プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボラジ#32&#33
先週の分も書いてなかった・・・

ので、これまた簡単に箇条書き程度で><。
(GWいやだよ、ゆっくりパソに向かえないよ・・・。深夜に記事書いて、寝不足の日々が続く・・・)

#32

・「あたしはガキは嫌いよ!」な黒川花役大谷美貴サン。
・ごっきゅんいないのに、イチゴのお茶を入れるおかみさん
・標的79を振り返るもっちゃん
・一生懸命もっちゃん説明するも、もっしゃもっしゃお菓子を食べるふっきゅん
・「会話しながら説明するのムリ!」(も)
 「もっちゃんがんばってる」(ふ)
 「上から目線やめろよ!」(ふ)
・リボラジ1回目、覚えてない。タイトル決めてと言われて考えたら、すでに決まってた。
・ランボ好きの美貴サン
・チビキャラで好きなのは・・・マーモン(ふ)、リボーン(も)、イーピン(お)
・お茶のおかわりを要求する(ふ)
・「MCだよね。ポジションがゲストと同じになってる。お菓子食いにきただけだろ」(も)
・リボ柳のお題は「ゲーム」。
・「連打すると首がつる」(ふ)
 「わかる!」(も)
・「ラスボスは母」な句が最優秀。
・次回は「ボックス」
・「何が出る(お) 何匹出るかな(美貴) 二匹かな(ふ) 一匹はツバメ もう一匹は・・・(も)」
・「山本のボックスが2つあって、もう1個が何かわからないから」(も)
 「さすが、ミスターリボーン」(お)
 「今日はちゃんと寝られる」(も)
・「すごい楽しかった」(美貴)
・さらにおかわりをねだるふっきゅん(笑)


#33

・「獄寺、ここは手を組んだほうがよさそうだな」(も)
 「組む気はねえって言ってんだろ。つーか、オレ王子だし」(ふ)
 で始まる。
・「王子って言うわりに獄寺になってる」(も)
・標的80、山本が久々にこわい顔。
・ふっきゅん、4月24日、サプライズのハッピーバースデイのケーキ。
・もうひとつケーキ、山本武もハピバ!
・「すっかりだます気でいたから、意外。びっくりした」(も)
・みんなからプレゼント
・ヴァリアーの手鏡(も)
・明太子マヨ(ニーコ)
・「うちのボスから『施しだ!』と言ってました」(も)と、おもちゃのジャックナイフとティアラの形をした指輪。
・本命ごっきゅん「われものだから注意して」と生卵。王子→玉子?
・「あの人の考えていることは、常人の3歩先くらいいってる」(も)
・『困ってること』「券売機で、なるべく小銭のおつりを少なくしたいのに、50円玉じゃなく10円で出てくること。50円切れを何とかしてほしい」(ふ)
・「猫と一緒に寝ていると抜け毛がひどい」(も)夏は毛を刈って、プードル状態?
・浅草で鳩に豆をあげようとしたら、手に取った瞬間全身に乗ってきて、一瞬でまいちゃった(も)
 かばんにはフン(苦笑)
・リボ柳「ヴァリアーで かわいいやつは 2人だけ」
 ベルとマーモン?レヴィーとルッスーリアかも?
・突然飛び出す難語?に「こっち(ヴァリアー)の守護者は頭がいい」(も)
・最優秀は「キュン×3 キュン×4 キュンキュキュン」(←ゴーラモスカ?)
 微妙にリズムが違う。
・次回は「けんか」
・「鼻血出し(お) 切り傷擦り傷(ふ) あ~どくどくだ(も)」
・今回のもっちゃんは場外ホームラン?
・ベルにつなげたところがすごい

・・・と、こんなところでしょうか?

のせさんも27日で舞台終わったことだし(お疲れ様でした!)、リボラジ復帰も楽しみです。
あ、もちろん、ふっきゅんもいいけどね^^。
スポンサーサイト

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

WJ22・23号感想
時間ないので、簡単感想。

『NARUTO』

イタチがうちは一族皆殺しにしたのは、木の葉からの任務だったなんて。
その事実をサスケには知らせず、反対にうちはの裏切り者とサスケに思わせていたのは、サスケを守るため?
う~ん・・・。

前回も同じようなこと書いたけど、どんな事情があったにせよ、イタチを恨むことでここまで来たサスケには、あまりにも辛い事実ですよね。

それに、そんな任務をイタチに遂行させて、唯一の生き残りであるサスケを里として見守っていた、という雰囲気が今まで全然見られなかったのも不自然。
ナルトは里の大部分の人間にはやっかい者扱いされながらも、三代目やイルカ先生なんかはちゃんと見守っていたじゃないですか。
それとも、サスケは木の葉の里としては、本当は生きていてはいけない人間だったのか?

三代目とかが悪者に見えてきちゃう・・・
その贖罪として、アスマが殺される設定にしたのかと思っちゃうよ。

今の話だと、結局木の葉(ナルトの九尾?)対うちはの内輪の話で終わっちゃいそうで、イタチ以外の暁はどうなってるんですか~?な感じです。

『BLEACH』

前回の白哉に引き続き、今回は子供時代の修兵登場。
過去編になってから、話の展開が早くて面白いです。

『REBORN!』

瓜!がかわいい!
「タッタカ」って走る音がかわいい!
殴りとばされちゃったけど(笑)。

また、覚悟を決めた了平はごっきゅんのこと「獄寺」って呼んでいました。
10年後の了平はいつもそうだっけ?と思いながら、先週号を見たら、「タコヘッド」って呼んでいたから、ここはお前に託す!っていう了平の気持ちがこの「獄寺」に現れているんだと思います。

了平、強いんだろうけれど、やっぱりリングがあるとないとでは大違いなのかな?
ならば、雲雀はどうなんだろう?

ごっきゅんの顔つきが、今回はいつもと違った気がするんですが、少し絵が変わった?

GWはジャンプ、ないんですね。
その分、4日のリボーンコンサートで発散させよう。

***

追加で、アニリボもちょこっと感想。

作画の不安があったんですが、今回は及第点かな。

獄寺とタッグを組もうと、気軽な感じでごっきゅんに話かける山本を頑なに拒むごっきゅん。
ううう・・・。
どうして、そこまで拒否るかね・・・と思うほど、山本に同情したくなるんですが。

ごっきゅんは10年後にはツナが死んでしまったことを知ってしまったわけで・・・。
で、ツナを死なせてしまった(多分)右腕である10年後の自分にももちろん腹を立てているんだろうけれど、実際に出会った10年後の山本にも、腹を立てているんでしょうね。
だから余計、マフィアごっことしか考えていなさそうな14山本にあんな態度を取るのかな・・・と思ってみたり。

次はいよいよ拷問シーン!?
γ@和彦さんのSっぷりが楽しみでしょうがない(←獄スキーとは思えない言葉・苦笑)。


テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

SPLAYライブレポ
前の記事に、当日のセットリストの写メは載せたのですが、補足で簡単なライブレポを。

今回も前から4番目くらいのセンター位置をゲット。
キャパ200人くらいのライブハウスでしょうか?
前の方はけっこうキチキチでした。

今回、企画?として事前にアコースティックでやってほしい曲のファン投票があったのですが、ベスト3に選ばれたのが

『Echo again』 (3位)
『冬の空』     (2位)
『Drawing days』(1位)

