プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原稿が進まない!
siro1.jpg

現世の制服着た日番谷クンです。

春コミに初めてナルトの本を出すつもり(と言っても、ペラペラのしょぼいコピー本ですが)なのですが、なかなか原稿が進みません。
一応ネームらしきものは終わったのですが、いざ、原稿!と思うと・・・。

何せ、コマ割した漫画というものを20年近く描いていないので。もちろん、一番不安があるのは絵なんですが(デッサン力ゼロですし)。

切羽詰ったときのいけない癖は現実逃避。今は日番谷クンの絵ばっかり描いちゃってます。早く原稿用紙に向かわなければ・・・。
スポンサーサイト

テーマ:腐女子の日記 - ジャンル:アニメ・コミック

初めてのバトン
デスサイズさんに初バトンをいただいたので、ちょっと答えてみたいと思います。リアルタイムバトンです。

・今の時刻は? 13:40です。買い物から帰ってきたところ。

・何処にいる? 一応自分の部屋。

・何してる?もしくは何かする予定ある? 午前中は返却しなければ
 いけないレンタルした「亡国のイージス」のDVD観てました。
 今はもちろんパソコン(サイトめぐり?)。このあと息子の懇談会
 で学校です。

・今の気分をどうぞ バスの時間まで時間があったので、ドトールに
 入ったのですが、隣の人の吸ってた煙草のにおいが髪についてて、
 気分悪っ。

・次にまわす5人 拾ってくださる方がいればどうぞ。

そーいや、ひな祭りなのに、人形出してない。今さらどーしよ・・・(ひなあられは買ってある)。

テーマ:日々の戯言(ざれごと) - ジャンル:日記

「フライトプラン」を観ました
今日「フライトプラン」を観てきました。久しぶりの字幕版です。「ロード・オブ・ザ・リング」以来?子供と一緒だと吹き替えにつき合わされてしまうので(今回は字幕版のみでした)。

夫が亡くなり、その棺とともにニューヨーク行きの飛行機に乗る主人公。しかし、一緒に搭乗したはずの娘が眠っているうちに行方不明に。
乗務員に娘を見つけてくれるよう頼む主人公。しかし、娘の姿を見た人間はおらず、娘の名前は乗客名簿に載っていなかった。さらには夫の遺体を取り扱った病院から、一緒に娘も亡くなったのだと伝えられる。果たして本当に娘はいたのだろうか?

感想は続きから・・・。
■ 続きを読む。 ■

テーマ:フライトプラン - ジャンル:映画

高校入試の問題
22日に神奈川県の公立高校の入試が実施されました。その問題が今朝の新聞に載っていたので、ちょっとやってみました。

英語は見直しをしなかったので、1問不正解。リスニングはないけど、最近「英語漬け」で鍛えてるから・・・?

数学は計算問題は全問正解でしたが、その後の図形を見たら、やる気なくなった(言い訳)。

国語は漢字と現代文はOK。普段の読書の賜物?古文が・・・高校以来ですから。もう25年は触れてない。ので2問不正解。

理科と社会ははじめからやる気なしです。

・・・ということで、英語と国語だけだったら今でも高校入れそうだな。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

荒川選手、金おめでとう!
フィギュア女子で荒川静香選手が金メダルを取りました。おめでとう!
演技が早朝なので、少し早起きしてフリーの演技を見ようか・・・と思っていたのですが、寒さと眠さに負けて、ゆっくり起きてテレビをつけたら最終演技でした。もう少し早く起きれば・・・(その後、少し見れましたが)。根性なしです。

テレビではメダル、メダルとうるさくて、私は選手が満足できる演技ができればそれでいいじゃないか、と思っていたのですが、満足できてメダルも取れればそれが一番ですものね。

私も以前はオリンピックだったか、世界選手権だったか、フィギュアスケートをよく見ていました。最近も昔の伊藤みどりのビデオを見て、ジャンプ高いなー、と思ってみたり。ペアをよく見てた気がする。

