い』の文字が!(笑)






そういえば、和彦さんのブログを読んだら、浅草にある今戸神社というところにニャンコ先生の招き猫を奉納したのだとか。
浅草に行く機会があったら、ぜひ見てみたいものです^^。


***


話は変わりますが、『夏目友人帳』の時間枠で、前回まで放送していた『ヴァンパイア騎士』。
絵柄的には「・・・」なところもあったのですが(いまいち人物の書き分けが・・・)、声に萌えさせてもらっていました。
で、OPの『ふたつの鼓動と赤い罪』、けっこう好きなのですが、

ふたつの鼓動と赤い罪(期間生産限定盤)ふたつの鼓動と赤い罪(期間生産限定盤)
(2008/06/04)
ON/OFF

商品詳細を見る


双子のユニットで歌っているこの歌、雲雀と骸(近藤さんと飯田さん)の2人で『赤く赤く赤く~♪』と歌っているところを聴きたい・・・と思った私なのでした(笑)。

テーマ:夏目友人帳 - ジャンル:アニメ・コミック

TOP絵更新
サイトのTOP絵を更新しました。
絵はこちら↓。





またまたずいぶんと久しぶりにお絵かきソフトを使って描いたんですが、こんな絵なのに時間のかかること・・・。
下描き(線画はアナログ)と合せると、4時間くらいかかった?

パソコンで絵を描く方は、どのくらい時間かけて描いてらっしゃるんでしょう?

今使ってるソフト、人物を塗った後に、背景だけ塗りつぶすやり方がわからなくて、今回はこんなんでごまかしました(汗)。

しかし・・・
サイトの中身を全然更新できないうちに、子供らの夏休みが始まり、余計に描く時間がなくなりそうです(1人になれないから)。
おっと、その前に個人面談もあるから、午前で帰ってきちゃうよ・・・。




テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

アニメとWJ、まとめてリボ感想など
土、日と暑かったですね。
それに比べりゃ、今日は過ごしやすいのですが、なんだかやる気出ないモード(昨日でやる気を使い果たした!?)なので、簡単感想です。

まずはアニリボ。
すでにいくつか印象に残ったところしか覚えてない状態(ボケ?)。

ランボと同レベルで喧嘩する獄が好きだ!
大人げないっちゃあ大人げないんですが・・・
実は、トランプとか、勝ち負けがあるゲームで、小さい子にはわざと負けてあげよう・・・って気があんまりなかった自分を思い出します(苦笑)。
要は、負けず嫌いなんだよ。

グロのセリフ、あのまま電波に乗せちゃって大丈夫なの?って感じでしたが、ほとんど原作通りだったのでしょうか?
ああいう「うっざ~っ!」っていう声の演技ができる声優さんはすごいと思う。

ほおの赤みについてエロゼリフを吐くグロに「生まれつき」って答える天然?な髑髏ちゃんが好きです。

そしてそして・・・
10年後骸の声が来たよ~っ!
てか、その前にムクロウですが・・・

どうも、あの写真に写ってるムクロウが、単にフレームが切れてるだけなんでしょうけれど、物陰からヒバードでも見ているみたいで、『家政婦は見た!』みたいに見えてしまって、このシーン、見るたびに笑ってしまう・・・。

骸のセリフ、飯田さん、のってる~!って感じですよね。
クフフ笑いがいつにも増して気合入ってる(笑)。

EDはしょっぱなから山獄!で萌えた!
もう2人はセット販売しかしなくていいよ!


お次はWJ。

山本もスクアーロもかっけ~な!
幻騎士の幻術に気づいていたスクアーロ。
それをビデオで暗に山本に伝えていた。
そのメッセージをしっかと受け取った山本。
山本は単なる野球バカじゃなかったんだ(笑)。

・・・やっぱり獄がやきもち焼いちゃいそうな関係だ(笑)。

しかし、勝負ありかと思われたところで、山本は鋼鉄?の壁に激突!
今まで目にしていた部屋自体が幻だった。

「これほどの霧の術士はボンゴレにはいないだろうがな」
という幻騎士のセリフを受けて、いよいよ髑髏ちゃん登場!
ムクロウの姿も見えるので、骸も参戦できるのだろうか?
楽しみです!

おおっと、リボカレンダーを見たら、今日はコロネロの誕生日なんですね!
コロネロ、誕生日おめでとう!

***

ナルトの暗号ですが・・・
あの「タ」は「9」には見えないよね・・・。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

SPLAYライブ!
20080707002227
下北沢のワンマンライブに行ってきました。

なんと今回は最前列!
メンバーとよく視線が合うので、何だか照れました。
楽しくて、大満足のライブでした^^。

娘がドラムのスティックと、ギターのピックをゲット!

