プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説版「あらしのよるに」読了
映画「あらしのよるに」を観終わってから、絵本のほうを読もうと思っていたのですが、最近行きつけの貸本屋さんに小説版の「あらしのよるに」があったので、そちらのほうを読んでみました。絵本と同じくきむらゆういちさんが小説に書き下ろしたもののようです。

お話のほうは・・・ほとんど映画と同じでした。えいがよりメイが女の子っぽいような・・・。メイって本当は男の子ですよね?2人(2頭?)の心の動きが小説だとよくわかります。一番せつないのは雪山でえさがなくてメイを前にしておなかがグウグウなるガブが「なんでオイラ、オオカミなんかに生まれてきちまったんだよう!」と叫ぶ場面です。

私の記憶違いでなければ、小説には映画の結末にはなかった場面が挿入されています。絵本もそうなのかな?ああ、やっぱり絵本も見なければ。

さらりと読めるので大人から子供までおすすめです。でも私はこのお話って大人向けだと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

冬コミ!
ダンナが会社のため、前日まで迷っていた冬コミ行きですが、行ってまいりました。息子に留守番させて(アメリカだったら、ネグレクトで訴えられる?)横浜駅で待ち合わせしていた娘の友達に会えないというハプニングもありましたが(ビッグサイトで無事会えました)。

欲しい!と思っていた作家さんの作品はだいだい買えたのでまあ、満足かな(ほとんどナルトですが)。でも私のいちおしカップリングの作品は少ないんですよね。けっこうギャグ好きなので、カップリング関係なく買ったものも多かったかも。ゆっくり読もうと思います。

それにしても人の多いこと!列に並ぶのに、横断歩道まで渡らなければならないとは・・・。




テーマ:腐女子の日記 - ジャンル:アニメ・コミック

夜の友!?
20051227000900
うなぎパイではありません。ジャンプフェスタの先行販売?で買ったカカシのジャンボクッションです。50㎝くらいあります。抱き枕がわりになってます…。全く何歳だと思ってるんでしょう。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

きたのじゅんこ展
20051226001500
ダンナは大掃除をしているというのに、私は新宿まできたのじゅんこさんの版画展に行ってしまいました。きたのさんのセレスティアルアートはクリスマスにピッタリです。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

「ネクロポリス」読了
恩田陸著「ネクロポリス」(朝日新聞社)を読み終わりました。上下巻あわせて800ページ近いのですが、さらっと読めました。特に下巻なんて返却期日が翌日だというのに全然読んでいなくて、1時間100ページくらいのペースで読んでしまいました。

物語の舞台は、英国の文化に日本の文化が融合した極東の島国V.ファー。その聖地アナザー・ヒルでは年一回「ヒガン」という死者たちが生前の姿で帰ってくる祝祭がある。「ヒガン」の期間、彼らは「お客さん」として迎えられるのだ。

今年は「血塗れジャック」という連続殺人事件が世間を騒がせ、「ヒガン」にも大きな期待が集まっている。被害者が帰ってくるかもしれないからだ。彼らの口から犯人がわかるかもしれない。なぜなら「お客さん」は嘘をつかないからだ。しかし、「ヒガン」の最中に殺人事件が起こって・・・。

というようなあらすじです。西洋と東洋(というか日本)の風習が融合されていておもしろいです。この島では生者(?)と死者の境界もあいまいになっているような。

現在の日本は日常に「死」が感じられませんよね。病院で死んで、葬式なども自宅でやらないところがほとんどです(うちも父の時はそうでした)。「死」は忌むべきものになっているような。以前の日本は「死」がもっと身近にあったような気がします。この小説のなかでは、そんな昔の日本の姿が残っているようです。

はたして殺人事件の犯人はだれか・・・という推理的要素もあってどんどん読めてしまうのですが、終わり方はいまいちだったかな(私的には)。

恩田さんはけっこう遺跡っぽい建物(?)にこだわりがあるような気がします。「上と外」とか「MAZE」とか。「Q&A」も出てくる建物が遺跡っぽい・・・。

そういえば「夜のピクニック」をかなり前に図書館で予約したと思うのですが、未だに連絡がきません。予約者が多いんでしょう・・・。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

