プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「せかちゅー」って面白い?
昨日、テレビで「世界の中心で愛を叫ぶ」をやってましたね。
本や映画で感動した、という声が多かったので、以前DVDで観たのですが、私はあんまり面白くなかったな・・・。
「四日間の奇蹟」という映画化された本も、(映画化の話を聞く前に)
書店のPOPで感動、おすすめ、みたいなことが書かれてあったので、読んでみたのですが、設定が以前ドラマ化もされた篠田節子さんの「ハルモニア」に似ていて、あまり胸にきませんでした。
ちょっとやそっとのことじゃ、感動できなくなってるのかな・・・。
テレビのドキュメンタリーなんかの感動ものは、すぐなけてきちゃうんですけど。
・・・というわけで(どういうわけ?)、最近私が読んでせつなくなった、というより痛かった小説を紹介します。
一つ目は「マラケシュ心中」(中山可穂・講談社文庫)。
男性の名前で短歌を発表している絢彦と、絢彦の恩師の妻になっている小川泉、女同士の恋愛小説です。
泉を肉体ごと自分のものにしたい絢彦と、好きだけれども精神的なつながりだけ望む泉。自分の願いが叶わぬのなら・・・と絢彦は日本を出るのですが、泉があとから追ってきて・・・。
題名は誰と誰との心中なんでしょう?ラストがけっこう好きです。

ふたつ目は「エミリー」(嶽本野ばら・集英社文庫)。
野ばらさんと言えば、ロリータファッションを思い浮かべて、それだけで敬遠されそうですが、かなり痛いお話を書かれます。
3つお話が入っているのですが、私のおすすめは表題にもなっている「エミリー」。
小さいころ男性にいたずらされて(くるくるしいたけというネーミングがよい)男性恐怖症になってしまった女の子と、同性の先輩を好きになってしまった男の子のお話なんですが、自分達の居場所を探している2人がホント、切ない、というより痛い。私の表現力では到底書ききれないので、ぜひ読んでください。

普段はミステリーを読む機会が多い私ですが、今はあさのあつこさんの「福音の少年」を読んでいます。あさのさんといえば、「バッテリー」が有名ですが、「NO.6」も面白いですよ。


スポンサーサイト
コミックスの二重買い
昨日ある同人作家さんのコミックスを買いにアニメイトに行きました。
(結局その方のは売り切れてて、他の書店で買ったのですが)
他にも何か買おうかな・・・と棚を見ていて、「BLEACH]が目に
入りました。最近はまり出したのでコミックスとかまだ3巻位しかないのですが、途中はいいからアニメでやってたシロちゃんとギンの対決シーンの載っている16巻と、続きの17巻を買いました。
以前古本屋で途中の本を1冊買ってはいたんですが(それしかなかったので)、まさか今日買ったのではないだろうな・・・と思いつつ帰宅したら、16巻家にありました。途中だったから続き買ってから読もうと思ってて放ってあったのよ・・・。また古本屋にでも持っていかなければ。無駄使いしてしまった。
でも16巻の内容までアニメが放送されているってことは、結構本誌の連載にアニメが追いついているってことでは?まさかナルトみたいにオリジナルとかやったりしないよね?(ゴールデンに進出ってことだし)
それにしてもカカシとシロちゃんの共通点って髪が白い(銀?)ことくらいなのに、今私の脳内には2人が半々・・・って感じで生息しております。

鋼も好き
今国勢調査の調査員をやっているのですが、やっと調査票を配り終えました。何回か訪問しても不在で、連絡票をいれても連絡がないところは
ポストに入れてしまったけど。明らかに明かりがついているのに、出てこないお宅は、子供だけでチャイムが鳴っても出ないように言われているんだろうか。
私はいつもカカシ好きー!と言ってますが、ナルトを読み始めのころは
サスケファンだったんです。自分の感情をあまり表に出さないクールなところが好きでした。どうして変わったのかな・・・と考えたところ、
「鋼の錬金術師」をDVDで見出したのがきっかけだった気がします。

