プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋次誕生日
20060831103602
…で、カッコイイ恋次が描きたかったんですが、現実はこんなもんです。
スポンサーサイト

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

新しいパソコン買うぞー!
動かなくなったパソコンを修理に出していました。とりあえず修理にいくらかかるか、かかる費用によっては修理をせずに、新しいのを買おう・・・とダンナと話していたのですが・・・。

昨日メーカーから電話がかかってきて、ハードウエアを交換しなければならない修理であること、そのためデータは全て消えてしまうこと、修理費は5万弱かかる・・・ということでした。5万近かったら、修理はやめようと言っていたので、そのまま返却してくれるようお願いしました。

ホントは今日見にいきたかったんだけれど、息子のサッカーなどもあったので、今日休みをとっていたダンナがバイクでヨドバシまでひとっ走りして見てきました。そんなに高くなくて、それなりの機能のついているものでダンナがいいと思ったのは、ヨドバシオリジナル?のパソコンらしいです。まあ、コンピューターいじるのが仕事のダンナが言うことですから、間違いはないと思うんですが。「明日買ってきちゃえば」って軽く言ったけど、夏休みはあと1日しかないというのに、宿題の終わってない子供(特に、息子なんて3つも残ってるんだよっ!)がいるしな。

でも、早く新しいパソコンが欲しいのも事実です。今はダンナの部屋に置いてあるパソコンを使ってるんですが、夜は10時半くらいまで娘が使ってるし、その後、ダンナがさっさと寝てしまえば(!)自分の部屋に持ってきて使えるんですが、なかなかそんな機会もないし・・・。一番つらいのは絵チャとかできないことだよ。参加しようと思っても、今のところ文字でしか参加できません(泣)。イラストももっと描きたいんだけれど。

とりあえず、9月になれば子供らが学校に行くので、夜使えない分、昼間に使えるし(でも中学、初日からお弁当ありだよ)。

とにかく早く新しいパソコンが欲しいです。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

久々の池袋
息子が池袋のサンシャインでやってる「ガンプラEXPO」に行きたい、と言っていたので、夏休みも残り少ない昨日(しかし、宿題は大量に残っている)行ってまいりました。

初代からのガンプラや、ガンプラを使ったジオラマ、いろいろな有名人の方がカラーデザインしたガンプラが展示してありました。

イベント限定のガンプラも販売していて、ずっと迷っていた息子でしたが、9月にある自分の誕生日プレゼントとして買って!ということで、6,500円もするのを買いました。早速作ってますが・・・。一番かっこよかった(私の意見)シャア専用ザクのプラモは25,000円していて、まあ、買いっこないと思うんですが、品切れになっていたため、専用ハガキで購入可能だったので、ハガキ持って帰るのはタダだし・・・とハガキだけもらってきました。・・・買う可能性を残しているところがコワイかな。

私は初代ガンダムが放映していたころは高校生だったのですが、小学生頃にロボット系アニメが出だした頃からアニメは見なくなっていたので、キャラクターとかは知っていても、ストーリーはよく知らないんです。

うちの息子はSEEDが好きで、よく見てましたが、なんと、うちにはダンナが録画した初代ガンダムのビデオ(それもベータだっ!)があるので、たまに息子が見てました。当時のCMまで入っていて、時代を感じさせます・・・。

その後、アニメイトに行って、アニメグッズを物色。銀魂フェアが始まるから・・・と買うのを控えていた(?)銀魂グッズやまだ買っていなかったコミックスなどなど・・・親子3人、それぞれ買いまくり、1,000円ごとに1枚もらえるコースターをコンプしてしまいました・・・うーん、買いすぎ。

最近銀魂のコミックスに一番はまっているのは息子で、読みながらときどき笑っているのですが、私がどこを見て笑っているんだろうか・・・とのぞこうとすると、隠して見せてくれなかったりします。まあ、ヤツの笑いのツボは下ネタだとは思うがな(それとキモイキャサリンあたりかな)。

テーマ:機動戦士 ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

グッコミ行きたかったな・・・
夏コミにいけなかったので、グッコミこそは・・・と思っていたのですが、ダンナが休出になってしまい、娘は連れてけるけど、息子はなあ・・・と思い、結局行くのを断念。欲しかった同人誌は通販で頼んでしまいました。イベントで買うより高いんだよね。送料とか手数料とかかかるし。でも、出かける交通費を考えると、そんなに変わらないのかな。でも、イベント当日しかもらえないペーパーとか無料配布本をもらえるのも魅力なんだよね。

・・・なんて思いながら、24時間テレビを見ていたら、視覚障害者の社交ダンスの大会をやっていて、その会場がビッグサイトでした(よね?)。おお、今日行ったら、こんなのもやってたんだー、と思いながらテレビ見てました。