明日から冬休み
20051222123158.jpg

いよいよ明日から子供が冬休みにはいります。更新もなかなかできなくなるかもしれません・・・(特にお絵描き掲示板)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

「東京タワー」読了
リリー・フランキー著「東京タワー」を読みました(実際は先週に読み終わり)。本の感想というよりは自分の父の病気の話がメインになるのですが・・・。

この本はリリーさんの自伝的小説です。父と別居して(離婚はしていない)女手ひとつで自分を育ててくれた「おかん」に対するリリーさんの愛情のつまったお話です。

おかんに苦労をかけてはいけないと思いつつ、現実はお金の苦労ばかりかけてしまうリリーさん。でもそんなリリーさんのまわりに人が集まり、おかんが東京で一緒に住むようになったときに、おかんの手料理を食べにたくさんの人が来てくれて、リリーさんの友人がおかんの友人になっていくところがいいです。

リリーさんも仕事が軌道にのってきて、これからはおかんに楽させられる・・・と思った矢先におかんの病気が発覚。甲状腺ガンのときはなんとかガンを除去することができたのですが、胃にスキルス性のガンがみつかったときには手術のできない状態でした。

おかんは「治療したくない」と言ったけれども、りりーさんも親戚も少しでもなおる見込みがあれば・・・と抗がん剤投与を始めます。しかし、治療に耐え切れず、おかんは還らぬ人に・・・。

おかんが痛みで苦しむ場面はもう、涙で字が終えないくらい泣いてしまいました。実は去年8月、父が肺ガンで亡くなったのですが、その闘病のころのことを思い出してしまったのです。

5月あたりから急に足元がふらついたり、ものをうまくつかめなかったり、言葉が聞き取りにくくなったので、脳梗塞か?とMRIをとったのですが、特に問題はありませんでした。それでも症状はわるくなる一方で、内科で血液検査をしたところ、腎臓の値が悪く、6月1日に即入院。

ところが、そこでとったレントゲンの肺に影があることがわかりました。どうやら肺がんらしいと。非常に珍しい症例らしいのですが(病名忘れました)、普通、ガンがあると体の免疫細胞がガン細胞を攻撃するらしいのですが、父の場合、誤って正常な神経の細胞を攻撃しているらしいということでした。

入院直後から自分で排泄もできなくなり、座っていることもできなくなり、目もよく見えなくなり、言葉もますますわかりにくくなる・・・とあっという間に症状が悪化していきました。

年齢のこともあり、手術はできず、このまま何の治療もせずいくか、抗がん剤投与でよくなる可能性にかけるか・・・となったとき、私達家族もリリーさんのように少しでもよくなる可能性にかけて、父にも納得してもらいました。

当初入院した病院は肺がん治療はできなかったので、転院して一回目の投与をしたのですが、父の体にはかなりの負担だったらしく、白血球数が信じられないくらいに落ちてしまいました。痛みや苦しみからか相当あばれたらしく打った鎮静剤が効きすぎたのか、呼吸が抑制されてしまい危篤状態になったこともありました。

結局はありとあらゆる神経の働きが抑制されて死に至ったという感じでした。亡くなる前2週間くらいは妹と交代で泊まりこみもしたのですが、死に目には2人そろって遭えたのでそれだけはよかったかも。入院から二ヶ月ちょっとという早さでした。

母はもう17年以上前に悪性リンパ腫で亡くなったのですが、その時も父と一緒に泊り込みをしていて、仮眠をとっていたときに突然医師や看護師がはいってきて外に出され、その後に見れたのは亡くなった母の姿でした。点滴がはずれて、血がシーツに広がっていた場面は覚えているのですが、後はあまり記憶がありません。今は悪性リンパ腫でも90%はなおるということなので、母の発症がもっと遅ければ・・・と思ってしまいます。

・・・と本と関係ない肉親の話になってしまいましたが、多分今年一番泣いてしまった作品だと思います。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

人間ドックの結果
昨日人間ドックの診断結果が返ってきました。前回は判定基準が全部Aで異常なかったのですが、今回は貧血と脂質代謝異常というのがCで経過観察必要、となっていました。

貧血は・・・まあ、このところ頭がフラフラすることが多々あったので、貧血かなあ、とは思っていたのですが、血清鉄とかいうのの値が基準値以下だったので、鉄欠乏性貧血とういうことでしょうか。このところは貧血も出ていなかったのに・・・。