でした。

この曲のときは、メンバー全員椅子に座って・・・だったので「後ろの人は見えなくなっちゃうな・・・」とメンバーの人が言ったら、前の方のお客さんが自主的にしゃがんでくれて、後ろの人にも見えるようになりました。
すごい!
でも、体育座り(笑)する余裕もないほど、自分のまわりにスペースがなかったので、3曲分しゃがんだあとは足がしびれるほどパンパンでした。

ライブの最後の方では、感激屋のベース、俊介サンが涙を見せてしまったり。

アンコールの後に、前回のライブ後にアメリカツアーに旅立ったゲイ?のベンジャミンさん(向井さんが銀髪のカツラをかぶって再登場するのです^^)がアメリカツアーを終えて戻ってきて、1曲披露してくれました。
曲はオリジナルラヴの『接吻』。
うわ~、なつかしい!
かなり昔のドラマ主題歌だったよなあ・・・(前回は堺正章さんの『さらば恋人』でした)。

で、本来ならここでライブは終了だったのですが、向井さんが「物足りないなあ」と言って、今度はいつものバージョンで『Drawing days』を歌ってくれました。
も~う、満足^^。
みんなノリノリ。

前回もそうだったのですが、今回もメンバーとお客さんとの写真撮影があって、なんと、ドラムの道本卓行サンが隣(と言ってもちょっと前気味)に来てくれました!
アンケートを回答してくれた人にはこの写真がWEBからダウンロードできるということで・・・
絶対ゲットしますよ!

今回入場するときにも、前回のライブで取った写真をプレゼントしてくれたのですが、小さいながらちゃんと写っていました(精一杯背伸びして・笑)。

7月6日に、次のワンマンライブがあるということで、早速チケットを買ってしまいました。
下北沢だ、ちょっと遠い、でも・・・行きます!
今回は番号が一桁台だったので、もしかしたら最前列!?

ライブ後は、前回に引き継いで、サインを希望する人には1人1人丁寧にサインしてくれて、話をしてくれて、みんな握手をしてくれて・・・
みんな、ホントにファン思いだなぁ・・・(感動)。

思わずゆっくりしてしまい、あやうく2日続けて午前様になるところでした(娘もいるのにね・苦笑)。
バスはもうないしさ。

*****

昨日の余韻をひきずりながら、SPLAYのメンバーブログをのぞいたら、打ち上げで雲雀役の近藤隆さんと飲んでいる写真がアップされていて、
「き、昨日来てたのかっ!?」
と、サイトを探したら、近藤さんのブログに、「招待されて、途中からだったけれど、ライブ聴きに行きました」の記事が。
全然気づかなかった・・・。
後ろの方にいらしたんでしょうか?
まあ、「SPLAYの曲はいい」と言ってらした近藤さんなので、ライブに来られることもあるんだろうな・・・とは思っていたんですけれどね。

リボーンのOP、EDでしかSPLAYの曲を知らない方、いい曲がいっぱいありますので、ぜひ他の曲も聴いてみてくださいね~。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

はしか!
娘の通う高校で、はしか患者が数名出てしまったので、GW明けまで学校閉鎖になってしまいました。
潜伏期間が1週間くらいあるから、様子見なのかな?

うちの子の学年には、今のところ発症者はいないようなのですが・・・。

なので、昼間1人でゆっくりパソコンと向かう時間がないので、お礼絵は連休明けになりそうです。
ゆっくりパソ使えるの、日付が変わってからなんだもの・・・。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ライブ終了!
20080427221149
SPLAYのライブに行ってきました。

3ヶ月連続のワンマンライブの最後とあって、メンバーもリキ入ってたし、お客さんもノッてました。

いいライブでした!
久々の飲み会
息子の小6の時の担任の先生が、この4月から異動になったので、送別会という名の飲み会でした。

バス停4つ分くらいの距離の所で、18-22時予定だったので、ダンナにも「今回はそんなに帰り遅くなんないよ~」と言って出かけたのに、結局二次会のカラオケにも行ってしまったので、午前様に。
ま、こちらは歩いて5分の距離なので^^。

たまにはいいよね~、と思いつつ、今日(27日)も夜にSPLAYのライブに出かけるので、ちょっと後ろめたさがあったりします。

しかし、普段は家でほとんどお酒を飲まないので、生ビール2杯で(寝不足もあって)眠くていい気持ち~・・・になったのに、しばらくするとすっかりさめてしまって別の酒もイケる自分の体質が怖いです(苦笑)。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

70,000打ありがとうございます
書いた記事が消えた・・・。
仕切り直して・・・

カウンタが7万超えていました。
このブログを訪問してくださった皆さん、本当にありがとうございます。
お礼絵でも・・・と思ったのですが、週末にかかってしまって、ゆっくり絵を描く余裕がないので、月曜あたりに描けたら・・・と思っています。
何かリクエストがあればどうぞ。
うまく描ける自信はありませんが(苦笑)。
そういや、もうすぐGWだ。

うちは日常・漫画・アニメ・読書日記・舞台感想などいろいろ扱うよろずブログなのですが、時々、このままのスタンスで書き続けていいのかな・・・と思うことがあります。

現在は一番はまっているリボーンの話題が多いのですが、リボーンについては、別にサイトを持っているので、そちらのブログに記事を移したほうがいいのかな、とか。
でも、このブログを通してお知り合いなったリボ好きさんが最近増えているので、やっぱりこちらに記事を書きたい。

最初にはまったナルトや、次にはまったブリーチも、今はちょっと離れ気味かな?なところもあるのですが(苦笑)、その関係でお知り合いになった方も多いので、こちらも続けたい。

本も・・・なんて考えると、やっぱりこのままのごちゃ混ぜなブログていいか、ってことに落ち着いてしまいます。
こちらを訪問される方によっては、お目当て以外の記事も多いかと思いますが、そんな場合はその記事はスルーでお願いします。

でも、最近ちょっと残念なことも。
このブログを通じてお知り合いになった方で、ブログを閉鎖されたり閉鎖予定の方がいらっしゃることです。
お仕事が忙しかったり、いろいろな事情もおありでしょうが、やっぱり残念ですね。
ブログをやめられても、何かつながりが持てたら・・・なんて考えたりもしています。

それでは、これからもよろしくお願いします(←手紙の文章か?)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

『HAKANA』観てきました
藤本美貴、大口兼吾主演の舞台を観てきました。

あらすじは・・


天涯孤独の流れ者、博打打ちの鈴次郎(大口兼吾)は、手癖は悪いし意地も汚い人間のクズだが、ツキの神様・賽子姫(ホリ・ヒロシ操る人形)に気に入られているために、サイコロ勝負に負けたことがない。

ある日、掛ける金のなくなった鬼シゲ(住谷正樹)との勝負にも勝った鈴次郎は、金の代わりに美しい女を手に入れる。
墓場の死体を集めてこしらえ、死んだばかりの赤子の魂を入れて完成したその女の名前は―『儚(はかな)』(藤本美貴)。

しかし、儚が本当の人間になるためには、生まれてから100日間は抱いてはいけない。
もし、抱こうものなら、水になって流れてしまうのだ。

心は子供でも体は大人の儚に対し、自分の欲望を抑えて接する鈴次郎。
鈴次郎になつき、一緒にいることで、言葉遣いや素行も悪くなっていく儚を見て、僧の妙海(松澤一之)は寺に儚を預け、教育することを提案し、それに反対する鈴次郎とサイコロ勝負に挑む。
しかし、勝負に負けたことのなかった鈴次郎に賽子姫の鈴の音は聞こえなかった。