最近、KAT-TUNの赤西君が好きな娘は24時間テレビを寝ないでみるんだー!とがんばっておりました。実際、夜はずっと起きていたらしく、昼間ソファにもたれながら少し寝てたようですが、ほとんど見ていたようです。んで、終わった後に、チャリTシャツが欲しい!ということで、近くには扱っているお店がなさそうだったので、ネットで頼みました。黄と黄緑1枚ずつ。黄色の方はSサイズしか残っていなかったので、やっぱり人気あるんでしょうね。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

東野圭吾著「赤い指」
東野さん、直木賞受賞後第1作です。

赤い指 赤い指
東野 圭吾 (2006/07/25)
講談社

この商品の詳細を見る


前原昭夫は妻、息子、認知症の母と暮らす、平凡な一家の主である。ある日、「早く帰ってきて」という妻からのただならぬ様子の電話を受け、帰宅する。彼が自宅の庭で見たのは、見知らぬ女の子の死体だった。

息子の直巳が殺したらしいのだが、聞き出そうとしても、怒り、「未成年のやったことは親に責任があるんだから、俺は知らねえ」とわめく直巳。警察に電話しようという昭夫に、息子がかわいい妻の八重子は、ひたすら隠すことを力説する。

仕方なく、とりあえず、死体をダンボールに入れ、公園のトイレに置きに行った昭夫。殺人犯として捕らえられれば、直巳、ひいては自分たちにも未来はない、と訴える八重子。考え抜いた昭夫が思いついたこととは?

一方、捜査一課の松宮は、大変世話になった伯父の隆正の息子である所轄の加賀と組んで、この事件を捜査することになる。入院し、先も長くないと思われる隆正と顔を合わせようとしない加賀、2人の間には何が?

・・・と2つの話の流れがあるのですが・・・。

この作品、直木賞受賞後第1作ということで楽しみにして読んだのですが、私としては、前回読んだ「容疑者xの献身」の方がおもしろかった。なぜかというと、犯人側の主人公たちに感情移入できないからだと思うのです。

母親が、少女を殺してしまった息子をかばいまくるんですが、その息子がどうしようもないやつで、いくらいじめにあったりしているからって、親を親とも思わないその反抗的な態度はなんなのよー!と思ってしまう。自分が思うようにいかないのは、全部他人が悪いと思っている、最近増えているであろうジコチュウな若者。ま、そんな息子に育ててしまった甘い母親と、家族を省みない父親にも責任があるんでしょうが・・・。なんでそんな息子をかばわにゃならんのだ、という思いが強くて共感できません(いくら自分の子といえども)。

もう片方の、加賀と父親の関係の話の方が好きだ。

・・・これを書きながら、息子が書きあぐねている読書感想文のようだ・・・と思ってしまいました。書けない!と叫んでいる息子ですが、こんな文章しか書けない私も似たようなもんだ・・・と思った次第です。
高校説明会行ってきました
今のところ、娘が本命?としている高校の説明会に行ってきました。駅から坂を登ること10分ちょっとの学校。汗かいた・・・。今は別の高校と統合して総合学科の高校になっているのですが、以前妹が通っていた高校です。でも私が校内に入ったのは初めて。

生徒さんが司会をしながら、肝心なところは先生が説明してくれる・・・という感じで説明会は行われました。

単位制かつ総合学科ということで、1年次はほとんど普通の高校と同じカリキュラムなんですが、2年次以降は自分で将来の進路のことを考えて授業をとっていかなければなりません。単位のとりかたは大学と同じ感じかな。

将来こういうことをしたい(こういう職業に就きたい)、そのためにここに進学したい、ここに進学するためにこういう授業をとる・・・ということで、ただ漫然とここの大学に行きたい、という考えではだめです、との先生のお言葉。授業でもインターンシップやいろいろな職業の方を招いての講演、自分でインタビューをとりに行く・・・とか、授業以外にもいろいろなボランティア参加などがあるようです。

受身で授業受けてればいいや・・・ではなく、自主的に動かなくてはいけないので、やりがいはありそうだけれど、大変そう。人前で発表、の機会も多そうです。娘は大丈夫だと言ってましたが、果たして・・・?

神奈川県の入試は前期選抜と後期選抜がありまして、前期は内申と面接(作文のあるところもあり?)、後期が内申と試験なんですが、試験はやりたくない、前期で受かりたい、と言っている娘。けっこう面接重視らしいので、志望動機とか明確にして、はっきりしゃべれるようにしないとね。あと、内申よくしたいんだったら、もっと普段から勉強してよ・・・。「塾には行かない」と言いつつ、ほとんど勉強している様子も見せず、パソコンに2時間以上張り付いてるっていうのは・・・。
ピュアフル・アンソロジー「夏休み」
読み終わってからずいぶんたってしまったのですが・・・。

ピュアフル・アンソロジー 夏休み。 ピュアフル・アンソロジー 夏休み。
あさの あつこ、石井 睦美 他 (2006/06/01)
ジャイブ

この商品の詳細を見る


いわゆるYA(ヤング・アダルト)というのか、ティーン小説というのか・・・少年・少女の夏をテーマに書かれたアンソロジーです。大人の方でも自分の子供のころや学生時代を思い出しつつ、読める作品だと思います。

私はあさのあつこさんの名前にひかれて買ったのですが、そのほかに梨屋アリエさん、石崎洋司さん、石井睦美さん、前川麻子さん、川島誠さんが書かれています。私はほとんどYAを読まないので、よくわからないのですが、みなさんその系統の作品を書く作家さんなのでしょうか?