おなかがすいているときにけっこう胃のあたりが痛くなるので、頭がふらつくのと合わせて消化器官から出血して貧血になっているのかも・・・と、ちょっと不安があったのですが、とりあえず便潜血はなかったのでそれは大丈夫だと思っているのですが・・・。

脂質代謝異常というのは、コレステロールですな。基準値ちょこっと超えてしまったのですが、これはおおいに思い当たる節が・・・。人間ドックの前にけっこう外食をして、デザートに生クリームのはいったケーキを食べていた記憶が・・・。いつもだったらもう少し気をつけるのですが、今回は食欲の方が勝ってしまいました。でも、動脈硬化なんかで半身不随になったりしたくないので、もう少し食べ物には気をつけます。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ジャンプフェスタPART2
20051219105400
写真は上が先行販売のブリーチのキーホルダー、中央が、アンケートでもらったナルトのキーホルダー(未発売らしい)、下がゲームの景品のナルトのマスコットです。

1日目は買い物中心?販売ゾーンで買った後は、ダンナと息子、私と娘で分かれて行動。サスケの商品がほしい、という娘につきあって回りました。ぴえろのブースでナルトの竹内さんと井上さんのトークがあったんだけど、後ろの方だったし、隣のブースの音が大きくて聞きとれなかったので顔だけ拝見して終わり。疲れたダンナは早く帰りたがったのに、子供たちは心残りな様子。

・・・てなわけで、予定はしていなかったのですが、2日目も行ってしまったのです。今度は子供と私、3人で。ダンナは仕事だし、ばかかー、と言っておりました。

アシ(車)がないので、今日は電車。ホントは息子が昨日売り切れてたドラゴンボールZのフィギュアがほしいと言っていたのですが、ついた段階で長蛇の列だったので断念。直接展示ゾーンへ。9時前に開場してくれたので寒い中たくさん待たずにすみました。

今日はゲームや展示中心。息子がほしいと言っていた遊戯王の主題歌を歌っているBOWLのステージもあって、CDも買えたのでまあ、満足できたのでは。

さすがに2日間早起き&歩きまくりで疲れましたが。

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

ジャンプフェスタ
20051218231501
二日も続けてジャンプフェスタに行ってしまいました。散財しました…。
写真は銀魂ののり弁です。分かりづらいですが、のりにエリザベスがいます。

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

「あらしのよるに」
子供と一緒に「あらしのよるに」を観てまいりました。絵本の一作目に当たる部分は子供の教科書を読んで(というか、音読で聞かされた)いて、狼と山羊という種族を超えた友情の物語だ、と思ったのですが、今日映画を観た限りでは、友情というより恋愛に近いものを感じてしまいました。

種族が違うということだけではなく、「食うもの」と「食われるもの」という関係。再会を約束して、狼のガブがお弁当を落としてしまった後で、山羊のメイのおいしそうなお尻を見ながらも我慢するところは、好きな子に手を出せずにいる男の子みたいです。メイのかわいい様子はかなりガブを挑発しているようにもみえるのですが・・・(大人の考えですか)。

友情か、仲間(家族)か。2人は友情を選びましたが、これって駆け落ちにも見えますよね。

私たち人間のいろいろな関係に置き換えてみることのできるこの映画、子供向きというより、けっこう大人向きではないかと思った私です。

予告編をみたときに、それだけでウルウルきてしまったので、本編は号泣かな・・・と思ってハンカチも出していたのですが、涙の浮かんだ場面はあったものの、それほどではなかったのが、自分でも意外でした(子供は夏に観たガッシュの方が感動した、とか言ってましたが)。

実は、午前中にリリー・フランキーさんの「東京タワー」を読んで、そちらの方でかなり泣いてしまったのです(字が追えないくらいに)。この本については私の体験談も交えて語りたいので、また後ほど。

今度は「あらしのよるに」の絵本のシリーズの方を読んでみようと思っています。

あ、あした(今日か)ジャンプフェスタに行くために、家を7時に出る予定なんだった。早く寝なくては・・・。

テーマ:あらしのよるに - ジャンル:映画

トヨタカップを観た・2
2日続けてトヨタカップを観ました。といっても、前半の時間は子供たちの好きな番組を観ているので、ちゃんと観たのは後半戦だけなんですが・・・。

