プロフィール

こっこ

Author:こっこ
漫画・アニメ・本・日常のつれづれをごっちゃに語っているブログです。
趣味は読書。推理・ホラー系多し。
イラストも下手ながら描いています。
現在はまっているのは、、REBORNの獄寺君、NARUTOのカカシ先生、BLEACHの日番谷君等々・・・。
コメント歓迎です^^。

イラストサイトつくりました。
↓からどうぞ
『Silverholic』

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

こっこの日常新聞
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢野隆著『蛇衆』
このところ、なかなか読書が進まず・・・(汗)、

5月には東野圭吾『パラドックス13』、嶽本のばら『デウスの棄て児』、誉田哲也『月光』・・・と読んできたのですが(冊数少な!)、6月に入ってすぐに読み終わった『蛇衆』がとてもおもしろかったので、これを紹介します。
ジャンプなど、少年漫画のバトルものが好きな人は絶対ハマるはず♪


蛇衆蛇衆
(2009/01/05)
矢野 隆

商品詳細を見る



室町末期、荒喰とよばれる傭兵集団「蛇衆」が各地の戦で力をふるっていた。
頭目・朽縄、唯一の女兵・夕鈴、僧形の金棒使い・鬼戒坊、弓の名手・孫兵衛、忍びの家の出の無明次、最年少の十郎太の6人は、皆天涯孤独ながら、今は寝食を共にし、老人・宗衛門の手引きでそのときどきの雇い主のもとに赴き銭を得ていた。
一方、筑後と肥後の国境近くの鷲尾領では、当主・鷲尾嶬嶄の家督争いが、2人の息子の間で家臣を巻き込み激しさを増していた。
隣接する我妻家との戦いのため鷲尾家に雇われ、めざましい働きをみせる「蛇衆」。
そしてどこからともなく、朽縄が30年前の当地で巫女により父親殺しを予言され、父・嶬嶄に殺害を命じられた嫡男ではないか?という噂がたつ・・・。
(amazonより)

■ 続きを読む。 ■
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

「皇国の守護者」
横浜のワールドポーターズで映画を見たときに、3Fの雑貨&書籍のお店によく寄るのですが、「これはお薦め!」みたいなPOPを見るたびに、いつもどうしよう・・・と迷っていたコミックスです。
よくお邪魔するブログサイト様で、「おもしろかった!」と書いてあったので、既刊4冊買って読んでみました。

皇国の守護者 (1) 皇国の守護者 (1)
佐藤 大輔、伊藤 悠 他 (2005/03/18)
集英社

この商品の詳細を見る



長らく太平を謳歌していた島国<皇国>、その最北端・北嶺に突如、超大国<帝国>の艦隊が押し寄せる。

<帝国>が誇る戦姫・ユーリアの指揮する精鋭部隊の前に、成す術なく潰走する<皇国>軍。

剣牙虎(サーベルタイガー)の千早とともに、圧倒的軍勢に立ち向かう新城直衛中尉は、蹂躙されていく祖国を救えるのか?

(壱巻裏表紙より)


この後、破竹の勢いで北嶺を蹂躙していく<帝国>軍に対し、<皇国>の友軍を逃がすための足止めをすべく、新城属する独立捜索剣牙兵(サーベルタイガース)第十一大隊が、新城の考え抜いた戦術に寄って、<帝国>軍と戦うことになります。


絵柄からすると皇国=日本、帝国=ロシアORドイツに見えます。
雪の降る極寒の中での戦闘は油断すると凍えて死んでしまうほど。

剣牙虎(新城らは「猫」と言ってます)を敵を早期発見するための道具として使い、はたまた戦闘時には武器となる(でも、兵と虎の間には絶対的な信頼関係があります)。

はたまた導術兵という敵の動きを探る一種のテレパシーを持った兵士もいて、そんなところがこの話のおもしろいところでしょうか。

新城は<帝国>軍を足止めするために、非道とも思える戦術をとるし、討ちそこなった敵兵が味方の援軍を呼びにいくことのないように、皆殺しにしようとするような冷血漢であるように見えますが、何かあったときには自分が矢面に立つ気概もあるし、厳しいように見えて、仲間思いであると思います。

いざ戦闘というときなどに、笑っていて、周りの人間に気味悪がられることも多いのですが、戦闘を前にして実は弱気になっている自分を笑っているようにも見えます。

戦闘機などがあるわけでもなく、極寒の中でのせいぜいが銃を使っての人対人の戦闘なので、実にシビアというか・・・。

時には自然も思いもかけない敵になってしまう、という現実もあり・・・(この辺りは戦争に限らず、現在でも大きな問題ですよね。人類の最大の敵は自然だ・・・と言うより、自然と共存できない人類が敵なのか)。

新城が幼馴染を抱く夢を見たときに、
「あぶないところだった・・・こんなもので凍傷じゃ情けないどころではない」
ってところは笑えたけど^^(何が凍るんだ~)。

<帝国>陸軍大佐、カミンスキィの強い野心を持つに至った過去話なども面白かった。

新城のために、自分の任務をまっとうしようとする若い導術兵の最期には泣けてしまいました(ネタばれ?)


