プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵チャに参加
夕べ(と言うか、今日の深夜?)ナナコさん宅の絵チャに参加させていただきました。ブリーチ&銀魂絵チャだったんですが、私が入室したときはけっこう遅い時間で、ジャンルフリーとなりました。で、私が描いたのは、左下のシカマルとテマリです。なかなか絵チャの機能を把握できない私。早くみなさんの技術に追いつきたい!とラクチャ借りてみました。しばらくはひそかに練習しよう(?)。ご一緒させていただいた皆さん、楽しかったです。ありがとうございました^^。

echa-10-29.png


スポンサーサイト

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

高校の履修問題
近頃世間を騒がせている高校の必須科目の履修問題。当該高校の受験生は大変なことになっていると思いますが・・・。

「高校の予備校化」とも言われていますが、現在、娘の高校受験を控えて、いろいろ(と言うほど回ってませんが)高校の説明会に行って、私が感じたことでもありました。

特に私立校。最近目立つのが「特進クラス」というコースを設置している、あるいはこれから作ろうとしている学校が多いこと。言ってみれば、このコースは難関の大学受験に特化したようなクラスで、授業数も多かったりで、予備校に行かなくてもこのクラスに通えば大丈夫・・・みたいなうたい文句で、宣伝をしているようです(それがわが校の自慢です、と聞こえる)。

が・・・。私はそれを聞いていて「ほ~、それはすごい」と関心はしなかった。いや、娘が大学進学なんて考えてないから・・・ということではなくて、それでは高校に行く楽しみはなんだろう、って考えてしまったのです。

ただただ勉強するだけでよければ(大学行くことだけが目的であるならば)、ぶっちゃけ高校に行かなくたって、大検とって、そこから大学受験することだって可能なわけで。学校ってもっといろんなことを経験する場であってほしいのです。ま、親の方にもいい大学に入るために進学率の高い高校にこどもを入れたいって気があるから、そういうクラスも増えるんでしょうけど。私は「なんか違うな・・・」と思ってしまったわけです。

私が通っていた高校は(現在住んでる家から通ってました)、今は神奈川は学区というものはなくなってしまったのですが、まあ、地区の中でも難関校のちょっと下のレベルで、今もそれほど変わっていないようです。でも学校全体に「勉強しろ」という雰囲気が全然なくて(それはそれで問題か?)生徒ものびのびしていたと思います。入学式で式の後に先生がバンド演奏始めちゃうような学校でしたから(笑)。勉強するしないは個人の責任。親にとっちゃ、不安に思うようで、実際、去年前期で子供がこの高校に入ることを決めてしまったお母さんは、もっと上にいけばいいのに・・・と不満だったようですが、私はいい高校だと思ってます。うちの娘はすでにここは捨ててます(歩いて通えるのにな、ちぇっ)。

今回の事件は高校のあり方について考えさせてくれるいい機会になりました。娘が行きたい、って言ってる高校ももう1回ちゃんと調べてみよう。なんと言っても、単位制なもので・・・。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ハジ初描き
haji-10-26.png


昨日買った「BLOOD+」のCD聴きながら、絵板で描いたハジ。目が細く描けないと、似てないものがますます似なくなります。でも、ペンタブで描くのが難しい・・・。今度アナログで挑戦してみよう。中学校の用事で出掛ける前にササッと描いたものなので、落書き状態だし。

ハジはコニタンの声がよいです。

CDはやっぱりUVERの曲が一番!歌い始めがいいなあ。どれもいい曲だと思いますが、2番目はアンジェラ・アキで次はK・・・かな。「HEY!HEY!HEY!」とかで見せるコミカルな面(ていうか少しエロい面?)が好きだったりします。

・・・全然BLOOD+の話じゃないし。

テーマ:BLOOD+ - ジャンル:アニメ・コミック

クロミちゃん
20061026111738
最近けっこう気に入ってるクロミちゃん。左が娘用、右のを私が携帯につけてます。

「お願いマイメロディ」、くだらんな~と思いつつ、けっこう面白くてみてしまう。やっぱりマイメロよりクロミちゃんだよね。クロミちゃんはずいぶん人気あるみたいです。

アニメが「ワンピース」の放送時間とかぶるんですよ。ここ数回はワンピが回想シーンばっかりやっているので、この間はワンピース劇場だけ見て、あとはマイメロ見てしまいました。録画してみるほどのものでもないかな・・・と思案中。
夕空
20061025173048
サッカーをやっている息子を迎えに行く道にて。頭の上にコウモリが飛んでました。
毒吐いてもいいですか・・・
アスマの死をネットのWJ早売り情報で金曜日に知り、日曜に早売りのジャンプを買って読み、その夜はアスカカスキーさんの絵チャにちょっとだけ(夜は11時近くまで娘にパソコン占有されるから、その後しか使えないんだよ!)お邪魔して少しはストレス発散(?)できたか?・・・と思ったのですが、まだまだもやもやとすっきりしないものが残ってて、夕べなかなか寝付けませんでした(単なる老化では?)。