私が一番印象に残ったのは、石崎さんの「Fragile-こわれもの」という作品。主人公が好きなビー玉が、なんかせつない夏にぴったりで、私もビー玉落としてみようかな・・・って気になりました。

それぞれ、夏の間に一歩大人に近づいた感・・・のある作品たちです。夏の元気補給、というより、夕方のオレンジ色の中で(バックにはひぐらしの鳴く声が)せつない感に浸りたい・・・って方におすすめです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

旅から帰還
鬼怒川・日光の旅から帰ってきました。旅ってほどのものではなかったのですが・・・。

せっかく東照宮が目の前・・・という宿に泊まったのに、息子は修学旅行で見学したばっかりだし、娘もそれほど興味なさそうだったので、寄らずに帰ることに。とりあえず、神橋というのが8年ぶりにきれいになったらしく、橋の下を見れるのもこの1年だけ・・・というので渡ってきました。

そのあと土産物屋など見ながら駅までぶらぶら。重い荷物を持っての歩きはけっこうきつい。

娘が夕方から友達と近くのお祭に行く約束をしてる・・・っつーか、「ごくせん」が見たい、とそうそうに帰宅です。東武だと2時間で浅草へ着けるので電車はけっこう快適。車両はスキスキだし。そのあとの都営線も京急も座れたし。

しかし、行き当たりばったりの旅だったなあ・・・。重い荷物は子供等の修学旅行のように宅急便で家に送りたい気分です。

残るは子供の宿題だ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

今日は日光泊
20060822215702
江戸村の花魁さん。この後、寄り道してから、路線バス、東武線を乗り継いで日光へ。無計画で出発したので、けっこうハードです。荷物も邪魔だし。温泉と食事はいいけど。
ホテルの夕食
20060821205703
鬼怒川に来ています。夕食はうちの普段のおかずの3倍くらいありそう。温泉にも入ってゆったり気分です。
旅に出ます
このところ、毎日暑くて参ります。2階の南向きにある、私が寝ている部屋は、寝る時間近くまでクーラーつけっぱなしです。

21日から23日まで2泊3日で鬼怒川&日光に行ってきます。それも子供と3人で。ダンナは仕事があるので、母子家庭状態です(といいつつ、土日は休みだったのに・・・)。

私はあんまり乗り気ではなかったのですが、子供2人が「泊まりに行きたい」とうるさくて(受験生、勉強はどうした!)。ダンナが8月中は夏休みがとれないので、3人で行けば?と無責任なことを言ってくれたので、急きょ、ブリミュの帰りに旅行社に行って、電車で行かれるところを・・・と相談し、その日は時間が遅くて電車などがコンピューターでの手配ができなかったので、次の日にもう1回出直して、宿&電車を取りました。1泊は自分でネットでとった方が安かったので、家に帰ってからネットで。

そんなわけで23日まではパソからの更新はないと思われます。パンフ見ると、1泊目のホテルにはネット環境がありそうなんだが。更新するとしたら携帯からかな。

それでは、久しぶりの列車の旅に行ってきます。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ブリミュ観ました
子供2人とともに、ブリーチのロックミュージカルを観てきました。

ストーリーとしては、現世からソウル・ソサエティに連れ戻されたルキアを助けようとする一護がS.Sに侵入。一角・剣八・恋次・白哉らと戦い、磔架(うわっ、コミックスがないのでこれでいいのかわからない!)のルキアを助けようとするところまで・・・です(すごいはし
ょってますが)。

そしてストーリーモードの後に、ライブモード?があります。

内容は、やはり前日にブリミュを観に行った「のたのた」のさっきーさんが、素敵なイラスト付きで詳しいレポを書いてらっしゃるので、私はパス(苦笑^^)。その他、私の感想とかを少し・・・。

今回、私的に一番インパクトがあったのは一角。最初のつきつきの舞?からやられちゃいました。面白すぎる、一角・・・。剣八とのからみもよかった。

ルキア役の佐藤さんは歌がうまい。全体的に歌は女性の方がよかった・・・かな。

一護と剣八の戦闘シーンで、剣八の斬魄刀が折れてやけに短かったのが気になったんですが、あれは元々の演出でしょうか(これもコミックスなくてわからない~!)。

恋次の卍解で狒狒王蛇尾丸が出てきたんだから、日番谷のときも龍出して欲しかったな。演出大変だろうけど。あ、背の高い(笑)ひっつんはそれほど気になりませんでした。あと、刀を鞘の納めるときに背中にしょってると入れにくそ~、と思ってしまった。