昨日のリバプールはやっぱり強かった。技術力も高いです。でも試合的には前日のサンパウロVSアルイティハドの方が面白かったな。終了までドキドキして観てしまいました。アジア勢もやるじゃん!という感じですが、このチームはアジアでは抜きん出ているらしいです。早くJリーグのチームがこの大会に出ているところを観たいです。

試合は面白かったのですが、私が気になったのは、昨日の試合会場が「横浜国際競技場」という名前だったこと。確か既に「日産スタジアム」に替わったのでは・・・と思ったのですが、タイトルが「トヨタカップ」なんだから、日産の名前は出さないのか・・・と車のCMを見て気づいたのでありました。

テーマ:トヨタカップ ジャパン 2005 - ジャンル:スポーツ

ナルト死す!?
昨日はアニメのナルトの日でした。先週後半しか観てなくて、いまいち話の流れが分からなかったのですが、雇い主から任務終了を言われたのに、鎧武者の謎は未解決・・・と任務を続けるナルトが捕らえられてしまいました。ナルトを助けようとするネジとテンテンの前にカカシ先生が現れて「もう任務は終わった」と告げるんですが・・・。

来週のタイトルが「ナルト死す」なんだけど、ネジとテンテンの任務は終了だから、カカシ先生がナルトを助ける・・・ってことですよね。ここでナルトのアニメは一旦終わりですー、てなことではないですよね。「秋にはサスケも出る」って書いてあったのに、未だ出てこないし(既に冬だし)。ま、私はカカシファンなので、カカシ先生のお姿が拝めればいいのですが。

しかし、カカシ先生の登場もまれなせいか、セリフを発したときに「こんな声だったっけ」と毎回思っているような気がします。

関係ない話なのですが、この記事を書こうとしていたときに「以前やっていた通信教育で24回スクーリングをしなければいけない義務がある」みたいな電話があって、ドたま(頭)にきました。その会社自体はもうつぶれたって聞いたのに、何を今更「通う義務がある」だよ。プンプン。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ・BLEACH
昨日は他チャンネルの芸能人駅伝部が観たくて(けっこう感激しました。女子のチアダンスも)、ブリーチは録画で観ました。

ちょうどクライマックスの部分ですね。本誌連載時にも読んだはずなのに、全然覚えていなくて、買ったまま読んでいなかったコミックス最新刊で復習してしまいました。一護と恋次の掛け合いもちゃんと描いてあったんですね。今回のアニメで印象に残ったのはマユリの後ろ姿デス・・・(アホ)。

しかしあと一回くらいでコミックス収録分は終わっちゃいそうです。これからどうなるんだろう。ナルトみたいにオリジナルアニメ?というのも考えにくい。それぞれの隊の話とか?ゴールデンにうつってもう終わりってことはないと思うのですが・・・。

お絵描き掲示板の方にギンを描いてみました。大した絵じゃ、ありませんが・・・。

テーマ:BLEACH - ジャンル:アニメ・コミック

次のジブリ作品はゲド戦記
今朝テレビを見ていたら、ジブリの次回作はル・グウィンの「ゲド戦記」だそうです。監督は宮崎駿さんの息子の吾郎さん(字、あってるかな)が初監督です。なんでも、ル・グウィンは何度か映像化の話があったらしいのですが、全て断っていて、映像化するならスタジオジブリで・・・とおっしゃっていたんだそうです。

ゲド戦記は、確か一作目しか読んでいないような・・・。最終話がずいぶん間をおいて、わりと最近書かれたのでした。

その他のル・グウィンの作品は「闇の左手」をそれこそ20年以上前に、SFにこっていたころに読みました。両性具有の生命体の話だったような・・・。

テーマ:ジブリ - ジャンル:映画

トヨタカップを観た
きのう、サッカーをやるくせに試合はあまり観ない息子が「トヨタカップを観る」と言うので、テレビで観てました(途中で息子はリタイア)。
私も翌日に書道のお稽古があるので、作品書かなければ・・・と思っていたのに、けっこう面白い試合で結局最後まで観てしまいました。

