プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団ひとり「陰日向に咲く」
お笑い芸人、劇団ひとりの初小説本です。

陰日向に咲く 陰日向に咲く
劇団ひとり (2006/01)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


5本の短編が収められているのですが、それぞれ独立しているようでいて、登場人物がリンクしています。

お笑い芸人さんらしくそれぞれの話のオチがひねりがきいています。

登場人物がみんな世渡りベタな人達なんだけれども、読んでいてなんかほっとさせられます。

私は「ピンボケな私」のラストが好きだな。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ナルトキャラ勢揃い
20060529102101
うちにあるナルトの縫いぐるみを集めて記念撮影。この他にボロ過ぎて出せないのもあります。
ポケモンもこの位あるかも…。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

絵チャに参加
夕べ、ナナコさん宅のブリーチ絵チャに参加しました。ブログを拝見してたり・・・はあったのですが、ナナコさん以外は初めての方ばかり。でも暖かく迎えていただきました。

皆さん、とてもお上手でうらやましい。私はとにかくお絵描きソフト全般、色塗りが苦手なので(今だに機能を把握していない、ということもある)。色の使い方のうまい方はそんけーしてしまいます。

ブリーチ絵の後はフリージャンルになったのですが、今回は描かないつもりの私もすすめられてちょこっとだけお絵描きに参加しました。皆さんなんでそんなちっさくキャラが描けるの!と驚きです。私も次回に備えて(?)ちっさいキャラ(ひっつんではありません!)を描く練習しよう。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

獣王星第7話
夕べ(といっても日付は今日)遅くまで起きていたので、初めて「獣王星」をリアルタイムで見ました。

今回はブラン・リングのトップであるザギに呼び出されたトールが、獣王になってもヘカテからは脱出できないこと、歴代の獣王は冷凍保存されている、という真実を聞かされ、独立戦争を持ちかけられる。

ブラン・リングのセカンドであるカリムはトールを特別扱いすることに危機感を感じ、ザギに箴言するが、反対にザギに追い出されてしまう・・・というあらすじ。う~ん、説明下手ですみません。

前回、感想を書かなかったので、光一君のトールについて。
15歳にしては大人びた声かな・・・という気はするんですが、違和感はありません。今週、小栗君(サード)の出番はなかったけど、先週の光一君トールとのからみでは今までほど、違和感感じなかった。単に声に慣れただけ?

カリムはもうちょっと高い・・・というか女の子らしい声を想像してました。りりしい・・・と思ってたら、朴さんだったんですね。いや、途中からそうかな・・・とは思ったのですが、「NANA」みたいに低音ですごむ時にエドや冬獅郎っぽくならなかったもので。

しかし、朴さん、私が観てる深夜アニメ3作に出てるのか。すごいな。

ストーリー的には一番期待して観てるアニメです。来週も楽しみ。

テーマ:獣王星 - ジャンル:アニメ・コミック

ブリーチDVD&DSliteゲット
何人かのブログでブリーチバウント編の特典CDが面白い、との記事を見て買ってしまいました、DVD(本編目的でないところが・・・)。

「尸魂界の休日」って題名ですが、やってることは藍染反乱の後の隊員&一護たちの健康状態把握のための健康診断です。

おもしろさ満載なのですが、私が特に気に入ったところを。

・女子側の話を漏れ聞いて、鼻血出す檜佐木。
・冬獅郎を子供扱いの一護。確か、ジャンプDVDでも「ちっちゃいの・・・」とか言ってたよね。
・一番怖いのは卯ノ花隊長であることが発覚。

などなどです。

バウント編2巻も「死神図鑑ゴールデン」のDVDが付く、ってことで今から買う気マンマンなんだけど(ホントはこっちがお目当てだった)、こんな調子で買う気にさせられる特典がどんどん付いてきたらどうしよう。見ない本編ばかり残ってしまう(←失礼?)。

んで、このDVDをアニメイトで買ったあと、そごうのおもちゃ売り場へ行ったんですが、そこで「DSlite入荷しました」の張り紙が!息子のDSが行方不明になって(ほんと、ありえねえ~)私のDSが使われてしまっているので、私用に買っちゃいました!
でも、子供に見せたら使われそうなので、内緒で使います。最近、もの忘れに磨きがかかっているので、脳トレ関連のゲームをしよう。知り合いでアルツハイマーになってしまった人がいて、少しでも予防策を取ろう、と思った私です。


テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

恩田陸「チョコレートコスモス」
チョコレートコスモス チョコレートコスモス
恩田 陸 (2006/03/15)
毎日新聞社

この商品の詳細を見る


久しぶりに貸本屋さんで本を借りて読みました。返却してから1週間くらいたってしまったので、うろ覚えの部分も多いのですが、ちょっと内容を。

舞台演劇のお話です。
幼いころから舞台に立ち、多大な人気と評価のある若くしてベテランの感のある東響子。しかし、廻りの女優の台頭に不安感も出てきている。

そんなとき伝説の映画プロデューサー、芹沢泰次郎が手がける芝居の大々的なオーディションが開かれるとのうわさが持ち上がる。

一方、旗揚げもしていない無名の学生劇団に飛鳥という1人の少女が入団した。舞台経験のない彼女だったが、その天才的な演技で周囲を圧倒させていく。

そして、2人は・・・という風に話は進みます。

すでに実力、人気ともにある女優と天才演劇少女・・・といえば、おのずと美内すずえさんの「ガラスの仮面」を思い浮かべますよね。この作品は恩田さん自身も「ガラスの仮面」をモチーフにして書いた、とおっしゃっています。でも飛鳥はマヤのように「お芝居が好き!」というタイプではなく、舞台の向こうにある何かを見つけたくて、演技を始めた、どちらかというとたんたんとしたタイプです。

恩田さんとしてはめずらしくミステリーではないのですが、小説の中の劇中劇として、ガラスの箱に入った金色の林檎をその守役から奪う(?)演技、3人の登場人物を2人で演じる芝居、「欲望という名の電車」ブランチの影のブランチを演じる芝居(2人のブランチがいることになります)3本あって、女優OR女優の卵たちがどのように演技するのか・・・というのがけっこうワクワクしながら読めました。

ちょっとネタバレになるかも・・・なので続きへ。
■ 続きを読む。 ■

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

乱菊さん
rangiku001.jpg

叶美香さんあたりに死覇装着てもらったら、リアル乱菊になりそう・・・と常々思っている私です。腰が細すぎちゃいました。

線画をスキャナーで取り込んで、CGソフトで色をつけたんだけど、すげ~時間かかった。1回、パソコン教室とかでじかにソフトの使い方を教えてもらいたいもんです。マニュアルを読み通す気力がない。

お絵描き掲示板にもかなり久しぶりに絵を描きました。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

最近のNARUTO
WJのNARUTO。今週号は再会したナルトをサスケが殺そうとする!?ってところで終わったわけですが・・・。

サスケが出てきたことで、サスケスキーの娘は大喜びの様子で、さかんにパソでもイラストを書いているようで。サクラ、ナルトの姿を見て「ならカカシもいるのか」というサスケのセリフに萌えたカカサス人もいるでしょうが・・・。

な~んか最近のNARUTOにはのれない私。単にお気に入りのカカシが出ないからというわけではないのです。

サイが、サスケを暗殺するという自分の任務を放棄して、サスケを木の葉に連れ戻す気になったのが納得できない。サスケを連れ戻そうと一生懸命になっているナルトやサクラの姿を見て、自分の過去のつながりを思い出した・・・とか言っているんだけど、そんなに簡単に放棄できるほどの軽い任務なの?強行派っぽいダンゾウだけれど、大蛇丸のような敵から木の葉を守ろう、とする信念においてはこっちの方が正しいと思うのですが。

さらに言ってしまえば、やっぱり木の葉の代表としてサスケ救出を決めた綱手の決断がそもそもおかしいんだと思う。里をおびやかす存在である大蛇丸の下に、それを承知の上で行ったサスケ。それが里にとって、どれだけの脅威であるのか。サスケを助けたいというナルト(だけではないでしょうが)の気持ちと里全体の安泰を考えたら・・・と思うのですが。

我愛羅を倒した際のナルトの圧倒的な力、暁(イタチ)が自分ではなくナルトの力を欲していると知ったときのサスケ。このときイタチに復讐する、というだけでなくナルトに負けたくないという気持ちがサスケの中で大きくなったのは間違いない。サスケを大蛇丸のところに向かわせる原動力になってしまったのはナルト自身であることにナルトは気づいていないんでしょうかね。