それはなぜかなー、と考えてみたら当時槇村さとるの「愛のアランフェス」にはまっていたんではないかと思い当たりました。どれ位前の作品か忘れてしまったのですが、漫画喫茶とかに置いてあるかな。また読んでみたくなりました。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

日本VSインド
前半の途中からだったのですが、アジア杯予選の日本対インド戦を観ました。前半に1点しか入らなくて、大丈夫かいなー、と思っていたのですが、後半に5点入ってまあひと安心。

素人の私が言うのもなんですが、佐藤のシュートもよかったけれど、やっぱり久保の1発目がうまいなー、と思ってしまった。ちょっと体勢崩しながらも入れてしまうところは、身体能力が高いのでしょう。

うまい人はいっぱいいるんだけど、やっぱり小野はうまいなあ。うちの息子もたまにヒールパスなんてやってるんですが、ちゃんと味方を確認してやってないでショ!と思って見てます。

インドのFWのバイチュン、ですか、けっこうかっこよかったような・・・(そんなところ見てるな!)

28日にはドイツでボスニア・ヘルチェゴビナ戦ですが、海外組もいるので誰が試合にでるのでしょうか。W杯も近いですが、誰を代表に選ぶのかジーコ監督も悩みどころでしょうね。

テーマ:★日本代表★ - ジャンル:スポーツ

BLEACHのDVD
救出篇3を買っちゃいました。なぜなら護廷13隊の隊別ノンクレジットエンディングのはいったDVDがついてくるから。家に帰って一通り観ましたが・・・。髪をおろしてる剣八がカッコよかったです。

横浜で買い物したのですが、ヨドバシでは見当たらなかったのでアニメイトへ行ったのです。そうしたら、4月には1階にも店舗が増えて、グランドオープンするんだそうです(現在は2,3階)。どんなジャンルが増えるんだろう。しかし、子供よりアニメイトに行く回数が多い自分がコワイ・・・。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

12号のジャンプ
いつも早売りでジャンプを売っている酒屋さんが休みで,今回は月曜に入手です。

NARUTO、え、地雷也が出るの?って思ったら扉絵でした。内容は・・・もう忍者を超えてしまってますね。

BLEACH,私は日番谷クンが好きなのですが、10号の傷ついたルキアを心配そうに見つめる一護の顔(170P)が心に残ってしまっていて、結構一護が気になってます。

ジャンプを買うと、たいていNARUTO,BLEACH,DEATH
NOTE・・・と読んでいくのですが、今回気にいったのは「太臓もて王サーガ」です。ひゃ~、氷輪丸出たよ、と思ってたらなんとハム太郎が!少年漫画でハム太郎に遭遇できるとは・・・(読んですぐは気付かなかったんですが)。娘が小学校くらいまではハム太郎も観てたんで。孔子くんがトロいって、よく見てると思います。

ああ、こういうのが好きな母親って・・・。親に評判の悪いHGとかだって一緒に笑って見ちゃいますしね。ま、いいか、私自身も子供のころ、PTAに悪いといわれていた「8時だよ、全員集合」を親も笑って観てたし。

今、UVERworldのアルバム聴きながら、このブログを書いているのですが、BLEACHのオープニング、D-tecnolifeが一番好きです。ボーカルのちょっとかすれた声がセクシーです。

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

雫井脩介「クローズド・ノート」
雫井脩介著「クローズド・ノート」を読みました。著者の作品は「火の粉」を読んだことがあるのですが、今回の作品は打って変わって、切ない恋愛小説(?)です。

主人公香恵は文房具店のバイトとマンドリン部の活動で日々を過ごしている大学生。いつしか、万年筆を見にきた石飛という青年に淡い恋心を抱くようになる。自分の部屋に前住人が置き忘れていったノートを読むうちに、香恵の中で何かが変わっていく・・・。

私も高校ではマンドリン部に所属していたので(パートはギターでしたが)、当時を懐かしく思い出しながら、読んでいきました。そーいや、当時「中学1年生」を予約するとプレゼントに万年筆があったな・・なんてことも思い出しました。