ので、ちょっとナルトについて、私が思っていることをぐだぐだと述べてみたいと思います。思いついたことをただただ書き綴っていこうと思うので、以前ブログに書いたことをまた言ってるかもしれません。登場人物の言動について、かなりはっきり言いたいこと言っちゃいますが、ナルト好きだから悪口なんて聞きたくないわ・・・って方は続きを読まないでください。私だって、ホントはナルト、好きなんですよ・・・。
■ 続きを読む。 ■

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

山本文緒著「プラナリア」
最近、本は読み終わっているものの、ブログに載せるのがついつい遅くなってしまいます。やっぱ、感想とか書くの苦手だ・・・。

今日は山本文緒さんの「プラナリア」。一時はずいぶんとはまって読んでいた時期もあるのですが、今回は久しぶりの文緒作品です。

プラナリア プラナリア
山本 文緒 (2005/09/02)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


直木賞を受賞した作品で、5つの短編が入っています。

乳がんの手術以来、何もかもがめんどうくさく無職でぶらぶらする25歳の春香。豹介という恋人もいるが、何かにつけひねくれた物言いしかできない春香。入院中に顔見知りになった女性に再び出会い、その女性が店長をつとめる甘納豆屋でバイトするようになるのだが・・・というのが表題作の「プラナリア」。プラナリアって植物なのかと思ってた私。

5作の中では2つめの「ネイキッド」が一番好きかな。
泉水は離婚し、中古のマンションを買って、仕事もせずに蓄えだけで生きている。そんな泉水の前に以前会社で一緒に働いていたチビケンと出会い、関係を持つ。電話を待つチビケンに泉水はそんな気持ちを知ろうともしないが、チビケンが目の前から消えたとき泉水は・・・。
一番切ない気持ちにさせられた作品かなあ。

山本文緒さんの作品は痛い系・切な系(?)が多いので、実に私の好みです。文章も読みやすいし。

そういえば、文緒さんて、1962年生まれで神奈川大学生だから、私の1コ下になるんですね。もしかしたら、キャンパスですれ違ってたかもしれない。こっちは普通のおばさんになってしまいましたが(普通じゃないかも!?)。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

カレンダー
20061021101643
予約してたのをもらってきました。描き下ろしの表紙がカッコイイ。中は今までの扉絵…かな。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

アニ魂、とか
kagura-1020.jpg


昨日のアニメで一番気に入っているセリフ(この通りだったかはわかりません)。絵板で描いたんだけど、操作のしかたが悪いのか、何回も消えてしまって、時間がかかったわりにはこんな絵です。これから出かけなきゃならないから・・・(言い訳)。

こういう人情話、好きです。大人の方がこの話の良さはわかると思うんだけどな。途中で涙が出そうになったよ。道信さんが健サンにしか見えなかったが・・・。


「みぃーっつ!!」てとこで「みっちゃんみちみちう○こして・・・」の歌が出てきた(コミックスにはなかった、でも言ってたよね?)けれど、アレ知ってる小学生っているんだろうか。私らが子供のころは歌ってました、ハイ。

カツ丼土方スペシャルではないですが、うちの息子はごはんに大量のケチャップを乗せて食べるケッチャッパーです。まあ、チキンライスとかはケチャップ味だが。それ以外には、具だけ食べた後の味噌汁をぶっかけて、ネコまんまにして食べたりしとります。ちなみに箸は土方どんぶりについてた箸を使ってます。とてもグルメとは言えない・・・。

話違いますが、キュキュットのCM(若竹バージョン)を見るたびに、院生時代の浮竹さんを思い浮かべてしまう私です。相当脳が腐ってると思います。

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

イラスト評価バトン
ナナコさんからいただいたバトンです。
【イラスト評価バトン】

※バトンを送って来られた方のイラストを評価するバトンです。
評価はお手柔らかに・・・(笑

1.バトンを回して頂いた方の描いているイラストの感想を存分にどうぞ。その方のサイトの絵を一点選んでの感想もOKです。 (最低70字以上)

イラストからその人物に対する愛がすご~く、感じられます。
最近色塗りがすごくうまくなってきましたね。陰影のつけかたなんか、特にそう思います。
絵に入っているセリフも好きです。

2. 相手のイラストで見習いたい所は?