エドとアルは、はじめ自分達の肉体を取り戻すために奔走しますが、いろいろな事件や人々に会って、自分達のことよりも他人のことを優先するようになります。そんなところが自分の復讐のため(うちは一族のためでもありますが)、ライバルのナルトに勝ちたいがために木の葉を抜けたサスケに感情移入できなくなったのかも知れません。

カカシはサスケの闇の暗さに気付けず、サスケを止められなっかたことを悔いていましたが、里を抜けることを決めたのはサスケ自身です。他人の人生なんてそう簡単に変えられるものじゃありません(エドもバリーが捕まった後でこんなようなセリフ言ってましたよね)。

背が低いことがコンプレックスのエドですが、私が中学のころ、やはり
背の低い(ホント、豆です)男の子がいて、学活(ホームルーム?)の時間に指名されて意見を言おうとしたら、司会の女の子に「立って発言してください」と言われてしまいました。その男子はちゃんと立っていたのですが・・・。あれはかなりショックだったのでは・・・?

私はハガレンではハボック、ワンピースではサンジが好きなんですが、
もしかしてたれ目好き・・・?
(何か今回はまとまりのない話になってしまった)
カカシ受オンリー
同人的内容なので苦手な方はご遠慮ください。
昨日、カカシック・リターンズというカカシ受けオンリーイベントに行ってまいりました。コミケやシティなどは数回行ったことがあるのですが、オンリーは初めてで、ドキドキでした。
日曜に出かけたいことは、家族には言ってあったのですが、もちろんオンリーに行くなんてことは言えるはずもなく、行き先は「内緒」で、当日は、もうひとつ行きたかったバーゲンに行く、と言って出かけました。
普段ナルトスペースはカカイルが多いので、カカシ受けばかりというのはうれしい限りです。だって、写輪眼でチャクラを消費し過ぎて動けなくなっちゃうんだから、これはカカシ先生、受けしかないですよ!!
私のお気に入りCPは、アスカカです(カカシ受けの中でもサークルさんの数が少ないのですが)。カカシには包み込んでくれるタイプの人がお似合いだと思うから。
私が初めてナルトの同人を読んだのはカカイルで、その作家さんが描くイルカ先生が可愛くて、けっこうカカイルも読んだのですが、いまいち原作のイルカ先生にはピンとこなくて(イルカファンの方、ごめんなさい)。いい人なんだけど、恋愛対象にはならない、お友達でいましょう・・・っていうイメージしかないんです。イルカ先生、心配性のお母さんタイプだし、受けだしな。
サスケもナルトもお子ちゃまでカカシにはまだまだ役不足・・・(カカシが子供に手を出すとは思えん)。サスケは中忍試験の登場シーンでおおっ!二人はできてるのでは!?と思わせてくれましたが、カカシがイタチの月読で倒れたときに、カカシを放ってイタチの元へ行ってしまった段階で、この二人はなし、って思っちゃいました。
四代目はカカシの片思いかな。四代目は木の葉のみんなに愛情を注いでいるから、カカシが恋でも四代目は愛なんだと思います。
・・・なんて、長々と私のCP観を書いてしまった。
ま、昨日のオンリーは普段アスカカ本をなかなかゲットできない私にとってはとても幸せなイベントでした。私も描いてみたいな(でも自分的に満足して描けるのはサスケなんだよな)
秋の花粉症
何日か前から鼻ぐずぐず、上あごの粘膜の辺りがかゆいなぁと思っていたら、今日ひどいくしゃみ、鼻水に見舞われました。あまりのひどさで目も涙目に。春は花粉の飛散量に比べたら、あまりひどい症状出なかったのに。鼻がかみすぎで痛いよー〓思わず点鼻薬買ってしまった。