シドニーVSサプリサ。シドニーにカズがいるからシドニーを応援するけれども、実力的にはコスタリカのチームの方が強いだろうと思っていました。

しかし、前半戦は寒さのため体が動かなかったのか、シドニーの応援が多くてアウェイ感覚だったのか、サプリサの動きがよくなかったようで、カズにも何回かチャンスがありました。

しかし、後半開始早々一本のロングパスからサプリサがゴール。その後、シドニーの選手にレッドカードで退場者が出たり、試合終了間際には負傷者が出たりしました。終わりの方でもかなりチャンスになった場面もあったけれど結局シドニーにはゴール入らず。でも、シドニーのGKも1対1になるような場面で2回くらい(だっけ?)ファインセーブをしていたので、GKのがんばりがなければ、もっと点が入っていたかも知れません。

カズはがんばっていたけれど、助っ人として入った以上、点をとらなければ意味がないというのは、プロの世界はほんと厳しいと思い知らされます。もう一試合5位決定戦があるということなので、そのときはカズのゴールを期待します(98年のワールドカップのときには本選にでられなかったカズは今回初めての大きな世界戦なんですね)。

テーマ:トヨタカップ ジャパン 2005 - ジャンル:スポーツ

「野ブタ。をプロデュース」読了
「野ブタ。をプロデュース」を読み終わりました。前から気になってはいたのですが、ドラマを観ていておもしろいので、やっぱり本も読む気になりました。

ドラマでは野ブタは暗い女の子ですが、原作は太った男子。山下君演じる親友の彰もドラマだけのキャラクターで原作にはいません(あ、あと野ブタの親友のふりする子もいません)。

本の野ブタはけっこう自分から人気者になりたいという気持ちが強いように思います。修二は自分のプロデュースのおかげで、野ブタがみんなに受け入れられていったと思っているようですが、半分くらいは野ブタのもともと持っている性格(キャラ)のおかげなのでは・・・?と思ってしまいます。

人気者の「桐谷修二」を演じていた修二は、クラスメイトが暴行を受けていたのを助けなかったことで、一気に仲間はずれにされてしまいます。クラスメイトだったことに気付かなかったと言っても信じてもらえなかった修二。

ドラマでは野ブタも彰も修二のことを信じていて、次回最終回ですが、ハッピーエンドになりそうな予感ですが、原作の修二は・・・。
いつまでも違う自分を演じていってしまうんでしょうか。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ハリーポッターと炎のゴブレット
「ハリーポッターと炎のゴブレット」を観てきました。子供と一緒だったので、吹き替え版です。字幕版の方が混んでいて、10:30の段階で、2時くらいの回まで売り切れていたので、吹き替えでよかったかも。

ストーリーについてはみんな大体知っていると思うので、書きませんが、観て映像的にすごいと思ったのは、はじめのクディッチ大会の群集の部分とか湖の中の描写とか。ヒレのついたハリーはちょっと気持ちわるかったけど・・・。

けっこう気にいった場面はお風呂の場面(それかい!)ハリーがけっこういい体していてびっくりです。設定よりは実際の年齢上なんですよね。ハーマイオニが可愛い。ロンもいい味出してる。でも味方だと思ったら、実は・・・というパターンが多いですね。

本の方は一冊目で終わっているので、これから読まなければ。前作までのDVDもそろっているので、また観たいと思います。

本編ではなく、予告編を観て、「ナルニア国物語」と「ブレイブストーリー」(宮部みゆき原作のやつです)が観たくなりました。松たかこが主人公の男の子の声をやるみたいです。今日聴いた限りでは、違和感ありませんでした。

来週末は「あらしのよるに」を観に行く予定です(しかし、ジャンプフェスタもあるのだ・・・)。

テーマ:ハリー・ポッターシリーズ - ジャンル:映画

個人情報!?
木曜に人間ドックに行ったついでにお歳暮を頼みに行きました。今まではお歳暮の時期になるとカタログが届くので早めにすませていたのですが、今年は来なかったのですっかり忘れていたのです。

毎年利用していたデパートが横浜からなくなってしまったので、今回は違うところに頼みに行きました。いつものところなら、送り先などのデータがあるからいいだろうけど、新しいところだとちゃんと住所とかひかえて行かなくちゃな・・・と、準備して行ったのですが・・・。