手抜きをせずにきれいに色塗ってるところ(自分はかなりいい加減)
色の塗り方、教えてください!

3.相手のイラストの印象は・・・?

スマート。
先日の絵チャの平子はいつもと違った雰囲気で、ナナコさん、こういう絵も描くのね~、と新しい発見でした。



4.相手に描いてほしいものがあれば、この場を借りてリクエスト!!

銀さん。あ、この前の平子みたいな絵もまた見てみたいです。


5.相手に使って絵を描いてみてほしい画材

ブリーチ絵用?コピック欲しい、って以前ブログに書いていたような・・・。んで、コピックで(私がコピック使うとムラになります)。



6.相手のイラスト、描くのにどのくらいかかっていそう?(絵指定もOK)

どうなんだろう、全然わからん。色塗りにけっこうこだわって、時間かけてる気はするんですが、いかがでしょう。


7.ファンコールがあれば一言。

ずっと恋次への愛を叫び続けていてください。


8.このバトンを送る人を8人(絵を描いている方のみ)挙げましょう!

最近絵を描くのさぼり気味なので、人に絵の評価聞くのもおそろしい・・ので、スルーでよろしいでしょうか。

ホントに最近絵を描いておりません。土曜の絵チャも久しぶりに描いた・・・という感じでした。何でこんなに時間がないんだろう。仕事もしてないし、家事もいい加減にしかやってないのに・・・。ちょっとサイトめぐりとか、ブログの更新とかするだけで、あっという間に時間が過ぎちゃうんだもんな。


テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

WJナルト
ちょっと腐女子発言アリなので、苦手な方は読まないように(大したことありませんが)。

WJのアスマ、大変なことになっとります。瀕死の状態ではあるものの、暁の2人が呼び戻されそうなので、ここは助かるか?とも思うのですが・・・。次号『残したもの』ってのが気になるわ。ま、この次号予告ってあてにならないことも多いんですが。

しかし、紅先生が任務もなしで家にいるって・・・やっぱりアスマの子を身ごもってるってこともアリなのか?鈍感な私はそんなこと思いつきもしなかったんですが(せいぜい付き合ってるんかい、程度の認識)、よそさまのブログとか見ていて、そ・・・そうなのか?と。う~ん、アスカカ好きには酷な展開だ(ま、原作でアスカカはありえないけど)。
アスカカサークルさんもますます減ってしまいそう。

そういえば、2月にカカ受けオンリーが開催されるそうです。うわ~っ、行きたい!ってノリなのですが、この頃って高校受験の真っ最中では?親がこんなことにうつつを抜かしてる時期じゃないよね。実はブリチのオンリーもこのあたりにある。

なんとか娘に前期選抜でがんばってもらうしか・・・親孝行してくれ、娘よ(って、どんな孝行じゃ)。

あ、ブリチは一護に誰にマントをもらったのか聞かれて「兄様に・・・」と照れるルキアが可愛かったです^^。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

五十嵐貴久著「1985年の奇跡」
「バッテリー」に続いて、野球ものです。セ・リーグもパ・リーグも優勝が決まってアツイし、ハンカチ王子の記憶も新しい今、小説でも野球・・・というのはいかがでしょう。とても、ホラーものの「リカ」と同一人物が書いているとは思えないほどの楽しい気分を味わえる本だと思います。特に30代後半以上の人は当時を思いだしていただけるはず。


1985年の奇跡 1985年の奇跡
五十嵐 貴久 (2006/06)
双葉社

この商品の詳細を見る


小金井公園高校2年F組、岡村浩司は今まで1勝もしたことのない弱小野球部のキャプテン(といっても、ジャンケンで負けて押し付けられただけだが)。

校長の中川はこの高校を一流の進学校にするべく、クラス分けは成績順(よってF組はドベである)、校則は(成績が悪い者には特に)厳しく、運動部の存在自体、好ましく思っていない。

そんなわけで、部活の練習といっても、場所は狭いし、毎日活動できるわけでもない。部員も野球は好きだが、他にやることがないから野球部にいるようなヤツばっかりで、「夕やけニャンニャン」を見るために、4時にはみんな帰り支度を始めるような連中ばかりである。