それからというもの、鈴次郎は博打に負け続けるのだった・・・



今までは勝負のことしか頭になかった鈴次郎が儚という存在を手に入れた。
それによって、賽子姫が嫉妬してしまうわけですよね。
神様が嫉妬・・・人間くさくてそれもいい^^。

賽子姫を人形にすることによって、人間とは違う存在なんだ・・・ということがはっきりわかってよかったです。
とても幻想的。
人形の所作がきれい。

鈴次郎や妙海、その恋人の三木松(男です!)らのおかげで、どんどん女らしく、人間らしくなり、早く100日がたって、本当の人間になりたい、と願い儚が切ないです。

ラストは、なんとな~く、こういう結末になるのかな・・・という想像範囲内ではあるのですが、今まで誰も信じることのなかった鈴次郎の儚に対する想い・行動も切ないなあ・・・。

この作品は、以前にも上演されたことがあるのですが、今回はじめて浄瑠璃の要素?(謡と三味線)が入っていて、それがまた、この舞台を引き締めています。
切なさがより増すというか。

100日間は儚を抱けないため、自分の欲望を処理するために遊郭に行く鈴次郎・・・とか、儚を抱こうとする男達・・・だとかのシーンも多いし、ひょっとしてこれは放送禁止用語!?みたいな言葉もポンポン出てくるので、お子様には向かないお話だとは思いますが、美貴ちゃんもがんばって、そんな言葉を発しているし、かなり過激な演技もしています。

大口兼吾さんはブリミュの落ち着いた藍染とは180度変わって、気性の激しい荒い男を演じ切っていました。
セリフの言い回しは伊阪一護みたいだったな(『熱い』という意味で・笑)。

ホモの坊さん役松澤さんはテレビ等で見かける雰囲気そのままでしたが、やはり芸達者。

鬼しげ役のHGならぬ住谷さんがしっかり鬼を演じてして、ちょっと驚き。
ガタイがいいので、鬼役にはぴったりだったかも。

『NEO時代劇』と銘打っているだけあって、歌にもカルメンが出てきたり、菩薩ショー・・・だったかな?
住谷さんとRGならぬ出渕誠さん(もうお一方いたのですが・・・)とでお笑いっぽいネタをやってみたり、またまたプロレス技が出たり・・・と、いつもの明治座時代劇のつもりで見にこられた年配の方が、これを見てどう思ったのかが、心配です(苦笑)。

脚本・演出もとてもよかったし、私にとっては、満足のいく舞台でしたが。


・・・実はこの舞台、他のイベントが立て込み過ぎで、それほど行く気はなかったのですが、e/+の得/チケというもので、チケット料金が半額になっていたので、えいっ!と観に行ってしまったのです。

興味を持たれた方、27日までですので、いかかでしょう?


テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

ウルトラマン大集合(笑)
朝の情報番組で、ウルトラマン映画の最新作の話題をやっていて、この映画では歴代ウルトラマンが大集合するんだとか。

そのときのコメントで、どのウルトラマンを見ていたかで世代がわかる・・・みたいなことを言っていましたが

どうせ私は初代ウルトラマンとウルトラセブンを見ていた世代ですよ・・・

さらに言えば、その前の『ウルトラQ』も見ていたと思う。

息子がティガ好きだったので、ティガの映画は映画館で観ましたが・・・

つるの好きの娘が「この映画、観に行きたい」と言ってます。
マジでか?

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

山本ハピバ!
日付が変わったので・・・

山本、誕生日おめでとう!

とだけ叫んでおきます(笑)。
↓の絵はサイトの使いまわし(苦笑)。

yama-20080421.jpg


実は、4月24日というのは、亡くなった母の誕生日でもあるので、それからちょっと思いついたSSと、それとは別に、漫画にいいんじゃないか?というネタが頭の中にはあるんですが、それを文字や絵にして今日中に書き起こすのはなあ・・・無理そう。
時期はずれちゃうけど、漫画の方は山獄オンリー用に描いてみようか・・・な。

SSの方なら書けそうなんですが、すごい捏造ネタになりそうなので・・・。

山獄スキーさんなら、『プレゼントはごっきゅん』的な話を考えるんだろうな・・・(笑)。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

今日のテレビ
『ネプリーグ』に亀治郎さんが出演していました。

『風林火山』の堅いイメージとは違って、ずいぶん気さくで軽い(すみませんっ!)雰囲気でした。
この番組見た後で、舞台を観たら、また違った見かたができたかも・・・なんて思ってしまいました。
ああでも、他にも、普段は思いっきりフリーダムな方も舞台でシリアスな演技をしてらしたものね^^。

スマスマは、前半は明日の書道のお稽古のために、清書を書いていて、見れなかったのですが、終わりの方で、バービーボーイズと久保田利伸さんが歌ってくれて、サイコーでした!

80年代の歌って、私にはドンピシャな世代なんだよねぇぇ・・・。
バービーはクールでかっこいいし、ボーカル2人のハスキーな声が好きで好きで・・・。
私の「ハスキー好き」の走りかも知れない(笑)。
去年、ロックミュージカルで杏子サンの歌を聴きましたが、迫力ありましたもんね~。
ダンスも!

久保田さんは、私も『MISSING』が大好きなので、この曲が聴けてチョ~感激です!
封印した、って言ってたけど、いつだったか、『うたばん』で貴サンがリクエストして、アカペラでさわりを歌っていたと思う。

『LA・LA・LA LOVESONG』もね、ドラマ『ロングバケーション』がすっごい好きだったのでうれしかったです。

『ヨゾラノムコウ』もなんか、グレードアップしていたような・・・。

ああ、なんかまたCDが聴きたくなってきました。
今度のBGMは久保田にしよう^^。

テーマ:SMAP×SMAP - ジャンル:テレビ・ラジオ

TOP絵更新&リボ関係感想など
サイトのTOP絵を山本の誕生日仕様に変更しました。

いつもなら、前日や当日、やっつけで絵を描くことが多いのですが、あいにく火・水と出かけてしまうので、今回は余裕をもって描いてみました。

うん、これぐらいが私の限度だよ(泣)。
誕生日当日は、こっちのブログにもアップしようと思ってます。
同じのでいいかな(苦笑)。

アニリボは・・・
前の記事にも書いた通り、作画が微妙でした。
ホントに来週以降、作画でがっかりさせないでくれよ~!
何と言っても、急にリボ熱がヒートアップしたのがこのあたりだったもんで。

理論は理解できなくても、リングには簡単に炎をともせちゃう山本。
何にも考えないところ(笑)がいいのかしら。

ツナのリングには、なかなか炎がともらない。
ツナの覚悟。
かっこつけた大義名分なんかはいらない、「京子ちゃんを守りたい、みんなを守りたい」というシンプルな気持ち。
・・・そして、リングに火がともる。

みんなでカレーを食べるシーン、ごっきゅんは右でスプーンを持ってたな(原作もだけど)。
以前、字を書くシーンでは左で書いてたのに。
ホントはどっちだ!?(両刀使い←違います)

ちなみに私は、字は子供のころ、右に直されたのですが、おはしは左、絵を描くのも左、でもなぜか、包丁使ったりとかボール投げたりとかは元々右なんです。
変なの(笑)。

非情なγ@和彦さんにしびれるわ~。


今日発売(ですよね?)のVJに、10年後山本・獄寺・了平・雲雀のアニメイラストが載ってました!
原作の10年後雲雀サンは、(私的には)女っぷりがあがっちゃった!?な髪型だったんですが、アニメ版はしっかり大人の男、って感じです。


WJ21号。
敵である了平とごっきゅんに秘密基地の構造をご丁寧に教えてくれちゃうγ兄貴。
そういや、以前は雲雀がγに、山&獄が10年後から来たってわざわざ教えたんだっけ(笑)。

借りを返したいごっきゅんを縄でしばって、γと戦う了平。
・・・でも、γのエレクトリック・タワーにやられた!?
縛られてるごっきゅんは手助けできるのか?
それとも、新たな味方が来る?