この小説は携帯サイトで連載時にも人気があって、100万アクセスあったそうです。で、本の帯などを見ると、感激して泣いてしまった・・
という感想が多かったのですが、私は例のごとく(?)泣くまでには至りませんでした。最近みんなが泣けた、というような恋愛&純愛小説では泣けない。純粋な心がなくなっちゃったのかな、と心配なんですが(リリー・フランキーさんの「東京タワー」は大泣き)。確かに心がほっとするような癒される小説ではあるとは思うのですが。

この後、ネタばれ要素がありそうなので続きへ・・・。

■ 続きを読む。 ■

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

日本VSフィンランド
久しぶりに日本代表戦を観ました(この前のアメリカ戦は出かけていたので・・・)。2-0で日本勝ちました。よかった。

一点目は久保。久々の代表でのゴールです。私はマリノスファンなので、マリノスが優勝したシーズン(確か)に観たボレーシュートとか、
最後の最後で逆転優勝が決まったときの久保が頭で入れたゴールとか思い出してしまうのですが(今資料がないのであやふやな書き方ですみません)、彼が腰痛持ちでなかったら、もっと活躍してくれるでしょうに・・・。ボソボソしゃべるインタビューも大好きです。

小笠原の二点目もすごかったですね。あれはホントにゴールをねらっていたのか?

アメリカ戦を観ていないので、前回と戦い方がどう変わったのかわからないのですが、今回はボールを取りに行こう、という気持ちがプレーに表れていたようです。ひどいとき(?)は相手ボールを全然取りにいかないもんね。そういうときは結果もついてきてません。

最近はサッカー以外に興味を持つものが出てきてしまったので、あんまり試合も観ていないのですが、W杯まであと少しだし、Jリーグの方も応援していきたいと思います。

全然関係ない話・・・。すごーい久しぶりに「脳を鍛える大人のトレーニング」をやったら、前回脳年齢が46歳だったのに、今回29歳でした。脳だけ若い!最近「英語漬け」とかやってるからかな。

テーマ:★日本代表★ - ジャンル:スポーツ

天童荒太著「包帯クラブ」読了
天童荒太著「包帯クラブ」(ちくまプリマー新書)を読みました。次の電車まで時間があるので・・・と寄った本屋で見かけて買って、車内の往復時間+α、計2時間くらいで読みきりましたが、よかったです。著者の6年ぶりの書き下ろし長編小説だそうです。

学校を途中で抜けて病院の屋上に行った高2のワラ。そこで変な関西弁を話すディノと出会う。心が傷ついてこの場所に血が流れてる、死ぬというディノに「だったら、血を止めればいいんじゃないの」と、その場に自分の持っていた包帯を巻いたワラ。

その後、親友タンシオやディノらとともに、ささやかではあるけれども、当人にとっては心の傷となっているような場所に包帯を巻いて、少しでも心の負担を軽くできれば・・・ということで、包帯クラブの活動が始まる・・・。

天童荒太さんの作品はテレビドラマ化される前に「永遠の仔」を読み、その後、「孤独の歌声」を読んだのですが、犯人の猟奇ぶりに共感できなくて、その後の作品(「家族狩り」とか)はずっと読んでいませんでした。今回は裏表紙にある「いまの社会を生きがたいと感じている若い人たちに語りかける長編小説」という言葉にひかれて手にとってみたのですが、短い作品なんですが、とても胸にしみました。

心に残った文章をいくつか。
「包帯を巻いて心が軽くなるのは、傷が治ったわけじゃなく、<わたしは、ここで傷を受けたんだ>と自覚することができ、自分以外の人からも<それは傷だよ>って認めてもらえたことで、ほっとするんじゃないかと思った」
「人のからだは再生する。傷口はふさがり、肉が盛り上がる。心はどうだろう」

この本は是非思春期の若者に読んでほしいし、そういう子供を持つ親にも読んでほしいです。
自分も子供の言葉をちゃんと聴こうと思った。私には大したことないと思うことでも、子供にとってはすごい傷つくことだったりしてるかもしれないから。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ナルトのチケット
電話予約してあった忍者イリュージョンナルトのチケットを引き換えてきました。主演がジャニーズの人ということもあって、いい席はジャニーズのファンクラブとかの先行になっちゃうのかな・・・と思っていたのですが、7列目でした。コンサートやイベントでこんな前になったことないかも。ハガレンの時も後ろの方だったしな。ちょっと高かったけれど、めったに舞台など観ないので、(大竹しのぶのガラスの仮面以来かも!)楽しんできたいと思います。まだ先だけれどね。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