ある日、転校生がやってくる。岡村の中学の同級生、沢渡俊一だ。野球推薦で、名門の私立校に入学し、成績も学年ベストテンにランクされるほどよかったが、どうやら肘をこわして、高校にいられなくなったらしい。そんな沢渡が、バッグをひったくられた女子高校生を助けるべく、バッグを盗んだ男に投げた球が、見事7,80メートルは離れていた男の頭にぶちあたる。

それをきっかけに野球部のピッチャーとして迎え入れられた沢渡。彼に助けられた西園寺女子学院の金沢真美はマネージャーに。

夏の高校野球西東京地区大会初戦で、強豪校、私立籐海学院野球部を破ったあと、彼らは勝ち進み、準決勝で墨山高校と対戦する。0-0で迎えた8回裏、なんとか1点をもぎとり、9回表の守備。あと3人アウトにすれば勝てる。そんなとき、墨山高校の応援団からのやじが、沢渡に変化をもたらした。

・・・とこんな感じでお話は続きます。

実は沢渡が転校してきたのには、別の理由があったのです。



こういうのは青春小説、とでもいうのでしょうか。テンポよく、読めてしまいました。ところどころ出てくるギャグというか、ちょっとした一言にくすっとしてしまうこと多々。

「だいたい、僕だったらここに来てない。さっさと富良野あたりまで逃げ出して、石の家でも作っているだろう」

・・・なんて、なんのドラマか察しがつきますよね。

沢渡の転校は、

「女子にとっては、盆と正月がいっぺんに転校してきたようなものだ」

・・・なんて表現も好きです。

とにかく、当時はやっていた歌とか、人物の話が途中途中に挟まっているので、当時を思い出して懐かしくもなってしまいました。

とはいうものの、私の時代のアイドルはおニャンコよりは前の時代で、キャンディーズは3人のうち誰がいいか、とかピンクレディのミーとケイ、どっちがいいか、って時代でしたが(さらに古いです)。でも、そんな時代を知らない人でも十分楽しめる小説だと思います。ラストの方なんか映像化してくれたら、おもしろそうだな・・・。


マ王!収穫祭
20061015101916
必着日前日ぎりぎりに葉書を出したので、どうせだめだろう…と期待してなかったのですが、招待状が来ました!井上さんに会えます。

テーマ:今日からマ王!・まるマシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

あさのあつこ著「バッテリーⅥ」
あさのあつこさんの「バッテリー」シリーズ、これで完結です。

バッテリー〈6〉    教育画劇の創作文学 バッテリー〈6〉 教育画劇の創作文学
あさの あつこ (2005/01/07)
教育画劇

この商品の詳細を見る


話としては新田東中学野球部の元キャプテン、海音寺らの卒業式の日から、強豪校横手との練習試合までの話です。すごく短い期間の話なのですが、それぞれの人物の気持ちの動きがよくわかります。

あさの作品で好きなのが、登場人物の対話。巧と豪、海音寺と瑞垣、門脇と瑞垣。

本作では今まで、ピッチャーとして球が投げられれば、他のものはどうでもいい、と思っていた巧にも変化が現れます。ん~、実際は巧だけでなくいろんな人が変化していってるんですが。

とにかく私はこの巧というキャラが大好きなんですが、このシリーズを読み進めていくうちに気になり始めたのが瑞垣。以前新聞で、あさのさんが瑞垣の話を書こうと思っている・・・という記事を読んで、小躍り?してしまいました。あ~、早く読みたい。

バッテリーシリーズもずいぶん間をあけて読んでいたので、最終巻が文庫で出た際には通しで一気に読んでみたいです(文庫には短編も収録されているので、それも楽しみ)。

映画もあるみたいですが、自分のイメージと違うとがっかりしそうなので・・・すでに記者会見での出演者を見たときにちょっと「・・・」だったもんで。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

宮部みゆき著「名もなき毒」
1週間くらい前には読み終わっていたんですが・・・宮部みゆきさんの「名もなき毒」読了です。

名もなき毒 名もなき毒
宮部 みゆき (2006/08)
幻冬舎

この商品の詳細を見る



杉村三郎は自分の妻の父親が会長を勤める財閥企業の社内報を編集する仕事をしている。アルバイトとして雇っていた原田いずみを、勤務態度の悪さから解雇するが、解雇は不当と嫌がらせ的な反撃をしてくるいずみ。彼女のトラブルの対処を任された杉村は、身上調査のために私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという古屋美知香という女子高生に出会い、そちらの事件の解決にも手を貸すようになる・・・。

宮部さんの作品を読んだのはかなり久しぶりの気がします。一時期すごくはまっていたんですが・・・。

今回の作品は「誰か」という作品と同じ登場人物が出ているらしいのですが、私はそちらの作品は読んでいないので。でも、これだけで読めます。

ちょっと感想・・・。
■ 続きを読む。 ■

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

アニメヴォイス
私はいくつかの携帯サイトに登録しているのですが、その中のひとつが「テレ東アニメヴォイス」というもの。アニメキャラのセリフをダウンロードできるものですが、普段メールくらいでしか携帯を使用しない私は(通話料金なんて、ほとんどかかってないと思います)、携帯サイトもあんまり見ません(登録してるのに・・・)。

久しぶりにちょっと見てみるか・・・とサイトにアクセスしてみたら!知らぬ間にブリーチキャラが登場してるじゃありませんか!