探し物をするスパナの隙をついて、逃げ出そうとするツナだが、スパナに感付かれてしまう。
しかし、「ハイパーモードになってよ」と言うスパナ。
スパナはツナがハイパーモードになっても、強いミルフィオーレから逃げ出せるとは思っていない。

で、ここに、リボーン登場!
一体どこから入って来たんでしょう?
そして、スパナのことも知っていた様子だし。

次回は楽しみ~!
でも、合併号か・・・。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

『JOY』を求めて
なぜか、娘が『羞恥心』のつるのさんが好きでして・・・

CD発売後にカラオケに入るから、カラオケ行きたい!とうるさかったので、ダンナは休出、息子はサッカーの試合で不在・・・な時を狙って?近所のカラオケ店まで行ってきました。

そこは、カラオケの種類が4種類あったのですが、どの機種にどの曲が入っているのかわからないので、とりあえず「曲数が多いのを・・・」と言って入った部屋には『羞恥心』はあったけど、『俺達のJOY!』がなかった!

『Sakura addiction』は歌ったものの、なんか不完全燃焼だったアホ親子(笑)は、とりあえず会計を済ませて、「アニメの曲が多いのはどれですか?」と尋ねて、その部屋で1時間歌いました。
はっきり言って、『JOY』のためだけに、その部屋に移ったようなもんだ(苦笑)。

『JOY』を2人になりきって大声で歌うと、けっこうストレス解消になります(のどは痛めそうだが・苦笑)。

でも、このカラオケ店、子供の同級生のお母さんが働いてたりするから、危ない危ない。

今週のアニリボ。
作画が微妙だった。
来週は山獄決裂!?なシビアな回なのに、この作画だったら泣いちゃうよ~!
ぜひともかっこよく決めていただきたいッス。


追記

まだリボラジは聴いてないのですが・・・
今ちょこっとリボーンブログを見にいったら、次は太猿サンからガンマ兄貴にバトンが回ってるじゃないですか!
和彦さん、何て書いてくれるのか楽しみ~^^。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

『銀幕版 スシ王子!』
全く観る予定のなかった映画なのですが・・・

前日に、学校に行っている娘から、
『KAT-TUNの中丸が舞台挨拶やるみたいだから、チケット取って!』
のメールが入り・・・
なんとかぴあでチケットが取れたので、ワーナーマイカルみなとみらいまで観に行ってきました。

正直、テレビのドラマも見ていなくて、ほとんど予備知識のない状態で観たのですが、なかなかおもしろかったですよ。
映画だけ見ても十分楽しめると思います。

ストーリーを一言で言ってしまえば、シャリの達人を求めてアメリカに修行に来た堂本光一演じる米寿司(まいずつかさ)の修行&武術アクションそして、NYのスシ屋を牛耳るミスター・リンとのスシ対決・・・といったところかな。

ありえねえ~!な演出も笑って見れちゃいます^^。
テンポもいいしね^^。

小さい頃のトラウマで、スシ職人のくせに魚の目が苦手(魚の目症候群?)とか、キスがダメ・・・とかの設定もおもしろいです。

映画終了後、中丸君の初日舞台挨拶がありました。
ちょっと遠かったので、顔ははっきりとは見えなかったんですが、声はちゃんと聞けたんで。
撮影の裏話・・・的な話もちょこっとしてくれました。
で、光一君はビデオメッセージで登場。
司会の方がこの映画館だけ、と言っていたようなんですが、そうなんでしょうか?

帰りは、きれいなみなとみらいのイルミネーションを見つつ、家路へと着きました。

・・・と、往きに観覧車の横に虹らしきものが見えたので、携帯で撮影してみたのですが、わかるかな・・・?

niji.jpg



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

観てきました
金曜日に*pnish*プロデュース『リバースヒストリカ』を観に行ってきました。
おもしろかった!

pnish.jpg


ストーリーは・・・


『本能寺の変』をモチーフに自主映画を作ろうと、監督の中島(森山栄治)・脚本の松浦(佐野大樹)を中心に、役者達がとある神社に集まった。
この映画に進退をかける中島は、強引にも人気俳優である弟の朋希(齋藤ヤスカ)を出演させることを決める。
さらに祈祷師を呼んで映画の成功を祈願しようとする力の入れようだったが、呼ばれたのは祈祷師ではなく霊媒師(成清正紀)だった。
それを知った一同は、興味本意で明智光秀の霊を現代に蘇らせてしまう。
驚く一同をしり目に、容赦なく襲いかかる光秀!
戦国武将には戦国武将で対抗するしかないという安易な発想で次々を武将を降臨させるが、事態は当たり前のごとく最悪に。

そんな中、『本能寺の変』に隠された真実が明かされていく・・・(プログラムより)
  


・・・なんか、これだけ読むと、お堅い感じがするかもしれませんが・・・
笑えるんです!

中島が自分に霊を降ろしてもらおうとするんですが、彼には全く霊感がないので、周りの人間に霊が降りてしまう。

光秀を抑えるために、敵対する織田信長を降臨させるも味方になってくれず、次は豊臣秀吉→柴田勝家・森蘭丸→石田三成(この順番で合ってるはず・・・)と次々に戦国武将が現れるのが楽しいです。

「ブサイク」とみんな?に言われている幸田(原将明)に蘭丸が降臨して、自分の顔を鏡で見て絶望してしまったり(笑)。

つい最近、『風林火山』を観たので、何だか時代劇づいてるのかな・・・なんて思ってみたり。

舞台を囲むように円形に客席があるので、客席の通路を使って、俳優さんが芝居をする演出もいいですね。

最後に、今日の挨拶、ということで、出演者の1人が挨拶するようなのですが、今日は加藤学さんでした。
もう1回観たい!と思わせる楽しい舞台でした。

来週は*pnish*の残りノメンバー、鷲尾昇、土屋裕一さん出演の『その鉄塔に男たちはいるという』を観に行く予定です^^。

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

リボラジ#31
「炎をイメージしろ、獄寺」
「あぁ?」
「死ぬ気を炎にするイメージ、覚悟を炎に変えるイメージだ」
「お前に言われたかねーんだよ。俺はいつだってギンギンに覚悟はできてんだ。」
「・・・だって、オレ王子だもん」


・・・ということで、ふっきゅん、もっきゅんの掛け合い?で始まった今週のリボラジ。

おみやげはおかみさんの買ってきたジェリービーンズ。
変わったところで、白いのがあったのですが

(藤)「ミルキーな感じ」
(おかみ)「白いの、バターポップコーン」
(おかみ)「ごっきゅんがいなくてかわいそうなんだけど、イチゴも買ってきた」
「全部俺が食ってやろ~!」
って言ってたのは(山)?