ライブハウスのキャパが前回の新宿より小さかったせいか、音源から近かったせいか…

何だかいまだに左耳がへん。
UVERの学園祭ライブ以来だ(笑)。

時間があれば、後ほど詳しいレポが書けたら…いいな。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

井上雄彦展・2
実は私、井上作品は『SLAM DUNK』を漫喫で途中まで読んだことがあるだけで、『バカボンド』に至っては、読んだこともありません(汗)。

そんな私が、なぜこの展覧会に行ったかというと、ところどころで見かける墨一色(といっても、墨の濃淡はありますが)の絵の雰囲気が好きだったこと。
これに尽きます。


前売りは売り切れてたので、チケット販売開始の9時半ころに上野に着けるように家を出たのですが、すでに長蛇の列。
13時から15時の間に当日券を買える整理券をもらって、う~ん、どこで時間を潰そうか、と。
1人で動物園はなんか悲しいので(苦笑)、近くでやっていたコロー展を見てきました。
『和』な井上展とは対極?

1時前には戻ったのですが、すでにチケット購入待ちの列。
当日券を買って、それからさらに入場列に並ぶ感じだったのですが、それでも2時半前には入れたかな?
持っていった文庫本がかなり読み進みました(笑)。
どうやら、当日券購入のための整理券も午前中にはなくなってしまったようですね。

作品は・・・
ストーリーには触れませんが、演出のことについてちょっと書きたいので、続きに入れます。


■ 続きを読む。 ■

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

井上雄彦展
20080703132835
これからチケット買って入ります。
『鋼鉄三国志 歌劇舞台~深紅の魂よみがえりしとき~』
6月28日の昼公演に行ってきました。

内容としては一部が歌劇舞台、二部が声優さんのトークショーの二部構成でした。

一部の舞台のあらすじ&出演者は以下。

穏やかな呉の湖にさざなみが立った。
波紋は広がり、やがて戦の火蓋が切って落とされた。
追い風に乗る蜀が呉に攻め入ってきたのだ。
憤る凌統。憂う呂蒙。彼らの前に再び六駿が集結する。
果たして、亡き陸遜が再び仲間に捧げる光とは!?


公式HPから引用させていただきましたが、これ読んでもよくわからない(苦笑)。

DVDに収録された話の中(テレビでは未放送?)で、凌統と義兄弟になった姜維だったが、彼には凌統が国をよくしようとは思っていないように見え、自分が代わりに国を治めようと、魏延・馬岱を引き連れて呉に攻め入った。
間違った方向に進もうとする姜維に、よみがえった陸遜・太史慈(実際は実体ではなく、心の中にいるらしい?)を含む六駿が臨む。
・・・って感じ?

■出演者
・陸遜伯言
声の出演&舞台出演:宮野真守

・凌統公績
声の出演:斎賀みつき
舞台出演:栗原功平

・太史慈子義
声の出演:伊藤健太郎
舞台出演:田中しげ美

・呂蒙子明
声の出演:石田彰
舞台出演:杉浦由悟

・甘寧興覇
声の出演:諏訪部順一
舞台出演:中村康介

・諸葛瑾子瑜
声の出演:遊佐浩二
舞台出演:立花拓也

・諸葛亮孔明
声の出演:子安武人

・姜維伯約(新キャラクター)
声の出演:佐藤ゆうこ
舞台出演:若宮亮

・魏延文長(新キャラクター)
声の出演:小野大輔
舞台出演:木俊

・馬岱伯瞻(新キャラクター)
声の出演&舞台出演:郷本直也


今回の舞台は、セリフはアニメ放送時の声優さんがあてて、それに合せて俳優さんが演技する・・・というちょっと変わった方式の舞台でした。
声も演技も・・・というのは主役の宮野さんと新キャラの郷本さんのみ。
でも、その2人も、セリフは前録りした声に口パクで合せていたようで。
ライブは宮野さんの歌のみだと思います。

実質的な舞台稽古が5日しかない・・・と出演者のブログ等で見ていたので、半分声優さん人気に乗っかった舞台か・・・という気もしてたのも事実。

でも・・・すみません!
皆さんの演技、すばらしかったです!