ライブの始めに後ろのドアからちょうちんを持った死神,Sが客席の間に立ってくれたんですが、私たちの席の近くには雛森ちゃんと乱菊さん、そして兄様がおりました。

ちょっと残念だったのが、セリフが長くて早口になるからなのか、はたまたマイクのせいなのか、ときどきセリフが聞き取れなかったこと。

・・・ストーリーの終わりのときだったのか、ライブ後だったのか忘れちゃったんですが、みんなが舞台に集まって、剣八役の鈴木省吾さんがあいさつすることに。「こういうことに慣れてない」とつっかえながら話す剣八。観客から「剣ちゃ~ん」の声援が飛んで、照れたのかますますしどろもどろ。「やちる~」とやちるを探したのですが、やちるは恥ずかしがって(笑)出てきませんでした。その後、一角に「あいさつしろ」と話をふってましたが、観客からは「つるりん~」の声援が(爆笑)。

全体的には楽しめました。それぞれのキャラの特徴もよく捉えられていたと思うし。娘も「続きやるかな」と言ってました。

今回初めてのブリミュだったので、前回のDVDも観てみたいんだけど、けっこう高いよね、DVD。そういえば、今日DVDの撮影、と言って、私らの後ろの席にカメラが設置されてました。どうしようかな、買おうかな・・・。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

うちはの生き残り!?
どこかへ出かけたい、とうるさい子供たち。始めは「日本沈没」でも見にいこうか・・・とネットで予約をしようとしたのですが、席が一番前だったので、断念。結局漫画喫茶に行くことに(全然違うやん)。「僕等がいた」10巻まで読み終わりました。

で、今日のアニナル。内容的には特に・・・なんですが(「11人」てとこが悲しいね)。スパイ?だったじいさんが住んでいた部屋の大家さんらしき人を見て、息子と娘が「うちはせんべいのおばさんだ!」と言って、確認のためにコミックスを持ってきました。確かに25巻154ページのおばさんの顔だったよ。うちはの生き残りはまだいたよ・・・なんちゃって。

くだらなくてすみません。しかし、上忍もいっぱい出てきたのに、カカシ先生の姿ありましたか?

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

兄様が行く
WJの兄様のワカメ大使を大層気に入ってしまったうちの息子。兄様のルキアに対する愛?にも気づいてしまったのか、今日のアニブリで・・・

ルキアが女のバウントにやられているときの息子のセリフ。

「ルーキーアー、大丈夫か(兄様風に)」

「ルーキーアー(あくまで兄様風)」

「・・・って言って白哉が助けに来るんじゃないの」

・・・なんて言いつつ、私と娘は息子のセリフに笑いながらテレビを見ていたら、ホントに現れました、兄様!もう3人で大爆笑です(いや、笑う場面じゃないって)。だめじゃん、一護、兄様に先越されてちゃ。

話変わって・・・携帯ジャンプランドの8月の新しいカレンダーがひっつんだったので、早速ダウンロードして待受けに設定しました。ずっとエリザベスだったんだけど。

ジャンプクイズのナルトをやったら、全問正解するとカカシをおんぶするガイのシーンが出てきました。キモ・・・と思いつつも、これも保存。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

伊坂幸太郎著「重力ピエロ」
このところ、時間はいっぱいあるはずなのに、本が進みません。しかし、本屋に行って気になる本を見つけるとついつい買ってしまう私。まさしく「積読」です。

さて、そんな中、やっと読み終わった1冊です。

重力ピエロ 重力ピエロ
伊坂 幸太郎 (2006/06)
新潮社

この商品の詳細を見る


兄である泉水(いずみ)、弟の春、そして癌で入院している父。美しかった母は亡くなっている。実は春は母親が未成年に強姦されてできた子供だったが、父母はその子供を産むことを決意し、ずっと幸せな家族として過ごしてきたのだった。

そして兄弟が大人になったころ、連続放火事件が始まる。放火の前にはそれを予告するように謎のグラフィティアートが描かれていた。そんな絵を消す仕事をしている春。グラフィティアートが自分が仕事で扱っている遺伝子の法則にのっとって描かれているのではないか・・・ということに気づいた泉水は弟、春とともに犯人捜しを始める・・・。

この小説は一種の推理小説なのかなあ。放火の犯人捜しをする、という点では。同じ作者の「オーデュボンの祈り」も島に足りないものは何か、というのが謎だったし(そういえば、オーデュボンの主人公がこの作品にもちょっと顔を出しています)。そのわりには早く先が読みたくてどんどん読み進めてしまう・・・というのがないのはなんでだろう。