なんと、送り主、送り先の電話番号をパソコンに入力すると、住所や名前が一発で出てきちゃうんです。まあ、うちは去年亡くなった父の名前が出てきたんですが・・・。とりあえず電話の名義は私に替えてあるので現在のデータではないようなのですが、これってNTTとかの電話帳のデータがソフトになって出回っているってこと!?デパートとかならいいけれど、変なDMとかに使われたりしないんでしょうね。電話での勧誘、こりごりです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

花より男子
通い出した貸本屋さんで、コミックスが5冊借りると3泊4日で350円だというので、漫画喫茶行くより安いかも・・・と思い、今ドラマ化されている「花より男子」を借りてきました。これって10年以上前の作品なのね。そういやあ、かなり昔に妹が面白いからコミックス買ってるって言ってたっけ。なぜ今さらドラマ化?という気もするのですが。

まだ5巻までなんだけど、なんか漫画よりドラマの方が漫画的な気がします。そんなのありえねーってのけっこう出てくるしね。

面白かったのは作者のひと言コーナーみたいなところ。当時、ドラマ化したら誰がふさわしいか・・・というのを読者に問いかけたら、司は真木蔵人で、つくしは観月ありさ。類は作者さんが木村拓哉希望で、なんとドラマCDで木村君が類をやったらしいんですね。聴いてみたい!

神尾葉子さんの絵は谷地恵美子さんの絵になんとなく似てます(読んでたの10年以上前なので、今も活躍されているのでしょうか)。ときどき、一条ゆかりさんの絵にも見えたり。ちょうどいいところで終わってしまったので、早く次も読みたいな。ドラマの方は来週最終回ですね。

テーマ:少女マンガ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

仔カカシ
20051209103454.jpg

イラストを描くソフトで描いた絵をアップしてみたのですが・・・。色の塗り方とかまだ全然わからないです。レイヤーって初めて知りました。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

人間ドックへ行く
人間ドックへ行ってまいりました。毎年一回、夫の健保で無料で受けられるのです。いつもは誕生日の近い9月に受けていたのですが、今年は混んでいたのか12月になってしまいました。

そのせいかどうか、寒くなって脂肪をため込んでいるのか、体重は増えてないのに、体脂肪が増えてて愕然!肥満に足突っ込んでます。そういや、この一週間も外食バリバリ、子供と一緒にお菓子ボリボリやってたもんなあ・・・。

人間ドックで一番苦手なのが胃のバリウム検査。以前に比べると飲む量は少なくなってはいるのですが、発泡剤飲んで、バリウム飲んで、グルグルまわるのはけっこうきついです。

あ、あと直腸診検査も。肛門に指入れられるわけですから、けっこう抵抗あるかも。ま、レディスクリニックなので、スタッフ全員女性なので、わりと気は楽ですが。私は一回夏場の無理がたたって(多分・・・ですが)、秋になってから下血して大変だったことがあるので、それと比べりゃ、こんなものなんでもないです(夫は一回やって懲りたのか、今年は直腸診パスしたそうですが)。

胃の壁がちょっと荒れているようで、ポリープやガンの心配はないようなのですが、去年もそう言われて、一回胃カメラで見てもらったら・・・とそのときも言われたのですが、どうも飲む気になれません。
今はあんまり苦しくないのかな?

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

子供の体力低下
昨日新聞に子供の体力低下の記事が載っていて、今朝のズームインの新聞斜め読みというコーナーでも取り上げられていました。「投げる」「跳ぶ」ができない子が増えているそうです。

びっくりしてしまうのは、「ボールを前に投げられず上方向に投げてしまう」「飛んできたボールが顔にあたる」といった報告が小学校の先生からされているということ。

確かに最近の子は遠投とかさせても全然飛ばなかったり、逆上がりもできない子が多いみたいです。これって腕の力がないってこと?
逆上がりができないのは、小さいころにさかさになるあの感覚を覚えてこなかったことにも原因があるって聞いたことがあります。親の手につかまってくるりん!て回るアレですね。

手でボールがよけられないってのは、転んだときにとっさに手が出ずに顔面をぶつけてしまうのと同じ理由でしょうか。あれは赤ちゃんのころにハイハイする期間が短くて、すぐつかまり立ちをしてしまう子が増えてきたから、という話も聞いたことがあるのですが。