なーさん
20060215142102
以前、娘の愛読していたちゃおの「きらりん☆レボリューション」に出てくるなーさんというキャラなんですが、アニブリのりりんの魂魄が入ってる縫いぐるみに似てると思いませんか。エンディングに出てきたときから似てるな・・・って思っていたんだけど。動物の種類は違いますが。

話変わって・・・。昨日のアニブリで一護が変・・・てブログをいくつか見ましたが、私もそう思いました。私は日番谷君好きなんだけど、アニメだと異常に目が大きかったりするもんね。私は彼のするどい目が好きなもんで・・・(朴さんの声は好き)。

ナルトもそうなんですが、回によって、絵のうまさというか、絵柄にもずいぶん差がありますよね。そう考えると、ハガレンなんかはクオリティ高い方なのかな。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

カカシの素顔!?
20060214232400
WJに触発されて、書道の練習の後、余った墨で描いてみました。髪がいつもうまく描けない。一歩間違うとジャガーさんだ…。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

日番谷君
20060213163901
かわいい感じに描きたいのですが、私が描くとこんなんです。アップしか描けない。デッサンずれてるし。ついに息子の身長が134㎝になり、日番谷君を抜きました(小5で前から2番目ですが)。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

英語漬け
反射神経が鈍いためか、ゲームは苦手な私ですが(20年以上前のスーパーマリオブラザーズで挫折)、これなら大丈夫、遊びながら勉強できるし・・・と買ったのが「えいご漬け」。きのう初めてやってみました。

一応英文科だったので、いくらか自信はあるのですが、なんといってもリスニングがダメ。このゲームも基本は耳で聴いた英文を書き取っていくディクテーションとかいうのらしいのですが、ネイティブな発音だと何回聴いても聴き取れない単語が。はじめの英語力判定がABC評価でFになっちまったよ・・・。でもその後のトレーニングは全問正解だ(まだ初級だよ)。

しかし、あんなきたない字を書いても、認識してくれるDSってすごいね。テストじゃ×にされそうだが。

お試し発音トレーニングというのがあって、「I love you」の発音を上手に言えると登場人物がラブラブになれるのですが、ダメだと別れちゃう。子供と一緒にやってたら、私は笑ってしまって1回でやめてしまったのですが、息子がえらい気に入って(吹き込んだ自分の声が聴けるので)、全然関係ない言葉を吹き込んで、大笑いしておりました。・・・それって使い方違ってるんじゃない?
しかし、これなら英語嫌いな娘も少しはやる気になってくれるのではないかと、少々期待しています。私もがんばろっと。

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

ナルトのミュージカル
今日(もう昨日か)、ナルトイリュージョンのチケットのジャンプ読者優先予約の日だったのに、昼頃まですっかり忘れていました。前から娘が行きたい、と言っていたので。で、急いで電話したのですが、ちゃんと取れました。ま、よかった。

しかし、ジャンプに載ってた配役の中にカカシ先生がいないんだよね。出ないのかしら。ゲンマはいるのに。

チケットを取るときに、息子にも見たいかと聞いたら、行かないとのこと。ブリーチの方がいいとのお答え。さすが、最近毎日コミックスを読み返しているだけのことはある。私も声優さんのイベントだったら、ブリーチも観に行きたいな。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

カカシ先生!
パソコンを立ち上げたときには必ずのぞくサイトさんの日記で、早売りのジャンプにカカシ先生が出てる!という情報をゲット。そういやあ、今日(11日)は祭日だから近所の酒屋さんにももうジャンプ並んでるだろう・・・と行ってみたらありました!扉絵ですが・・・。あと少しで素顔の全貌が・・・!口布ないのは2回目くらい?コピーを考えてくれた人に感謝です。