ハッピーバースデイ、シカマル
今日はシカマルの誕生日です。
カカシファンの私ですが、シカマルも結構好きです(お父さんのシカクもシブイ)。「めんどくせー」と言いつつ、大事な時には自分のやるべきことをしっかりやるシカマル。私も「めんどくせー」が口癖(昔から)ですが、ほんっとにぎりぎりまでやることやらずにせっぱつまってあせってやるタイプです。小学校の卒業制作を締め切り前日に徹夜して仕上げたころからその片鱗が・・・。
あと、シカマルの押し付けでないやさしさが好き。いかにも「私はやさしいです」オーラの出ている人はちょっと苦手。チョウジに「お前にはお前のよさがある」的に接するところなんか大好きです。
将棋のように何手も先を読む戦略的な勝負の得意なシカマルだけど、月(ライト)と勝負したら、どっちが強いのかな、と考えてしまいました。
我愛羅GET
20050921090000
昨日運動会の代休だった息子と中野まで出かけました。そこでオークションで見かけて気になっていた大きな我愛羅を買いました。
店員さんに「我愛羅がお好きですか」と聞かれたのですが、一番はカカシだと答えたら、「今週のジャンプ見ましたか。あれでまたカカシ先生の人気があがるかも・・・」と言われました。でもナルトに助けられてたしな・・・。そんなヘタレ(!?)なところも含めてカカシが好きなんですよね。
ちなみに小さい方の我愛羅は、髪の張り合わせてあったのが取れてしまって、「づらの我愛羅・完全体(娘が命名)だったのですが、今は修復されています(ズレてるけど)。
今日は息子の誕生日
今日は息子の誕生日でした。私と一日違いでO型です。性格が似ているのがいけないのか、結構衝突します。ま、似てるとしたら、息子を見て気に入らないところは自分の欠点でもあるってことなのかな。まさに人のふり見て我がふり直せ、ですかね。

MY BIRTHDAY
もう年とるのがおそろしい年齢になってしまったのですが、今日は自分の誕生日でした。私の好きなサッカー選手の稲本潤一や、井原、遠藤彰彦やマリノスの栗原が今日だっと思います。同じ日ではないのですが、カカシと三日違いのO型ってとこが気に入ってます。

今日発売のジャンプ
カカシのあの目も万華鏡写輪眼だったんですね。イタチのとはちょっと形が違っていたので、一緒ではないと思っていたのですが。
カカシはイタチとは違う手段で、あの眼を手に入れたんですよね。でも、写輪眼の使い過ぎでカカシの眼が見えなくなったらやだよ〓。
話は変わりますが、BLEACHにシロちゃんが出てました。しばらく続きそうなのでうれしいです。(携帯待受は現在シロちゃん)


絵画展で絵を買った!
横浜の大桟橋のホールで開催されていたJapan Art Expoという絵画展に行ってきました。アールビバンという会社の主催で、天野喜孝、ラッセン、などの版画を主に取り扱っています。私はきたのじゅんこさん目的で出かけたのですが(版画も何枚か買いました)、今日はなんと、日本画でかわいい猫をお書きになる方の原画を買ってしまいました!多分普段だったら買えないような値段だと思います。今日出会えて本当にラッキーでした。
でも・・・忍者ドームのときに岸本先生の版画一点、ファミマで見つけたカカシの暗部時代のセル画一点、申し込んでいるんだよな・・・と思いつつ絵が来るのが楽しみです。