今回のアフレコは標的77「覚悟の炎」でした。

ここで(藤)がかんだら「シーシシシ」、(おかみ)は「チャック」に(笑)。

10年後の世界で、みんなが元の姿に戻ってピンチ。
(山)「山本のせいじゃない」

ハルとランボをかばった山本を
「かっこいいじゃん」と言った(藤)ですが、
「獄寺とツナがボックスに炎をともして勝利」と言っているのに、
「次どうなった?」と聞く(藤)に「いいかげん」(山)発言。

花粉症のおかみさんはちょっとテンション下がり気味?
後の2人は大丈夫なようで。

リスナーからの質問。
(卒業)式のときに、前の人に虫がついてたらどうする?
(藤)「自分が粗相したときに、すぐ教えてほしいタイプだから、人にもすぐ教える」
(おかみ)「様子をみる」
(山)「言わずにとっちゃう(気づかれないように)」

他には、家庭内でかんだときに、「ボブ」と「ライラライ」と言うのが広まっているとのメール。

リボ柳、お題は『10年後』。

ここで、(確か)おかみさんが(山)のことを
「前はごっきゅんに振り回されて、ずたずたにされてた感じだけど、最近はフォローしてくれる、しっかりしてくれてる」
とほめて?くれたのに、対し、
(山)「裏の話は恥ずかしい!やめてくれ~!」
と叫ぶ(笑)。

リボ柳最優秀賞は『獄寺君 身長伸びて よかったね』でした。
中2段階では身長詐称疑惑があるもんな(笑)。

次のお題は『王子』。
3人で作ったのは・・・
(おかみ)「白タイツ」
(藤)「うしししししし」
(山)「洗濯仕上げは柔軟剤」
と、またまたグダグダに。
最後が7・5?になってしまったので、(藤)の後の5文字を考えて~!という話になりました。

そして告知。WJ40周年の記念で、歴代キャラのストラップ付きぬいぐるみが出ます。
リボーンからは秋に第1弾はリボーン、2弾はランボが。
山とか獄とかほしいけど、ごっきゅんはうちにある日番谷みたいに眉間にシワ・・・になりそうでこわい。
うちではこのひっつん、「小さいけど、かわいくない」と言われているから(苦笑)。

(山)「今回は泥仕合だね。かむわ、グダグダだわ、川柳できねえわ。
     ふっきゅんは3回目だけど、どう?」
(藤)「自分的には1番の出来」
(山)「君とは意見が合わないな」

・・・と言うことで、今週もおしまいです!

ちょっと考えたんですが・・・
アフレコって、どのくらい前倒しでとってるんだろう?
ぜひとも、γVS山獄の回は、のせさんの話を聞きたいんですよね~!
できたら、和彦さんがゲスト出演してくれたら、もっとうれしいけど、大物過ぎて、2人がびびっちゃうか(苦笑)。
『風林火山』、27日の千秋楽までがんばってくださいね~!
(もう1回観たいけど、予算的・スケジュール的無理だ・・・)

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

TOP絵更新
サイトのTOP絵を変えました。
この前のは、桜が終わらないうち・・・とやっつけで描いた(おまけに、バックは写真)ものだったので。

しかし、いつまでたっても、絵も色塗りも上達しないな。
ま、描き続けていないことが一番の原因ですが。

goku-20080417.jpg


構図は娘の持っていた、アイドルのカレンダーから拝借しました。
ジャ○ーズのスクールカレンダーって、写真集みたいで、けっこうかっこいいんです。
絵を描くときに、お世話になる確率高そうだ。


そういえば先日、Aqua Timez のライブに行く前に、渋谷のま○だらけに久しぶりに行ったのですが、ジャ○ーズの生写真だとか団扇だとかがいっぱいあってびっくりしました。
前はそんなにあったっけ?
今では、アイドルもヲタク文化に引き込まれているんだろうか?

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

サイト更新!
ひっさびさにSSアップしました。
バレンタイン以来って、どういうこと・・・。

昨日、『絶対彼氏』というドラマを見て思いついた人形ネタです。
例のごとく、バババッと書いたので、かなりいい加減ですが、忘れない内に形にしておこう、と。

私が話を考えるときは、会話中心になってしまうので、ホントなら漫画で描きたいところなんですが、さらっと絵にできるだけの画力がありません。
とりあえず、フレッシュな内に文章にしてしまって、描けたら後で漫画に・・・というスタンスになってしまうのかな、私は。

自分の絵じゃ納得いくものができないので、誰か絵を描いてくれないかな・・・なんて思ったりもしてしまう、ダメ管理人です(苦笑)。

よろしかったら、プロフィールのリンクから飛んでくださいませ^^。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

WOWOW連続ドラマ『パンドラ』
4月からのアニメの新番組はそろったようですが、連続ドラマが本格的にスタートするのは今週~来週でしょうか。
特別番組ばっか流れる期間が長いよ・・・。

そんな中、私が今気にいって見ているのが、WOWOWの連続ドラマ、『パンドラ』です。
今まで単発モノはあったけれど、WOWOWでは初めての連続ドラマ?
最近はアニメもドラマも漫画が原作・・・なんてものが多い中、井上由美子さんのオリジナル脚本&豪華キャストで見ごたえアリです。
医療サスペンスものなのですが、ストーリーは


鈴木(三上博史)は大学病院で、たった1人で18年間もがんの特効薬の研究を続けている変わり者だった。
しかし、ついに鈴木は人工的ながん幹細胞の完全消滅に成功する。
しかし、全てのがんに効く特効薬などありえない・・・と、同僚の小夜子(小西真奈美)は相手にせず、上司の大田黒(國村隼)も人体への治験を認めようとしない。

一方、警視庁捜査一課の的場(柳葉敏郎)は殺人事件の捜査で、援助交際の常連らしい少女・愛美(谷村美月)と遭遇するが逃げられてしまう。
どうやら美月は被害者と関係があったらしい。

逃げた美月は、病院の駐車場の鈴木の車に勝手に入り込んでいた。
愛美ががんの末期であることを知った鈴木は、秘密裏に治験を行えないかと考え始める。

小夜子の協力により、別の病院で抗がん剤の治験に成功した鈴木。
「治験に成功した」という鈴木の言葉に驚き、治験データを盗み見た大田黒は、鈴木の発見が本物だったことに気づく。

大学病院で鈴木の治験を続けようと誘う大田黒に、鈴木は「自分はがん患者を助けたいだけ。地位も名誉もいらない。アメリカで単独で特許をとる」と断る。
とっさに自らを傷つけ、「鈴木にやられた」と言う大田黒。
鈴木は警察送りになる。

しかし、鈴木が美月の居場所の手がかりを持っている、と直感した的場は、独断で鈴木を釈放してしまう。
美月の元へと急ぐ鈴木。
しかし、病室のベッドには、美月の姿はなかった・・・。


・・・というのが2話までの大体のあらすじです。

名前を出したキャストの他に、新聞記者で小夜子の恋人役に山本耕史、鈴木が治験を行った病院の理事長に平田満、厚生労働大臣に小野武彦等々・・・、みんな腹に一物持っているような人物ばかりです。

鈴木はがんを撲滅したい一心の純粋な人間なんですが(それが行き過ぎて、変わり者でもある)、彼の発見によって、それを利用しようとする人間の駆け引きや、さらに殺人事件も絡んでいるので、一体この先どうなるんだろう・・・と興味は尽きません。

全てのがんに効く特効薬は患者にとっては福音になるけれども、医療に関わる人々、ひいては世界経済に及ぼす影響は想像もつかない・・・。
鈴木の発見がパンドラの箱なんですね。

鈴木役の三上さん、昔っから好きだったんだけど(ちょっと狂気の入った役とか^^)、年とったな~、とか思ってしまいました。
ギバちゃんも白髪が目立つように・・・。

しかし、自分もこの人達と同年代なんだな(苦笑)。

WOWOWは民放と違って、CMが入らないので、1時間ぶっ通しでテレビに張り付いてないといけないのはちょっと辛いんですが(笑)、とても面白いので、ラストまでしっかり見続けようと思っています。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

5980!
今夜のスマスマをご覧になったリボ好き腐女子の皆様、お気づきになりました?
ハンドボール対決に出演していた東/国/原知事の背番号(で、いいのかな?)・・・

『5980』でした!