そういえば、11日は結婚記念日なのでした。もう17年もたったのかあ・・・。ダンナは仕事に行ってしまったし、子供と買い物に出かけただけの一日でしたが。カカシを見れたし、息子がブリーチのカードの日番谷クンの大紅蓮氷輪丸の卍解カードくれたからそれでいっか。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

久々のミシン
小5の息子が、インフルエンザで学校を休んでいたために、みんなより遅れてしまったから・・・と、ミシンで布を縫う課題を持って帰ってきました。ミシンといわれても、結婚当初に買ったものでもう20年近くたってるし、出したのも確か娘が小学校の課題をやったときだから、3年以上前。果たして動くのか・・・という前に糸のかけ方も忘れていたのですが、試行錯誤のうえ、何とかちゃんと縫えました。よかった。
でも家に持って帰っても、ミシンのない家ってありそうだよな。

私が小学生の時は足踏みタイプのミシンしかなくて(古っっ!)、力の入れ具合の下手な私は針が進まず、苦労した思い出があるせいかミシンがあまり好きではありません。ので、手間はかかるのですが、子供の幼稚園のときの袋類は全て手縫いでした。

それ以前から、高橋恵美子さんという手縫いを推奨している方の手芸本を持っていて、子供が小さいときにはフリースのコートやらスカートやらも手縫いで作ってた時期がありました。ミシンと違って、返し縫いをしながら作っていくので、縫い目が丈夫で、ちょっと大きめに作ってしまったスカートなんて、小学校の六年間近くはけてしまったほど。

勤めていたころは、編み物をよくやっていて、かなり凝った編みこみのカーディガンなんかも作っていました。

最近凝っていたのは、ビーズ。普段アクセサリーはピアスくらいしかしないのに、ずいぶんネックレスや指輪なんかも作りました(でも、まだ作ってないキットも山積み・・・)。

ああ、それなのに、仕事もしてない、子供にも手がかからなくなったというのに、今なんにも作ったりしていないというのはどうしてなんでしょう。
本だって通勤途中の電車の中でいっぱい読んでた気がする(電車片道1時間はざらだったからな)。時間はあるような気がするのに。きっと、ぼけーっとしている時間が多いんでしょう。・・・あと、パソコンに向かう時間が長いのかも。時間の使い方がうまくなりたい私です。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

アニナルにルフィ登場!?
・・・のわけないですが。ナルト達の敵さんのあの手の伸び方はゴム人間ですよ。子供がすかさず「ルフィだ」と言っておりました。

敵にサスケの中忍試験の時の相手がいる、っていうのも・・・。回想シーンにサスケを出すための苦肉の策のように思えてしまいます。サスケファンの「サスケを出せー!」の声に応えるために一生懸命アイデアを考えているのでしょうか。ご苦労さまです。

話変わって、最近息子がブリーチにはまってきてます(毎日コミックスを読んでる)。ケーブルのキッズステーションで水曜にブリーチを2話ずつやっているので、録画でもしといてやるか・・・とテレビをつけたら(なぜかケーブルの番組が予約できない)、藍染の死体が見つかり、雛森と吉良の闘いを日番谷クンが止めに入る場面じゃないっすか!うわーっ、ついてる!と思いつつ録画しました。今日の朝改めて見たら、エンディングも十番隊だったし。あ、2話目のエンディングの山本総隊長の温泉シーンは笑えました。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

話が浮かばない!
sasuke01.jpg

イラストソフトで描いたサスケの絵。なかなか色の使い方とかが習得できず、いつまでたっても下手くそです(色のせいだけじゃないけど)。

ナルトの原稿が進みません。あと1月ほどになってしまったというのに。ストーリーが思い浮かびません。長い話を描ける技量はないので、短いストーリーを考えているのですが・・・。なんだか今、ブリーチモードになっちゃてるんだな。せっかく素敵な本を送っていただいたというのに・・・。

日曜に子供の映画行きにつきあって(私は入り口で見送り)、その間に寄ったお店で「ナルトの秘密」という本を買いました。ちょっとした気晴らしにいいかと思って。まだ全部は読んでいないのですが、キャラクターの口ぐせでカンクロウの「じゃん」というのがありますが、一般的に「じゃん」というのは横浜弁・・・と言われていて、カンクロウが実は横浜人・・・のわけない、というのはちょっと笑ってしまいました。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