・・・振返ってみると、2部がはじまる前から、私はずっと違和感を抱えていたことになるんですね。

息子がアニメで見出したころは大した関心もなく「ふ~ん、こんなのが面白いのかねえ」と思っていた私(伝説の三忍の戦い~自来也との修行のころでした)。それが息子にせがまれコミックスを買ってから、自分がハマッてしまい、すぐさまコミックスをそろえてしまいました。ちょうど、父が亡くなった直後で、ずいぶん励まされた気がします。ガイ先生の「自分を信じられないヤツに努力する価値はない!」(うろ覚えですが)ってセリフがやけに心に残ってました。

人とのつながりを否定するつもりはないけど、「サスケ、サスケ」一辺倒のナルトに何か鬱陶しさ(ナルトごめんネ)を感じてしまうんですよね・・・。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

横浜で買い物
ダンナと息子が釣りに行き、私と娘は今週末の修学旅行用の服を買いに出かけました。最近は修学旅行も私服なんだよねえ・・・。

娘がナルトの暑中見舞い申し込みセットが欲しい・・・と言ったので、まずはアニメイトへ。迷ったんだけど、私までブリーチの買ってしまった。

それから服を選ぶのに、地下街の後にマルイに寄ったら、娘がエミリー・テンプルのディスプレイされてたパンツを気に入ってしまって、試着してそこで買ってしまいました!・・・高かった!エミリー・テンプルってシャーリー・テンプルのお姉さんブランドだよね、嶽本のばらさんの「エミリー」って小説(私、これ大好きなんです)に出てきたヤツだよね・・・。さすがにフリフリの服は買わなかったのですが、娘はけっこうこういう系、好きそうです。・・・今回だけだよ、こんな高いのは・・・。

その後は庶民らしく、ヨーカドーでパジャマやら下着やらを買って帰りました。

早売りジャンプ(感想書くとしたら明日以降に)を見たら、今週のアニメにひっつんが出る(ちょっとっぽいけど)ことと、バウント編のDVD2巻の特典が「死神図鑑ゴールデン」だってことが載ってた!う~ん、本編はあんまり興味ないんだけど、これは予約せねば・・・かな。


テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

土曜にPTA
既に日付は変わりましたが、今日は土曜で学校はないというのに、中学校のPTAの総会がありました。私は今年、委員を受けたので、出ないわけにはいかず、出席しましたが、出席者はほとんど昨年度と本年度の委員でした。どこの学校でもこんな状態なのかな。

小学校も、クラスから選出する委員が懇談会当日に決まらず、委員顔合わせぎりぎりに、既に委員経験のある方が引き受けてくれた様子。来年のPTA役員の選出をする委員にいたっては(実際に動き出すのは秋過ぎ)、5月中旬に至っても決まらず、結局、6年間1回も委員経験のないお母さんの中からくじで決めることになったようです。

毎年、4月の頭に「今年委員を引き受けてくれますかアンケート」を提出するのですが、一回もやったことのない人でも「できません」で提出する人がほとんどです。そりゃあ、中にはPTAの活動をやるのがすきで、何回も受けてくださる方もいますが、ほとんどの方がしかたなく「1回くらいは・・・」と思ってやっているはず。自分の子供のことなんだから、6年間何もせずに隠れていないで、1回もやったことがない人はやってほしい!と思っちゃう。毎日仕事があって、PTAには参加できない・・・とか、病人を抱えていてできない・・・なんて人はそんなにいないと思うんですが。

いっそのこと、子供1人につき1回は委員をやることを原則にして、1年入学時に6年間のうちでどの学年で委員をやるのか決めてもらえばいい。大学の友人の小学校は、高学年になると、委員をやったことのない人の中で決めたそうです。

あ~あ、あんまりカリカリするのもな・・・とは思うんですが。

あと、この前美容院に行ったときに他の方が話していたのですが、夜にPTAの集まりがあることについて。昼間だと仕事をしているお母さんが多くて、夜にしたのでしょうが、てことは子供を家に残して親が出かけるってことですよね。よく考えるとそれって変な気がする・・・という話でした。子供のためのPTAのはずなのに(考えようによっては)子供の環境を危うくしているような・・・。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

恋次
20060520224200
ナナコさんリクエストのポスデルの恋次です。髪下ろしてるところがカッコイイ。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

友達と会う
半年ぶりくらいに大学時代の友達と会いました。お互いの近況や子供の話(同じ中3)とかをしていたら、その娘さんが最近少女漫画とブリーチにはまっているとのこと。思わず「私も好きだよ~」と言ってしまいました。重なって持っているポスターがあるから、好きなキャラがいたらあげるよ、という話もしました。その後、メールが来て、その話を娘さんにしたらとても喜んでいたとのことで、好きキャラのリストをつくっているそうです。こんなところからブリーチの輪ができるかも?(しかし、年齢差が・・・)。