アクション、殺陣とも、とても5日間でマスターしたとは思えないほどの迫力でした。
凌統を演じた栗原さん、諸葛瑾を演じた立花さんはブリミュの隊員でもおなじみKitty-guysのメンバーなんですが、特に栗原さんは宮野さんをしのぐくらいの活躍だったと思います。
他の出演者もしかり。
お名前を知っているのは、ブリミュでおなじみ郷本さん(実はブリミュの写真を買った、あ、隊員も・笑)とアニリボで草壁役の高木さんくらいなのですが・・・(汗)。
あれだけ激しいアクションで(舞台上をころがったり、段差のあるところを飛んだり)、怪我はなかったのかな、と心配してしまいました。

宮野さんの歌もよかった!
うまいよね~^^。

これだけの舞台を4回の公演だけで終わらせちゃうのはもったいない気がします。

衣裳もアニメにけっこう忠実に作られていました。


で、二部のトークショーの出演者は

宮野真守さん・遊佐浩二さん・伊藤健太郎さん・郷本直也さん。

遊佐さんの司会で進行。

内容に関する記憶が薄れてきちゃっているので(おばさんなので、記憶力低下)、覚えてる範囲でレポしますね。

一つ目は『鋼鉄三国志・歌劇舞台にもの申す』みたいなタイトルだったかな。
一部の舞台に突っ込みを入れる・・・というような趣旨でした(笑)。

今回の舞台ははじめに声を入れて、それに合せて演技・・・というアフレコならぬビフォレコ?(笑)だったので、郷本さんは稽古を重ねると、はじめに声を録ったときと、演技のしかたとか間合いのとりかたみたいなものが変わってきてちょっとやりづらい・・・みたいな話をしていました。

宮野さんは着替えて化粧も落としていたのですが、着替えに手間がかかるのか、郷本さんは衣裳のまんまで参加。
その姿を見て誰だったか「中国というより、フランス貴族みたい」と突っ込み。
私も郷本さんの姿が「宝塚みたい・・・」と思っていたので、この意見には納得(笑)。
椅子によっかかると、長髪がひっかかる郷本さんでした。

イトケンさんは「太史慈が客席から現れると聞いていたので、後ろを気にしていたら、案外前の方から出てきた」と言ってました。
もっと体が大きければ、舞台もそのまま出演できたのに・・・と言っていましたが?(笑)
今回、初めて勝ったのに、その相手は鳥・・・。

あと、録音のときにちょっと遅れてしまったイトケンさんが「遅れてすみません」と言ったセリフが、舞台でそのまま使われてた、というネタ話も。


ここで郷本さん退場。
残った3人でルーレットで出たお題に答えるというもの。
「はずれ」はまずい笹エキス。

「バッタのにおいがする!」
と宮野さん。

宮野さん1発目。
・・・すみません、お題忘れました!
どなたかのレポで見かけたら追記しておこう(人頼み)。

イトケンさんは『もしパンダになったら何をしたい?』。
話の舞台が中国だからか、中国関連の設問がいくつかあったのですが、これには悩むイトケンさん。
遊佐さんが
「パンダって、絶滅危惧種だから大事にされるよね。お嫁さんも次々来るよね」
みたいなことを言ったので・・・
イトケンさんの答えは
「繁殖した~い!」
でした(笑)。

次の遊佐さんは故意に『はずれ』にされて恐怖の笹エキス。
目を閉じてても「(色は)緑!」と当てられる臭いだとか(笑)。
袖にバケツも用意してあったようですが、なんとか耐えて、水も飲まなかった遊佐さん。

宮野さん2回目も故意に止められたルーレット。
『はずかしいセリフ』でした。
そのセリフを・・・はっきり覚えていなくて。
「ずっと僕のそばにいてください」みたいなセリフだったとは思うのですが。
そのセリフを「かわいい感じ」で、と指定された宮野さんは、語尾が
「(~そばにいて)くだちゃい!」
と言って、恥ずかしさのあまり?顔を覆っていました。

最後にイトケンさんが自分が出演する舞台の告知をしていました。

そんな感じでトークショーも終わり、昼の部終了。


楽しかったです!

今回、一般発売日にチケットを取ったのですが、なんと、最前列、それもほぼど真ん中といういい席で非常にラッキーでした。
出演者の皆さんの顔はしっかり拝めたし。
チケットが1枚余っていたので、あるチケットサイトで行かれる方を募ったのですが、チケット当日会場手渡しでチケットを買ってくださった方ともお話できて、おまけにお菓子までいただいてしまいました!
この年になって、アニメや声優さんにはまるなんて・・・っていう気後れも少しあるんですが、全く知らなかった人との出会いのきっかけをつくってくれるから、多分なかなか抜け出せないだろうな・・・と思います。





テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

リボラジ#42
イベントレポの前にもういっちょ。

「人は新しい出会いのために別れる。
居酒屋並盛閉店パーティ~!」




このところ、忙しくてリボラジの記事を書けずにいたら、なんと今回で『リボラジ』終了!?
・・・と思ったら・・・

リボラジ第2期配信が決定!