でも結局のところ、外遊びできる場が少ないってことなんでしょうか。幸い、うちの小学生の息子はテレビゲームもカードもやりますが、学校の休み時間はドッジボール(ひらめ筋好きでいつも見てます)、放課後は野球やドッジ、サッカーも習っているのでその心配はありません。

あと、うちはお父さんが休みの日に一緒に遊んでくれたというのが大きい気がします。公園に行っては、キャッチボールやサッカーをやっていたので、ボールはすごくよく飛ぶし、動きも機敏です。サッカーで遠くにいってしまったボールを嫌がりもせず、走ってとりにいくのはたいていうちの息子です。

世のお父さん、休みの日に疲れたー、とゴロゴロせず、子供に付き合ってあげましょう。どうせ大きくなったら、子供なんて相手にしてくれなくなるんですから。

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

伊坂幸太郎「魔王」
伊坂幸太郎著「魔王」(講談社)を読み終えました。最近、新聞の広告でよく見かけるので、読んでみようかと思ったのです。

兄の話の「魔王」と弟の話の「呼吸」の二部構成になっています。
二人はそれぞれちょっと特殊な能力を持っています。兄は相手に同調して、相手に自分の思っていることを言わせる能力。弟はじゃんけんに負けない能力・・・というより賭けに勝つ能力(これは万能ではないのですが)。その能力を使って、人の心をつかむカリスマ的な若い政治家に立ち向かおうとする2人を描いています。

兄はこの政治家にファシズム的なものを感じています。確かに政治の腐敗を糾弾し、憲法9条の矛盾を正そうとするこの政治家は正しいのかもしれません。しかし、彼の主張に横並び的に共感する人々に兄は不安を感じ、彼にムッソリーニの影を見ているのです。

普段、自分のまわりのことしか見ていない人々、この国の行く先など考えてもいない人々・・・というのは(私も含めてなのですが)、先日読んだ「亡国のイージス」にも語られていました。このテーマっていうのは今私たちが考えなければならないことなのかもしれません。次々と起こる自然災害も、何も考えず流されている私たちに、このままでは滅びてしまいますよ、という警告のような気がするこのごろです。

伊坂さんの作品は、アンソロジーで「死神の精度」という短編を一本だけ読んだと思うのですが、新刊も出るようですし、別の作品も読んでみようと思います。

・・・しかし、重い(暗い?)内容の本ばかり読んでる気がする。もともと私はギャグ好きなので、テレビで笑いを補給しましょっか。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

やっぱり木村クンはかっこいい
きのうSMAP×SMAPで罰ゲームのトライアスロンやってる木村拓哉を見たけど、やっぱりかっこいいっす。かっこいいだけでなく、上昇志向のある人だと思います。バカなことをやれるところも好き(これはSMAP全員か・・・)。

私は目に力のある人が好きで、何年か前までは私の目力ベスト3は木村拓哉、椎名桔平、ケイン・コスギだったんですが、最近はケインは落ちたかな・・・。椎名さんはSHINOBIを見て、まだかっこよかった。

何週か前のミュージックステーションで、SMAPが出演したとき、吾郎ちゃんと剛クンがつきあってんじゃないか疑惑があって、あの話はおもしろかったなあ・・・。

・・・またまとまりのない話になりました。

お絵描きにナルトのテマリの絵を追加しましたので、よろしかったら。

テーマ:SMAP - ジャンル:テレビ・ラジオ

横浜にお出かけ
今日は息子が土曜に学校があったので代休でした。そこで横浜に新しくできたヨドバシに行ってまいりました。

以前三越だったところが全てヨドバシになっていて、秋葉原と同じみたいになっているみたいです。B2がレストランでB1から7階までがヨドバシ。8階はちがうところが入っているの・・かな?(ちゃんと見なかったもんで)

息子と一緒なので、見るのはおもちゃ、ホビーの階。ガシャポンの膨大な行列にびっくり。娘用にとナルトのフィギュアのをやったら、一発でサスケが出ました。カカシは以前にゲットしてあるので。