友達と会った帰りに、7月のブリーチ声優イベントの先行チケットをゲット。夕方6時からの部は帰りが遅くなってしまうので(子供もいるので)、1時の部を2日分。娘のお目当ての杉山さん(雨竜の声)は8日に出る予定なので、そちらをまずとったのですが、ちょっと後ろの列。ところが9日が3列目!かなり前じゃん!でも、ナルトミュージカルの時も同じ会場で、通常列の前にS席みたいのがあったから、それの後ろになるのかな。8日の方が人気あるんでしょうか。大川さんが出るからかな(私は朴さんが出ないのでどうでもいい)。でも7月、楽しみです。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

出た!
20060519233302
ジャンプショップの前にブリーチのポスデル発見。二回目で待望のひっつんが出ました。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

母の時間を削るな~!
娘が「数学の宿題があるんだけど、√がいまいちわからない」と言ってきた。娘と同じころに√を習ったんだとすると、既に30年くらいたっているわけだけれども(年齢モロバレ)、一緒に考えながらなんとか教えられるかな・・・と思って、「(パソコンの前に)先に宿題やんなよ」と言ったのですが・・・。

アイシールドとナルトみながら夕食を食べて、2階に上がっていったと思ったら、しっかり2時間パソコンやってたらしい!

その後、10時からはいつも「プリマダム」を一緒に見ているので、私は2階で娘の側でテレビを見ていたんですが、ときどき「ここがわからない」と聞いてくる娘。なんとか考えて教える私。ドラマも落ち着いて見れなかったよ。ていうかそもそも宿題あるのに、一緒にテレビ見ているのが問題か。そしてどんだけ宿題あるのかと思ってたら、教科書3ページ分の√の計算問題!おまけに英語の訳の予習もする、というじゃないか。

結局、全部終わったら12時過ぎてしまった。ああ、パソコンも金曜に返さなきゃならない本も読む予定だったのに!

「やることやってからパソコンやりなよ」といつも言っているのですが、「やだ」のひと言。毎晩2時間以上パソコンに向かって(10時には終わりだよ、と言うのにズルズル延長している)、自分のサイトらしきものや絵チャをやっている娘。これが受験生なのか!?入れる高校がなくても母は知らんぞ。

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

ガシャポン
20060517155400
ヨドバシに用事があって出かけたら、ナルトと銀魂のガシャポンが。欲しかった鬼鮫と桂&エリザベスがわりとすぐに出てきてくれました。ラッキー。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

サッカー場
20060515150300
横浜そごうとスカイビルの連絡通路から見える風景。ここがマリノスの本拠地になるのかな。そういえば久保はW杯代表落選しちゃいました。残念。
うちに母の日はない
きのうは母の日でした。私とダンナの母親はすでに亡くなっているのでプレゼントする相手はいません。

何日か前に「日曜は母の日だ」という話題が出て、子供には「お金がなくて何も買えない(ゴールデンウィークに使い過ぎ)。日番谷の絵でも描いてあげようか」と言われていたので、特に期待もしていなかったのですが、その絵すらももらえませんでした。ちょっと悲しいかも。普段あまり母親らしいこともしてないしなあ(家事嫌い人間)。

親戚の法事があって、ごく内輪でやる・・・という話で、子供は留守番だったので、そんなところにも気が回らなかったか・・・。まあ、法事の会食でおいしい懐石料理が食べられたので、それでよしとするか。

その帰りに、横浜ポルタの地下街で鉢植えを売っていて、ダンナに「何か買ってあげようか」と言われたのですが、サボテンでさえ枯らした経験のある私は「いい」と答えました(お値段もかなりよかった)。

夜にサイトやブログめぐりをして元気をもらいましたとさ。

テーマ:『母』の日 - ジャンル:日記

ガメラを観ました
「小さき勇者たち~ガメラ」を子供達と観てきました。今さら特撮ものでもないか・・・という気もしたのですが、予告編を観たときにそれだけで泣きそうになってしまったのと、雑誌で怪獣映画を敬遠してきたママ(そんなタマじゃないが)にもおすすめ・・・とあったので。