今まではナルトキャラ(ほとんどカカシ)くらいしかダウンロードしたことがなくて、ブリーチを心待ちにしてたんですよ。早速ひっつん(朴さん)ヴォイスをダウンロードです。

しかし、電話やメールの着信をアニメキャラの声にしているんですが、普段はほとんどマナーモードにしているため、滅多に声が聞けることはないのでした・・・。意味なし。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

私立高校相談会
昨日、神奈川・東京の私立中高進学相談会@パシフィコ横浜へ、娘と行ってまいりました。以前公立高校の合同説明会では午前中から行ったら混んでいたので、今回はお昼過ぎにノロノロと出発。それでも、人気のある?高校のブースではかなり待ち時間がありましたが。

今の娘の成績ではとても公立専願で!とはいくわけもなく・・・。公立は行きたい学校はほとんど決まっているものの、私立についてはほとんど白紙状態だったので、とりあえずバス(うちはバスじゃないと、どこへも出られない)と電車1本で行かれそうな学校をピックアップして、5校ほど説明(相談?)を受けてきました。

入り口で資料をもらうのですが、その中に2年後期の成績と3年前期の成績を書く紙があって、主要5教科の合計点や9教科の合計点を書く欄があり、その紙を見せれば、「この成績ならうちには入れます」とか、「専願なら×点で入れるけど、併願だともう少し合計点が高くなる」・・・とか、はっきり言ってくれちゃいます。最近は特進クラスというのを設けている高校が多くて、これは難易度の高い大学を目指す人のためのコースで、その分、合格点も普通のコースと比べると高くなる様子。しかし、「大学は行かない」と豪語?している娘には無縁のコースなので、普通のところだったら、今の成績なら併願でもいけそうです。

でもねえ、やっぱり親としては公立入ってもらいたいもんだよ。

しかし、特進クラスもいいのですが、単に大学受験の予備校化しているような気がして、いいものやら悪いものやら・・・と考えてしまった私でした。高校生活自体を楽しむことはできないのかな・・・なんて思いつつ・・・。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

サスケも来た!
20061010120701
こっちは娘用に買いました。高校受かるまで内緒にしとこうかしら。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

カカシ来た~!
20061010115704
暗部のカカシの方がやっぱりカッコイイかな、と思いつつ…。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

UVERの学園祭ライブ
・・・にきのう行ってきました(コミック・シティは気力が湧かず、ダンナも仕事に行ってしまったので、行かずじまい・・・)。

今回初めてのライブだったので、どうなることやら・・・と思いましたが、十分堪能してまいりました。

席が指定で、ステージに向かって左からあ、い、う、その後ろがえ、お・・・とブロックになっていたのですが、私は「あ」ブロックの前から4番目でしかもステージに近い方の通路側だったので、ステージ丸見え!みんなの全身が見えました。歌ももちろん最高でしたが、TAKUYA∞のジャンプする姿がよかったよ。

途中でドラムが壊れる・・・というハプニングもあったりしたんですが、直している間に話も聞けたりしたのでよかったかな。今年中にもう1回、神奈川でやりたい、って話、ぜひ実現してください!ライブハウスだったら横浜のBritz(綴り合ってるかな・・・)あたりで・・・。

しか~し、回りは若いコだらけです。リンクさせていただいてるanzuさんのブログで中高生が多い、とは知っていたんですが・・・。それでも今回は大学祭ということで、いつもよりは平均年齢高かったのかな(私が1人で上げてることは事実)。

大学から駅までのバスが混んで、1台目のバスは見送り・・・てな感じではあったのですが、バスに乗ってからはすいすいと、帰れまして、8時半前にはうちについておりました。

テーマ:UVERworld - ジャンル:音楽

畠中恵著「百万の手」
畠中恵著「百万の手」を読みました。私は、読んでみたいと思いつつ、まだ読んだことがないのですが「しゃばけ」シリーズを書いている作家さんでこの作品は初の現代小説(本帯によると)だそうです。