「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」っていう春のセリフがあるのですが、これがこの小説(というかこの作者の?)スタンスなのかな。私はどちらかというと、人間の内面を深くえぐって書かれた作品が好きだから、(見た目は)軽く書かれたものに共感できないのかもしれません。実際はけっこう重い主題について書いているのに、文章がスタイリッシュというか・・・その辺のギャップに違和感を感じるのかも。

でも、この家族の強いつながりはすごく感じられる。私が好きなのは、強姦されて妊娠してしまったのに、産むことを決めたお母さん。四肢の不自由な我が子を初めて見たときに「あら、かわいい」と言った「五体不満足」の乙武さんのお母さんを思い出しました。

お父さんもすてきです。小学生のとき、春の描いた絵が県のコンクールで優勝したとき。春が生まれた事情を知っている女性審査員の心ない言葉に答えた「親が、生まれてくる子供と対面するのに理由なんてないじゃないですか」とのセリフが好きです。

伊坂さんの作品、そんないっぱい読んでいるわけではないけれど、アンソロジーで読んだ「死神の精度」や「チルドレン」(WOWOWでドラマ化したのに、見逃した!)や「魔王」の方が私の嗜好には合っているかも・・・です。



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

夏コミお疲れ様でした
3日続いた夏コミも終わりましたね。参加された皆様、お疲れ様でした。特に2日目の土曜は大雨と雷とでずいぶん足止めされた方も多かったのではないかと・・・。参加されてる方にメールしたら大変な様子でした(雷雨の間、パシフィコ横浜の大ホールにいて被害に遭わなかった私)。

今朝『ズームインスーパー』という朝の情報番組で、夏コミをちょっととりあげていました。現在では世界的にも有名になっているとか。でも紹介されていたのが、3日目の様子だったのか、ネコ耳だとかメイド服みたいのしか出てこなくて、夏コミ知らない人がそんなものなのか・・・と思ってしまったらやだな(いや、ネコ耳が悪いってわけじゃありませんが)。

その中で夏コミに参加し続けて40年、御年60歳って方がインタビューされてて、なんだ、40ウン歳の私なんてまだまだいけるじゃん!と思ったしだいです。普段若い人ばっか見ているもんで・・・。8月27日のイベントはスペースがとれなくて不参加となったのですが、9月のブリオンリーに向けてがんばらねば、と思わされました。

テーマ:夏コミ!! - ジャンル:アニメ・コミック

遥か祭2006
遥か祭2006の昼の部に行ってきました。

夜は子供もいるし・・・てこともあったのですが、昼の部には「遥かなる時空の中で 舞一夜」のプレミアム試写会というのもついていて、どこよりも早く映画が見られる・・・とのことだったので、こちらに行くことにしました。

開演ぎりぎりになってしまって、2階席まで階段でグルグル。2階席といいつつ、4階分の階段を昇りました(なんせ、大きなホールなもんで)。席は一番後ろ。でもまあ、見やすいかな。

イベントが始まり、出演者の顔みせ。川上ともこさん、三木眞一郎さん、関智一さん、高橋直純さん、宮田幸季さん、中原茂さん、井上和彦さん(私のお目当てです!)、保志総一朗さん、櫻井孝弘さん。残念ながら石田彰さんはいませんでした。そのあと、主題歌を歌っているSONAさん(ユンソナさん)の歌に続いて映画スタート。川上ともこさんが「人間以外は実写みたい」とおっしゃられたとおり(?)、きれいな映像でした。

休憩をはさんで、声優さんのコーナーに。「遥かなる時空の中で」の手紙をモチーフとしたライブドラマ。私は「八葉抄」のアニメしか見たことがないので、同名のゲームシリーズの登場人物はよく知らなかったのですが、そのシリーズごとに声を変えて演技?をなさっている声優さんてすごいな~と感激(今さら?)。井上ボイス、堪能しました。今回初参加という櫻井さんもいい味出してました。川上さんも砕蜂のときとは違ってかわいい感じの声。

途中、それぞれのキャラクターのモノローグや歌をはさみながら、最後のほうでは「習うなら日本舞踊と社交ダンスどっち?」というディベートもあり。日本舞踊だと力説しながら最後1人だけ社交ダンスを支持した井上さん(笑)。

それにしても会場はブリのときよりさらに女子割合が高く、男子は生きた化石、と言われていました。コスプレイヤーの人も多かった。

12時半ころから始まって、5時過ぎになっても終わらなかったので、家に帰らなくてはいけない私は最後のあいさつ前に出てきてしまいました。残念。それからパンフを買って、ほかにも何か・・・と思ったのですが、欲しいと思っていた井上さんのボイスカードは売り切れ。やっぱり余裕を持って家を出るべきだった・・・。

井上さんがライブ中にも「外はすごい雨です」と言っていたんですが、ホント、すごかったみたいですね。私が会場出るころには雨もあがっていて、名残で周りが濡れてるだけでした。