うん、けっこういい映画でした。怪獣の決闘シーン目当てに見た人には物足りないかもしれないけれど、なかなかヒューマンなほろりとさせる作品に仕上がっていると思います。

ネタバレになりそうなので、後は続きから・・・。
■ 続きを読む。 ■

テーマ:小さき勇者たち ガメラ - ジャンル:映画

獣王星第5話・・・というより声優話?
昼食を食べながら、録画した「獣王星」の第5話を見ました。今回はサードにはめられた(?)トールがトップとの挑戦(トライ)をおこなって、負傷しながらもトップを倒し、茶輪(オークル・リング)のトップになるところまで。最後に白輪(ブラン・リング)のザギも登場。

ん~、今だに小栗君のサードの声になじめません。杉田さんの銀さんには違和感なくなったのに。私のサードのイメージはもっと声が低い感じなんだな(小西克幸さんとか希望)。高山みなみさんのトールはよいですが、相手に切りかかっていくときの声の迫力とか、朴さんの方がすごいな、と思ってしまった。この前超迫力の生アフレコ聴いてしまったからだろうか。いよいよ来週からはトールの青年期を光一君があてます。期待と不安が半々。

テレビを見た後、コミックスを見返していたら、テレビの1話分と漫画の各章が対応しているようなので、14章あるから14話やるんだろうか・・・ちょっと半端?しかし、メロディに載ったばかりの獣王星特別編(ザギの話です)完全版コミックスにすぐ収録されたのには驚きました。

テーマ:獣王星 - ジャンル:アニメ・コミック

出費は続くよどこまでも
春は税金やら保険やらお金が飛んでいく季節であります。
特に車関係。うちは春に車を買い換えた(はるか昔)ので、保険も点検も春に来ます。特に今年は車検で、昨日10万以上が飛んでいってしまった。自動車税も払ったし。

家関係では固定資産税に火災保険。父が亡くなるまでは、このあたりの保険は父が払ってくれていたので、今はかなりの負担。今までは父のおかげで楽してたんだな・・・と実感(しかし、貯金は貯まらず)。

大して広くはないのですが、庭があり、植物好きの亡き母が植えた柿やら梅やら木蓮やら・・・と木がいっぱいあって、特に柿なんてあっという間にズンズン天まで伸びていってしまうので、手入れがかかせません(ちゃんと手入れするようになったのは割りと最近なんですが、柿の木を切ったとき、1階にこんなに日差しが入るとは!・・・と驚いてしまったものです)。そのための剪定と虫がつかないように消毒を植木屋さんに頼むので、そこでもお金がかかる。

昨日はさらに息子の修学旅行の集金があった。娘の方は既に銀行引き落としだからいいのだが。

なんてぼやきながらも無駄使い(漫画・アニメ関係)をやめない私。小さいころ、リカちゃんは買ってもらったものの、リカちゃんハウスは買ってもらえなかった反動でしょうか・・・って古過ぎ!!

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

アニメ銀魂&ブリーチ
昨日の銀魂は「一度した約束は死んでも守れ」。お通ちゃん登場の回でした。私は銀魂の、ギャグだけじゃなく、こういうほろっとしたところがあるのが好きだな・・・人情話って言うの?(でもなんか年寄りくさいか)。

しかし、この前のアニメ・フェスで杉田さんが「PTAではくれよんしんちゃんの次に子供に見せたくないアニメと言われている」って言ってましたが・・・。今回もゲロネタあり、金魂ありで確かに・・・と思われるところはあります。いや、私は好きですよ、「もて王」でもいけるし、食事中に下ネタも飛び交う家庭ですから。

ブリーチは・・・コーヒーにいっぱい砂糖を入れる恋次が笑えた。気をつけないと銀さんみたいに糖尿の心配が・・・。
ストーリーはねえ、いまいちオリジナルには乗れないです。私のブリーチのイメージは和(墨で描いた絵みたいな)なので、今回のバウント話みたいな洋のイメージを感じるものだとちょっと違和感があるのです。そう感じるのは私だけかな。

相変わらず「死神図鑑ゴールデン」の方がお気に入り。山本総長、そのうちボケてる・・・なんて言われるのでは?
「ゴールデン」の映像だけ集めてDVD作ってほしいです。初回特典に写真集つけてさ。

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

似てないけど日番谷です
nobuta.jpg

「野ブタ。」の制服を着せてみました。ネクタイの部分がにじんでしまってホワイトで修正(薄い紙に描くからか・・・)。描いてるときはわからなかったけど、こうして載せてみると、細すぎましたね。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