百万の手 百万の手
畠中 恵 (2006/06/10)
東京創元社

この商品の詳細を見る


音村夏貴は14歳。父親を亡くし、母親と2人で暮らしている。ときどき過呼吸の発作を起こす夏貴の悩みは自分に異常なくらい干渉してくる母。息子というよりは恋人のように接してくることもある。

そんな夏貴には親友の正哉がいた。しかし、ある日、正哉の家が火事に見舞われる。家の中の父母を助けるべく燃え盛る家に飛び込んで行った正哉は夏貴の前で焼死する。

悲しみにくれる夏貴。そんな彼の耳に慣れ親しんだ正哉の声が!火中に飛び込んでいった正哉が夏貴の手の中に残していった携帯電話の中に、正哉の姿があった。正哉はあの火事は放火だと言う。そして誰がやったのか、真相をつかんでくれ、と夏貴に頼むのだった。

危険な目に遭いながら、夏貴は真相へと近づいていく。そして夏貴自身がその事件に関係していることが次第に明らかになっていく・・・。

・・・というのがあらすじです。
正哉が携帯の画面に現れて、夏貴に真相解明を依頼するあたりは、帯に「ファンタスティック・ミステリ」と書いてあるように、ファンタジーっぽく感じるのですが、話が進むにつれて、ファンタジー要素は影を潜めていきます。

あまりネタばれ的なことを書いてしまうと、これから読もうかな・・・と思う方もいるかも知れないので、この中でも触れられている不妊治療等についての私の意見を少し・・・。
■ 続きを読む。 ■

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

大雨です
雨が続いてます。風もかなりあるので、まるで台風みたいです。今日は娘の中学のPTAの定例会があるってのに・・・外出したくないよ・・・。

今日は子供達の前期終業式です。とは言っても、授業もあるので、帰ってくるのは、2時過ぎるけど。終業式ってことは、成績表を持って帰ってくるってことなんだな。小学校のあゆみなんて、どーでもいいんだ。みんなとなかよく学校生活送ってくれれば。中学だよ、中学。成績次第では希望進路校変えなきゃ・・・なんてことにもなりかねません。月曜には私立高校の合同説明会があるので行く予定だし。自分も今住んでいるところで高校受験したけれども、公立1本だったから、どんなところがいいのかも全然わからん。っていう前に30年たってるから当時とは様子も変わってるか(あたり前)。親がやきもきしたってしょうがないんだよな、当人の自覚がないと。

・・・それにしても、この雨いつまで続くんでしょう。今、外では猛り狂ってますよ。東向きの巻く雨風だと、出窓の隙間から雨が漏ってくるよ~!(物置状態)。明日、午前中は、お知り合いがサークル参加しているコミックシティに行って、午後(夕方)UVERの学園祭ライブに出かける予定なんですが、シティ、雨の中、外で長時間待ちなんてやだな・・・。朝方には雨もあがるようですが。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

アニメ「銀魂」
今日の銀魂は漫画で読んだときも、おもしろくてけっこうお気に入りだった鍋の話でした。やっぱ、面白かった~!

銀さんと新八の心理戦、すごいんだけど、あの表情、てか目、「デスノート」だよねえ、月(ライト)の目だよね(笑)。最後の場面ではリュークらしき影が屋根の上に浮かびあがってて、「人間って・・・くだらねえ」とか言ってるし。この前放映したデスノ、意識してるよ、絶対(あっちは「人間って・・・面白い」でしたっけ)。アニメ放映、局が違うけどいいんでしょうかね。同じジャンプ原作だから・・・ってお遊びでやれる範囲なのか。見ている方は大変楽しませていただきましたが。

確か、原作には桂とエリザベスは出なかったよな・・・とコミックス確認してしまいました。やっぱりいなかった。他人の飯時ねらうほど、生活に困ってるようには見えないんですが、桂。実はけっこう苦労してるのか・・・。

今日の一言。


「僕は鍋世界の神になる!」
(って世界せまっ!)

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

NARUTOバトン
「オールブルーパラダイス」のたくゆいさんからいただいたNARUTOバトンです。コミックスとかほとんど読み返さないので、記憶があいまいだったりしますが、自分が覚えてる限りの範囲で、いざ!

Q1 NARUTOに出会ったきっかけは何ですか?