ナルトのカードバトルをやったら、また爆レアサスケの千鳥のカードが出てきました。今日はついているかも。

ジャンプ本誌では、まとまりはないものの、新しいカカシ班(ヤマト班か・・・)の話がしばらく続きそうなので、カカシの出番は望めそうにないですね。ヤマトにカカシの立場とられたら、どうしよう!?ホント、それこそヘタレですよ・・・。

サクラはかっこいいなあ・・・。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

食べ過ぎ?
今日は寒い1日でした。横浜で10度いかなかったとは・・・。

出かける用事(レンタルDVD返却)があったのですが、息子が学校のイベントで出かけていて、帰り次第出かけようと思ったのに、なかなか帰ってこない。出先でお昼を食べるつもりでいたので、我慢していたのですが、空腹に耐え切れず、チュロス(ドーナツみたいなのです)をひとつ。やっと息子が帰ってきて、出先のマックでグラタンコロッケバーガーのセットを食べる。帰宅してから、だんなの買ったミスドのドーナツも食べてしまった・・・。明らかに食べ過ぎです。木曜には人間ドックがあるというのに・・・。ま、今さらあがいても急に体重は減りませんがね。

借りてたDVDは「SAMURAI7」の最終巻でした。キュウゾウ死んでしまったのね。お気に入りだったのに。カツシロウを朴さんがやっていたのですが、私はこの人の声が好きなんだなーと思いました。
このお話の元になっている「七人の侍」、まだ見てないんですよ。一回は見てみなくては・・・。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

隣人のこと
今朝、横浜はあられが降ってました。確か晴れの予報だったのになあ。

最近は子供の誘拐・殺人事件が続いていて、ほんと、物騒な世の中なのですが、うちの隣の人もちょっと?なのです(あんまり悪口とかは言いたくないのですが・・・)。

奥さんはふつーな感じなのですが、ご主人がこわもて。一回うちの車庫の鉄板が道路に少しはみでているところに、車体をぶつけた、警察にも通報した、どうしてくれる・・・みたいになぐりこまれたことがあって、そのときは奥さんのとりなしもあって、弁償金を少し払って解決しました。しかし、確かに少し道路に出てるのも悪いんだけど、車庫を作って20年以上、そんな苦情を言われたことがなかったのと、剣幕がすごくて、かなりビビリました(法律の本も読んじゃったりして)。

その後も近所の奥さんと子供の自転車の置き方のことで大声で怒鳴り合いをしたりして怖いイメージはアップしていきました。

最近になって、2度ほど警察が訪ねてきて、お隣は何しているのかとか
聞かれたので不安は増大です。2回目は怒鳴り声が聞こえる、と通報があったらしいのですが、うちでは気付きませんでした。うちの主人は警察が車の中のぞいていたとか言うし・・・。最近はほとんどご主人の姿は見えないので、余計何かあるのでは?と勘繰ってしまいます。

以前住んでいた人も悪い人ではなかったのですが、夜逃げのように知らぬまにいなくなってしまって、隣はいないようだが・・・という電話がうちにかかってきたりしたので、いわくつきの家なのかと思ってしまいます。私はここに40年くらい住んでいるので(結婚当初はアパートでしたが)、今さらどこかへ行きたくはないのですが・・・。変な事件にだけは巻き込まれたくないものです。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

ナルトの版画
20051202210001
今日、夏の忍者ドームで注文してあったナルトの版画が届きました。前の人気投票ベストテンの10人が描いてあるやつです。なんか絵を買ってばかりだなー。

子供たちがジャンプフェスタへ今年も行こうと言っているんだけど、そこでまたいい絵がでてたら買っちゃいそう・・・。
私はきたのじゅんこさんが好きで、きたの作品も何枚かあるのですが、全然ジャンルが違うな。

夕方に子供と出かけて、子供がナルトのカードバトルをやったら、爆レアのサスケ(千鳥のヤツ)が出て、サスケ大好きの娘は大喜び。オークションに出したら、けっこういい値がつきそうだけど、手放すはずもないであろう・・・。

テーマ:NARUTO - ジャンル:アニメ・コミック

鋼シーズンプレート
20051201095400
アニメイトで買ったハガレンの冬バージョンのシーズンプレートです。
ナルトとブリーチも買ったのですが、これが一番可愛かったので。

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。