ナルトミュージカル観たよ
忍者イリュージョンNARUTO、娘と観に行ってまいりました。
私、今までセリフをしゃべっていると思ったら、歌いだすミュージカル仕立てってちょっと苦手で、今回も心配だったのですが・・・面白かったです。

ナルト、サスケ、我愛羅の3人をMA(ジャニーズの演劇・ミュージカルグループ?)が演じているのですが、なりきってました。ナルト、動きがちゃんとナルトしてる。サスケ、立ち姿がまんまサスケです。「顔が違う~」と、観る前は不安がっていたサスケスキーの娘も満足した様子。我愛羅は、顔は一番それっぽかったかな。みなさんアクションがよかったです。

途中で行方不明になったサクラを捜しに、ナルトとサスケが客席に下りてきてくれるサービスもありました(遠い方で残念)。お客さんに「どっちがかっこいい?」と質問してサスケが選ばれたときのナルトのうなだれようがかわいかった。


さくら役のまな・かなちゃん、何で双子起用したのかな、交互に出るのかな・・・と思っていたのですが、内なるサクラがいたのですね。オリジナルキャラのレギュラー2人組(お笑いのです)とのカラミのシーンがあるのですが、2人が「セリフがない」と言っていたので、この部分は全てアドリブ!?持ちネタも交えながらの掛け合い、アドリブに乗れるまな・かなちゃん(どっちだろう)もすごいです。

ゲンマ役・平田さん(アニメでもゲンマ)、ナルトのおいろけの術(ハーレムの術?)にやられちゃうところがおいしい。

カカシ役・岩崎さん、活躍場面が少なかったかな。

テウチ役・尾藤さん、ロカビリーです。

オリキャラ、コワネ役・秋山君演技よかった。

綱手役・愛華さん、ワカ役・新妻さん、コトノハ役・岡さんはこの道のプロですから、とにかく歌がよかった。愛華さんは男っぽいしゃきっとした綱手そのものでした。

最初と最後の群舞のシーンには、木の葉の他のメンバーも出てきてダンスを披露してくれます。最後に客席の通路で歌って踊ってくれるのですが、私ら(娘のすぐ横が通路)の隣にはガイ先生が来てくれました。足細っ!

群舞シーンのイントロが「マツケンサンバ」を彷彿とさせるのがちょっと気になったんですが、楽しめることうけあいです。ナルトのミュージカルはちょっとな・・・と二の足踏んでいらっしゃる方も時間がありましたら是非観てください。娘はもう1回観たい、と言っていたが、もうお金がないよ(アニメ・フェスの大阪も行けば~、とか言わないで!)。

昨日のアニメ・フェスは心拍数あがりっぱなし、今日のナルトは楽しい気分になれる・・・と満足の2日間でありました。


テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ・フェスに行ったぞ~!
ソニーミュージック・アニメ・フェス・’06銀魂&BLEACHに行ってまいりました。も~、最高!!

まず、出演者がすごい。
声優陣は銀魂が杉田智和さん、阪口大助さん、釘宮理恵さん。
ブリーチが森田成一さん、折笠富美子さん、遊佐浩二さん、宮田幸季さん、朴璐美さん、速水奨さん。

OP,EDを歌っているアーティストの方は銀魂はTommy heavenly6、キャプテンストライダム。
ブリーチがユンナ、YUI、いきものがかり、HIGH and MIGHTY COLOR、BEAT CRUSADERS、SunSet Swish、UVERworld、HOME MADE 家族。

覚えている限りで印象に残っていることを書きたいと思います。

まずは銀魂。フリートークの杉田さんのKAT-TUN・田中君話がおもしろかった。なぜに田中君?
公開アフレコの、放送禁止になった(ホントかな)、う○こネタバージョンと、ブリーチキャラになりきったアフレコバージョン、笑えた。
銀魂映画化!?・・・は多分ウソだろうと思っていたらやっぱりフィクションでした(半分以上の人はホントだと思ったかな)。

ブリーチは物語の始まりから、再び一護たちが現世に帰るまでを、間に歌と公開アフレコを織り交ぜながら、進んだのですが、キャラたちが巨大スクリーンに出たときの皆さんの歓声の大きさによって、キャラの人気度(声優さんの人気度なのか?)がわかっておもしろかった。やっぱり一番歓声が大きかったのはひっつん(朴さん)のときだったと思います。