帰りはワールドポーターズの映画館に寄って、ブリーチの映画の前売りとポスター全3種ゲットして帰りました。

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

私が知りたいので答えて下さいバトン
ナナコさんからいただいたバトンです。同人誌とか読み始めてそれほどたっていないので、ジャンルは少ないのですが、答えてみたいと思います。

1.初めて読んだ夢のジャンル・最初に書いた夢のジャンル(夢=二次創作)

大学生のころ(そりゃ~もう、20年以上前の話です)、漫研に入っていて、行ったコミケで高校時代の友達と遭遇。その人は当時「OUT」という雑誌にガンダムのパロ小説を書いていたのですが、その人の本を買いました。当時買ったのはその1冊のみ。シャーとムーミンにでてくるノンノン(原作はフローレン?でしたっけ)とのからみ・・・というけっこう斬新な話でした。池田秀一さんのインタビューも載ってました。

それから時は流れ・・・2年前にナルトにハマって、初めて2次創作の漫画を描きました。作品と呼べるものではないですが・・・。

2.覚えている限りでジャンルの経緯

はまったのはナルトとブリーチのみです。ハガレンで、ナルトのときに好きだった作家さんが書いているので、そのサークルさんのはときどき買ってます。

3.そのジャンルで誰が一番好きでした?

ナルトはカカシ、ブリーチは日番谷君。「でした・・・」ではなく、現在進行形「…ing」です。

4.サイト名とHNの由来

自分の名前の名前に続けて××子っこでこっこ。まあ、自分の日常を書くから・・・とサイト名は安易につけました。漫画描くときのPNは別にあります。

5.バトンを回す5人くらいの人

二次創作とかに興味のある方、ひろってください。

・・・こんなんもんでどうでしょう?

テーマ:バトン - ジャンル:アニメ・コミック

当たりました
20060810010301
WJの懸賞で当たったジャスタウェイのイヤホンです。当選人数多いヤツだったと思うけど、当たったことないのでうれしいです。

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

父の命日
8日は父の命日でした。父が亡くなって、もう2年たってしまったことになります。

台風の影響か、雨が降っていたのですが、妹と待ち合わせして、お墓参りにも行ってきました(うちの子2人も一緒に)。帰宅したら、葬儀を頼んだ葬儀社から三回忌なので仏前に供えて・・・と大きな花束が置かれていました。確か去年もいただきました。お心遣い、ありがとうございます(どこの葬儀社も、そういうサービスってしてくれるもんなんでしょうか?)。

夜に江原さんの「天国からの手紙」?ってタイトルだったか、亡くなった人の声を江原さんが残された家族に届ける・・・という番組をやっていました。ご主人が交通事故で突然に亡くなってしまって、どうしたらいいかわからないときに子供の存在に救われた・・・みたいな話があったのですが、父が亡くなった当時の私はまさにこれでした。子供達の元気にずいぶん救われました。

もうひとつ、NARUTOにもずいぶん元気をもらったんですが、最近は当時ほどのワクワク感がなくて残念。

話変わって・・・しばらく調子よかったパソコンがまたおかしくなりました。今回はデスクトップの画面さえ出てきません。家にあるパソ関係の本をひっくり返して、セーフモードで立ち上げる・・・というのもやってみたのですが、それさえ途中で止まってしまいました。・・・ので、今は違うパソコンから打ってます。気をつけて頻繁にデータ削除したりしてるんだけどな。何がいけないんだろう?聞きたいダンナは、仕事のトラブルが解決しないのか、今日は泊まりで帰ってきてません・・・。ブログの更新が滞るかも・・・です。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ナルト映画観ました
子供等とナルトの映画を観てきました。別の用事で外出して、今日は前売り券を明日の座席指定券に替えるだけにしよう・・・と思っていたのですが、窓口で聞いたら、18:25の回にまだ余裕があるとのことだったので、時間まで暇を潰して、今日観ることにしてしまいました(時間潰しにお化け屋敷にまで入ってしまった・・・)。

前売りは買ったものの、予告や宣伝を見る限りでは、なんか子供向けで去年より面白くないかな・・・と思っていたんですが。意外と楽しめました。これから観る方もいるでしょうから、内容は書きませんが・・・。

思ってたよりカカシの出番が多かった!たとえ、最後はヘタレでも・・・。忍服じゃなくて、額当て以外で目を隠したカカシが出ます(ちょっとネタバレ?)内容はいいわ(いえ、決して悪い内容ではありませんよ)、カカシセンセが出れば・・・って方は是非観てください。

今回はけっこうリーがカッコよかった(私的には)。

でもね、作画があんまり私の好きな絵じゃなかったんだよね。カカシもなんか目がいつものカカシと違うよ~、てなところが多々あったし。この辺は好みの問題なので、何とも言えませんが。