カカシ誕生日メニュー
20050915211200
本日の夕食はカカシの好きなさんまの塩焼きとなすのみそ汁(玉ねぎ入り)でお祝いしました。
カカシの誕生日
明日はカカシの誕生日・・・と思っているうち、日付が変わって今日に
なってしまいました。
HAPPY BIRTHDAY、DEAR KAKASHI!!です。
昨日は学校が開校記念日で休みだった子供と池袋に行って、横浜にはなかったバースデイブロマイドをアニメイトにて買ってきました。
カカシは甘いものが嫌いなので、サンマの塩焼きとナスのみそ汁でお祝いかな。
アニメのNARUTOは虫編(!?)完結しました。まあ、サスケにはたどり着けないとは思っていたけど、まさかナルトのおならとは・・・。子供と私の今回の意見はキバださい、で一致しました。
アニ基地スペシャルを読んだ限りではオリジナル編でもサスケはでるようなので、サスケファンもひと安心でしょう。
私としては、カカシの活躍する話を見たい!上忍スペシャルとかさ。
ジャンプ本誌で活躍しそうだから、まあいいか・・・。
明日発売のジャンプ
20050911182100
うちの近所のお店は月曜定休日なので、今日ジャンプが買えます。ナルト、予告と違うぞ!カカシが…!!(次号に続く)
箱買い
20050909162700
ナルトカードゲーム巻ノ十三買ってみました。初回版にデータカードダスのカードが入っています。玩具コーナーに置いてあるムシキングやドラゴンボールZのバトルするやつです。ナルトのはいつ頃設置されるのかな。
以前、銀座の博品館に行ったとき、ドラゴンボールZのゲームにお金をつぎ込んでるサラリーマンを見たけど(平日でした)、ナルトのゲームにお金つぎこんでるおばさんになったらどーしよう。
今ごろCOWBOY BE-BOP
好きな同人作家さん数名が、COWBOY BE-POPのスパイクをカカシに、ジェットをアスマに置き換えて見ているというのを読んで、今さらながらDVDを借りて、今日映画版を見終えました。セリフがいいですよね。お子様にはあの良さはわからんだろうな。
途中でどこかで聞いた声!と思い、最後の声優さんの名前をみたら、やっぱり井上和彦さんでした。どーもあの声が好きなもんで、びびっときてしまうんですよ。ちなみにアスマ役の小杉十郎太さんと大蛇丸役のくじらさんも出てました。
サッカーが好きなので(今日日本辛くも勝利しましたが)、「カンフーサッカー」という続きもののDVDも同時に借りてたのですが、主人公の声が山ちゃんぽいな・・・と思い、吹き替え声優さんの名前をみたら、山ちゃんだったんですが、チームの監督役が石塚運昇さんでBE-BOPのスパイク、ジェットと同じだったんです。わー、偶然!(これ、サッカー場面あんまりないんですけどね)

今週のナルト他
今週のナルト、まず久しぶりにカカシ先生に会えました(扉絵だけど)。サクラ・チヨバアVSサソリは一応サソリが負けたようにみえますが、まだ油断ならないなあ・・・。一旦話は切れるみたいだけど。
サクラは蘇生術使えるみたいだから(修行で魚生き返らせてましたよね)、チヨバアからもらった命をまた返せるのかな・・・とか思ってみたり。
次号、本当に我愛羅死んじゃうんでしょうか。映画ではあんなに活躍していたのに・・・。
映画といえば、CMで我愛羅が両手を合わせてから地面に手を置くシーンがありましたよね。実際映画では、それぞれ別のシーンで出てたんですが、あれをCMで見たときは、錬金術師!?と思ってしまったのは私だけではないはず。

他にもジャンプで気に入っている漫画はあるんですが、最近ひそか(?)なお気に入りは「太臓もて王サーガ」。下ネタギャグとか結構好きかも。息子が読んでるコロコロの消しカス君も好きなんだよね。
精神年齢低そう?(でもIQサプリの正解率はかなり高いですよ)
妖怪大戦争
妖怪大戦争を見てきました。
どきどきしたり、笑えたり、ほろっとくる所もあったり・・・となかなか面白かったです。キャスティングが豪華ですよね。特殊メイクで誰だかわからない人も多いのに、けっこう大物がいます。
悪の親玉(何じゃそりゃ)役の豊川さんは、「帝都物語」風でしたが、
妖怪が何かのほほーんとしていて、なごみました。
主人公の男の子がついた真っ白な嘘とは・・・?

知っている人は少ないと思いますが、30ウン年前くらいに「河童の三平」という実写版の妖怪モノがあって、怖いながらも好きでよく見てました。覚えている限りで一番怖かったのは、フランス人形がオルガンの音に合わせてグルグルまわっているシーン(うろ覚え)。どこかにフイルムとか残ってないのかな。この年になっても怖いかどうか見てみたいです。古い話でごめん。

水曜のナルト
遅ればせながら、水曜のナルト。
ヒナタが拉致されて、微香虫と交換をせまられたとき。
虫よりヒナタが大事なのはわかるけど、ナルトの
「サスケは別の方法でさがせばいい」って言い方がやけに
軽かった気がするのですが・・・。
いつも「サスケはおれが絶対連れ戻す!!」と意気込んでいるわりには
反応が薄くて、あれって思っちゃいました。

話変わりますが、先週のナルトでシノの横顔の時、一瞬素顔(目)が
見えましたよね。うちでは子供とともに「おおっ」と盛り上がりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。