ブリーチ・キャラブックを読んで
ジャンプ本誌ではついにギンも登場。藍染の非情さにひょえーっとなっている私ですが、今日はキャラブック・SOULs.を読んで感じたことを。

キャラブック自体はやっぱりNARUTOのようにキャラクター順にしてほしかったなあ、と思ったのですが、久保先生と森田さんのトークのところで「絵を描くということは空気を描くということだと思う」というお話に納得してしまったのでした。

私が少年漫画を読むようになったのは、NARUTOのコミックスを読み始めたここ1年半前くらいのことで、それまではほとんど男性向けって読んだことがありませんでした。何が苦手だったかというと、1コマに描かれている絵(背景)の多さ、かな。

昔下手ながら、自分も漫画を描いてた時期があったのですが、背景というのは、人物がどこにいるかが判ればよいものだと思っていたので、はじめに登場人物の位置関係さえはっきりさせておけば、後は背景はなしでよい、と思っていたし、実際少女漫画は画面がすっきりしていて読みやすかった気がします。反面、少年(男性向け)漫画は画面に詰め込み過ぎてて読みづらかったのです。

ブリーチは週間ジャンプを買うようになってから読み始めたのですが、まず絵が好みでした。読んでいくうちにアニメも始まり、コミックスもそろえて・・・現在に至っています。ストーリーだけでなく(ソウル・ソサエティに入ってからの話が好き)、なんでこんなに絵が好きなのかなー(流血も多いのに!)と思っていたのですが、キャラを立てるときには無駄な背景を書き込まないあの白さに、張り詰めた空気みたいなものや余韻を感じるのかな。

私は書道を習っていて、たまに作品展などにも行くのですが、作品を書くときにも字はもちろんのこと、余白にも意味がある、ってところがブリーチにも通じるところがあるような気がします。

・・・あんまり本の内容とは関係ない話になってしまいました。ブリーチの絵の空気感の正体が知れて、うれしかったんですう。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

久々のケロロ軍曹
久しぶりにケロロ軍曹のアニメを見ました。今の時間になってからゆっくり見れなくなっていたのですが、今日はたまたま。

やっぱりケロロは面白い。かわいいキャラで子供に人気があるのだろうけれど、ギャグなんかは絶対大人向きですよね。「始まりはいつも雨銃(銃だったかうろ覚え)」なんて、子供が知ってるわけないよねえ。下手したら10代の子だって知らないかも。

うちの息子はガンダムの一番初期のやつとSEEDが好き(DESTINYは気に入らなかったらしい)でガンプラもいっぱい作っているのですが、ケロロでガンプラを買えずにお城のプラモを買ってしまう回を見て、自分もお城を買ったのですが、結局作らずじまいのおバカです。

テーマ:アニメの感想・キャプ - ジャンル:アニメ・コミック

体調不良
このところ体調が思わしくありません。朝(午前中)は熱をはかっても平熱なのに、日中活動するごとに体がだるくなってきて、夕方から夜には37℃台の微熱が出る・・・という感じ。のども調子悪いし、ハナもズルズルしているので、インフルエンザではなくただの風邪だと思うんですが・・・。

夕べも38℃近くあったので、「熱が下がらなかったら、明日ブリーチの本を買いに行けない!」と言っていたら、娘に「明日じゃなくてもいつでも買いに行けるじゃん」と言われてしまいました。

でも、今朝は平熱だったので、買いに行けましたよ。それも最近リニューアルオープンした渋谷のアニメイトまで。渋谷ってハチ公口の方は迷わないんだけど、他の出口が未だに迷ってしまう。方向音痴なもので。ついでに息子が欲しがっていたブリーチのカードも買ってしまいました。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

昔の便箋
20060201161201
ほとんど開けない机の中を整理していたら出てきました。左が昭和56年のOUTの付録(ガンダムパロ)、右が58年のLaLaの付録、上のはファンクラブのらしいです。(古っ)