えっ、なんで?と思ったのですが、「こ・く・ば・る」なんですね。
納得。
なんだか、ホントにその数字なのか、背番号ばかり気になっちゃいました(笑)。
しかし、宮崎大輔さん、なかなか男前ですね^^。

27時間テレビの時の5927Tシャツといい、フジにはリボ好きさんがいるとしか思えない。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

WJ20号感想
『アイシールド21』

クライマックス(ですよね?)に向けて、オールスター大集合。
新キャラもイケメンですし、この先、泥門がどう戦っていくか楽しみです。


『NARUTO』

イタチは弟思いのいい人だったことが判明。

以前の記事で、
『イタチは本気でサスケの目を狙っていたと思っていいんだよね?子供のころのように、額を小突いたのも偶然』
と書いていたのですが、本気で目を狙っていたわけでもなく、額を小突いたのも意味があったわけです。

ん~っ、イタチが悪者ではなかったことはよかったと思う反面、サスケに自分を殺そうと思わせるほどの復讐心を植えつけたことは、果たしてよかったのか、と思ってしまうんですね。

イタチを憎んで、憎んで、その憎しみを糧に今まで生きてきたようなサスケが、「実はイタチはサスケを守っていた」なんて真実を聞かされたら、彼の精神はどうなってしまうのだろう?・・・と。

今までイタチに向いていた負の気持ちが、今度は(兄の真実に気づかなかった)自分を責める方向に行ってしまうのではないか。
それはすごく残酷な気がするのです。
なんで、ここまでサスケに枷を負わせるのだろう、と。

イタチは、何故サスケに対し、そういう遠ざけ方をしたのか。
忍の世のため、木の葉のため、うちはの生き残りとして、何故サスケが選ばれたのか。
サスケ1人でなければならない理由があるのか。
そこのところをしっかり描いてほしいです。
次週はお休みですし。


『銀魂』

どっちも好きだけど・・・私は犬派です。
御主人様に対する忠誠心、無償の愛?(10代目に対する獄寺クンのように・笑)
扉絵がかわいいですね!

とにかく今週は肉球好きの桂で決まり!
肉球のことを考えると、赤くなっちゃうほどの肉球好き。
「小っちゃいリーダー」発言が好きだ。
人形のスザンヌ(ネーミングもすごい)と挨拶する桂。
アニメの桂裏声が楽しみですよ~(やるのか!?)
次回は人情話になって終わるのかな?


『BLEACH』

過去話になって、ひっつん全く出てこなくなっちゃったのですが、そんな不満もなんのその・・・な意外な真実がポロポロ出てきて、おもしろいです。

牢につながれていたのはマユリ。
で、そんなマユリが現在の時間軸では隊長になっちゃってるんですものね。
どうやって現在に連なっているのか、物語のこれからの展開が楽しみです。

しかし、権威を守るためには、くさいものにはフタ・・・式の考えはどこにでもあるんだな~。


『REBORN!』

ごっきゅんとγ兄貴の再会シーンについては、もう叫んでしまったので(笑)。

スパナの
「モニターごしの殺しは平気だけど、生は嫌だっていうアレだよ」
って言うセリフは、ロボットもアニメはどうも・・・やっぱりバトルは生身だよ!な私にはこずるく思われますが(苦笑)、うん、ホントは殺人はダメだよね。

スパナも一目置く正ちゃんの頭脳。
ナルトで言うと、シカマルみたいな、何種類も打つ手を考えているコンピューターみたいな頭脳の持ち主なのかな。
基地の中がボックス化していて、パズルのように自由に動かせるというのはすごい。

それによって、離れ離れになっちゃう山本と獄寺。
了平と違って、とっさに
「つかまれ、山本!」
と手を出したごっきゅんに山本への愛を感じましたわ^^。
落ちていく山本の表情は「しゃ~ないな」というあきらめか、「わりぃ、後は頼んだぜ」の表情か、どっち?

もうね、次週はγの声は井上ボイスで脳内変換して読みます!

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

Aqua Timez  ライブ
昨日は娘のリクエストでAqua Timezのライブに行ってきました。
UVERのNHKホールライブに行けなくて、しょんぼりしていたのですが、元気もらえたかも。

当日は、メンバーのギター担当、大ちゃんの誕生日ということで、入り口でこんなチラシをもらいました。
      ↓

aqua-0413.jpg


で、MCのメンバー紹介のときに、ハッピーバースディのキーボードの音楽が流れ、会場のみんなで歌ってお祝い。

娘がAqua好きで、アルバムも2枚あるのですが、事前にほとんど聴いていなかったという私(汗)。
でも、『決意の朝に』(ブレイブストーリー主題歌)とか『千の夜をこえて』『ALONES』(BLEACH主題歌)など、馴染みの曲も多いし、耳にしたことのある曲もあり、楽しめました。

ボーカルの太志さんは、詩集も出しているだけあって(?)、曲を紹介するときのMC(というのだろうか)もすごくメッセージ性のある語りをする方でした。
歌の歌詞も、そんな感じかな。
今まであんまり、深く考えていなかったんだけれど(汗)。
がんばれ!だけじゃなく、時には迷ったり立ち止まったりしてもいいんだ・・・とか、明るいところがあるから反対に暗い面もあるんだ・・・というのを歌で表現してくれているようです。
今度はちゃんと歌詞カードを見つつ、ゆっくり聴いてみようと思います。

アンコールで歌ってくれた、『ごくせん』の主題歌になる『虹』もいい曲でした。
ドラマで流れるのを楽しみにしていよう。

次のライブは・・・SPLAYだ。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

アニリボ&早ジャン
昨日は和彦さんのγ登場でテンションあがりっぱなしでしたが、その他の感想も少し。
ちなみに・・・和彦さん、ブログで「リボーンやります!」って表明していたんですね。
最近、ブログ、ご無沙汰していて知らなかった(パソコンイカれて、ブクマが消えてたので)。
今日確認しました。

・ツナを心配そうに見守るごっきゅん。
・ごっきゅんの髪の毛耳かけシーン。反対側で見えないじゃないか!
・「自分達の手でケリつけてオレ達の未来を変えようぜ」とカッコいいセリフを吐く山本に嫉妬?のごっきゅん。
・ごっきゅんをつぶして現れたジャンニーニ、やけに膨れてる!と思っていたのに、その後縮んだ?
・γ登場~!和彦さんの声がかっこよすぎだよ、カ○シ先生~!(違います・笑)。もう、山と獄との対決シーンが楽しみで楽しみで!
・ごっきゅんの「う”お”ぉい!」、これをやれるのせさんのうれしそうな顔が目に浮かぶ?(笑)