公開アフレコでは、私の好きなひっつんVSギンの対決シーンをやってくれて大感激!長いセリフも大変でしょうけど、刃をあわせているときの「くっ!」とか「うっ!」とか(ホントにそう言ってるかは不明)の声の方が難しそ~!
「射殺せ、神槍」、とギンが目を開けるところは女子の悲鳴(!?)が飛び交いました。
あ、ちょっと残念だったのは、雛森がギンを殺そうとして、吉良に止められた後の、雛森&吉良をひっつんが止めに入るシーンの前で終わってしまったこと。まあ、ギンとの対決シーンだけでよしとするか。
一護役の森田さんもかなり気合入ってましたよ。宮田君かわいい。速水さん、しぶい。折笠さん、かっこいい。

ブリーチの方はあまりフリートークがなかったのがちょっと残念かな。

アーティストでは一番楽しみにしていたのが、UVERworld。ゲーム挿入歌(というのか?)と合わせて2曲歌ってくれた。ハスキーな声に大満足。今度は是非ライブに行きたい。

もっといっぱいいいところがあった気もしますが、あっという間の3時間でした。帰りにパンフレットやグッズを買ったり、ポスデルをやったり(6回もやったのに、3枚白哉兄様だった。ひっつん出ず・・・)。
ここに来る前に池袋のナルトショップやアニメイトでも買い物をしたので、昼食代、夕食代、etc・・・で、確か3万くらい持って出たはずなのに、帰り近所の酒屋で早売りジャンプを買ったら、財布の中には200円しか残ってませんでした。明日もナルトイリュージョン観にいくのにどうするよ・・・。

今回、娘のお気にの雨竜の声をあてている杉山さんがいらっしゃらなかったので、7月にあるブリーチの声優イベントに行く!と娘が息巻いております。チケット取れるかな。

大満足の1日はこうして終わりました。

テーマ:UVERworld - ジャンル:音楽

きたのさんの来場展
GWの期間中、きたのじゅんこさんの来場展が新宿であり、数日前に行ってまいりました。

私はきたの先生の絵が大好きで、版画も何枚か持っているのですが、今回は「おとなのぬり絵教室」といって、きたの先生が水彩色鉛筆を使ったテクニックを教えてくれる、という企画がありまして、楽しみにして行ったのですが・・・会場はすごい列でした。大きな会場ではなかったのに、絵を見れるまで1時間くらいかかってしまった。当然20人限定のぬり絵教室に参加できるはずもなく・・・。でもその様子をちらっと見ることができました。

きたの先生の絵は水彩色鉛筆を使って描いた作品が多いのですが、これが色鉛筆!?と驚くほど素敵です。色の塗り方もただ平面に塗っていくだけでなく、漫画の網掛けのように線を重ねていって濃淡をつけたり、芯をカッターで削って、それをティッシュでぼかしたりして色をつくっていきます。同系色なのに、こんなに色があるの?というくらいのグラデーション。

最近はCGも発達していて、皆さんがパソコンで描かれる絵をみるとすごいな~と思うことも多いのですが、きたの先生の絵を見ると、やっぱりアナログ!ていうかこの絵には勝てないヨ、と思ってしまいます。

私もこんな絵を描いてみたいな・・・と思って、水彩色鉛筆は購入してあるのですが・・・。

話変わって、明日はアニメフェスだ!楽しみ!いろんな声優さんと、アーティストの方の歌が聞けるのがうれしい。Uverworldが2曲歌ってくれるのがすごい楽しみだ!

んで、その前に池袋に行って、ナルトショップとアニメイトのブリーチフェアに行ってこようかと思っています(ダンナだけ留守番だ)。

テーマ:ゴールデンウィーク☆☆ - ジャンル:日記

八景島に行きました
八景島シーパラダイスへ行ってまいりました。妹とその子供2人とうちの家族が待ち合わせして。

しかし、GWのシーパラがこんなに混んでいるとは・・・。

夏休みに来たことはあったのですが、そんなのの比じゃないほどの混雑ぶり。まず、入場券を買うのに30分以上。アトラクションも軽く1時間は待たされるほど。まるでディズニーランドのようだ。イルカやアシカのショー(?)も立ち見&入替制になるほど混んでいて、会場に入るのにも時間まで並んで待たなくてはならないので見るのやめました。

アクアライドという6人乗りの大きな浮き輪のようなタイヤのような乗り物で川くだりみたいなのをするアトラクションがあるのですが(下手な説明)、場所によってはびしょぬれになるので、カッパを買って着ていたのに、2回目乗ったときに、足元を思いっきり濡らされました。夏ならすぐ乾くからいいんだけどね。