話変わって・・・。

ブリーチの映画サイトで、前売り券を販売する・・・ということだったんですが、今日行った劇場は次の土曜日から販売するそうな。ちぇっ、親子3人分のチケット買って、ポスター全部そろえられると張り切ってたのにな。土曜、「遥か~」イベントの帰りにでも買って帰ろうかな、同じみなとみらいだし。

あ、あと、映画の予告編でブリーチをやって、大画面にひっつんが大写しで出た~!!あとは一護と恋次と剣八と兄様だったかな?ちょっと忘れてしまいました(ひっつんしか目に入らない)。もし、出てなかったら、すみません。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

日焼け
あるスポーツ店で息子のサッカー用のトレーニングシューズを買ったときに、アディダス主催のサッカースクールに行きませんか?と声を掛けられ(サッカー用品を買った人の特典?らしい)、出かけてきました。

「おはスタ!」でもサッカーコーナーに出演している(最近「おはスタ見てないけど、まだいるんだよね?)トム・バイヤーさんがコーチングしてくれるということで、楽しみに出かけたのですが・・・なにしろ暑い!今日も35度近くあったんじゃないの?日傘をずっとさしていたんですが、傘を持ってなかったほうの腕が、帰ってから見たら、真っ赤になってました。この歳で日焼けはまずいよ!(土方焼けになってるし・・・)。

夜は近所の盆踊りに、PTAとしてパトロールに行きました。ちょっと回っただけなんだけどさ。


話変わって・・・早売りジャンプ、読みました。内容はネタばれになるので書きませんが、久しぶりに兄様と剣八見たよ~!今回は死神がいっぱい出てた。それより何より、番外編が面白かった!ルキアと兄様の美的センスが疑われます。ひっつんの苦手なものが私と一緒っていうだけでうれしいさ!

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コミックス発売日
似てないけどルキア。

rukia02.jpg

今日(4日)はジャンプコミックスの発売日でした。本屋はバスに乗らないとないので、近くのコンビニへ。便利になったもんだ。

買ったのはBLEACH,NARUTO,アイシールド21。子供と私でそれぞれ最初に読みたい本が決まっているので、争いなし。ちなみに、BLEACH=私、NARUTO=娘、アイシールド=息子です。

ちゃんと読んだのはブリチだけなんだけど、いや~、本誌で読んでるわりにはけっこう忘れてます。一角がかっこよかった。ハゲ(失礼!)は好みじゃないんですが。「戦い好き」ってところが私の心をくすぐるのかも。

しかし、ブリチはコミックスになる速度?が遅いよ。今回買ったものの中でも、ナルトが今年の17~27号分、アイシが9~17号分なのに、ブリチは去年の分だよ。間隔あき過ぎて、内容忘れちゃうのかな。ま、それもまた、新鮮な気持ちで読めていいかも。

あ、あと映画ですが、ジャンプ本誌に載っていた前売発売館には近いところがなくて、どうすんべ~と思っていたのですが、今日映画のサイトを見たら、いつも観に行ってる映画館が載っていました。よかった!これでポスターももらえるぞ。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

マリノスVSセルティック・パート2
自由席だったので、早めに行こう、と5時ころにはスタジアムに到着。中に入ろうとしたら、なぜかW-indsの招待ブース?みたいなテントがあって、若い子が並んでいました。「サッカーの試合じゃなくて、コンサートだったらどうする?」なんて冗談を言っていたのですが、試合の前にW-indsのミニライブみたいのがあって4曲ほど歌ってくれました。9月に出る新曲もいち早く聴かせてくれました。なぜにW-inds?と思っていたのですが、映画『GOAL!』のイメージソングを歌っていたようです。

しかし、歌の後、ぱらぱらと帰ってしまった女の子たち、サッカーには全然興味がないのか・・・。せっかく中村俊輔が出場するのに・・・。

試合の方は、3-0でマリノスが勝ちました。そんなに中村の活躍は見れなかったかな~?とも思ったんだけど(途中で交代しちゃったし)、中村のフリーキックが見られたからいいかな。ゴールには入りませんでしたが。セルティックでは中村以外ではスノというMFの選手に目がいっちゃいました。ボールにもけっこうからんでたと思うんだけど。

動きはマリノスの選手の方がよかったかな。でも中澤も久保もドゥトラもいなくて残念。マリノスの試合、何回か観戦しているけど、久保の姿、1回も見てない気がする。

しかし、7時過ぎキックオフというのは子連れにはちょっときついよな。まあ、日韓ワールドカップのときなんか、ロシア戦9時くらいのキックオフだったから、それと比べたらましだけど。

テーマ:横浜Fマリノス - ジャンル:スポーツ

マリノスVSセルティック
20060803190302
日産スタジアムに来ています。19:10キックオフ。

テーマ:横浜Fマリノス - ジャンル:スポーツ

CD買いました
20060803092701
ナルトは子供のリクエスト、UVERは自分用。

ナルトの曲は子供が欲しい!と言って買ったシングルもけっこううちにあります。このところCDの枚数も増えてきて、置き場所にも困ってきたので(よく聴くCDはパソコンのそばに平積み)、重なる曲はリサイクル店にでも持っていくかな。