なぁんて浮かれて、今日早ジャンを読んだのですが・・・
(ネタばれにつき、続きへ)


■ 続きを読む。 ■

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

これから
20080412175031
Aqua Timez のライブです。
γ兄貴ィ!
20080412120754
噂どおり、声は井上/和彦さんでした。

今から獄寺君の拷問シーンが楽しみなヘンタイなんですけど、どうしましょう(笑)。
そろそろ・・・
今期アニメの第1回目は出揃った・・・って頃でしょうか。
基本、深夜アニメは録画して、日中見ることにしているのですが、色々用事に紛れて、なかなか見れなかったりします。

で、また録画したっきりで見れていない作品もあるのですが、見た中では・・・
『ソウルイーター』と、昨日見た『図書館戦争』がなかなかテンポよくて、楽しんで見れました。

今は、録画の技術があるので、見たいときに何回も同じ作品を見れるわけですが、私は基本、OVAや映画は別にして、毎週放送するアニメっていうのは、1回さらっと見ただけでも、内容が理解できるものじゃないといけないと思っているんです(わざと謎を残しておいて、後で種明かし・・・というストーリーでない限りにおいて)。

その点、『ソウル~』は、原作を読んでいないのですが、事前知識がなくても、アニメを1回通して見ただけで内容が理解できるところがよかった。
でも、主人公の女の子の声がなあ。
あんまりうまくないよう・・な。

『図書館戦争』は『LaLa』で連載している漫画は読みました。
こちらもストーリーがしっかりしていて楽しく見れたのですが、元々(小説)の設定がね。
本をめぐって、武装して闘争・・・って、本ごときでそこまでやるかい!?って思っちゃう現実派です(笑)。

『隠の王』、『あまつき』はアニメ化になるずっと前に、本屋でコミックスの表紙の絵を見て衝動買いした作品なんですが、こちらも楽しめそう。
『隠の王』は、なんで今頃になって、森羅万象を求めて、壬晴の周囲が騒がしくなったのかが疑問なんだけど。
その辺、コミックス、触れてあったかな?
あと、原作ってあんなに壬晴が小悪魔的?だったかな、とか(ちょっとBLっぽかったし)。
『あまつき』は好きな声優さんが出てるのもうれしいです。

『秘密』は、原作が好きなのですが、あの原作の良さが出ていない。
原作のクールビューティな薪さんの影も形もない!(泣)
ストーリーが全くダメ、ってことはなかったのですが、亡くなった人の脳の映像を見ることによって、秘密にしておきたい事実が暴かれてしまうし、脳の映像を見る側の心にもかなりの負荷がかかるのだ・・・ってところをしっかり描いて欲しいなあ。
個人的には死体など、グロいのに、清水玲子さんの絵だと、それを感じさせない・・・ってところがツボなんですがね。

後は・・・
『コードギアス』もこの後の展開が気になります。
え・・・と、勝手に『ロボット』というくくりにしてしまいますが、人間が操縦するロボット型兵器?で戦うアニメで、ちゃんと最後まで見れて、面白いと思ったのは、『コードギアス』だけなんですよ。

・・・と言うのも、私が(多分)小学校高学年の頃に『マジンガーZ』とかのロボット物がはやりだした頃に自分の趣味に合わなくなって、アニメを全く見なくなってしまったもんだから。
結婚して生まれた子供が『アンパンマン』や『ポケモン』を見出すまで、それは続きました。
高校時代に初代ガンダムの熱心なファンの友達はいたけどね(その子は後に、『OUT』という雑誌で、ガンダムの二次創作書いてました。当時の同人本も1冊持ってるよ^^。池田秀一さんのインタビューまで載ってたよ)。

『ガンダムOO』は高河ゆんさんの絵が好きなので、期待して見ていたのですが、いまいち乗り切れなかったし(最後のグラハムの登場なんかも唐突すぎたよ)。

私がメカ萌え、ロボット萌えしないからかも知れませんが、なぜ私がロボット物が苦手か・・・と考えてみると、総じてロボット物って、国を守るため・・・だとか、民族を守るため・・・だとかを大義名分にして戦争する話が多そうですよね。
ロボット対ロボット。
それにどんな人間が載っているのかも分からずに戦っている(ま、パイロット同士が対峙することもあるが)。
それが嫌なのか・・・な。

『コードギアス』は、ルルーシュに自分の母親を殺した皇帝に復讐する、という明確な意志があって、その実現のために、周りの人間を戦いに巻き込んでいるから、わかりやすいのかも知れない。

・・・な~んて、なんだか自分が何を言いたいのかよくわからなくなりました(苦笑)。



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

舞台『風林火山』観てきました
・・・もちろん、お目当ては市瀬さんだったわけですが(笑)。

時代劇で、間に休憩も入る長い芝居、途中で飽きちゃったらどうしよう(それも最前列)と思っていたのですが、それも杞憂に終わりました。
面白かったです!

大河ドラマでも武田信玄を演じていた市川亀治郎さんが晴信(のちの信玄)と山本勘助の二役を演じ、晴信の傳(もり)役・板垣信方をJJサニー千葉(元・千葉真一さん・笑)が演じていました。


武田家の嫡男として生まれながら、父に疎まれていた晴信の結婚から、その父を追放して国主となり、やがて信濃へ進出していく晴信の物語を軸に、戦国に生きた人々の姿を描く(チラシより)。

謀反を企んだ妹婿・諏訪頼重を切腹に追い込み、その娘・由布姫を側室に迎えいれようと考える晴信。
同じ日に、板垣の推挙で武田家に仕官することになった山本勘助は、晴信と由布姫、2人の間に生まれる子のために、命がけで尽くそうと決心する。

正妻の三条夫人、側室の由布姫がいながら、さらに於琴姫という新たな側室をひそかに迎える晴信に困惑する板垣。

晴信と敵対する北信濃の村上との戦いで、板垣を失った晴信。
そして、臣団の結束の重要性に気づく。

世継ぎを誰にするかと悩みつつ、晴信は次なる戦いへ・・・


・・・てな感じが舞台のあらすじでしょうか。


以下、感想です。
ちょっとねたばれもあり?なので、もしこれから舞台を観にいく予定のあるかたはご注意を。

全体的には・・・
ところどころに歌舞伎風の趣向が凝らしてあって、それも楽しい。
見得を切ったりとか。
花道があって、そこから登場したりとか。
亀治郎さんは最後に馬に乗って空中を飛んでくれます!

やはり、亀治郎さんと千葉さんの演技は迫力がありますね。
亀治郎さんの晴信から勘助に早替わりする趣向も楽しい。
勘助のイメージ(声の質感?)は大河の内野さんに近かったかも。

お堅い一方な話かと思いきや、家臣・駒井政武役の橋本じゅんさんが狂言回し?みたいな感じでコミカルに演じてくれるので、その場がなごみます。

ちょっと段差があるところを転げるシーンがあるのですが、何回も落ちているために、
「千秋楽まで尾てい骨が持ちません」
みたいなセリフで笑わせてくれます。
休憩後の頭で(休憩時間が20分しかないので)、お客さん戻ってくるのを待つためか、由布姫に子供が生まれたことを祝うために、客席も民となって、みんなで拍手・・・の音頭をとったりしていました。
拍手の〆は「いいとも!」のタモリさん風だし(笑)。

三条夫人のお付役(名前がわからないのです!)の方も面白かった!
女形をやる方!?
意地悪な雰囲気がよく出ていました(笑)。

で、目当てだった市瀬さん。
板垣の息子・板垣信里役で登場。
しょっぱなに出演者が(全員ではないと思いますが)、客席通路を通って舞台にあがったのですが、そのときに目の前を通りましたぁ!
ち、近い!!