けっこうハードな内容なのですが、たまにはこんなのもいいかな?
この夏、続きにコミックスがが発売されるようなので、楽しみです^^。
原作となっている小説もあるので、こちらを読んでみるのもいいかも。

皇国の守護者〈1〉反逆の戦場 皇国の守護者〈1〉反逆の戦場
佐藤 大輔 (1998/07)
中央公論社

この商品の詳細を見る

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

沢木冬吾著「償いの椅子」
なんと、以前買っていたにも関わらず、もう1冊買ってしまった本です。
私は本屋に行くと、どの本が面白そうかな・・・と平積みの本を帯とか裏表紙の解説とか見て選ぶのですが、いくつか読みたい候補があっても、1回に1冊ずつくらいしか買いません。
それもすぐには読まずに積読(つんどく)ことが多いので、「この本買ったかな?」・・・って本屋で迷うことが多々あるんですよね~。

でも、2冊も買ってしまっただけのことはあって(!?)、とても面白い本でした。
ハードボイルドです。


ある事件の直後から5年間行方がわからなかった男、能見が街に戻ってきた。脊髄に銃弾を受けたために、下肢が不自由となり、車椅子の姿となって。
5年前能見は同時に、親代わりに慕っていた秋葉をも失っていた。

空白の5年間について、能見は何も語らないが、突然現れたのには何か目的があるはず。
それは復讐か?

5年前の事件に関わりがあると確信した公安の南条は、能見の監視を部下に命じる。
南条の部下として能見を追う桜田。
しかし、南条のグループは公安とは名ばかりの影の組織だった。

かつて能見の仲間だった者達は、彼に協力的な者もいれば、不安を抱く者もいる。

能見の姪・梢と甥・充は、昔のように、暴力的な父親から能見が救い出してくれるのではないかと考える。

刑事、公安、協力者、能見の近親者が入り混じって物語は進んでいくが・・・。

かつて、能見らを陥れたのは誰なのか?
そして、能見の目的は何なのか?
壮絶な戦いの結末は・・・?


私は角川文庫版を読んだのですが、その解説を書いた方が言っているように、能見の印象は

骨の髄までハードボイルド

です。

能見は脊髄の損傷のせいで、下肢に感覚がありません。
おむつをして、尿は垂れ流し状態だし、便は何日かに一度、浣腸を使って出すような状態。
感覚がないため、ちょっとした傷でも気づかずにいると大変なことになるので、怪我のチェックも念入りにしなくてはならない。
そんな、傍から見たら情けないような姿の能見なのですが・・・

かっこいい・・・

私のハードボイルドな男、第1位は『エロイカより愛をこめて』のエーベルバッハ少佐なのですが、彼に次ぐくらいのかっこよさを能見に感じてしまいました。
自分の情けない姿を隠そうとしないところが、余計かっこよく見えるのだろうか・・・と思ってみたり。

私の頭の中の能見像は、今で言えば『DARKER THAN BLACK』のヘイをもう少し年取らせたイメージでしょうか。
能見も武器としてワイヤを使いますし、星座も好きなようだし、共通点ありかな、とも思ったり。

自分の仲間には優しいけれど、敵対する者に対しての徹底して容赦のない非情さが見事。

車椅子に乗っていて、自分の思うようには動けない・・・と相手に始めは思わせておいて、油断したところをたたきのめすところなどは冷酷そのもの。
車椅子に乗ってのアクションシーンも、わたしの脳内ではじけて?ます(笑)。

でも、私が一番好きなシーンは姪の梢が能見に恋心を抱いてることを告白するシーンです(あれ、伯父と姪って・・・!?)