息子(現小6)がアニメを見てたのは知ってたんですが、当時は父もいたので夕食中に一緒に見ることもなく、ちらっと見たときの感想は「こんなのが面白いのか・・・」でした(多分、自来也との修行のあたり)。その後、息子に請われて、コミックスを買ったのがきっかけですっかりはまり、いきなり大人買いでそろえました。カカシ外伝からはジャンプ本誌も買い始めて、現在に至ってます。自分には男兄弟もいなかったので、少年誌を買ったのはこの年になって初めてなんです。

娘と少女マンガのイベント行ったときに、たまたまナルトのイベントもやっていて、息子にみやげでも買うか~、と入ったときには、ガイとリー、兄弟だと思ってましたもの(笑)。

Q2 NARUTOファン暦はどれくらいですか?

上記イベントのあとだから・・・ちょうど2年くらい。

Q3 NARUTOの中で好きなキャラは誰ですか?理由もいっしょに答えてください。
 
はたけカカシ。
理由は・・・多分、最初はアニメの井上ボイスにやられたんだと思う。私、最初はサスケファンだったから(ツンデレちゃんがけっこう好き)。
普段眠そうな顔してるのに、やるときゃやってくれるところ。でも張り切りすぎてチャクラ切れするヘタレなとこもよい。

Q4 NARUTOの中で一番好きな台詞はどれですか?

リーと我愛羅の中忍試験の回想シーンで、修行中の自信を持てなくなっていたリーにガイ先生が言ったセリフ。

「自分を信じない奴なんかに努力する価値はない!!」

私、熱血な人って苦手なんですがね~、このセリフはすごく心に残ってる。父を亡くした直後の落ち込んでいた私を励ましてくれたセリフ・・・だったんでしょうか。

Q5 NARUTOの中で一番好きなシーンはどこですか?理由もいっしょに答えてください。

たくゆいさんと同じく、波の国の再不斬と白シーンですかね。
白の顔に落ちた雪が解けるアニメのシーンもいいなあ。

Q6 NARUTOを読んでいて死ぬほど笑ったことはありますか?

中忍試験の第一の試験でナルトが全然わからなくてあせってるときの顔。

ちなみにアニメではカカシ先生の素顔の回が笑えた。これだけしっかりDVD持ってるってどうよ・・・。

Q7 NARUTOを読んでいて泣いたことはありますか?

チヨバアが死んだあとにじーさん(名前わからん)が「死んだフリー・・・って、今にも笑いだしそうな・・・」ってところにジーンときたような。最初から読み直さないとわからんです。

Q8 NARUTOのキャラの名前が単純だな、と思ったことはありますか?

単純だけど、けっこう絶妙。カカシがエノキとかにならなくてよかった・・・。

Q9 ぶっちゃけ、NARUTOの中で一番強いと思うキャラは誰ですか?

イタチ。でも、暁の中にも強いのいそうだな。

Q10 カカシの素顔をみてみたいですか?

見たいです。自分だけ(笑)


Q11 カカシの素顔は最終回までに公開されると思いますか?


公開されるとしたら、それはカカシが死ぬときなんじゃないか・・・と思うので、公開されない方がいいかも。

Q12 影真似の術を使えるとしたら、誰にどんな格好させたいですか?

普段スカしてるサスケにへんなかっこさせる。

Q13 一楽のラーメン、注文するなら何味?

味噌が好き。

Q14 アニメを見ている人に質問です。キャラと声があっていると思うキャラは誰ですか?

合ってるというより・・・やっぱカカシが好き。

Q15 逆にあっていないと思うキャラはいますか?

次郎坊の声が最初聞いたとき、自分の印象と違ってた気がする。

Q16 次にまわす相手

お知り合いのナルト好きさんには回ってしまったようなので、どなたかいましたら・・・!

これ書くのに、コミックスあちこちひっくり返してみたんですが、昔の方が印象に残ってる場面多いな。絵もけっこう初期のころのタッチが好きだったりして(岸本センセ、ごめんなさい)。

そういや、きのうアニマックスでハガレンが最終回だったんですが、ホーエンハイムの声ってガイ先生の声の方なんですね。気づかなかった。前はあんまり声優さんて意識してなかったしなあ。

あと、ニュースで国産のスーパーカーが限定販売される、って話があって、名前が「大蛇(オロチ)」ですってよ。ホント、蛇のような顔をしてますよ~(車ってけっこう表情あるよね)。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ&ドラマ感想?
「D.Gray-man」と「DEATH NOTE」見ました。

とりあえず、絵には破綻がなかったかな・・・と安心しました。

Dグレは、コミックスそろっているものの、娘が読みたい!と言って買い始めたので、私はアニメ化が決まってから、1巻目を最近読んだばかりです。だから読むまでは、アクマとかエクソシストとかもっとオカルト的なものかと思っていたわけで・・・。アニメ1回目を見る限りでは、そのへんのことは漫画を読んで予備知識のある人じゃないとちょっとわかりづらいかも・・・と思ってみたり。