UVERworldは私の最近のお気に入り。もちろん(?)ブリーチアニメのOPからファンになったんだけど、曲もさることながら、ボーカルTAKUYA∞の声が大好き。あのハスキーで、メロディの間にはいるため息みたいな声が最高なんだ(ん~、声をどう表現していいかわからず、変な表現に・・・)。

今回のCDの初回限定版にはライブでの映像の入ったDVDがついてくるんですが、これもいいですね~^^。しかし、この映像を見ていて不安が・・・。9月19日のZepp Tokyoでのチケットをとったのですが、立ち見なんだよね・・・。このDVDのように熱い会場で私のようなおばさんががんばれるのか!?Zepp Tokyoっていわゆるライブハウスですよね?行ったことないんだ、ライブハウス・・・(っていうことを心配する前に、当日行かせてもらえるかがまず問題なんだが)。

考えてみたら、昔からハスキーな声って好きだったな。古くは大沢誉志幸さん(漢字違ってたらごめんなさい!)の『そして僕は途方にくれる』。今の若い人は知らないかな。あとは徳永英明さんとか。ハスキーとは言えないかもしれないけど、ため息系(?)では玉置浩二さんの声も好きです。色っぽい声です。久保田利伸も好きだ(『Missing』が大好きでした)。

・・・だんだん話がそれてきましたが、素敵な曲を聴いて夏の暑さを吹き飛ばそうっと。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

忍者ドーム行ってきました
今日は子供と一緒に忍者ドームへ。去年2回目に行ったときにめちゃ混みだったので、今日は早めに出たのですが、声優さんのイベントとかがなかったので、それほど混んでいませんでした。

とりあえず、去年食べれなかった一楽ラーメンを食べてきました。

20060802003306


だんごも買ったけれど、これは後で食べました。

私が参加したのは、ビンゴと(娘がビンゴで景品とりました。文房具だったけど。20人くらい?)クナイ投げと3Dシアターくらいかな。子供は追加のコインを買っていろいろ参加しましたが。

リーの修行で30秒で180回以上パンチできると、リーのパンチングがもらえる、というのがあったのですが、息子、届かず。2回やったのに。

グッズコーナーではまた散財。映画の忍形集が先行で販売されてて、なんか微妙~と思ったけれど、買ってしまいました。自分用にはカカシのミニトート。これも先行。

息子が忍者サンダルが欲しい!と言って、サイズ的には21~22CMと書いてあったんですが、試しばき用のを履いたら入ったので、これも買ってしまいました。うちで試しに普段23.5CMを履いてる私も履いてみたら、入りました。そうしたら娘まで買えばよかったと言う始末(娘は私と同じくらいです)。もう行かないよ・・・。

それから先行の忍者根付のガチャポンで暗部カカシをゲット、DCDの300円のシートでも暗部のカカシゲットです。

その後はジャンプショップに寄って、また無駄遣い。

夏休みは出費が多いです・・・。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

無条件バトン
ずいぶん前にはまさんからいただいたのですが・・・「無条件バトン」です。

無条件にときめく×××な人を3人

 ・はたけカカシ
 ・日番谷冬獅郎
 ・ん~、最近すごい気になるのは小池徹平君?カワイイ。

無条件に嫌いな×××を3つ

 ・夏の暑さ。暑いのすごい苦手。汗っかきだし。
 ・遠心力のかかる乗り物。縦回転のジェットコースターより回し過ぎのコーヒーカップの方が嫌だ。下手すると酔う。
 ・ドライフルーツ。これの入ったパウンドケーキ、もらってもうれしくありません。亀梨君も干しぶどう嫌いだって。私も給食のぶどうパン、残したもんだ・・・。

無条件でお金をかけられる×××を5つ

 ・好きキャラのグッズ。使いもしないものがゴロゴロ・・・。
 ・本(漫画、同人誌含む)
 ・気に入ったブランドの服
 ・絵・・・きたのじゅんこさんの絵が好きで、版画ずいぶん買ってしまいました。その他の作家さんも何点かあります。
 ・見たいと思ったコンサート、イベント等のチケット

無条件に好きな×××を3つ

 ・BLEACH
 ・NARUTO・・・最近ちょっとトーンダウン?でも、明日忍者ドーム行くぞ!
 ・プリン・・・なぜか食べ物

無条件にバトンをとらせる5人

 ブログで好きキャラへの愛を叫んでいる(?)たくゆいさん、すばるさん、anzuさん、ナナコさん、さっきーさん、よろしかったらお願いします。スルーでもけっこうですので^^。
 

テーマ:バトン - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。