最後の敵?との対決シーンも迫力満点で、ああ、映像で見てみたい~と思わされた作品です(アニメでもいいな)。

この本はAMAZONになかったので、同じ著者の別の本を載っけとこう。
これも読んでみたいな~。

天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア 天国の扉 ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア
沢木 冬吾 (2005/12/01)
角川書店

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

乾くるみ著「イニシエーション・ラブ」
裏表紙の「必ず二回読みたくなる」の一文に惹かれて買った本です。

イニシエーション・ラブ イニシエーション・ラブ
乾 くるみ (2007/04)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて・・・。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。
(裏表紙のあらすじより)


こんな書き方されたら、読まずにはいられなくなるじゃないですか・・・。

私の場合・・・
最後の二行の前で、あれ?とちょっと違和感。
で、最後の二行を読んで・・・
二回読みたくなりはしませんでしたが、前を読み返したことは事実です。
ここで読み終わって、「へ~そう・・・」と本を閉じてしまう人は相当の変わり者(!)か、仕掛けがわかっちゃってた人くらいでしょうね(笑)。

「必ず二回読みたくなるミステリー」とは書いてあるものの、やっぱりこれは恋愛小説ですんで、恋愛小説苦手だわ・・・の人にはお薦めしない・・・かな。

でも、30代後半から40代くらいの人には、それぞれの章が青春時代にはやっていた歌の題名だったり、当時のテレビ番組名が出てきたり・・・と懐かしく読めるとは思います。

・・・などど言いつつ、私が
  
  「なんだ、そういうことか!」

と思っていることが作者の仕掛けじゃなかったらどうしよう・・・?


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

奥田英朗著「家日和」
本の帯でビター&スウィートな<在宅>小説と銘打っていますが、家(マイホーム)発信の短編が6本入っています。

家日和 家日和
奥田 英朗 (2007/04)
集英社

この商品の詳細を見る


『サニーデイ』

2人の子供も大きくなり、それぞれの世界を持ち始め、家族ででかけることもなくなった42歳の主婦、山本紀子。
不要になったピクニック用の折りたたみテーブルをネット・オークションに出したところ、思いのほか高値がつき、それをきっかけにネット・オークションにはまっていく。
めぼしい出品物がなくなったときに、彼女が目につけたのは、夫の年代物のギターだった・・・。

『ここが青山』

14年間勤めた会社が倒産してしまった36歳の湯村祐輔。
それを聞いて、以前の職場に復帰することを決めた妻・厚子の代わりに、幼稚園に通う息子の昇太の世話や家事を担当することになった祐輔だったが、それが楽しい自分に気付いてきて・・・。

ちなみに「青山」は「セイザン」と読んで、あの青山ではありません。

『家においでよ』

妻の仁美に家を出ていかれた38歳、平凡な営業マンの田辺正春。
妻が自分で選んだ物は全てもっていかれてしまったため、必需品から買い始めようとした正春だったが、今までインダストリアル・デザイナーである妻の趣味で飾られたいた部屋が、自分の好みに変えていけることが快感になっていき、そんな男の趣味の家に、同僚も集まってくるようになる・・・。

『グレープフルーツ・モンスター』

39歳専業主婦、佐藤弘子はDM用の宛名をパソコンで入力する内職をしている。
ある日、フロッピーの受け渡しをする営業マンが若いサーファー風の男に変わり、そんな彼の化粧品の香りをかいだ弘子は妄想するようになる・・・。

『夫とカーテン』

イラストの仕事をしている大山春代。
ある日突然、夫・栄一が品川駅前でカーテン屋を始めると言い出した。
春代には何の相談もせず、会社をやめて新しい仕事を始めるのは毎度のこと。
夫の仕事の心配などしないで済む安定した日常を送りたい、と思っていた春代だったが、夫の転職した時期と、自分がいい仕事ができた時期が重なっていることに気付き・・・。

『妻と玄米御飯』

42歳の大塚康夫は小説家。
名のある文学賞をとったことで、余裕のある生活ができるようになり、当然のように仕事を辞めた妻が”ロハス”にはまって、食事は玄米御飯、体にいい献立しか作らない(当然、子供達にも不評)。
妻にロハスを勧めた佐野夫妻のエコに貢献してます感も実は苦手である。
原稿が進まない康夫は、そんな彼らを揶揄ってしまうような作品を書き始めてしまうが・・・。

さらっと読めてしまう作品です。
まあ、いろいろ問題はあるようでも、うちはいいな、家族はいいな・・・ってことですか。

うちの場合は・・・
このごみためのように物の増えた、整理整頓のなっていない家をなんとかしないと、そのうちダンナに愛想つかれて出ていかれそうです(笑)。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。