7月21日から『リボラジ!ぶっちゃけ並盛Dong★Dong』(★印は不明・笑)として生まれ変わるんだそうな!
ちょい、タイトルがダサい!?(苦笑)

今回は、並盛ケーブルテレビが送るローカルなワイドショーという設定だそうです(でもテレビじゃなくてラジオ・笑)。

で、パーソナリティはのせさん、もっちゃんに・・・
神出鬼没パーソナリティ・骸役の飯田さんに決定!?

「適当に来る」と言っているらしい飯田さんに
「ふざけんなあの野郎、あいつホントに適当だから」とキレるのせさん。

「ゲストに憑依している、とかなし。
どうやって扱ったらいいかわからないし。
女の子に下ネタ言われても困る」

とすでにダメ出し?されてました。
飯田さんは下ネタ王か(笑)。

で、おかみさんは
「普通のOLに戻ります。
割烹着を置きます」

と。
ええと、マイクを置いて普通の女の子に戻ったのはキャンディーズだっけ、百恵ちゃんだっけ?

1年近くお疲れ様でした、おかみさん!
私は初めての公開録音で、もっちゃんのBD祝いのクラッカーを手渡してくれたおかみさんのことは忘れません!(大げさ?)

『ドンドン』(英語表記めんどい)では

①未来革命プロジェクト

リスナーの未来を革命?
例えば、「(将来)役者になりたい」と言われれば・・・

「やめとけ、居酒屋開いちゃえ」
と、のせさんは言うそうです(←あとの2人から非難の嵐)。
ま、これは冗談だろうけど。
よっぽど飲みたいんだな、のせさん・・・。

②・・・は決まっていなくて・・・

みんなからテーマを募集なんだそうな。
リボ柳を超えるコーナーを!

今回、リボラジ終了!?ってことで、「やめないで!」のメールがたくさん来たそうです。
普段も読みきれないほどのメールが来るんだそうですが、リスナーからの質問で「どうやったらメールが読まれるのか?」は・・・

のせさんの匙加減なんだそうな。
個人的嗜好?(笑)

7月21日以降はバックナンバーが聴けなくなるそうなので、聴くなら今!

で、ここでDVDと書き下ろしイラストを使用したメタル根付発売の告知。

「バトルしたのを2つ」(のせ)
ええと、私の場合は山と獄で(笑)。

最後にそれぞれひと言。

おかみさん。
「約1年ありがとうございました。
地方にも行けたし、なんと、お手紙もいただけたし。
これからもリボーンにスタッフとして関わっていきます」


もっちゃん。
「公開録音で大阪や名古屋にも行けて、みんなから元気をもらえる機会があってうれしかった。
居酒屋がなくなるのは寂しいけど」


のせさん。
「1年間・・・
なんて、しくしくしてるわけね~だろ!
ガンガンに、ドンドンに、ギンギンに並盛Dong★Dongついてこいよ!」

と最後は山本チックなのせさんでした(笑)。

また21日から、新しいリボラジ楽しみにしています!


・・・で、8月ののせさんの真剣ライブショーのチケットが届きました!
  ↓





整理番号がけっこう若かったんだけど、この番号でステージに近い順で座れたら幸せだぁ!(←まだわからないって~の!)

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

WJ31号感想など
イベントレポがたまっているのですが、ちょこっとWJ感想など。


『REBORN!』

表紙、巻頭カラーともに、連載4周年を突破したリボーン。
天野先生、おめでとうございます。
しかし、コミックスの初期と比べると、絵がすごく変わってますよね(ブリチもそうだけど)。
やっぱり絵の上達のためにはとにかく描くのみ!ってことが納得させられちゃうお手本だな。

オールスター大集合!な扉絵。
人気投票があるんですね!
好きなキャラ1位はもちろん獄寺だけど、10年後が見たいキャラもごきゅでいいのかな・・・。
アニメで、毎回のようにあらすじ流れるのに、ごきゅの10年後の姿が流れないじゃん!といっつも思っているので(笑)。

「剣は抜かない」と言っていた幻騎士に剣を抜かせた山本、かっこいい!
幻騎士を「恐え!」と感じる山本。
恐怖心は命の危険を察知するための重要な本能・・・というのは、戦いの場面ではよく出てくる言葉ですね。
でも、そんな恐怖心を抱かせる相手と遭ったときも大事なのは・・・
勝つこと!
山本を一流の?剣士として認めているスクアーロの言葉でした。