一幕目は(多分)出番はなかったのですが、板垣が亡くなっって、葬儀の場面で登場。
時代劇のセリフ回しって、難しいと思うのですが、りりしく演じてました。
リボラジのフリーダム感とは大違い!(笑)

でも、市瀬さんは時代劇とか殺陣とかお好きらしいので、これからもそっち方面でも活躍してほしいですね。
実は剣を使う山本がうらやましいのかも(笑)。

最後に、チラシに載ってた市瀬さんと、おみやげに買った信玄餅の写真を載せときます!


itise-04-10.jpg


fuurin-04-10.jpg

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

リボラジ#30
今週もベル役藤原さんがヘルプ(笑)です。

しょっぱな
「お前たち、手を洗え。お菓子蒼燕流八の型、べっこうあめ!」
と叫んで、「段取りくさい」となじられる藤原さん。
愛称は『ふっきゅん』になったようです!?
で、すぐるさんが『もっきゅん』(笑)。

今日も差し入れがあり(鯛焼き)、リボラジ=お菓子の紹介の体を成し始めているような^^。

アフレコは標的76『守護者さがし』。
大人から14歳に戻ってしまったときの山本の「あのマヌケな顔」とか、大人ランボのダメッぷりとか話題に出ていましたが、考えてみれば、ランボは10年後でもまだ15歳、現在のツナたちと変わらないことを考えればしょうがない・・・ってことでした。
確かに。
「『篠突く雨』はすごくかっこよかった」とおかみさん。

ここでふっきゅんに「ゲストを呼んできてほしい」との指令が。
そして、アニメ監督の今泉さん、登場。

「山本クンがMCを立派にこなしてるのがおどろき」
みたいな話をする監督さん。
アフレコのときはちょっとオドオドしている・・・と言う監督さんに
「積み重ねがここまでにしました」ともっきゅん(もう、どの名前で呼んだらいいかわからん、統一性ねえ~!)。
のせさんいなくてのびのび!?

リスナーの学生さんからは『声優になりたい』という声が多いらしいのですが(うちの娘も高校に行きつつ、養成所通ってますよ~)、他にもアニメに関わる仕事は多々あります。

で、アニメ監督とはどういうことをするのか?
一言でいうと、『全ての関係者の意思の疎通をはかる』仕事だそうです。

声優さんはアフレコで演技、という面でしか関わっていないけれど、ラジオの裏ではセリフ・効果音・音響を合わせる『ダビング』の作業をやっているんだとか。

たとえば、BGMはヴァリアー編はクラシック系で重たい感じ。
逆に今は未来っぽいBGMに。

ふっきゅんは、ベル役が声優としては初めてくらい・・・の大きい役だったので、監督さんにいろいr聞きにいったそうです。

監督さんいわく、
「冷たい対応はしなかったと思う」
「聞いてくれることはウェルカム」

未来編のテーマは?という話題では・・・
・何もない裸の状態(知識がない?)なので、ヴァリアー編よりシビア
・どう活路を見出していくか
・これから仲間も増えてくる
(おおおっ、このあたりのメモの字がきたなくて読めない・苦笑)
・マイナス(絶望)からスタートしてるから、これから先は・・・

10年後のベルも出るし・・・と喜んでるふっきゅん。
「原作には出てるけど、アニメに出るとは限らない」
なんて言われてるし。


ここで、リボ柳。
飯田さんの出したお題、『タンクトップ』、単に飯田さんがタンク好き・・・ということで、これ大丈夫なのかよ状態だったのが、意外と作品が集まったようで。
タンクキャラも、了平・ルッスーリア・ビアンキ・家光、と意外にいました(笑)。

大賞は『ヴィンディチェで コポコポしてる クフフのフ タンクの中の 黒曜トップ』
と『タンク』と『トップ』を使った技ありな作品でした。

次回は・・・『猿』。
MC3人の作品は
「空を飛ぶ」(おかみ)
「炎をまといし」(山)
「ボク王子」(藤)

「猿だってんの!」とつっこまれるふっきゅん。
「猿2匹」あたりを考えていたおかみさん。

4月中旬?からアーケードゲームが稼動します、ということで。
100円で1枚カードが出てくるやつですね。
初期のナルト、散々カード集めたんだけどな、今は全くやっていません。
多分、(自分だったら)、ゲームはやらずに、カードコレクションのためにゲーム機に向かいそう。

バトルは黒曜編からスタートらしいのですが、
「黒曜編の後にヴァリアー編」
と言っていたふっきゅんは
「嵐の守護者はフリーダム」
と言われていました(笑)。

テーマ:家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル:アニメ・コミック

明日は・・・
と言ってもすでに日付は今日なんですが・・・

昼間は『風林火山』の舞台、夜はUVERのライブに行く予定だったのですが、諸事情により、UVERライブに行けなくなりました。

・・・残念!
ホールライブだったので、おばさん(笑)にはやさしいライブだったのにな~。

その代わり・・・と言ってはなんですが、6月2日の追加ライブの当選メールが届いていたので、こちらでリベンジしたいと思います。
この日はスタンディングなので、体力つけておかなくっちゃ。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

リボーンいろいろ
アニメ、WJ、コミックス・・・と書くべき話題はいっぱいあるのですが、なんだか気が抜けてしまって・・・
(現在、体調も最悪↓)。

なので、思いつくことをまとめてつらつらと書きます。
サイトのイラストもいい加減更新したい・・・。

アニリボ、「いかすぜ」のごっきゅんがかわいかった。
ED変わりました。
雨に塗れるごっきゅんにやられた女子も多いようで(笑)。

そういえば、あちこちでγの声優さんの憶測がなされているようですが、ホントに私の好きなあの方なのかしら?

私なりのγの声のイメージは、声優ではないのですが、俳優の細川俊之さん。
エロくて、やたらいい声だと思いませんか(笑)。
若い人はわからないか。


WJ本誌では今週も了平活躍の巻。
山と獄の活躍の場はあるのか?
(手元にWJがないので、すごいいい加減感想・苦笑)


コミックス19巻は、とにかく表紙!
かっこええよ、骸サン!
中の雲雀サンはヒバートとやけにほのぼのしています。

この巻のリボーンと修行していた山本はやけにかわいかったんだよな(そして、髪が長くて、雲雀に見える一瞬が・笑)。
ごっきゅんはなんといっても、瓜登場でしょうね。

巻末についてるG文字表がっ!
G文字使って、文をつくる人も出てくるだろうな。
でも、使いたくねえ、ウ○コ(笑)。

フゥ太のデータ研究所のツナ・ごっきゅん・山本がお互いに呼び合った回数、ってのがなかなか興味深かったです!
やっぱりごっきゅんの「10代目!」は多いですね。
もっと呼んでそうだけど。
ツナが山本を呼ぶ回数が山本→ツナよりかなり多いのは、ツナが山本を頼りにしているから?
山獄がお互いを呼ぶ回数が少ないのは、名前呼ばなくても、心が通じあってるからですよ!ってことにしておこう(山獄スキーの思い込み・笑)。

でも、「野球バカ」って呼んでる回数はかなりあるんではないかと思います^^。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。