今私はカカシ先生と日番谷クンにはまっているわけなんですが(あまり共通点ないなあ・・・髪の色くらい?)、考えてみればキャラにはまる
というのはこのエーベルバッハ少佐以来なんです。実に20年ぶりくらい。その間ほとんど漫画は読んでいなかったわけですが(なぜかハチクロの載っていたYOUNG YOU は何年か読んでた)、息子がナルトのアニメを見ていたのがきっかけで、今では立派な(?)腐れ主婦になってしまいました。・・・ほんと、人間なんてきっかけ次第でどうなるかわかりません(といいつつしっかり下地はありましたが・・・)。


テーマ:腐女子の日記 - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ・ブリーチ
昨日はアニメのブリーチの日でした。アニメのオリジナル・ストーリーなので、ま、気張らず見て。ナルトで出番のないサスケの代わりに雨竜の声で萌えを補給(特にうちの娘)。

で、今回気になったのは、本編よりも最後に出てくる死神図鑑の方でした。「女性死神協会」って、Vジャンプのカラブリ!に出てくるアレですかね。Vジャンプを買い始めて(注・ゲーム好きの子供用)あまりたっていないので、なんともいえないのですが・・・。あの話をやってくれるとうれしいです。けっこう気にいってるもんで。3月号の隊長写真集製作状況・・・ってそんな写真集があったら、私も欲しいヨ。
日番谷冬獅郎写真集「冬のライオン」―完売(重版中)―是非!

・・・というわけで久しぶりに女性死神協会会長のやちるちゃんをお絵描き掲示板に描いてみました(ナルトの原稿はどうなったのだろう・・・)。

今週は金曜にキャラブック・アニメブックも出るので、ブリーチ週間ということで。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

「秋の大三角」読了
吉野万理子著「秋の大三角」を読みました。この作品は新潮エンターテインメント新人賞第一回受賞作です。この賞は、一人の作家が独断(!?)で決める新人賞ということで、その作家がどんな作風が好きか、というのにも興味が持てそうです。今回は石田衣良さんです。

主人公は横浜・元町の裏手にあるカトリック系の中高一貫の女子高に通う中2の里沙。里沙にはひそかに憧れるバスケ部の先輩・真央がいる。
あるとき里沙が通学に使う根岸線に、電車を降りる直前にキスをしていく変わった痴漢の噂が出る。
終業式の朝、憧れの先輩・真央と同じ電車に乗っていた里沙は、真央の近くにキス魔らしき若い男を見つける。しかし、電車を降り際に真央は自分からその男にキスをしていったのだ。その男の正体とは・・・?
という感じでお話は進みます。

読みやすい文章でどんどん読み進んでいけます。小説の内容はバラせないのですが、真央が最後に取った行動には私は賛同できないな・・・と思っています。

私はこの小説のストーリーそのものよりも、自分が住んでいる横浜(といいつつ、実際に住んでいるのは横浜の田舎ですが)の情景が目に浮かぶように書かれているところが気に入っています。

里沙が通学に使う港南台駅も何回も行っていますし、みなとみらいの風景も大好き。大桟橋の木でできたデッキも素敵です。里沙の通う学校って実在のものだとしたらフェリスかな?と思っているのですが、そういや大学受験のときあの階段のぼったよな・・・とか(そういう意味で、現在放送している「喰いタン」も好きです!)

けっこう心に残っちゃった文章があるので紹介します。喧嘩ばかりしている里沙の両親。ついに母親が離婚届けを置いて家出するのですが、父親との2人暮らしも覚悟していた里沙が家に帰ると母親も上機嫌な顔で帰っていました。そのときの文章です―「父と母は、夫と妻という別の一面を持っていて、里沙には理解できそうにない。まったく、意味不明のコントみたいだよ。」

息子のインフルエンザがなおって、やっと学校へ行ったと思ったら、自分の調子がいまいちです。高熱が出なくてもインフルエンザにかかっていうことがある、ってホントでしょうか。関節痛はあるんだけど、筋肉痛との区別がつかない・・・。



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。