水族館のシロイルカは大きかった。鬼鮫にそっくりなサメも見てきました(鬼鮫がサメに似てるのか)。

1日券の元がとれたかどうかは微妙なところです。

1日歩き回って疲れてしまったので、時間も遅くなったし、夕飯は居酒屋で済ましてしまったのでした。ラッキー。

テーマ:ゴールデンウィーク - ジャンル:日記

今日はブリーチの日
(注・昨日の日記です)コミックスの発売日&アニメの放映日、と今日はブリーチDAYです。

コミックスを買ってから、ランチ・・・と入ったパスタ屋さんでさすがに漫画は読めないか・・・と普通の文庫本を読んでいたのですが、隣の席の親子連れのお母さん、デスノート読んでた(私も買ったけどね)。

大雨の中、外出したので、帰りは乗り換えは嫌だな・・・とバス1本で帰ったので、そのバスの中でブリーチ読んでました。22巻の部分はWJでリアルタイムに読んでいたはずなのに・・・なんかほとんど覚えてなかったような・・・。死神’Sが現世に来たとこくらいしか記憶になかった(ひっつんが出てるとこしか覚えてないってことか?)

ブリーチってコミックスになるのが遅いんですね。デスノは今年分の収録だったのに、ブリーチは去年の分だった。連載時のものに書き足しとかしてるのかな。

コミックスとは別の話。
あまりにも藍染を盲目的に敬愛する雛森を見ていて、藍染はオウム真理教の麻原彰晃(ルックスは全然違いますヨ)のようだ、と思ってしまった私。だってあんなに悪いことをしたのに、今だに信者がいるってとこがなんか・・・。

私がひっつんを好きなことを知っている息子が「雛森、雛森って違うこと言えないのか~」とバカにします。ちくしょう。最近はひっつんの身長を抜いてしまった息子は、それでも背が低いことを気にして牛乳をよく飲むようになりました。ひっつんの身長からどんどん離れていくことに一抹の寂しさを感じる私です。親なら成長を喜ぶべきなんだろうが。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

イチャパラを持つエリザベス
20060501235625
エリザベスの縫いぐるみにカカシの縫いぐるみのイチャパラを持たせてみました。

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

私が男だったら米倉涼子には振られるであろう
CMを思い出して書いてみました。「なんて計画性がないのっ!!」ってビンタまでされそうです。

もともと、物事にとりかかるのが遅い私。その兆候は小学生の時の卒業制作(私はクロスステッチ刺繍のついたテーブルクロスを作りましたが)を徹夜で仕上げた頃から続く・・・と、以前このブログにも書いた気がしますが、ホント、自分でもあきれるくらいです。

いい加減なところをいくつかあげてみると・・・

・やらなきゃいけないことがあっても楽しいことを優先させちゃう。

・振込等期限ぎりぎりまで放置してあるので、下手をすると期限を過ぎてから振込に行ったりしてい る。

・懸賞や全プレなど、期限を忘れていて無駄にする。

・出かける予定があるときは前日から服とか考えとけばいいのに、出かける直前になってあれこれファッションショー(?)を始めてしまい、なかなか出かけられない。

等々・・・。特に計画を立てて物事を進めるっていうのはダメで、計画通りにいったためしがありません。というか、せっぱつまらないと取り掛かれないたちなんですね・・・。

夜遅くになって、「宿題やってない!」と言っている子供に「だからゲームやる前にやっとけって言ったでしょ」なんて言える資格、実は私にはないのでした。こんな親の姿を見て、「自分はしっかりしなければ!」と反面教師になればいいんですが、「お母さんもあんなだから・・・」と子供もいい加減になってしまったらどうしましょう。

う~ん、仕事はてきぱきと片付けられてたはずなんだが。日常生活が特にダメなようだ。

就職していたころ(プログラマーでした)、上司が、大雑把な人に対して、「ホントにゲンちゃんなんだから・・・」と言っていて、はじめはゲンちゃんて何!?って思っていたのですが、「いいかげん」の「ゲンちゃん」なんですね。これはまさに私のことです。

昔、青池保子さんの「エロイカより愛をこめて」にトルコ人が出てきたとき、「明日できることは今日やらない」主義のトルコ人にキレてた少佐ですが、これ読んだとき、私の前世はトルコ人って思いましたよ、マジで。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。