アレン君は15歳くらいの設定でしたっけ。女の声優さんで悪いってわけじゃないんだけど、このくらいの年齢なら男性の声でもよかったんじゃないかな・・・と、これは私の意見。

あと、オープニングのリナリーがセーラームーンみたいに見えてしまいました(笑)。

この先、コミックスを先読みするか、いっそのことストーリーを知らずにアニメを見ようか考え中です。

デスノは死神界の気合の入った作画に比べると、一般人の顔が原作の雰囲気とちょっと違うかな・・・とは思ったのですが、あのレベルをアニメで保つのは難しいのかな。毎週放映するわけだし。でも、先は楽しみだな。来月でしたっけ、映画もやりますしね。

ここで急に昨日見たドラマ「アンフェア」の話を少し。
やっぱり一番犯人ぽくない人が犯人なのか~、という感じ。Yは雪平でしょ、と最初から思っていたけど、半分当たってたってことか。暗号も多分きらきら星だよ・・・というのも半分あたりか。

しかし、ラストシーン、またドラマの続きがあるのか、と思ったら、今度は映画ですか!映画化しちゃうほど、この作品って人気あるんだ。ま、私はちょっと猟奇的なミステリーものって好きなんですが。映画はどうしようかな・・・。

テーマ:今秋放送開始アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

アナログ絵
久しぶりに水彩色鉛筆で絵を描いてみました。きたのじゅんこ先生が水彩色鉛筆で絵を描いてらっしゃって、色鉛筆であそこまでの絵(陰影とか)が描けるのはすごい!と常々思っているのですが、自分で描くとなかなか思うようにはいきません。色の選択も難しい。でも、自分的にはデジタル絵よりも、やっぱり肉筆?で描いてある絵の方が好きです。

娘のアイドル雑誌に載っていたポーズでひっつん(めずらしく全身)描いてみました。

hitu-10-030001.jpg


テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

先週の無駄遣い(9/25-10/1)
先週の買い物は漫画・アニメ関連ばかりでした。いいのかなあ、こんな生活。

9月25日
・LaLa11月号
・「NO.6#5」・・・今週買った漫画以外の唯一の本。しかし、#4も確か読んでいない・・・。

9月27日
・エウレカセブン5巻
交響詩篇エウレカセブン (5) 交響詩篇エウレカセブン (5)
片岡 人生、近藤 一馬 他 (2006/09/21)
角川書店

この商品の詳細を見る


・Weekend茉莉さんの商業誌アンソロ・・・BLEACHがメインなのですが、茉莉さんのギャグが大好きです。描きおろしも十数ページあります。

・手越原徹さんの商業誌アンソロ・・・こちらはNARUTOとBLEACHが好きで読んでましたが、アイシールドでも描いてらっしゃいます。

・BLEACHのハロウィンメモ、ミニタオル
・銀魂のハロウィンブレスレット
・銀魂ファイル

20061002143704

かわいいものを見るとついつい買ってしまいます。

9月29日
・コーラス11月号・・・今月は「プライド」載ってなかった。

10月1日
・早売りWJ・・・BLEACHの映画情報見てたらさ、あちこちで前売り券にいろんな特典がついてるじゃないですか!これは何枚も前売りを買わそうという陰謀なのか!?

あ、あとモブログ送っても反映されないので、調べてみたら、送信先アドレスが変わってた。でもシカマル誕生日のときまでは送れてたのに・・・。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

10月は読書月間・・・
・・・にしようかな、と考えているところです。何かと忙しかった9月も過ぎ、少しは落ち着くのではないかと。

ずいぶん前に図書館で予約していた「バッテリーⅥ」がやっと予約の順番が回ってきました。

現在は宮部みゆきさんの「名もなき毒」を読んでいます。読み終わっているものの、感想をアップしていない本も数冊あるので、そのうち書こうかな・・・と言いつつ、実は感想文書くの苦手です。

芸術の秋でもあるので、もう少し、イラストの方も練習したいです。漫画やイラストのサイトも作ってみたいな・・・とも思うのですが、ホームページを作る知識がないので、それ用のマニュアル本を読まねば・・・と思うと、それはかったるかったり(少しは努力しろ~!)

・・・などど言いつつ、3連休は土曜と月曜に既に予定が入っていたりします。・・・家も片付けなきゃな。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。