2人の仲にごきゅが嫉妬しそうだわ(笑)。
てか、刀道4段、時代劇好きのアニメごきゅ役・市瀬さんが山本の刀技を見てうらやましがりそうだわ~(実は実写で山本役やりたいんじゃ?笑)。


で、夏休みに池袋でボンゴレフェスタ再び!なんですね。
今回はさすがに会場も前回より大きくしたか(苦笑)。
ナルトのときみたいに、ドームのプリズムホールくらいあっても十分だとも思っちゃうけど、アトラクションがいっぱいあるわけじゃないからね(笑)。
去年もすごかったけど、今年ももっとすごくなるのかな?
ぜひぜひ、主催者様には事前のリサーチをしっかりとしていただきたいと思います。


『NARUTO』

廻りが見えてないダメダメなナルトやサスケ(ファンの人、ごめん!)と違って、シカマルの頼りがいがあることったら!
ぜぇったい(今の段階では)ナルトなんかよりずっと火影に近い力量を持ってるよ、と思う。
ま、私はシカマルは火影をサポートする参謀が向いてるかな、という意見なんですが(笑)。


『銀魂』

「血ではなく魂で 自分の守りたいもののために 戦場に立つ」神楽が男前!
これも、仲間を大切に思う銀さんや新八たちと一緒にいるからこそ言える言葉なんだろうね。
でも、そんな神楽の夜兎としての血が覚醒しそう!?
次号どうなるんでしょう?


『BLEACH』」

舞台は現在へ。
死神’Sも現世組もやっとこ登場。
山Gはがんばってるけれど、多分死神’Sだけじゃ藍染たちは倒せないんでしょうね。
平子たちや喜助たちも加わって、これから最終決戦になるのだろうか?





テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

D-BOYS 『ラストゲーム』
27日昼の追加公演に行ってきました。

あらすじをはしょると・・・

物語の舞台は戦時中。

戦前から全国を沸かせるほどの人気を誇った早慶戦。
しかし、戦争が始まると、敵国のスポーツとされるテニスや野球は次々と禁止に。
東京六大学野球連盟にも解散命令が出された。

それでも、野球をやりたい一心で練習を続ける部員たち。
野球部の解散を賭けた練成部との競技会にも団結して勝利する。

ところが、徴兵猶予解除が決定し、学徒出陣することになってしまう。
野球部の解散は必至に。
出兵を前に「最後にもう一度野球の試合がしたい」と、野球部員たちはいろいろな障害を越えて、「最後の早慶戦」を強行することに・・・


D-BOYSのメンバー、今回の出演者(Aグループでした)で顔見てわかるのは、城田優クンと中村優一クンくらいかな・・・
少し前に、別の舞台で三上真史クン出てたな・・・
くらいの認識しかありません、すみません。

申し訳なくも、寝不足続きでこの舞台を観に行ったせいか、休憩前の練成部との競技部分の記憶があまりない・・・(汗)。
でも、休憩後の学徒出陣が決まってから、最後の早慶戦をやろう・・・ってあたりは、演技にも熱が入っていたし、青春時代を戦争によって潰されてしまう若者の心情がよく現れていて、見ごたえがありました。

舞台上でどう野球シーンを表現するんだろう・・・というのも、ちゃんと野球になっていたし。
キャッチボールも本当にボール使っていましたし。

現代の若者で自殺サイトで知り合ったワセダとケイオー(HNです)が、ワセダの祖父が残した日記を読んで、それが過去の話に続く、という演出はよかったです。
休憩に入るところなんかも。


こういう題材を選んだのは、どういう意図なんだろう、現代の戦争を知らない若者に、戦争の残酷さを教えたかったのか?

どんなに困難なことがあっても、それを乗り越える強さを描きたかったのか?

それとも、戦争によって命が絶たれた時代があった、生きたくても生きられない若者の姿を通して、生きる辛さから自らの生を放棄(=自殺)してしまう現代の若者に、「生」の尊さみたいのを考えてもらいたかったのか?

いろいろ考えるところはありますが・・・
劇中で、最後の早慶戦を迎える部員たちが、
「次は(←これはなかったかな?)戦場で会おう!」
って言うシーンがあって、今を生きる私たちは絶対言いたくない言葉だな、と思ってしまいました。

少しでも救われたのは、終戦後、部員の中でも生き残った者はいて、ある人はプロで活躍したり、高校野球の監督になったりした人がいたってことかな。



しかし・・・
一番うるっと来てしまったのが、象のハナコのエピソードだった私(苦笑)。
ごめんなさい、動物と老人の話は弱いんだぁぁ・・・。





テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。